JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:USDM


    2003年式のトヨタマトリックスに対する海外の反応です。プリムス・ポンティアックにも供給され、そちらではヴァイヴの名前で販売されていました。このヴァイヴが日本では「トヨタヴォルツ」として販売されていましたね。

    今でも通用しそうなSUV風のルックスのハッチバックですが、なぜか190馬力の2ZZ-GEに6MTを備えたグレードもありました。謎…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・自分もトヨタマトリックスのベースグレードに乗ってたよ。今まで乗った中で一番実用的なクルマだった!速くはないしハンドリングも良くは無かったけど、信頼性は非常に高かったな。それからカーゴスペースの広さが素晴らしかった!




    ・自分は2004年式のポンティアックヴァイヴGTを新車からずっと乗ってる。運転の仕方を理解すれば楽しめるクルマだよ。そして絶対的な信頼性がある。2004年にディーラーを出たっきり、二度と戻ることはなかった。不満はトランスミッションと、タイヤの減りが早いことくらいかな。
     ↑6速MTに何か問題があったの?
      ↑感触がちょっと大ざっぱなんだ。1速と2速に戦いを挑まれる事があるし、3速に入れる時ゴリっとする。シンクロがへたったのかもね。それ以外の点では、このクルマは素晴らしいよ。小さいのに荷物をたくさん運べるし。




    ・両親がこのクルマを持ってたよ。2回盗まれて、4回車上荒らしに遭って、自分が免許を取った時に運転の練習に使ったけど生き延びた。個人的には良いクルマだとおもうな。




    ・2ZZ搭載のものを手に入れて、5,000ドル分のパーツを買って、適切にイジれば興味深いスリーパー(羊の皮を被ったオオカミ)になるだろうな。




    ・自分はこのクルマでキャンピングトレーラーを引っ張ってアメリカの半分を旅したことがある。7,000rpmまで回さないと110km/hは出せなかったな。こいつでコロラドの山を越えるのは、まるで冷蔵庫を背負ってアメリカングラディエーターズ(80~90年代に人気があった、体力勝負系のリアリティーショー)に参加するようなもんだったよ。でもやってやったぜ。




    ・自分も昔トヨタマトリックスに乗ってたよ。今まで乗った中で特にお気に入りのクルマだった。絶対これは過小評価されてるよ。お楽しみ要素がたくさんあるんだ。




    ・日本ではどういうわけかマトリックスではなくヴァイヴを販売していた。同じカリフォルニアの工場で作られていたけど右ハンドルだったんだ。そいつはヴォルツと呼ばれていた。見た目はポンティアックのスタイルそのまんまで、トヨタのインテリアパーツを一部使用していた。




    ・1ZZ搭載のマトリックス/ヴァイヴは驚異的なクルマだよ。




    ・今乗ってるマトリックスはボロいけど気に入ってる。運転がとても楽しいクルマなんだ。




    ・自分も2003年式のマトリックスXRSに乗ってたけど、追突されて廃車になってしまった。一週間くらいずっと落ち込んでたよ。あのクルマは好きだったなぁ。




    ・10年くらいマトリックスに乗ってた。本当はXRSが欲しかったけど、買えたのはXRだった。とても信頼性が高かったよ。お気に入りの機能は、荷物を積むときに助手席もフラットにできる事だった。今は新しいクルマに乗っているけど、時々その機能が恋しくなるね。




    ・このマトリックスのスタイルは、デビュー当時はとても画期的なものだったね。




    ・この動画を観るまで、トヨタマトリックスXRSの存在を知らなかった。これを観て、こいつは初めてのクルマとして完璧なものだと確信したんだ。それまではマニュアルのレクサスIS300とEP3のシビックSiを探していたけど、予算内で買えるものは見つからなかった。あれから1年経って、驚くほど楽しいクルマである2004年式のマトリックスXRSにとても満足しているよ。ありがとう!




    ・ケーブルで動くスロットルボディか!懐かしいなぁ…




    ・昔乗ってたマトリックスXRにまた乗りたくなったよ。あれはオーナーに忠実な小さいクルマだった。驚くほどの量の荷物を積むことができたんだ。




    ・なんて素晴らしい音を出すエンジンなんだ!




    ・昔ポンティアックヴァイヴGTに乗ってたよ。思い出がたくさんある。たった1,000ドルだったけど素晴らしいクルマだった。ずっとまた乗りたいと思ってたんだ。もし程度のいいのを見つけたら即買いするね。




    ・2007年式のポンティアックヴァイヴに新車の時から乗ってるよ。自分のは2ZZ搭載じゃないけどね。こいつはATよりMTの方が格段にいいね。




    ・2004年式のポンティアックヴァイヴに乗ってた。自分が言えることは一つだけだ。こいつのシートはマジで最高だ。快適かつサポート性が抜群なんだ。今でも自分のケツが覚えているよ。ジャンクヤードでヴァイヴを見かけると必ずシートに座る。ケツがこのシートを懐かしがってるんだ。



    ・ハイスクールの時の親友がマトリックスXRを持ってた。素晴らしいコンパクトカーだったな。トランスミッションがぶっ壊れるまで40万キロくらい乗ってた。奴のはATだったんだ。雪道を走るのが得意なクルマだった。4気筒で4ATの割には、とても元気があるクルマだったよ。




    分割式ドライブシャフトブーツ スピージー インナー用 BAC-TA04R アイシス アリオン アレックス イスト イプサム ウィッシュ ヴィッツ ヴォルツ 用 | SPEASY TOYOTA ドライブシャフトブーツ シャフトブーツ 交換 分割 分割式 割れブーツ インナー用 内側用 ドライブシャフト
    分割式ドライブシャフトブーツ スピージー インナー用 BAC-TA04R アイシス アリオン アレックス イスト イプサム ウィッシュ ヴィッツ ヴォルツ 用 | SPEASY TOYOTA ドライブシャフトブーツ シャフトブーツ 交換 分割 分割式 割れブーツ インナー用 内側用 ドライブシャフト

    DIXCEL ディクセル ブレーキローター PDタイプ フロント TOYOTA トヨタ ヴォルツ ZZE137 3119201 PD
    DIXCEL ディクセル ブレーキローター PDタイプ フロント TOYOTA トヨタ ヴォルツ ZZE137 3119201 PD

    エンブレム 車 トヨタエンブレム ステンレスブロンズヘアーライン製 カスタム カスタマイズ/ルーミー レジアス ヴァンガード ヴィッツ トヨタカタカナエンブレム ヴォクシー ヴォルツ 86 db c-hr fjクルーザー grヤリス gr86 iq mirai mr-s mr2 rav4 sai will
    エンブレム 車 トヨタエンブレム ステンレスブロンズヘアーライン製 カスタム カスタマイズ/ルーミー レジアス ヴァンガード ヴィッツ トヨタカタカナエンブレム ヴォクシー ヴォルツ 86 db c-hr fjクルーザー grヤリス gr86 iq mirai mr-s mr2 rav4 sai will



    2019年式のスバルインプレッサに対する海外の反応です。インプレッサと言うといつもターボの方ばかり注目されますが、この"じゃない方"のインプレッサはどのように見られているのでしょうか…?











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このクルマはきっと、15~20年後に誰かの初めてのクルマになるだろう。見た目はそうでもないが、思い出いっぱいのクルマになるだろうな。




    ・このインプレッサで一番優れている点は、オイルフィルターが付いている場所だな。10点満点中11点だ。
     ↑分かる!初めてこのクルマのオイル交換をした時びっくりしたよ。マジで信じられなかったから、車体の下でフィルターを探したんだ。上に付いているフィルターは何か別のものだと思っていたからね。
     ↑自分は仕事でオイル交換をしているから、アホな場所にオイルフィルターを付けているクルマをたくさん見てきた。個人的に2台巨頭はスズキとフィアットだな。
     ↑これだと交換がとても簡単だな。2010年式のアウトバックだと、オイルフィルターに触るためには車体の下に潜らなきゃなかったからね。




    ・2019年式なのにハンドブレーキが電動式じゃないだと!?よくやったスバル。
     ↑単にコストカット目的だろうけどね。
     ↑交配のための儀式であるハンドブレーキターンができるね。




    ・2019年式なのに黒樹脂ドアミラー、塞がれたフォグランプのスイッチ、5速MTか。90年代のクルマみたい。




    ・最近、5速MTの2020年式のインプレッサのハッチバックを買ったよ。心底気に入った。この先こいつを手放すことはないだろうな。
     ↑いいね。自分も同じクルマに乗ってる。運転が楽しいよね。




    ・自分は2015年式のインプレッサスポーツのATに乗ってる。吹雪の時にこいつで出かけて、駐車場や急なカーブで滑らせて遊ぶのが大好きだ。リアシートを畳むと寝るのに十分な空間があるし、テキサスまで2,500kmのドライブをした時は、その時に必要なものを全て積むことができた。いいクルマなのに、あまり見かけないのは奇妙だな。
     ↑自分も2015年式のを持ってる。初めてのクルマとして買ったんだ。雪が降った時、駐車場で滑らせて遊ぶのは超絶楽しいね!




    ・子供の頃、インプレッサは吹雪の時に乗るクルマだと思ってた。もしコントロールを失って雪山に突っ込んでも、こいつなら自力で出てこれる。
     ↑昔乗ってた1997年式のインプレッサがそんな感じだったよ。1.8LのMTでマニュアルエアコンが付いてた。まあクソみたいなクルマだったけど、誰にも止められないクソだった。ボンネットと同じ高さの積雪?問題なし。深さ12センチの溶けかけの雪?もちろん問題なし。除雪車が交差点に残していったスピードバンプ?当然問題なし。夏場はどのレースでも負けるようなクルマだったけど、冬になると話が変わるんだ。




    ・自分はこのインプレッサが好きだな。初めて乗ったマニュアル車で、寛容な所とスムーズさが気に入ったよ。




    ・2016年式インプレッサのベースグレードのオーナーとしては、この動画は納得できる。




    ・こういうタイプのMT車に乗るのは大好きだ。NAでよく回るエンジンは楽しいよね。




    ・少なくともここオーストラリアでは、2012年頃からFBエンジンが流行るようになった。最初はインプレッサだったと思うな。FBエンジンの最大の利点はタイミングチェーンになって、タイベル交換が不要になった事だ。それからプラグやオイルフィルターなど、定期的に触る所へのアクセスが容易になって、整備性が向上したのもいいことだね。




    ・このモデルと、自分が持ってるひとつ前のインプレッサはエントリーレベルのラリーカーだと言える。確かにストリートではパッとしないし人々に笑われるかもしれないけど、ダートやグラベルの上では非常に印象的なハンドリングを披露してくれる。オートクロスのイベントで実力を発揮するクルマだよ。




    ・インプレッサに関係するものを観ていると、ランエボが恋しくなってくる。頼むよ三菱。凡庸なクロスオーバーを売るのは中国でやってくれ。




    ・もしかしたら次に乗るクルマはこれかもしれないな。何度もこのビデオを見返しているんだ。




    ・今乗ってるFA20搭載の2015年式のWRXは、何の問題もなく16万キロを超えたよ。オイル漏れすらしていない。たぶんスバルはようやく気が付いたんだろうな。




    ・スバルが今でもこういうクルマを作っているのは嬉しいね。自分も23年間スバル車に乗ってる。EJ22と5MTの組み合わせは、毎日160kmの通勤でも問題なく動き続けているよ。




    ・前に乗ってた2015年式三菱ランサーの5MTベースモデルを思い出すよ。あれは気に入ってたなぁ。




    ・ぜひともセカンドカーとしてこのインプレッサが欲しい。




    ・2019年式インプレッサのベースモデルのメーカー希望小売価格は18,500ドルで、自分が乗ってるボロい2005年式のインプレッサの当時のメーカー希望小売価格は18,200ドルだった。それがこのクルマの最大の魅力だよ。




    ・これは理想的な初めてのクルマって感じだね。不等長エキマニの事は忘れよう




    インプレッサスポーツ 1.6i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン
    インプレッサスポーツ 1.6i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン

    インプレッサG4 1.6i-L アイサイト(スバル)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン
    インプレッサG4 1.6i-L アイサイト(スバル)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン

    インプレッサスポーツ 2.0i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン
    インプレッサスポーツ 2.0i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン


    日本では販売されていなかった、2017年式のホンダアコードクーペに対する海外の反応です。V6で6MTとは素晴らしい…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・アコードからV6もクーペも無くなったのは残念だ。とてもスムーズでスポーティーだった。




    ・自分はこれと同じクルマを持ってる。2016年式のV6クーペの6MTだ。Road and Track誌では、このクルマは正真正銘のマッスルカーであるという記事も掲載されてたよ。こいつは合理的な毎日のアシを探しているクルマ好きにとって素晴らしいクルマだ。J35プラットフォームは、よく調べてみるとリーズナブルにチューニングできるしね。100%オススメのクルマだ。
     ↑これは確かにスリーパー(羊の皮を被ったオオカミ)だね。自分は2004年式のアコードクーペの6MTを持ってる。ATの方が圧倒的に多いから、MTを見つけるのは大変だよ。




    ・"1万ドルでまあまあのコンディションのものが買える"と言ってるが、最近はそうでもないぞ。
     ↑2016年式でV6&6MTだと、最近は2万ドルを超えるものも出てきてるね。




    ・V6、6MT、クーペのアコードは保護する必要がある。
     ↑今じゃもう製造されていないからな。でも、現行の2,000ccターボのアコードスポーツ6MTは乗る価値がある。クーペではなくセダンだけど、加速、ハンドリングはアコードとして認められるレベルだよ。
     ↑V6アコードはエキサイトメントと上品さを兼ね備えたクルマだ。自分はV6アコードとジャガーを同列に扱うことができると思ってるよ。




    ・V6&6MTのアコードクーペは、ホンダプレリュードに上等なスーツを着せたようなクルマだ。




    ・この動画のおかげで2013年式のV6&6MTのアコードクーペを買うことになったよ。ありがとう。このクルマがとても気に入った!




    ・NAのV6エンジンで278馬力?ナイスだ。




    ・このアコードは過小評価されている名車だよ。




    ・大学を卒業したらこのアコードクーペをこっそり買おうと思ってたのに、こんなんしたら値段が上がってしまう…




    ・アコードは好きだなぁ。初めてのクルマは2008年式のアコードEX-Lだった。あれは気に入って乗ってたよ。パワフルなエンジンと広い室内空間がよかった。後部座席がちゃんと使えるクーペの時代が懐かしいよ。




    ・2019年式のスバルWRXを探していたけど、結局2017年式のアコードクーペの6MTを買ったよ。後悔は全くしていないね。こいつを手に入れられて本当に良かった。レギュラーガソリン仕様なのに278馬力なんだから、文句のつけようがないよ。




    ・自分はこのアコードクーペの6ATバージョンを持ってる。オートマでもめちゃくちゃ速いよ。それに燃費もいいんだ。オハイオ州コロンバスからウエストバージニア州チャールストンまでの320kmのドライブで、燃費が17.0km/Lを越えたことがある。




    ・このラブリーなアコードクーペの6MTを持っている人は本当にラッキーだ。残念だけどもうこういうのは出ないだろうし、時代を超えて愛されるクルマだ。もし見つけたら絶対手に入れた方がいい。それもできるだけ速やかに。




    ・半年ほどかけて探して、ようやく2017年式のMTのアコードクーペを見つけたよ。とても気に入っている。前に乗ってた1997年式のインテグラほどレーシーではないけど、ハイウェイをクルーズするのには最高だね。見た目は超ハンサムだし、乗り心地も素晴らしいよ。




    ・こいつは素晴らしいクルマだよ。自分も2017年式のV6&6MTのアコードクーペに乗ってる。パワー、トルク、見た目、どれを取っても素晴らしい。特にスモークガラスにすると超かっこよくなるよ。




    ・ホンダのディーラーで働いてる。このアコードクーペが入庫してくるのをいつも楽しみにしてるよ。このクルマを見るたび、もっと大きなガレージと大金があればいいのになって思う。




    ・マニュアルのホンダ車は、ほとんど人たちの夫婦関係よりも長持ちするかもしれないな。
     ↑それどころか、太陽系もしくは観測可能な宇宙よりも長持ちする可能性がある。




    ・2016年式の6MTのアコードクーペを持ってる。我が家では3台目のクルマで、走行距離は今のところ3万kmくらいだ。これを買ってからタンドラ(トヨタのフルサイズピックアップトラック)には乗らなくなっちゃったよ。運転がとても楽しく、ギアの感触も良く、非常に快適だ。このアコードクーペでアメリカ横断にチャレンジしたことがある。まるで夢のようだったよ。




    ・このレビューを見て、2013年式のアコードEX-Lを手に入れたよ。走行距離はたったの6万キロなんだ。これはマジで素晴らしいクルマだ。




    ・自分は2019年式のシビッククーペに乗ってる。置き場所に余裕があれば、せひこれも手に入れたいところだ。自分はMTのクーペが好きなんだけど、最近は廃れてしまって寂しいよ。





    アコード ハイブリッド (ホンダ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ハイブリッド
    アコード ハイブリッド (ホンダ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ハイブリッド

    アコード ハイブリッド EX(ホンダ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ハイブリッド
    アコード ハイブリッド EX(ホンダ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ハイブリッド

    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン
    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン

    アコードクーペ ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    アコードクーペ ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン



    2013年式のマツダアクセラに対する海外の反応です。このモデルは、海外では既に「Mazda 3」の名前で販売されていました。ハッチバックもいいですが、セダンの端正なフォルムもかっこいいですね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このマツダアクセラは大好きだ。ゆっくり走っている時も速く感じるし、コーナーを曲がる時は楽しいし、この価格帯にしてはとても高級感がある。長距離では17km/Lも走るしね。とても楽しい小さなコミューターだ。自分は2014年式のに乗ってるが、何の問題もなく27万km走った。ヘッドライト、ブレーキ、オイル、フィルター、エアクリーナー等の消耗品を交換したくらいだよ。ここまで乗ったけど、エンジンチェックランプは一度も点灯しなかったな。




    ・自分は2015年式アクセラの2,000ccに乗ってる。とても気に入ってるよ。アクセルを底まで踏んだ時にカチッとなるキックダウンスイッチを見つけてからは更に気に入った。こいつは"エコなんぞ知るか!2速フル加速の時間だぜ!"スイッチだね。
     ↑自分もその機能が気に入ってる。2018年式で2,500ccのマツダ3GTに乗ってるよ。パドルを触りたくない時に便利だよね。




    ・自分はカローラを試乗したけど、結局買ったのはマツダ3だった。




    ・自分といとこで、マツダ3に乗って140km/hでバンプを乗り越えた時のことは決して忘れない。こいつは小さいがとても楽しいクルマだ。ジャンプも上手なクルマだったよ。




    ・自分の仕事上、このアクセラに触れる機会がたくさんあった。実際、インテリアはとても快適だったな。




    ・自分はアクセラスポーツは名車だと思う。後ろも独立サスだからグリップがいいし、インテリアも高級感がある。




    ・自分の2014年式のマツダ3は最高だよ。メタリックブルーのボディーカラーは美しいし、ATでも元気に走る。何も文句をつける所はないな。17万kmの時にメンテナンスを行ったけど、それは全て予防整備だった。




    ・自分はマツダスピードアクセラに乗っているから、このモデルについては何とも言えないな。でもちゃんとしたクルマだという事は分かった。このチャンネルでマツダスピードアクセラも取り上げて欲しいよ。彼が何て言うか気になる。




    ・2013年式の6MTのマツダ3を買ったばかりだよ。本当に優秀なクルマだ。楽しいしシンプルだね。




    ・やっぱりエコノミーカーだし、トルクは少ないよな。このクルマは乗り心地とハンドリングが全てだ。自分は2003年式のファミリアスポーツワゴンに乗ってたが、あれも同じだった。スピードは期待できないけど、ハンドリングはゴーカートみたいだったよ。最高だったな。毎日笑顔で乗ってたよ。あのファミリアはマツダの小型車の中で最高のものだった。最近のクルマは見栄えは良いけど、何かを失ってる気がするんだよなぁ。




    ・2016年式のマツダ3セダンのATを持ってる。このクラスにしてはパンチの効いたクルマだと思うなぁ。毎日の足として、カローラやシビックに代わる素晴らしいクルマだね。




    ・2014年式のマツダ3のATに乗ってた。トルクがない事には同意するね。でもとても回りたがるエンジンだった。6速で巡航している時、アクセル全開にするとすぐにシフトダウンしてくれたね。それに18.5km/Lを記録したこともある。もっとデカいクルマに乗り換えたけど、こいつは小さいながらも素晴らしいクルマだった。




    ・マツダが大好きだ。クリーンなマツダ3を見るのは好きだけど、改造されたマツダ3やマツダ6を見るのはもっと好きだ。




    ・2015年式のハッチバックを持ってたよ。パワーはあまり無かったけど、運転していて楽しかったな。




    ・2012年式のに乗ってるが、2,000ccモデルについてはこのビデオの通りだ。1~3速までは元気だけど、4速に入ると力尽きてしまう。VWゴルフTSiとフォードフォーカスを除けば、同じ年式の競合車種よりも速いから気に入ってるよ。




    ・こいつは2,500ccのを選ぶべきだ。自分はハッチバックで2,500ccでMTのを持ってる。これはなかなかレアだよ。プラス30馬力が違いを生むんだ。このクルマは、グレードに関わらずMTが選べたのが気に入ったよ。




    ・2015年式のハッチバックのマツダ3に乗ってる。この動画は正確だな。シビックよりこっちを選んで正解だった。毎日の足として楽しく乗ってるよ。こいつにはぶっ壊れるまで乗ろうと思う。




    ・パワーはないけど、乗っていて楽しい。実用的で維持費も安いから、こいつこそ本当の普通車だ。




    ・自分は2018年式のマツダ3ハッチバックに乗ってる。唯一気に入らないのはマツダコネクトのナビだな。起動が遅くて、目的地を入力するのに長いこと待たなきゃないんだ。




    ・2013年式のアクセラスポーツのMTに乗ってる。エンジンは結構回ってくれるから、追い越し加速の感覚は特筆すべきものがあるね。シフトの感触も良く、ギアを何段か下げるのはいつも楽しみだ。ハンドリングも素晴らしいけど、ステアリングはもう少し重くても良かったね。全体的に素晴らしいクルマで、運転はとても楽しいよ。






    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ハイブリッド
    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ハイブリッド

    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S(マツダ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD ハイブリッド
    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S(マツダ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD ハイブリッド

    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 2WD ハイブリッド
    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 2WD ハイブリッド

    アクセラ 22XD プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD 軽油
    アクセラ 22XD プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD 軽油


    最後のエボである三菱ランサーエボリューションⅩに対する海外の反応です。もうこういうのは出ないのでしょうか…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・買う価値のある最後の三菱車だ。
     ↑その通りだな。
     ↑とても悲しい。エクリプスにエボ、3000GT(三菱GTOの海外での名前)、いったい何が起きたんだ?




    ・2010年式のMTのエボⅩを持ってる。本当に気に入ってるよ。チューニングして395馬力出てるから、どんなクルマやスポーツバイクも追い越すことができるんだ。




    ・三菱はランエボをラインナップに戻して、再びクールな自動車メーカーになれるようにするべきだ。90年代の三菱は、クルマ好きにとって最高のブランドの1つだった。エクリプスにFTO、ギャラン、ディアマンテ、モンテロ(パジェロの海外での名前)、3000GT、ミラージュターボ…




    ・素敵なクルマだな。色が気に入った!




    ・もしかすると、近いうちに2010年式のランエボⅩ GSRを手に入れられるかもしれない!とてもエキサイトしているよ!




    ・DCTが選べたのは、間違いなくStiと一線を画すものだった。




    ・自分は完全ノーマルの2008年式のランエボⅩ GSRを持ってる。走行距離はもう25万kmになるけど、今でも力強く走ってるし決して自分をがっかりさせることはない。




    ・同じ年式のラリーアートを持っていたけど、普通のMTでよかったのにと思った。SSTはシフトフォークの問題、クラッチの問題、その他多くの理由により故障しがちだったんだ。言うまでもないことだけど、トランスミッションを修理しようとすると費用は5,000ドルを超えるんだ。




    ・個人的に、ボディのデザインは好きじゃないな。デザインでいえばエボ8とエボ9が好きだ。それ以外はエボⅩが好きだな。




    ・前に乗ってたエボⅩが懐かしいな。アームレストがきしむのはご愛敬だ。




    ・本当の最後のランエボはエボⅩのファイナルエディションで、設定はMTのみだった。アメリカでは1,600台の限定販売だったんだ。




    ・あのSSTの感触は悪くなかったよ。とても素晴らしかった。壊れるまでは。




    ・ちょうどランエボを購入しようと考えていた所でこの動画に出くわした。波長が合ったんだな。




    ・自分の人生にはこのクルマが必要だ!




    ・イギリス仕様のランエボⅩは420馬力だったよ。オプションで470馬力仕様もあったね。




    ・ランエボ乗りは教えてくれない事だが、こいつでハイウェイを130km/hくらいでクルージングしている時、回転数は4,000rpmにもなる。エボはハイウェイを走ってる間じゅう悲鳴を上げているんだ。唯一の対策は、費用が掛かるけどファイナルを交換することだけだ。




    ・誰が何と言おうと構わない。このクルマは最高だ。




    ・ひとつの時代が終わったんだ。我々の知っている三菱は、このクルマと主に終わった。




    ・同意してくれる人は少ないと思うけど、自分はエボ9よりエボⅩの方が好きなんだよな…




    ・三菱がランサーの製造をやめてしまったのは本当に残念だ。エボ11を楽しみにしていたのに…
     ↑そんな事言ってると、ランサーという名前のSUVが出るかもしれないぞ。






    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD ガソリン

    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD ガソリン

    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン

    京商 ミニッツAWD MA-020 レディセット ランサーエボリューション X PWRC2008【32632M】 ラジコン
    京商 ミニッツAWD MA-020 レディセット ランサーエボリューション X PWRC2008【32632M】 ラジコン

    ビ-エムクリエイションズ 1/64スケール 三菱 ランサー エボリューション X ブラック RHD 64B0118
    ビ-エムクリエイションズ 1/64スケール 三菱 ランサー エボリューション X ブラック RHD 64B0118

    BM CREATIONS 1/64 三菱 ランサー エボリューション X ブルー (RHD) 完成品 64B0114
    BM CREATIONS 1/64 三菱 ランサー エボリューション X ブルー (RHD) 完成品 64B0114

    このページのトップヘ