JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:JDM


    2019年式のスバルインプレッサに対する海外の反応です。インプレッサと言うといつもターボの方ばかり注目されますが、この"じゃない方"のインプレッサはどのように見られているのでしょうか…?











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このクルマはきっと、15~20年後に誰かの初めてのクルマになるだろう。見た目はそうでもないが、思い出いっぱいのクルマになるだろうな。




    ・このインプレッサで一番優れている点は、オイルフィルターが付いている場所だな。10点満点中11点だ。
     ↑分かる!初めてこのクルマのオイル交換をした時びっくりしたよ。マジで信じられなかったから、車体の下でフィルターを探したんだ。上に付いているフィルターは何か別のものだと思っていたからね。
     ↑自分は仕事でオイル交換をしているから、アホな場所にオイルフィルターを付けているクルマをたくさん見てきた。個人的に2台巨頭はスズキとフィアットだな。
     ↑これだと交換がとても簡単だな。2010年式のアウトバックだと、オイルフィルターに触るためには車体の下に潜らなきゃなかったからね。




    ・2019年式なのにハンドブレーキが電動式じゃないだと!?よくやったスバル。
     ↑単にコストカット目的だろうけどね。
     ↑交配のための儀式であるハンドブレーキターンができるね。




    ・2019年式なのに黒樹脂ドアミラー、塞がれたフォグランプのスイッチ、5速MTか。90年代のクルマみたい。




    ・最近、5速MTの2020年式のインプレッサのハッチバックを買ったよ。心底気に入った。この先こいつを手放すことはないだろうな。
     ↑いいね。自分も同じクルマに乗ってる。運転が楽しいよね。




    ・自分は2015年式のインプレッサスポーツのATに乗ってる。吹雪の時にこいつで出かけて、駐車場や急なカーブで滑らせて遊ぶのが大好きだ。リアシートを畳むと寝るのに十分な空間があるし、テキサスまで2,500kmのドライブをした時は、その時に必要なものを全て積むことができた。いいクルマなのに、あまり見かけないのは奇妙だな。
     ↑自分も2015年式のを持ってる。初めてのクルマとして買ったんだ。雪が降った時、駐車場で滑らせて遊ぶのは超絶楽しいね!




    ・子供の頃、インプレッサは吹雪の時に乗るクルマだと思ってた。もしコントロールを失って雪山に突っ込んでも、こいつなら自力で出てこれる。
     ↑昔乗ってた1997年式のインプレッサがそんな感じだったよ。1.8LのMTでマニュアルエアコンが付いてた。まあクソみたいなクルマだったけど、誰にも止められないクソだった。ボンネットと同じ高さの積雪?問題なし。深さ12センチの溶けかけの雪?もちろん問題なし。除雪車が交差点に残していったスピードバンプ?当然問題なし。夏場はどのレースでも負けるようなクルマだったけど、冬になると話が変わるんだ。




    ・自分はこのインプレッサが好きだな。初めて乗ったマニュアル車で、寛容な所とスムーズさが気に入ったよ。




    ・2016年式インプレッサのベースグレードのオーナーとしては、この動画は納得できる。




    ・こういうタイプのMT車に乗るのは大好きだ。NAでよく回るエンジンは楽しいよね。




    ・少なくともここオーストラリアでは、2012年頃からFBエンジンが流行るようになった。最初はインプレッサだったと思うな。FBエンジンの最大の利点はタイミングチェーンになって、タイベル交換が不要になった事だ。それからプラグやオイルフィルターなど、定期的に触る所へのアクセスが容易になって、整備性が向上したのもいいことだね。




    ・このモデルと、自分が持ってるひとつ前のインプレッサはエントリーレベルのラリーカーだと言える。確かにストリートではパッとしないし人々に笑われるかもしれないけど、ダートやグラベルの上では非常に印象的なハンドリングを披露してくれる。オートクロスのイベントで実力を発揮するクルマだよ。




    ・インプレッサに関係するものを観ていると、ランエボが恋しくなってくる。頼むよ三菱。凡庸なクロスオーバーを売るのは中国でやってくれ。




    ・もしかしたら次に乗るクルマはこれかもしれないな。何度もこのビデオを見返しているんだ。




    ・今乗ってるFA20搭載の2015年式のWRXは、何の問題もなく16万キロを超えたよ。オイル漏れすらしていない。たぶんスバルはようやく気が付いたんだろうな。




    ・スバルが今でもこういうクルマを作っているのは嬉しいね。自分も23年間スバル車に乗ってる。EJ22と5MTの組み合わせは、毎日160kmの通勤でも問題なく動き続けているよ。




    ・前に乗ってた2015年式三菱ランサーの5MTベースモデルを思い出すよ。あれは気に入ってたなぁ。




    ・ぜひともセカンドカーとしてこのインプレッサが欲しい。




    ・2019年式インプレッサのベースモデルのメーカー希望小売価格は18,500ドルで、自分が乗ってるボロい2005年式のインプレッサの当時のメーカー希望小売価格は18,200ドルだった。それがこのクルマの最大の魅力だよ。




    ・これは理想的な初めてのクルマって感じだね。不等長エキマニの事は忘れよう




    インプレッサスポーツ 1.6i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン
    インプレッサスポーツ 1.6i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン

    インプレッサG4 1.6i-L アイサイト(スバル)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン
    インプレッサG4 1.6i-L アイサイト(スバル)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン

    インプレッサスポーツ 2.0i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン
    インプレッサスポーツ 2.0i-Lアイサイト(スバル)【中古】 中古車 コンパクトカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン


    日本では販売されていなかった、2017年式のホンダアコードクーペに対する海外の反応です。V6で6MTとは素晴らしい…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・アコードからV6もクーペも無くなったのは残念だ。とてもスムーズでスポーティーだった。




    ・自分はこれと同じクルマを持ってる。2016年式のV6クーペの6MTだ。Road and Track誌では、このクルマは正真正銘のマッスルカーであるという記事も掲載されてたよ。こいつは合理的な毎日のアシを探しているクルマ好きにとって素晴らしいクルマだ。J35プラットフォームは、よく調べてみるとリーズナブルにチューニングできるしね。100%オススメのクルマだ。
     ↑これは確かにスリーパー(羊の皮を被ったオオカミ)だね。自分は2004年式のアコードクーペの6MTを持ってる。ATの方が圧倒的に多いから、MTを見つけるのは大変だよ。




    ・"1万ドルでまあまあのコンディションのものが買える"と言ってるが、最近はそうでもないぞ。
     ↑2016年式でV6&6MTだと、最近は2万ドルを超えるものも出てきてるね。




    ・V6、6MT、クーペのアコードは保護する必要がある。
     ↑今じゃもう製造されていないからな。でも、現行の2,000ccターボのアコードスポーツ6MTは乗る価値がある。クーペではなくセダンだけど、加速、ハンドリングはアコードとして認められるレベルだよ。
     ↑V6アコードはエキサイトメントと上品さを兼ね備えたクルマだ。自分はV6アコードとジャガーを同列に扱うことができると思ってるよ。




    ・V6&6MTのアコードクーペは、ホンダプレリュードに上等なスーツを着せたようなクルマだ。




    ・この動画のおかげで2013年式のV6&6MTのアコードクーペを買うことになったよ。ありがとう。このクルマがとても気に入った!




    ・NAのV6エンジンで278馬力?ナイスだ。




    ・このアコードは過小評価されている名車だよ。




    ・大学を卒業したらこのアコードクーペをこっそり買おうと思ってたのに、こんなんしたら値段が上がってしまう…




    ・アコードは好きだなぁ。初めてのクルマは2008年式のアコードEX-Lだった。あれは気に入って乗ってたよ。パワフルなエンジンと広い室内空間がよかった。後部座席がちゃんと使えるクーペの時代が懐かしいよ。




    ・2019年式のスバルWRXを探していたけど、結局2017年式のアコードクーペの6MTを買ったよ。後悔は全くしていないね。こいつを手に入れられて本当に良かった。レギュラーガソリン仕様なのに278馬力なんだから、文句のつけようがないよ。




    ・自分はこのアコードクーペの6ATバージョンを持ってる。オートマでもめちゃくちゃ速いよ。それに燃費もいいんだ。オハイオ州コロンバスからウエストバージニア州チャールストンまでの320kmのドライブで、燃費が17.0km/Lを越えたことがある。




    ・このラブリーなアコードクーペの6MTを持っている人は本当にラッキーだ。残念だけどもうこういうのは出ないだろうし、時代を超えて愛されるクルマだ。もし見つけたら絶対手に入れた方がいい。それもできるだけ速やかに。




    ・半年ほどかけて探して、ようやく2017年式のMTのアコードクーペを見つけたよ。とても気に入っている。前に乗ってた1997年式のインテグラほどレーシーではないけど、ハイウェイをクルーズするのには最高だね。見た目は超ハンサムだし、乗り心地も素晴らしいよ。




    ・こいつは素晴らしいクルマだよ。自分も2017年式のV6&6MTのアコードクーペに乗ってる。パワー、トルク、見た目、どれを取っても素晴らしい。特にスモークガラスにすると超かっこよくなるよ。




    ・ホンダのディーラーで働いてる。このアコードクーペが入庫してくるのをいつも楽しみにしてるよ。このクルマを見るたび、もっと大きなガレージと大金があればいいのになって思う。




    ・マニュアルのホンダ車は、ほとんど人たちの夫婦関係よりも長持ちするかもしれないな。
     ↑それどころか、太陽系もしくは観測可能な宇宙よりも長持ちする可能性がある。




    ・2016年式の6MTのアコードクーペを持ってる。我が家では3台目のクルマで、走行距離は今のところ3万kmくらいだ。これを買ってからタンドラ(トヨタのフルサイズピックアップトラック)には乗らなくなっちゃったよ。運転がとても楽しく、ギアの感触も良く、非常に快適だ。このアコードクーペでアメリカ横断にチャレンジしたことがある。まるで夢のようだったよ。




    ・このレビューを見て、2013年式のアコードEX-Lを手に入れたよ。走行距離はたったの6万キロなんだ。これはマジで素晴らしいクルマだ。




    ・自分は2019年式のシビッククーペに乗ってる。置き場所に余裕があれば、せひこれも手に入れたいところだ。自分はMTのクーペが好きなんだけど、最近は廃れてしまって寂しいよ。





    アコード ハイブリッド (ホンダ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ハイブリッド
    アコード ハイブリッド (ホンダ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ハイブリッド

    アコード ハイブリッド EX(ホンダ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ハイブリッド
    アコード ハイブリッド EX(ホンダ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ハイブリッド

    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン
    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン

    アコードクーペ ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    アコードクーペ ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン



    2013年式のマツダアクセラに対する海外の反応です。このモデルは、海外では既に「Mazda 3」の名前で販売されていました。ハッチバックもいいですが、セダンの端正なフォルムもかっこいいですね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このマツダアクセラは大好きだ。ゆっくり走っている時も速く感じるし、コーナーを曲がる時は楽しいし、この価格帯にしてはとても高級感がある。長距離では17km/Lも走るしね。とても楽しい小さなコミューターだ。自分は2014年式のに乗ってるが、何の問題もなく27万km走った。ヘッドライト、ブレーキ、オイル、フィルター、エアクリーナー等の消耗品を交換したくらいだよ。ここまで乗ったけど、エンジンチェックランプは一度も点灯しなかったな。




    ・自分は2015年式アクセラの2,000ccに乗ってる。とても気に入ってるよ。アクセルを底まで踏んだ時にカチッとなるキックダウンスイッチを見つけてからは更に気に入った。こいつは"エコなんぞ知るか!2速フル加速の時間だぜ!"スイッチだね。
     ↑自分もその機能が気に入ってる。2018年式で2,500ccのマツダ3GTに乗ってるよ。パドルを触りたくない時に便利だよね。




    ・自分はカローラを試乗したけど、結局買ったのはマツダ3だった。




    ・自分といとこで、マツダ3に乗って140km/hでバンプを乗り越えた時のことは決して忘れない。こいつは小さいがとても楽しいクルマだ。ジャンプも上手なクルマだったよ。




    ・自分の仕事上、このアクセラに触れる機会がたくさんあった。実際、インテリアはとても快適だったな。




    ・自分はアクセラスポーツは名車だと思う。後ろも独立サスだからグリップがいいし、インテリアも高級感がある。




    ・自分の2014年式のマツダ3は最高だよ。メタリックブルーのボディーカラーは美しいし、ATでも元気に走る。何も文句をつける所はないな。17万kmの時にメンテナンスを行ったけど、それは全て予防整備だった。




    ・自分はマツダスピードアクセラに乗っているから、このモデルについては何とも言えないな。でもちゃんとしたクルマだという事は分かった。このチャンネルでマツダスピードアクセラも取り上げて欲しいよ。彼が何て言うか気になる。




    ・2013年式の6MTのマツダ3を買ったばかりだよ。本当に優秀なクルマだ。楽しいしシンプルだね。




    ・やっぱりエコノミーカーだし、トルクは少ないよな。このクルマは乗り心地とハンドリングが全てだ。自分は2003年式のファミリアスポーツワゴンに乗ってたが、あれも同じだった。スピードは期待できないけど、ハンドリングはゴーカートみたいだったよ。最高だったな。毎日笑顔で乗ってたよ。あのファミリアはマツダの小型車の中で最高のものだった。最近のクルマは見栄えは良いけど、何かを失ってる気がするんだよなぁ。




    ・2016年式のマツダ3セダンのATを持ってる。このクラスにしてはパンチの効いたクルマだと思うなぁ。毎日の足として、カローラやシビックに代わる素晴らしいクルマだね。




    ・2014年式のマツダ3のATに乗ってた。トルクがない事には同意するね。でもとても回りたがるエンジンだった。6速で巡航している時、アクセル全開にするとすぐにシフトダウンしてくれたね。それに18.5km/Lを記録したこともある。もっとデカいクルマに乗り換えたけど、こいつは小さいながらも素晴らしいクルマだった。




    ・マツダが大好きだ。クリーンなマツダ3を見るのは好きだけど、改造されたマツダ3やマツダ6を見るのはもっと好きだ。




    ・2015年式のハッチバックを持ってたよ。パワーはあまり無かったけど、運転していて楽しかったな。




    ・2012年式のに乗ってるが、2,000ccモデルについてはこのビデオの通りだ。1~3速までは元気だけど、4速に入ると力尽きてしまう。VWゴルフTSiとフォードフォーカスを除けば、同じ年式の競合車種よりも速いから気に入ってるよ。




    ・こいつは2,500ccのを選ぶべきだ。自分はハッチバックで2,500ccでMTのを持ってる。これはなかなかレアだよ。プラス30馬力が違いを生むんだ。このクルマは、グレードに関わらずMTが選べたのが気に入ったよ。




    ・2015年式のハッチバックのマツダ3に乗ってる。この動画は正確だな。シビックよりこっちを選んで正解だった。毎日の足として楽しく乗ってるよ。こいつにはぶっ壊れるまで乗ろうと思う。




    ・パワーはないけど、乗っていて楽しい。実用的で維持費も安いから、こいつこそ本当の普通車だ。




    ・自分は2018年式のマツダ3ハッチバックに乗ってる。唯一気に入らないのはマツダコネクトのナビだな。起動が遅くて、目的地を入力するのに長いこと待たなきゃないんだ。




    ・2013年式のアクセラスポーツのMTに乗ってる。エンジンは結構回ってくれるから、追い越し加速の感覚は特筆すべきものがあるね。シフトの感触も良く、ギアを何段か下げるのはいつも楽しみだ。ハンドリングも素晴らしいけど、ステアリングはもう少し重くても良かったね。全体的に素晴らしいクルマで、運転はとても楽しいよ。






    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ハイブリッド
    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ハイブリッド

    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S(マツダ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD ハイブリッド
    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S(マツダ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD ハイブリッド

    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 2WD ハイブリッド
    アクセラ ハイブリッド ハイブリッド-S プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 2WD ハイブリッド

    アクセラ 22XD プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD 軽油
    アクセラ 22XD プロアクティブ(マツダ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD 軽油


    最後のエボである三菱ランサーエボリューションⅩに対する海外の反応です。もうこういうのは出ないのでしょうか…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・買う価値のある最後の三菱車だ。
     ↑その通りだな。
     ↑とても悲しい。エクリプスにエボ、3000GT(三菱GTOの海外での名前)、いったい何が起きたんだ?




    ・2010年式のMTのエボⅩを持ってる。本当に気に入ってるよ。チューニングして395馬力出てるから、どんなクルマやスポーツバイクも追い越すことができるんだ。




    ・三菱はランエボをラインナップに戻して、再びクールな自動車メーカーになれるようにするべきだ。90年代の三菱は、クルマ好きにとって最高のブランドの1つだった。エクリプスにFTO、ギャラン、ディアマンテ、モンテロ(パジェロの海外での名前)、3000GT、ミラージュターボ…




    ・素敵なクルマだな。色が気に入った!




    ・もしかすると、近いうちに2010年式のランエボⅩ GSRを手に入れられるかもしれない!とてもエキサイトしているよ!




    ・DCTが選べたのは、間違いなくStiと一線を画すものだった。




    ・自分は完全ノーマルの2008年式のランエボⅩ GSRを持ってる。走行距離はもう25万kmになるけど、今でも力強く走ってるし決して自分をがっかりさせることはない。




    ・同じ年式のラリーアートを持っていたけど、普通のMTでよかったのにと思った。SSTはシフトフォークの問題、クラッチの問題、その他多くの理由により故障しがちだったんだ。言うまでもないことだけど、トランスミッションを修理しようとすると費用は5,000ドルを超えるんだ。




    ・個人的に、ボディのデザインは好きじゃないな。デザインでいえばエボ8とエボ9が好きだ。それ以外はエボⅩが好きだな。




    ・前に乗ってたエボⅩが懐かしいな。アームレストがきしむのはご愛敬だ。




    ・本当の最後のランエボはエボⅩのファイナルエディションで、設定はMTのみだった。アメリカでは1,600台の限定販売だったんだ。




    ・あのSSTの感触は悪くなかったよ。とても素晴らしかった。壊れるまでは。




    ・ちょうどランエボを購入しようと考えていた所でこの動画に出くわした。波長が合ったんだな。




    ・自分の人生にはこのクルマが必要だ!




    ・イギリス仕様のランエボⅩは420馬力だったよ。オプションで470馬力仕様もあったね。




    ・ランエボ乗りは教えてくれない事だが、こいつでハイウェイを130km/hくらいでクルージングしている時、回転数は4,000rpmにもなる。エボはハイウェイを走ってる間じゅう悲鳴を上げているんだ。唯一の対策は、費用が掛かるけどファイナルを交換することだけだ。




    ・誰が何と言おうと構わない。このクルマは最高だ。




    ・ひとつの時代が終わったんだ。我々の知っている三菱は、このクルマと主に終わった。




    ・同意してくれる人は少ないと思うけど、自分はエボ9よりエボⅩの方が好きなんだよな…




    ・三菱がランサーの製造をやめてしまったのは本当に残念だ。エボ11を楽しみにしていたのに…
     ↑そんな事言ってると、ランサーという名前のSUVが出るかもしれないぞ。






    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD ガソリン

    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD ガソリン

    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン

    京商 ミニッツAWD MA-020 レディセット ランサーエボリューション X PWRC2008【32632M】 ラジコン
    京商 ミニッツAWD MA-020 レディセット ランサーエボリューション X PWRC2008【32632M】 ラジコン

    ビ-エムクリエイションズ 1/64スケール 三菱 ランサー エボリューション X ブラック RHD 64B0118
    ビ-エムクリエイションズ 1/64スケール 三菱 ランサー エボリューション X ブラック RHD 64B0118

    BM CREATIONS 1/64 三菱 ランサー エボリューション X ブルー (RHD) 完成品 64B0114
    BM CREATIONS 1/64 三菱 ランサー エボリューション X ブルー (RHD) 完成品 64B0114


    90年代のコンパクトカー「ターセル」に対する海外の反応です。どこにでもある手頃なクルマだったので、懐かしく思う人が多いようですね。

    どういうわけか、こういう小さく実用的なクルマに惹かれてしまいます…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・昔ターセルを持ってたよ。この動画を観て涙目になった。このクルマはハッピーだったし生き生きしていた。ターセルを所有していた時は、自分もハッピーだったし生き生きしていた。今はただ生きているだけだ。




    ・350馬力のランエボのレビュー動画は確かに素晴らしいけど、この動画は自分にとってとてもお気に入りのものだよ。
     ↑分かる。こういうクルマとともに我々は成長してきたんだ。そして今は消えつつある。




    ・よく言われるように、速いクルマをゆっくり走らせるよりも遅いクルマを速く走らせた方が楽しい。
     ↑いやーしかしオートマのターセルじゃちょっと…
     ↑確かにそうだ。自分は2009年式のカローラを持ってるが、ハイウェイで150km/hくらい出すのは楽しいな。




    ・自分はかつて1999年式のターセルに乗っていた。とても素晴らしいごく普通のクルマだったよ。A地点からB地点まで、いつも間違いなく良好な燃費で移動することができた。2回クラッシュしたけど修理して乗り続けたよ。これこそクルマのあるべき姿だ。




    ・このターセルは「90年代のエコノミーカー」の定義みたいなもんだな。
     ↑確かに、90年代のエコノミーカーをAutomation(クルマを作るPCゲーム)で再現したものみたいだ。




    ・おばあちゃんからお下がりでもらう定番のクルマだ。
     ↑まさにそれ。うちの妹がおばあさんから1994年式の超低走行のターセルをもらってたよ。最後にはヘッドガスケットが吹っ飛んだけど…
     ↑うちのおばあさんはこの動画とほぼ同じターセルを持ってた。めちゃくちゃ酷使してたな。
     ↑自分は2001年式のマツダプロテージュ(ファミリアの海外での名前)をおばあさんからもらったよ。2016年にもらったんだけど、走行距離はたった1万km少々だった。初めてのクルマとしては素晴らしいものだったよ。




    ・正直、自分はこういうクルマが好きだ。トヨタターセルには、とてもシンプルで崇高な何かがある。派手なものは何もないけど、自分が求める事をしてくれる。いつもそばにいてくれる心強い味方だね。オーナーがこいつの世話をしてやれば、こいつがオーナーの世話をしてくれるんだ。




    ・ターセルはいつか乗りたいクルマだ。特にホワイトで2ドア、MTのやつに乗りたいな。ここグアテマラでけっこう見かけるね。よくメンテされたものでも手頃だという事は、このクルマをよりクールにしていると思う。




    ・このクルマは愛らしい。所有した事はないけどノスタルジーを感じるね。欲しいなぁ…
     ↑こいつはとてもキュートだ。
     ↑コロンビアで見かけたクルマを思い出す。
     ↑自分は1999年式ターセルを持ってる。こいつはほぼ壊れているようなもんだけど、エンジンだけは快調だ。もう35万kmは走ったな。こいつのことは死ぬほど気に入っているよ。




    ・ターセルを大声で探し回ったけど、見つかったのはエコー(トヨタプラッツの海外での名前)だけだった。
     ↑なかなか深いコメントだ。
     ↑エコーでハイウェイの車線変更をする時は怖いよね。
     ↑自分はターセル、エコー、ヤリスの聖なる三位一体を乗り継いだことがある。3台での走行距離の合計はほぼ160万kmだった。




    ・ターセルは1998年あたりまで生産され、ダッジネオンは2005年まで生産されていたけど、今でも路上で多く見かけるのはターセルの方だ。
     ↑それはつまり、ダッジネオンが犬のクソ同然だったからだよ。
     ↑ダッジネオンはヘッドガスケットに深刻な欠陥があったんだ。コルク製のヘッドガスケットはシリンダーの圧力に耐えることができなかった。アフターマーケットのメタル製のものに交換されることが多かったんだ。でもそっちはそっちでサビの問題があった。
     ↑自分が住んでいる所では、ターセルは今でもよく見かける。ネオンはなかなか見ないね。たまに見ても、大抵はボロボロだ。




    ・手動で開ける窓から、あの頃の夏の匂いがするようだ。当時が懐かしい。




    ・1997年式のティールグリーンのターセルを持ってる。今でも完璧に動いているよ。4年前に買ったけど、大きなトラブルはひとつもない。とても気に入ってるよ。もっと評価されるべきクルマだ。




    ・手入れの行き届いた90年代のクルマを見ると、いつも考えさせられてしまう。このクルマは、1990年代生まれの人よりも程度がよさそうだ(自分を含む)。
     ↑クルマのパーツはアメリカのヘルスケアより安いし、このクルマには90年代生まれのアクティブなライフスタイルほどの負担が掛かっていないからさ。
     ↑わかる。わかるぞdude。
     ↑自分も同じだ。キレイな1999年式の日産マキシマを持っているからよく分かるよ。




    ・2004年あたりに、うちの嫁に1996年式のターセルを買ったんだ。その時は10万kmくらいで、一時的な通勤用として手に入れた。あれから何年も経つけど、今でも毎日乗っている。20万kmを少し超えたくらいだ。嫁のクルマとしてフルオプションの2018年式のシボレーマリブを買ったんだけど、彼女はそっちが好きじゃないみたい。「テクノロジーが多すぎる!」だってさ。




    ・どうして自分はいつも90年代のトヨタ車に興奮するんだろう?
     ↑コスパを考えると、1990年~2004年あたりのクルマが最高水準だ。この年代のクルマの信頼性と寿命は過小評価されているよ。
     ↑基本的に90年代のクルマは防弾並みに頑丈だからな。
     ↑お前だけじゃないぞ。
     ↑90年代後半のトヨタ4ランナー(ハイラックスサーフの海外での名前)は完璧なサイズのSUVだった。最近のSUVは笑えるくらいデカすぎるよ。




    ・自分が気に入っている数少ない90年代のセダンのうちの1台だ。たぶん自分が歳を取ったせいもあるかもしれないけど、ベーシックで燃費のいいセダンが好きなんだ。




    ・自分もまだターセルに乗ってる。今でも15km/Lは走るし、加速も力強く、今日の交通の流れには簡単についていける。自分はこのターセルがとても気に入っている。キープし続けるよ。




    ・素晴らしいレビューだった。これこそ自分が今でも90'sの日本製コミューターを愛している理由だよ。




    ・母親が1991年式のターセルに14年間乗ってたよ。自分が子供の頃だったな。カセットデッキで母親のミックステープを聞いた記憶がある。クルマは一番ベーシックなグレードだったと思うな。MTで2ドアクーペで、助手席側のドアミラーやデフロスターは付いてなかった。間欠ワイパーもなかったな。でも永遠に走り続けるようなクルマだった。




    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン
    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン

    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75
    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75

    タイロッドエンド トヨタ ターセル 型式EL41/EL43/NL40の右アウター用 三恵工業 SE-2941 | タイロットエンド TOYOTA ガタ 異音 車 車用 車検 車検部品 部品 ボールジョイント
    タイロッドエンド トヨタ ターセル 型式EL41/EL43/NL40の右アウター用 三恵工業 SE-2941 | タイロットエンド TOYOTA ガタ 異音 車 車用 車検 車検部品 部品 ボールジョイント

    VELOCE ベローチェ ブレーキローター ディンプルスリット フロント TOYOTA トヨタ カローラ2/ターセル/コルサ EL51/EL53/NL50 品番 3119145 S6D3P
    VELOCE ベローチェ ブレーキローター ディンプルスリット フロント TOYOTA トヨタ カローラ2/ターセル/コルサ EL51/EL53/NL50 品番 3119145 S6D3P

    分割式ドライブシャフトブーツ アウター用 トヨタ ターセル EL43用 B-E02 車輪側用 パロート ネオブーツ | PARAUT TOYOTA ドライブシャフトブーツ シャフトブーツ 交換 車検 車 車用 交換用 ドライブシャフト パーツ 車用品 整備 自動車 部品
    分割式ドライブシャフトブーツ アウター用 トヨタ ターセル EL43用 B-E02 車輪側用 パロート ネオブーツ | PARAUT TOYOTA ドライブシャフトブーツ シャフトブーツ 交換 車検 車 車用 交換用 ドライブシャフト パーツ 車用品 整備 自動車 部品

    NGK(エヌジーケー) トヨタ カローラ2/コルサ/ターセル プラグ イリジウムIXプラグ 1990/9〜1994/9 ターセル EL41 ■エンジン:4E-FE ■排気量:1300 4本セット
    NGK(エヌジーケー) トヨタ カローラ2/コルサ/ターセル プラグ イリジウムIXプラグ 1990/9〜1994/9 ターセル EL41 ■エンジン:4E-FE ■排気量:1300 4本セット

    このページのトップヘ