JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:S30

    ※※※過去記事を再掲します※※※




    俗にいうバーンファインド物件!44年落ちの日産S130S30型フェアレディZをキレイにする動画です。

    なんと走行距離はたったの350マイル(=560km)とのことで、かなりの値段が付きそうな個体です。

    こちらは1976年式のS30型ダットサン280Zのようです。wikiによると、SUキャブからボッシュのインジェクションに変更され、出力は170馬力だったようです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・このクルマは、44年間もあの太陽(dat sun)を観ていなかったのか。
     ↑ワロタ。
     ↑だれうま。
     ↑日に当たっていなかったから、塗装の状態が良好なんだろうな。




    ・このZは単なるバーンファインドじゃない。タイムカプセルみたいなもんだ。こんなコンディションのZはユニコーン並みに見つからないよ。




    ・1975年当時、うちのオヤジは21歳だった。オヤジが初めて自分用に買ったクルマが1975年式のブルーの280Zだったんだ。オヤジはいつもそのクルマの話をしてた。自分は1987年生まれで、その280Zの思い出はオヤジがいつもギアチェンジしていたことだったな。直6の音が大好きだったから、ラジオをつけたことは無かった。小学校が終わって家に帰るとまずガレージに行ってZの運転席に座って、オヤジがしているギアチェンジのマネをしてたな。1995年にこの280Zを手放すことになったけど、280Zのおかげでクルマ好きになった事は言うまでもない。この動画は自分にとって特別なものだった。オヤジにもこの動画をシェアするよ。




    ・おお!信じられないほどクールだ!この280Zは文字通り新品のまま保存されていたんだ。よく見つけたな。そしてレストレーションも素晴らしい。オーナーは所有していることを誇りに思っているに違いない。




    ・初めてのクルマは280Zだった。このクルマは今でも自分の心の特別な場所を占めている。しかしこいつは世紀の大発見だな。とてもビューティフルだ!
     ↑当時の280Zは、安定性を高めるためにより大きなスタビライザーを付ける必要があったよな。あとはスモークのヘッドライトカバーとウッドのステアリングも必須だった。




    ・なんて素晴らしい体験なんだ!クルマはショールームコンディションに戻って、オーナーも家族も幸せそうだ。




    ・この動画を観ていて思い出したよ。ダットサンは自分が育ったオーストラリアでは人気があって、90年代には古いモデルがだいぶ安く売られていた。友達が初めて買ったのはダットサン180B(610ブルーバード。通称サメブル)だった。乗りつぶして廃車にするまでにいろいろ楽しんだし、ロードトリップもしたよ。




    ・1978年式の2+2のATを持ってた。ハンドリングが良くて、修理も簡単なクルマだったな。唯一の欠点は、湿気が多い所では簡単に錆びる事だったな。




    ・この280Zは好きだなぁ。親友が前に乗ってたんだ。そいつは1991年に350ドルで買ったんだ。この動画の280Zと同じグレード、同じ色だった。




    ・1977年当時、自分はフィジーに住んでるティーンエイジャーだった。カレンダーでこのダットサン280Zの写真を見て、とても気に入ったんだ。それで東京のダットサンにカタログを送って欲しいと手紙を送ったら、彼らは本当に送ってきてくれたんだ。このクルマに興味を持ってくれてありがとうって。
     ↑マジでクールな話だな。
     ↑興味を持ってくれたお礼にカタログを送ってくれたのか。
     ↑企業が本当の意味のカスタマーサービスをしていた時代だね。




    ・とても素晴らしい動画だった!当時、このダットサン280Zは裕福な人たちが乗り回していたように記憶しているよ。しかし素晴らしい仕事だ。文字通り、クルマに命を吹き込んだね。




    ・マジで素晴らしいバーンファインドだ。ハイスクールの時、友達がこれに乗ってたよ。2シーターだったから、そいつのガールフレンドが乗る時は自分はいつも荷室に乗せられてた。そいつの運転が荒くて、いつも110km/hですっ飛ぶコーヒーの缶に乗っている気分だったよ。




    ・おお!なんて懐かしい!この280Zは若い頃に欲しかったクルマだ。このクルマが生き返るのを見るのはとてもスリリングだな。




    ・自分が観た中では、一番保存状態のいいインテリアだ。よくやった!




    ・まさにこの動画と同じ280Zを持ってた。自分のは1976年式で、アメリカ沿岸警備隊に入隊した1984年に中古で買ったんだ。ぶつけた後、修理ついでにオールペンしてもらったらマジでゴージャスなクルマになった。1992年まで乗ってたよ。手放した日はそりゃ悲しかったさ。




    ・1994年にこの280Zを手に入れた。とても多くの年配の男性が、こいつの懐かしさから話しかけてきた。でもいつも自分は、話すのをやめてZに乗ってみてって言ってたんだ。あれから何年も経ったけど、今でもまだ持ってるよ。




    ・こういうレストアは大好きだ!




    ・OMG!俺のオヤジが乗ってたクルマだ!オヤジは今75歳だけど、この動画を見せてやろうと思う。オヤジは当時のクルマの「ファストバック」なスタイルが大好きなんだ。




    ・この280Zが登場した時、自分は8年生(中学2年生に相当)だったのを覚えている。誰もが欲しがるクルマだったよ。メタリックなベビーブルーとシャンパンゴールドが特にホットなボディーカラーだった。




    ・自分は1976年式のシルバーの280Zを持ってた。今までで一番楽しいクルマだったよ。あのクルマにはたくさんの思い出がある。自分の夢は、ほとんど乗られていないような、まさにこんな280Zを見つけることだった。もし自分がお金持ちだったら、このZに大金を払いたいよ。素晴らしい!




    INNO MODELS Nissan フェアレディ Z (S30) ブルー with carbon Hood 1/64スケール 【IN64-240Z-BLU】 (ミニカー)ミニカー
    INNO MODELS Nissan フェアレディ Z (S30) ブルー with carbon Hood 1/64スケール 【IN64-240Z-BLU】 (ミニカー)ミニカー
    プラモデル ザ・スナップキット 楽プラ 親子 キット 1/32 ニッサン S30フェアレディZ
    プラモデル ザ・スナップキット 楽プラ 親子 キット 1/32 ニッサン S30フェアレディZ
    ニューモデル速報 歴代シリーズ 初代フェアレディZのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    ニューモデル速報 歴代シリーズ 初代フェアレディZのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    三栄フォトアーカイブス Vol.12 フェアレディZ 1973【電子書籍】[ 三栄 ]
    三栄フォトアーカイブス Vol.12 フェアレディZ 1973【電子書籍】[ 三栄 ]
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン
    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    FUJITSUBO フジツボ マフラー EPU フェアレディZ S30 S44.11〜S50.9 L20 2シーター ※個人宅発送可 ※沖縄・離島は送料要確認
    FUJITSUBO フジツボ マフラー EPU フェアレディZ S30 S44.11〜S50.9 L20 2シーター ※個人宅発送可 ※沖縄・離島は送料要確認
    丸目2灯式ヘッドライト フェアレディZ S30 2個セット ガラス製 セミシールドビーム 2灯丸型 LED ポジション付 汎用
    丸目2灯式ヘッドライト フェアレディZ S30 2個セット ガラス製 セミシールドビーム 2灯丸型 LED ポジション付 汎用
    【メール便送料無料】 S30Z S31Z 240Z フェアレディZ 280Z ダットサン 純正 ボンネットエンブレム 1個 直径 7cm Zマーク フードエンブレム NISSAN ニッサン 純正部品 純正パーツ 純正品 ドレスアップ DIY
    【メール便送料無料】 S30Z S31Z 240Z フェアレディZ 280Z ダットサン 純正 ボンネットエンブレム 1個 直径 7cm Zマーク フードエンブレム NISSAN ニッサン 純正部品 純正パーツ 純正品 ドレスアップ DIY
    日産純正 フェアレディZ S30 240Z ダットサン DATSUN 輸出用 リアエンブレム オーナメント 90806-E4601
    日産純正 フェアレディZ S30 240Z ダットサン DATSUN 輸出用 リアエンブレム オーナメント 90806-E4601
    日産純正 フェアレディZ S30 ブルーバード SSS 左溝 6山タイプ 旧車マスターキー 生ブランクキーKEY00-00055
    日産純正 フェアレディZ S30 ブルーバード SSS 左溝 6山タイプ 旧車マスターキー 生ブランクキーKEY00-00055
    バケットシート レプリカ PVCレザーシート ※ヘッドレスト付属 【旧車 レトロ スカイライン ハコスカGC10/ケンメリGC110/ヨンメリ/ジャパン フェアレディZ S30/S130/120 ローレルC130/C230 ブルーバード SSS/P510/510 サニー 110/210/310 サニトラ 120】
    バケットシート レプリカ PVCレザーシート ※ヘッドレスト付属 【旧車 レトロ スカイライン ハコスカGC10/ケンメリGC110/ヨンメリ/ジャパン フェアレディZ S30/S130/120 ローレルC130/C230 ブルーバード SSS/P510/510 サニー 110/210/310 サニトラ 120】


    北米ではダットサン240Zとして販売されていたS30型フェアレディZに、シボレーのスモールブロックV8をスワップした人がいまして。ジェイ・レノ氏の動画で取り上げられていましたので、それに対する海外の反応を紹介します。アメリカの人々は本当にV8が好きなんだなぁ…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このZのオーナーを尊敬するよ。謙虚だし、ビルドに関しては正直だ。そしてクルマも素晴らしい。




    ・この手のスワップは初めて見た。そしてとても気に入ったよ。実にナイスだ!
     ↑大抵はLS(コルベットのV8エンジン)をスワップするよな。まさかクラシックなシボレーのスモールブロックを載せるだなんて衝撃を受けたよ。




    ・なんてビューティフルなクルマなんだ。バンパーとボディーワークがとても素晴らしい。




    ・240Z、260Z、280ZにV8をスワップすると、Zはビーストになる。彼は、このダットサンのディファレンシャルが耐えられる程度のパワーに抑えているんだな。正しいやり方だ。それと、コンバーチブルにするととても楽しそうなクルマになるね。




    ・とても上手に作られているね。全てがタイトにフィットしているようだ。シャーシも丈夫そうだね。ステキなクルマだ。




    ・実にナイスなコンバージョンだ!今まで見たものより良さそうだし、自分が過去にやったものより100倍素晴らしい。ずっと前、240Zにフォードの347cuiのV8をスワップしたんだ。ヘダースやエキゾーストが収まるスペースが広くて、逆にそれがショックだったよ。




    ・このZは本当に出来がいい。ずっと前にコンバーチブルにカスタマイズされた別のZを見たことがあるけど、これほど素晴らしいものではなかった。美しいクルマだね。




    ・なんてビューティフルなクルマなんだ。この色も素晴らしいね。自分は今までマニュアルがいいって思っていたけど、正直言うとATでクルージングする方がずっとリラックスできる。このZが本当に気に入ったよ。




    ・圧倒的に美しい!オーナーには脱帽するよ。80年代半ばに古い260Zに乗っていたけど、あのクルマのエンジンベイはこのZほど素晴らしくはなかったよ。




    ・ティーンエイジャーだった頃、当時乗っていた1971年式のZにV8をスワップするのが夢だった。このZの完璧さは驚くべきものだね。オーナーは本当に素晴らしい仕事をしたよ。




    ・この間、とてもキレイにカスタムされた240Zを見かけたよ。最近のデザインされ過ぎたモンスター達とは比べ物にならないほど素晴らしかった。




    ・このクルマは、今までに見てきたZのカスタムの中で一番好きだ。パーフェクトだよ!




    ・1980年代後半あたりに、コンバーチブルに改造された280Zを見たことがある。あれはとても好きだったな。このZもビューティフルだ。まるでこの状態で工場から出荷されていたみたいだよ。




    ・作りはビューティフルで、実にナイスなカスタムだ。自分が言えるのは、こいつは最高にクリーンだって事だけだ。




    ・パワーは2倍になったけどブレーキは純正のままか。彼は真のホットロッダーだな。本当にビューティフルに作られているね。まるでこれがオリジナルみたいだ。




    ・とてもシャープだ!オリジナルも素晴らしかったけど、最高のコンバージョンとカスタムによってもっとカッコよくなったね。




    ・エンジンルームは目を見張るものがある。塗装も美しいね。クソほどクールなビルドだ。




    ・こいつはクレイジーだな。気に入ったよ!自分も昔はZに乗ってた。1977年式の280Zだったよ。あれは小さくも楽しいクルマだったな。




    ・このクルマのサウンドが気に入ったよ。こういうクルマが見られるのは嬉しいね。




    ・このビデオが気に入ったよ。自分が初めて買った新車は1972年式の240Zだったんだ。当時、手元に届くまで6~9ヶ月かかったよ。これを観ていると、自分がまだ20代だった頃の楽しい思い出が蘇るようだ。コネチカット州からフロリダ州までロードトリップをしたんだ。あれは最高だったな。





    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット 13-SP4 ニッサン S30 フェアレディZ カスタムホイール(サファリブラウン) プラモデル (ZS100774)
    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット 13-SP4 ニッサン S30 フェアレディZ カスタムホイール(サファリブラウン) プラモデル (ZS100774)

    【中古】【輸入品・未使用】イグニッションモデル 1/12 ニッサン フェアレディZ S30 ブルー 限定 完成品
    【中古】【輸入品・未使用】イグニッションモデル 1/12 ニッサン フェアレディZ S30 ブルー 限定 完成品

    【中古】【未使用・未開封品】AUTOart 1/18 日産 フェアレディZ (S30) 湾岸ミッドナイト 悪魔のZ 完成品
    【中古】【未使用・未開封品】AUTOart 1/18 日産 フェアレディZ (S30) 湾岸ミッドナイト 悪魔のZ 完成品

    Inno Models 1/64 ニッサン フェアレディ Z (S30) ブルー with carbon Hood 完成品 IN64-240Z-BLU
    Inno Models 1/64 ニッサン フェアレディ Z (S30) ブルー with carbon Hood 完成品 IN64-240Z-BLU

    FIRST 1/43スケール ダットサン フェアレディ 240Z 71レッド F43148
    FIRST 1/43スケール ダットサン フェアレディ 240Z 71レッド F43148


    初代の日産フェアレディZの北米版「Datsun 240Z」に対する海外の反応です。デビューは1969年だったので、もう立派な旧車ですね。いつ見てもかっこいい…!











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・実にビューティフルなクルマだ。初代Zは、自分の中では永遠のレジェンドだ。ボディラインの流れや曲線が特に素晴らしい。同世代の素晴らしいクルマはたくさんあるが、このZはその中のトップ3に入ってるね。




    ・そういえば80年代初頭、ポールニューマンが240Zのレーシングカーを運転してたな。奴はなかなか乗れてたね。




    ・自分はこのクルマが大好きだ。子供の頃、近所の人が乗っていたオレンジ色の240Zに憧れていたんだ。アナログでミニマルでクリーンなデザインは、1960年代後半のポルシェ911Tと同じ理由で気に入っている。シンプルで完璧なスポーツカーだよ。自分は1972年生まれだから、余裕があれば1972年式のフェアレディZを自分への退職祝いとして買おうと思っている。そしてZと一緒に年を取っていくんだ。




    ・自分はS30型フェアレディZのオーナーだから、このクルマが高く評価されていて嬉しいよ。




    ・自分の兄はUS仕様の240Zの初期型を持っていた。4速MTだったのを260Z用の5速MTに載せ替えて、L26にウェーバーのデカいキャブレターを付けたレース仕様のエンジンを搭載していたよ。あのクルマは1970年代当時としては、危険なほど速かったね。




    ・このビデオを観ていたら、240Zがカナダで発売された時の事を思い出したよ。当時としては本当にすごいクルマだった!




    ・このクルマが好き。ただそれだけだ。




    ・なんて美しいクルマなんだろう。この初代240Zは、登場して以来ずっと自分のドリームカーのリストに載っているよ。




    ・素晴らしいビデオだった。とてもカッコいいクルマだよね。このZが出た当時、自分はまだクルマを運転できない年齢だったけどよく覚えているよ。我が家では両親が280Zに乗っていて、兄貴が240Zに乗ってた。




    ・自分は1973年式の240Zを持ってた。当時、自分が乗ってたクルマとしては最高のものだったよ。聴診器を使ってSUキャブレターの同調を取ったもんだ。あれが唯一の方法だったんだ。当時はそんな感じだったよ。




    ・佇んでいるだけでもサマになるようなキュートなクルマだ。オーバーフェンダーやクレイジーなホイールを付けたりせず、シンプルでエレガントで整然としている所がいい。もし自分が240Zを買うとしたら、まさにこういうのだろうな。




    ・自分は1980年式の280Zを持ってる。つい昨日480,000kmを超えたところだよ。ほぼ全てのパーツを交換したりリビルドしたりしてるけど、自分はこいつをキープし続けるよ。1980年代にコンサート専門の写真家をしていて、このZでロックスターを追いかけて走り回ってたんだ。みんなこのクルマを気に入ってくれてたよ。




    ・空軍にいた時、1972年式の240Zを持ってたよ。速いクルマで本当に気に入ってた。ノースダコタ州の基地にいたんだけど、訓練でテキサス州に行く時にも乗って行ったよ。ボディーカラーはハイウェイイエローだったんだけど、角度によってはグリーンっぽくも見えたんだ。明らかに駐車場では目立っていたね。




    ・昔のダットサン/日産のモデルネームは素晴らしかったよ。サニーにブルーバード、チェリー、ローレル、フェアレディ…
     ↑スカイラインも忘れるな。
     ↑セドリックとグロリアも。
     ↑初代日産チェリーは本当に素晴らしいクルマだった。叔母夫婦が持ってたんだ。マジで楽しいクルマだったね。




    ・あのエンジン音は懐かしいなぁ。自分が小さい頃は、ここスイスでも240Zや260Zをたくさん見かけたよ。まさにこの音がしていた。




    ・タイムレスなデザインだ。本当に美しいね!




    ・自分はダットサン510のワゴンで運転を覚えたんだ。確かに、バッジには「Datsun by Nissan」と書かれていたよ。このフェアレディは大好きだったなぁ。




    ・1976年式の280Zを持ってたな。あれは大好きだったよ。やたら吠えたくる直6エンジンに時速160マイル(約256km/h)まで切ってあるスピードメーター、それから5速MTが素晴らしかった。さすがに時速160マイルまでは出したことはなかったけど、時速140マイル(約220km/h)くらいまでは出した。その速度域でもけっこうしっかりしていたね。あのクルマが懐かしいよ。




    ・日本に住んでいるから、こういうヴィンテージのスポーツカーを目にすることはよくある。でもこのZを前にすると、自分はオタク丸出しになってしまう。




    ・1970年代、このZは若手の下士官の間で大流行していたよ。自分も乗ってた。ワンダフルなクルマだったなぁ。




    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-B ニッサン S30フェアレディZ(レッド)【62562】 プラモデル
    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-B ニッサン S30フェアレディZ(レッド)【62562】 プラモデル

    アオシマ ザ・スナップキット No.13-E ニッサン S30フェアレディZ(ブルーメタリック) プラモデル (ZS94310)
    アオシマ ザ・スナップキット No.13-E ニッサン S30フェアレディZ(ブルーメタリック) プラモデル (ZS94310)

    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-SP4 ニッサン S30 フェアレディZ カスタムホイール(サファリブラウン)【64771】 プラモデル
    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-SP4 ニッサン S30 フェアレディZ カスタムホイール(サファリブラウン)【64771】 プラモデル

    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-C ニッサン S30フェアレディZ(イエロー)【62579】 プラモデル
    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-C ニッサン S30フェアレディZ(イエロー)【62579】 プラモデル

    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-A ニッサン S30フェアレディZ(ホワイト)【62555】 プラモデル
    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.13-A ニッサン S30フェアレディZ(ホワイト)【62555】 プラモデル


    【2022/10/01(土) 記事に誤った内容があったため訂正しました。ご指摘ありがとうございます!】

    俗にいうバーンファインド物件!44年落ちの日産S130S30型フェアレディZをキレイにする動画です。

    なんと走行距離はたったの350マイル(=560km)とのことで、かなりの値段が付きそうな個体です。

    誤:ちなみにこのS130型フェアレディZは1978年~1983年の生産で、海外ではダットサン280Zの名前で販売されていました。

    ちなみにこのモデルにはターボ仕様が用意され、北米仕様のL28ターボは180馬力の出力だったそうです。国内ではL28ターボの型式認証が通らず、1982年にL20ターボが追加されています。

    これは国内で初めて60扁平のタイヤを装備したクルマだそうです。215/60R15が超ワイドタイヤと呼ばれた時代…

    正:こちらは1976年式のS30型ダットサン280Zのようです。wikiによると、SUキャブからボッシュのインジェクションに変更され、出力は170馬力だったようです。280ZXと勘違いしてました…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・このクルマは、44年間もあの太陽(dat sun)を観ていなかったのか。
     ↑ワロタ。
     ↑だれうま。
     ↑日に当たっていなかったから、塗装の状態が良好なんだろうな。




    ・このZは単なるバーンファインドじゃない。タイムカプセルみたいなもんだ。こんなコンディションのZはユニコーン並みに見つからないよ。




    ・1975年当時、うちのオヤジは21歳だった。オヤジが初めて自分用に買ったクルマが1975年式のブルーの280Zだったんだ。オヤジはいつもそのクルマの話をしてた。自分は1987年生まれで、その280Zの思い出はオヤジがいつもギアチェンジしていたことだったな。直6の音が大好きだったから、ラジオをつけたことは無かった。小学校が終わって家に帰るとまずガレージに行ってZの運転席に座って、オヤジがしているギアチェンジのマネをしてたな。1995年にこの280Zを手放すことになったけど、280Zのおかげでクルマ好きになった事は言うまでもない。この動画は自分にとって特別なものだった。オヤジにもこの動画をシェアするよ。




    ・おお!信じられないほどクールだ!この280Zは文字通り新品のまま保存されていたんだ。よく見つけたな。そしてレストレーションも素晴らしい。オーナーは所有していることを誇りに思っているに違いない。




    ・初めてのクルマは280Zだった。このクルマは今でも自分の心の特別な場所を占めている。しかしこいつは世紀の大発見だな。とてもビューティフルだ!
     ↑当時の280Zは、安定性を高めるためにより大きなスタビライザーを付ける必要があったよな。あとはスモークのヘッドライトカバーとウッドのステアリングも必須だった。




    ・なんて素晴らしい体験なんだ!クルマはショールームコンディションに戻って、オーナーも家族も幸せそうだ。




    ・この動画を観ていて思い出したよ。ダットサンは自分が育ったオーストラリアでは人気があって、90年代には古いモデルがだいぶ安く売られていた。友達が初めて買ったのはダットサン180B(610ブルーバード。通称サメブル)だった。乗りつぶして廃車にするまでにいろいろ楽しんだし、ロードトリップもしたよ。




    ・1978年式の2+2のATを持ってた。ハンドリングが良くて、修理も簡単なクルマだったな。唯一の欠点は、湿気が多い所では簡単に錆びる事だったな。




    ・この280Zは好きだなぁ。親友が前に乗ってたんだ。そいつは1991年に350ドルで買ったんだ。この動画の280Zと同じグレード、同じ色だった。




    ・1977年当時、自分はフィジーに住んでるティーンエイジャーだった。カレンダーでこのダットサン280Zの写真を見て、とても気に入ったんだ。それで東京のダットサンにカタログを送って欲しいと手紙を送ったら、彼らは本当に送ってきてくれたんだ。このクルマに興味を持ってくれてありがとうって。
     ↑マジでクールな話だな。
     ↑興味を持ってくれたお礼にカタログを送ってくれたのか。
     ↑企業が本当の意味のカスタマーサービスをしていた時代だね。




    ・とても素晴らしい動画だった!当時、このダットサン280Zは裕福な人たちが乗り回していたように記憶しているよ。しかし素晴らしい仕事だ。文字通り、クルマに命を吹き込んだね。




    ・マジで素晴らしいバーンファインドだ。ハイスクールの時、友達がこれに乗ってたよ。2シーターだったから、そいつのガールフレンドが乗る時は自分はいつも荷室に乗せられてた。そいつの運転が荒くて、いつも110km/hですっ飛ぶコーヒーの缶に乗っている気分だったよ。




    ・おお!なんて懐かしい!この280Zは若い頃に欲しかったクルマだ。このクルマが生き返るのを見るのはとてもスリリングだな。




    ・自分が観た中では、一番保存状態のいいインテリアだ。よくやった!




    ・まさにこの動画と同じ280Zを持ってた。自分のは1976年式で、アメリカ沿岸警備隊に入隊した1984年に中古で買ったんだ。ぶつけた後、修理ついでにオールペンしてもらったらマジでゴージャスなクルマになった。1992年まで乗ってたよ。手放した日はそりゃ悲しかったさ。




    ・1994年にこの280Zを手に入れた。とても多くの年配の男性が、こいつの懐かしさから話しかけてきた。でもいつも自分は、話すのをやめてZに乗ってみてって言ってたんだ。あれから何年も経ったけど、今でもまだ持ってるよ。




    ・こういうレストアは大好きだ!




    ・OMG!俺のオヤジが乗ってたクルマだ!オヤジは今75歳だけど、この動画を見せてやろうと思う。オヤジは当時のクルマの「ファストバック」なスタイルが大好きなんだ。




    ・この280Zが登場した時、自分は8年生(中学2年生に相当)だったのを覚えている。誰もが欲しがるクルマだったよ。メタリックなベビーブルーとシャンパンゴールドが特にホットなボディーカラーだった。




    ・自分は1976年式のシルバーの280Zを持ってた。今までで一番楽しいクルマだったよ。あのクルマにはたくさんの思い出がある。自分の夢は、ほとんど乗られていないような、まさにこんな280Zを見つけることだった。もし自分がお金持ちだったら、このZに大金を払いたいよ。素晴らしい!






    アメリカでかなりの人気を誇ったクルマなだけあって、思い入れのある人がたくさんいるようです。「昔乗ってた!」「オヤジが乗ってた!」っていうコメントがたくさんありました。





    このページのトップヘ