JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:EF


    今見てもEF型のシビックはかっこいいですね。少し前なら、車高を落として内装後半剥がして環状線仕様に…なんて思ってましたけど、このままノーマルで乗るのも悪くなさそうです。

    ちなみに、このEF型の国内向けスポーツグレード「SiR」は、160PS/7,600rpm、15.5kg・m/7,000rpmを発揮するB16Aを搭載しているのにお値段なんと1,469,000円。現代にもこういうクルマが必要です。

    参考までに、1.3リッター82馬力のD13Bを搭載する最低グレードはたったの778,000円。これこそシビックのあるべき姿だと思います。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・ようやくダグ(動画に出ているレビュアー)の服装に釣り合うクルマが出てきた。




    ・正直に言って、今でもこういうクルマで十分だよ。機能的でクリーンで、お手頃価格で改造の余地がある。完璧じゃないか。
     ↑楽しさもあるぞ。




    ・リアエンドの造形はタイムレスだ。クリーンな直線がいいね。テールライトとボディのプロポーションに大型のリアガラスハッチもいい。後ろから見ると、これまでに作られた最も整然としたデザインだと言える。セダンも同様だね。




    ・何百万ドルするクルマのレビュー動画より、このシビックの方が気になる。
     ↑実際に手に入れられる可能性があるからね。
     ↑近所で売りに出ているのがあるかもしれない。だから俺もこの動画を観ているよ。
     ↑F40vs911の動画も見たけど、自分的にはこっちの方がクールだ。




    ・初めて買ったクルマだ。まだ持ってるよ。手放すのは難しいな。とても楽しい小さなゴーカートだよ。改造すれば速くなるしね。
     ↑タイミングベルトを交換して、塩に近づけないよう気を付けていれば防弾並みに丈夫なクルマだよ。




    ・どノーマルのホンダシビックは、世界で最も貴重なクルマかもしれない。




    ・このシビックのベースモデルを持ってた。最高のクルマだったよ。17年乗ってたけど、そのうちの半分は年間整備費用が0ドルだった。240,000kmの時に売ったら1,000ドルになった。よ。リアシートを倒すと、ラゲッジカバーがほぼフラットなフロアに収まるんだ。あのクルマが懐かしいな。




    ・80~90年代のシビックには魔法が掛かっているようだ。クルマと道との一体感がすごいね。ハンドルやペダルから路上の小石の存在すら感じられるようだ。車体が軽いから、全てのカーブはクルマを楽しむチャンスだと言える。ドライバーを幸せにしてくれるクルマだよ。




    ・ああ神様、必要最小限のシンプルさと信頼性が恋しいです。
     ↑うん。基本的にはそれがホンダ車の魅力だった。ノーマルだと超高速なクルマではないけど、楽しいし、改造は簡単だし、信頼性は非常に高い。




    ・初めてのクルマとして、このグランドシビックのベースモデルに乗ってたよ。ラジオと助手席側ドアミラーは付いてなかったな。でも防弾並みの頑丈さだったよ!




    ・このシビックは手入れが行き届いているな。ホンダファンとしてこのクルマのオーナーを尊敬するよ。




    ・1989年式のシビックSiハッチバックに乗ってた。エアコンが唯一のオプションだったな。Polkのスピーカーにヤマハのデッキを付けて、荷室にはソニーのCDチェンジャーを置いていたよ。素晴らしいクルマだったな。低められたダッシュボードと広大なグラスエリアのおかげで、車内がとても広く感じられたよ。




    ・どノーマルで新車みたいな古いクルマには、何かこう感じるものがあるね。
     ↑こういうのは好きだな。サバイバー個体ってやつだ。
     ↑昨日が少なければ少ないほど、クルマは長持ちするもんだ。




    ・この「実用的」で「基本的」なデザインが、ほとんどの現代的なデザインよりもずっとよく思えるのはとても奇妙だな。
     ↑シンプルでクリーン。現行のシビックとはかけ離れているよ。
     ↑今のシビックは、怒った分度器と酔っ払ったコンパスがケンカしたかのように見える。




    ・同じ色のシビックを持ってた。古くてくたびれていたけどすごいクルマだった。5速MTが気に入ってたね。事故で廃車にならなければ、今でも乗っていたんだけどな。




    ・1.3リッター16バルブのキャブレターのを持ってた。レブリミッターがなかったな。初めてのクルマだった。素晴らしかったよ。雨の日はアンダーが出るんだよな。




    ・最新のランボのレビューよりもっと興味をそそられるね。




    ・相棒が16歳になった時、このシビックを手に入れていた。素晴らしい小さいクルマだったな。一緒に何千マイルもドライブしたし、何回か運転させてもらった。とても楽しいクルマだったよ。フローマスターのエキゾーストが入っていたから、なかなかクレイジーな音がしていたっけな。




    ・「このクルマには、本当に必要なものしか付いていません。」そういうクルマが欲しいんだよ…




    ・毎日の足としてこのシビックを買ったけど、レストアすることになりそうだ。運転がとても楽しいよ。やり過ぎ感のある現代のクルマより、このシビックの方が好きだ。なぜかは分からないけど、没入感のあるクルマなんだよなあ。





    前も同じこと言ったような気がしますが、シンプルで小さくて軽いは正義!




    EFシビックも、だいぶタマが少なくなってきました。USDM仕様にして乗るもよし、内装後半ひん剥いて環状族仕様にするもよし、夢が広がりんぐなクルマです。ドノーマルでもそれはそれでエモい感じがしていいですよねぇ。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・自分はハイスクール時代、新車のEFシビックに乗ってたよ。ああ。もちろんマレットヘアだったさ。




    ・「0-100km/h加速は9.1秒でとても立派です」まあ、80年代においてはね。




    ・EFシビックは2台乗ったよ。VWビートル以後の偉大なクルマだと思うな。




    ・初めて買った新車が88年式のEFシビックDXだった。224,000km乗ったあたりで盗まれちゃって、95年式のEKシビックに乗り換えたんだけど、好きだったのはこのEFシビックだな。




    ・このシビックのドノーマルのが好きだ。急旋回するとリアタイヤが浮くんだ。シャープで耐久性のあるギアボックスも操作感がいいね。今までに製造されたクルマの中で一番伝説的な耐久性をもつといっても過言ではない。残念ながら、今じゃ過去のものだけどね。




    ・全体的に素晴らしいクルマだといえる。ほかの人も言っているけど、こういう軽量でシンプルなクルマが恋しいよ。




    ・初めてのクルマがEFシビックのハッチバックのSiだったよ。9,000ドル未満で、とてもコスパに優れたクルマだった。その後2006年式のEKシビックに乗って、それから2015年式にも乗ったけどどれも楽しかったなぁ。




    ・シンプルで楽しくて品質のいいクルマか。すっかり過去のものになってしまった。




    ・運転が楽しくて安いクルマが買えた時代が懐かしい!




    ・今1991年式のEFシビックに乗ってるけど、もしノーマルで状態のいい同じ車があったら秒で買うね。




    ・ホンダがまだこのクルマを作ってたらいいのに…現行シビックやフィットよりこっちの方がいいよ。




    ・自分が免許を取った1998年当時は、まだこのEFシビックはそこら中にいた。当時自分のような高校生にとっては、とても楽しいクルマだった。50万円少々で108馬力なら文句ないもんな。195/50R15くらいのタイヤに替えるだけで全てがうまくいった。サスペンションを硬いやつに帰ると、オンザレールな挙動になってたね。




    ・自分はデスクトップPCの壁紙をこのシビックにしてるよ。80年代のシビックとCR-Xは最高だ。




    ・タイムトラベルしてこのクルマを持ち帰ってきたい。




    ・オートクロスを走る人なら、誰もがEFシビックのSiは伝説的だと言うと思う。非常に軽量なプラットフォームとダブルウィッシュボーンサスペンションのおかげで、FF改造車クラスでは無敵の強さだったからね。




    ・今考えているのは、1台欲しいってことだけだ。今じゃこの手のクルマは市場から姿を消してしまったね。シンプルで燃費が良くて、値段が手ごろでスポーティーで、運転するのが楽しいクルマ。あと高い信頼性もね!




    ・このEFシビックは信頼性がとても高かったから、カリフォルニアではまだ走ってるのを見かけることができるよ。




    ・以前にこのEFシビックに乗ってた。偉大な小さいクルマだったよ。手放すときは325,000kmになってたけど、まだまだ走れそうだった。




    ・当時、新車でこのシビックのSiを買ったよ。お金が掛からないクルマだったから大好きだった。5ドル分のガソリンで一晩中走れたんだからな。




    ・30年以上経った今でも、錆びて朽ちたり無茶な改造で破壊されたりしていなければまだまだ走れる。





    この世代のホンダ車では「信頼性」という言葉をよく見かけます。日本だと車庫保管でもなければサビが酷い事になってそうですが、気候が違うと長持ちするもんなんですねぇ。













    このページのトップヘ