JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:海外の反応


    2022年式の三菱アウトランダーに対する海外の反応です。エクステリアが非常に独創的で、コメントでは賛否がきっぱり分かれていました。どのように見らているのでしょう…?










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このアウトランダーが走ってるのを見たことがある。実際に見るとカッコよく見えるね。
     ↑自分にとっては、路上で見かけるものの中で一番醜いと思う。
     ↑実物を見るとかなりシャープな感じがするよね。




    ・3列目シートのヘッドレストが高すぎると思うのは自分だけか?
     ↑トラックとの追突事故の試験の様子を見ると、ヘッドレストが高い理由がよくわかるよ。




    ・このアウトランダーのインテリアは、今までのどの三菱車よりもずば抜けて素晴らしい。
     ↑いや、1991年式のディアマンテの方が良かったな。
     ↑けっこうRAV4に似ている気がする。




    ・こいつがもっとパワフルだったら、三菱にとってホームランになっただろうにな。見た目はとってもカッコいいクルマなんだがね。




    ・ここ2週間ほどこの三菱アウトランダーに乗っているが、とても感銘を受けた。もしかしたら自分用に買うかもしれない。




    ・近所の三菱ディーラーに見に行ってきたよ。実際に見るととてもグッドルッキングなクルマで、ESグレードのコンビニエンスパッケージというのを選ぶとかなり充実した装備が手に入る。もし自分が今SUVを探していたとしたら、正直言って買っちゃうかもしれない。かつて2014年式と2018年式のアウトランダースポーツ(三菱RVRの北米での名前。)に乗ってたけど、あれは必要十分なクルマだったなぁ。




    ・このアウトランダーのベースが日産ローグ(エクストレイルの北米での名前)だなんて信じられない。内装も外装もスタイリッシュだ。同僚がブラックのを1台持ってる。とてもナイスなクルマだよ。




    ・インテリアとテールライトは実にナイスだが、かなりパワー不足だ。そしてこのフロントエンドは…母親じゃなきゃ愛せない(=ブサイク)かな。
     ↑ああ。パワートレインは"なにこれ!?"って感じだった。
     ↑まあまあ。このクルマはパフォーマンスSUVじゃないから、これくらいあれば十分だよ。




    ・自分がこれを買うとして、唯一の妨げになるのはCVTだな。それ以外のところは前世代から大幅に改善されている。でも、他のクルマを選ぶかなぁ。トヨタはこういうクルマから、安さを感じさせないインテリアの作り方を学ぶべきだよ。
     ↑自分なら、V6と8速ATを搭載しない限りは買わないかなぁ。




    ・自分としては、グランドチェロキーぐらいのサイズのが出るのを期待したいな。こんな貧血を起こしたみたいなエンジンと狭小な3列目シートは話にならん。三菱がより大きなモデルを出してくれたら、自分は購入を検討したい。いい所も悪い所も教えてくれる正直で素晴らしいレビューだったよ。




    ・ちょうどこの2022年式のアウトランダーを手に入れた所だ。とても気に入ってるよ。みんなパワー不足って騒いでいるけど、こんな小さいSUVにどれだけパワーが欲しいんだ?加速とパワーは素晴らしいよ。今のところは文句なしだ。これで三菱車は3台目だな。




    ・この手のクルマにしちゃエンジンが小さすぎないか?エクステリアはグッドルッキングなんだがな。




    ・250馬力くらいの4気筒ターボにアイシンかZF製の8速ATを組み合わせたら、こいつは世界を制覇するだろうになぁ…




    ・もしこれにターボの設定があれば、このセグメントでは際立った存在になるし自分もこれを選ぶと思う。現段階では、マツダの方に傾いているよ。




    ・個人的にはグッドルッキングなクルマだと思うけど、もっといいエンジンとトランスミッションを積んていたらなぁとも思う。




    ・CVTの代わりに8速ATを組み合わせたV6も選べるようにするべきだった。そうすればホットケーキみたく飛ぶように売れただろうに。三菱は何を考えてこのオプションを取り除いたんだろう…




    ・このエンジンだとパワー不足の感があるけど、でもルックスはナイスなSUVだね。




    ・何か月か前、ディーラーに入荷されてすぐに買いに行った。とても気に入ってるよ。このクルマの場合、パワーはそこまで問題でもないと思うな。マスタングやチャージャーじゃないんだしね。




    ・自分はこのビーストを持ってるぞ。このアウトランダーのステアリングフィールと乗り心地を超えるクルマはそうそうない。それに燃費がとても良いんだ。ハイウェイを80km/hで走ってると14km/L、100km/hだと13km/Lなんだ。現時点では最高のクルマだよ。




    ・自分もこれに乗ってる。0-100km/h加速がひどいのは認めるよ。でも、90-150km/hの加速はとても素晴らしい。まるで飛んでいるかのようなんだ。4気筒にしちゃ上出来だよ。



    アウトランダーPHEV P(三菱)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラウン 茶色 4WD プラグインハイブリッド
    アウトランダーPHEV P(三菱)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラウン 茶色 4WD プラグインハイブリッド

    アウトランダー ローデスト24G(三菱)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD ガソリン
    アウトランダー ローデスト24G(三菱)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD ガソリン


    1982年式のSA22C型RX-7に対する海外の反応です。日本では12Aターボがありましたが、海外では12Aと13BのNAのみだったそうです。にしても、カッコいいな…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・自分は1979年式のRX-7でマニュアル車の乗り方を覚えたんだ。ドリフトという言葉が一般的になる前に、砂利道で滑らせて遊んでたよ。ステアリングを切ってアクセルできっかけを作ると、自分の思うとおりに滑らせることができた。それからこいつには自分が今まで見た中で最小の4バレルキャブレターが付いていたね。エンジンは本当に静かで、アイドリング中は静寂そのものだった。走行中も、石畳をひとつひとつ踏む音が聞き分けられるくらいだったよ。今の基準で考えると完全にパワー不足だったけど、あのクルマは本当に楽しかった。




    ・これは自分の好きな世代のRX-7だ。16歳の時、1982年式のGSLグレードを持ってた。ブリッジポート仕様の12Aを搭載していて、ウェーバーのキャブ、レーシングビートのフルエキゾーストなんか付けてたね。そしてホイールはビンテージのSSRスーパースターを履かせていた。あのクルマが本当に懐かしい。




    ・クラシックだねぇ。このクルマはアメリカで最もポピュラーなロータリーエンジン搭載車で、いつの時代でも魅力的だったよ。
     ↑まあ、発売当時は唯一のロータリーエンジンだったし、人気が出るのは当然だったよ。




    ・ショールームで1979年式のRX-7を初めて見た時の事を思い出した。まさに一目惚れだった。常に、このモデルのデザインはオールタイムクラシックだと思ってたよ。
     ↑自分がこれを初めて見たのは1980年だった。当時自分は10歳の子供だったよ。当時から2ドアのスポーツカーが大好きだったんだ。ご近所さんの家のゲートの前に突っ立って、彼に追い払われるまでこのRX-7を見つめていたんだ。そして今ようやく2001年式のMR-Sを買った。純粋なお楽しみ用としてキープしているよ。




    ・これを観ているといろいろ思い出すなぁ。初めて買ったクルマが1985年式のベースグレードのRX-7だったんだ。あのクルマが懐かしいなぁ。




    ・このフロントバンパーは最高にカッコいいな!




    ・昔持ってた。とても気に入って乗ってたよ。あの時は20ドルでガソリン満タンにできた。毎日乗り回しても2週間はもってたな。




    ・1985年式のエアコン付きのGSを持ってた。自分のにはサンルーフやエアロは付いてなかったな。これは当時のマツダのプレミアムクラスのクルマだった。トラックのステアリングギアボックスなど、既存の部品を流用したにも関わらず非常によく出来ていたよ。




    ・ハイスクールの時、幸運にもこのRX-7に乗ることができた。加速はスムーズで速かった。7,000rpmのレッドゾーンまでキレイに吹けるんだ。ローターとエキセントリックシャフトも見ることができたね。ずっしり重くて、でかいカムシャフトみたいだった。




    ・これは良いね。自分は2013年に1985年式のGSグレードを200ドルで買ったよ。エンジン、トランスミッション、インテリア、ブレーキ、エキゾースト、ラジエーター、キャブレターを交換したんだ。こいつは乗るのもイジるのも本当に楽しいクルマだよ。




    ・いつかは乗りたいと思ってた。本当にカッコいいクルマだね。




    ・おお!自分も昔乗ってたよ。1985年式のGSL-SEグレードのブラックだった。ああ神よ、私は今すぐこのRX-7が欲しいです…




    ・こいつのクールさは桁外れだ。




    ・昔、1983年式のRX-7を持ってたよ。自分が所有した唯一のスポーツカーだった。当時としては非常にクールなクルマで、自分もとても気に入ってた。しかし、テールがやたらとルーズだったな。雪が少し積もった時、スリップして道路から滑り落ちたのを覚えてるよ。自分のマンションの駐車場に停めていて盗まれたこともある。カーステレオ以外は戻ってきたけどね。車両保険が年間2,500ドルに上がった事もあって、4年間乗ってから手放すことにしたんだ。




    ・これが出た当時、自分は1982年式のダットサン280Zを持ってた。1983年式のRX-7のGSL-SEが欲しくて、280Zを手放す寸前まで行った。今となっては、絶対にRX-7を買うべきだったと思ってるよ。




    ・これは当時、実にスウィートなクルマだたt。ポルシェみたいなスタイリング、パフォーマンス、ハンドリングを備えているのに、ポルシェよりも信頼性が高く、価格と維持費は安かった。そしてロータリーエンジンの甘美な響き!




    ・懐かしいなぁ。この時、カリフォルニアではガソリンが1ガロン(約3.785リットル)あたり2ドル以下だったよな。




    ・20年くらい前、中古で買って1~2年乗ってたよ。90年代のセリカが欲しくなって手放したんだ。こいつはマニュアル車の乗り方を教えてくれたクルマでもあった。確かパワステは付いてなかったな。




    ・これこそ真のクラシックビューティーだ。




    ・ウインカーはネジ2本でボディに直接固定されているのか。今となっては珍しいな。




    チョロQ e-08 マツダ RX-7 (SA22C) 初回特典チョロQコイン付き【日本おもちゃ大賞2022 アクション・トイ部門 大賞】
    チョロQ e-08 マツダ RX-7 (SA22C) 初回特典チョロQコイン付き【日本おもちゃ大賞2022 アクション・トイ部門 大賞】

    サバンナRX-7 その他(マツダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン
    サバンナRX-7 その他(マツダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン

    サバンナRX-7 GT(マツダ)【中古】 中古車 クーペ ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    サバンナRX-7 GT(マツダ)【中古】 中古車 クーペ ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    【中古】コナミ 1/64 絶版名車コレクション Vol 5  マツダ サバンナ RX-7  型式SA22C 1978 黄色
    【中古】コナミ 1/64 絶版名車コレクション Vol 5  マツダ サバンナ RX-7  型式SA22C 1978 黄色


    レクサスLX600に対する海外の反応です。人気があるのに半導体不足が重なり、2022年の7月で受注停止となってしまっていました。受注停止直前では、納期が5年かかると言われていたとか…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・スターティングプライスが約87,000ドルってのは、実際に手に入るものの事を考えると悪くはない。しかし、ディーラーは絶対にプレミア価格を上乗せしてくる。100,000ドル以下では手に入らなさそうだ。
     ↑自分も全く同じ考えだ。今はクルマが不足しているから、貪欲なディーラーは価格を吊り上げてくるだろうな。
     ↑アメリカの自動車ディーラーはどうしてこんななんだ?




    ・レクサスLFAを除けば、このLX600は自分にとって最も望ましい乗り物だ。とてもビューティフルだし、スペースは広々としているし、ラグジュアリーさは十分だし。それに強くて有能で頑丈だからね。




    ・レクサスのフロントグリルはこれ以上恐ろしいものにはならないだろうと思ってたのに、それ以上のものを投入してきやがった。
     ↑プレミアムバージョンのブラックアウトされたやつなら比較的マシに見えるよ。




    ・ベースグレードを探すのは非常に難しそうに思える。




    ・エンジンの排気量を数字で表すという命名規則から逸脱しているようだ。先代のLX570は5.7リッターなのに、このLX600は3.5リッターだ。レクサスはエンジンの小型化を恥ずかしい事だと思っているのか?
     ↑いい所を突いたな!そのロジックなら、LX900って名前でもいいはずだ。1930年代の9リッター級のエンジンと同等のパワーが出ているからな。
     ↑本当の排気量ではなく、実際に「どのように感じるか」で命名されているんだ。過去のハイブリッド車もそうだった。




    ・ナイスなクルマだ。でもV8エンジンだったらよかったのにな。
     ↑自分はそうは思わないな。レクサスLXは2台乗り継いだが、燃費が悪くてなぁ。




    ・レクサスはあともう少し、フロントグリルを大きく設計するべきだった。




    ・もうフロントグリルにフロントエンドを付けちゃえよ。




    ・もうランドクルーザーはアメリカで販売されないから、スーパープレミアムSUVの代替品はこのLXしかない。でも、ディーラーは絶対20,000ドルくらいのプレミア価格を乗せてくるだろうな。




    ・新型が出たということは、2018年式のLX570が安く買えるってことか?




    ・このクルマが超絶欲しい!金持ちのサッカーママがこれを新車で買ってしばらく乗って、自分が買える額になるまで待たなきゃな。4年くらいはかかるな。




    ・レクサスはこのバカでかいグリルを見て、一旦冷静になって欲しいな。ああ神よ…




    ・自分はこのLX600が気に入った。レクサスの信頼性は最高だからな。




    ・キャデラックエスカレードとこのレクサスLX600がオンロード用SUVの2トップだな。泥まみれにするには高級すぎる。




    ・近い将来、このLXよりも手頃な価格のトヨタ版が出るのを期待しているよ。シャーシはこのLXのものを使って、オフロード性能を残したままラグジュアリー要素を全撤去して欲しい。頼むよトヨタ。これは航空宇宙科学じゃないんだ。




    ・自分が思うに、レクサスは確実にレンジローバーの客層を狙っていると思うな。レンジよりも素晴らしい信頼性があるしなぁ。




    ・25スピーカーって…そんなにいる?何にせよ美しいSUVだ。




    ・そのグリルの処理はとても馬鹿げているように見える。レクサスの中では、「魅力的なデザイン」という項目の優先順位は低いんだろうか。




    ・そのうちすぐにビバリーヒルズの家政婦がこいつに乗るようになるぞ。




    ・このクルマは、自分の支払い能力を超越している…




    カーリース【新車】レクサス LX 4WD 5ドア LX600 OFFROAD・7人乗り 7人 3500cc ガソリン 10FAT ★カード決済OK★
    カーリース【新車】レクサス LX 4WD 5ドア LX600 OFFROAD・7人乗り 7人 3500cc ガソリン 10FAT ★カード決済OK★

    カーリース【新車】レクサス LX 4WD 5ドア LX600 EXECUTIVE・4人乗り 4人 3500cc ガソリン 10FAT ★カード決済OK★
    カーリース【新車】レクサス LX 4WD 5ドア LX600 EXECUTIVE・4人乗り 4人 3500cc ガソリン 10FAT ★カード決済OK★


    このページのトップヘ