JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:日産

    ※※※過去記事を再掲します※※※



    日産フロンティアは、海外で販売される日産の中型ピックアップトラックです。310馬力を発揮するV型6気筒VQ38DDエンジンを搭載し、ロックアップ付き9速ATと組み合わされます。

    なんだか懐かしい見た目だなぁと思ったら、ダットラですよダットラ。海外ではダットサントラック・ハードボディーの名前で売られていたダットラモチーフだそうです。

    ハイラックスが売れてますから、日本にもこれ持ってきてくれないかなぁ。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・2011年式のフロンティアからこれに乗り換えたよ。古いモデルよりも飛躍的に優れているね!とても静かで、サスペンションもずっと良い。ただ自分は背が低いから、2インチ高くなったベッドには困ってるけどね。回転半径が改善されたのも良いポイントだね。前のフロンティアは第二次世界大戦の戦艦をターンさせるようなものだったからね。エンジン音も悪くない。スタートボタンは妙な所にあるから、ちょっと慣れが必要かな。でもリモートスターターを付けてるからあまり問題でもないか。ペンシルベニアの冬では必需品なんだ。




    ・正直、このトラックには非常に感銘を受けた。今乗ってるダッジラム2500から乗り換えるか真剣に考えているよ。日産が、修理に金のかかる新技術ではなく、オールドスクールなやり方でこのトラックを作ったのは非常に魅力的だ。自分にとっては、最近のトラックはちょっとやり過ぎな感がある。




    ・トラック好きの男として、このフロンティアに用いられた枯れた技術を称賛したいね。頑丈で実用的だ。最近の新しいトラックは、ミニバンやセダンを運転しているみたいで自分にはどうもちょっと…




    ・このトラックのオールドスクールな側面は、そういうのが好きな層を引き付けるだろうね。




    ・シフトノブが気に入ったよ。これでちゃんと機能するんだから、わざわざ変える必要はないよ。
     ↑その通り。機械式のシフトノブは、電子制御のセレクターよりも信頼性がある。
     ↑油圧パワステってのもすっごくいいね。




    ・作業車として前のモデルの2014年式フロンティアを使ってる。森林局の請負業者なもんで、クルマは徹底的に酷使されるんだ。我々にとってのゴールドスタンダードはトヨタタコマなんだけど、オフロードにおいて日産が非常に有能なのは認めざるを得ない。純正サスに平凡なタイヤでも走破性が高いんだ。




    ・間違いなく、この新型フロンティアは最近のミッドサイズトラックの中で一番かっこいいと思う。毎日通る道沿いに1台止まっているんだけど、通り過ぎる時いつもチラ見しちゃうんだよな。




    ・これは自分にとって夢のトラックだ。古いフロンティアを持ってて、とても気に入っている。ラダーフレームを備えた頑丈な車体が大好きなんだ。自分にとっては、これがトラックのあるべき姿だよ。90年代初頭の日産やトヨタのトラックを思い出すね。小さくても頑丈でしっかり作られているよ。




    ・こういうトラックにおいて、オールドスクールなのはいい事だよ。自分は2007年に日産フロンティアを新車で買ったんだ。インテリアもエクステリアもシンプルでいいと思ったのが理由の一つだ。その選択は正しかったようで、15年経ってもV6エンジンは調子よくハミングしてるよ。通常のメンテナンス、いくつかのセンサー類の交換をしたくらいかな。あ、先週エアバッグ警告灯が点いたっけな。とはいえ、今でもインテリアとエクステリアは見劣りしないし、エンジンはちゃんとかかるし、こいつのするべき仕事はちゃんとこなしてくれるよ。




    ・この日産フロンティアは、古いトラックとあまり感触が変わらないみたいだな。気に入ったよ。今は2010年式の2.5リッター4気筒のフロンティアに乗ってる。ATとエアコン以外は何も付いてないベースモデルだよ。パワーウインドウやキーレスはないし、FRで、トラクションコントロールもない。さすがにABSは付いているけど。ラフでうるさくて遅いけど、とても楽しいよ。めちゃくちゃ信頼性も高いしね。




    ・自分の好きなオールドスクールなフレームとメカニズムを備えているのか。気に入ったよ。ルーフラックが無くなったのは残念だな。ルックスがもっとグローバルになるのに。




    ・これはまさしく自分のお気に入りの小型トラックだ。新旧の技術のミックスがパーフェクトだね。値段が高いような気がするけど、今ならまあこんなもんか。




    ・こういうオールドスクールな雰囲気はまさに自分が好きなものだ。このフロンティアの開発中に日産で働いていたんだけど、これを運転してみてすぐに恋に落ちたよ。最先端の技術とか洗練とかとは無縁なクルマだけど、ハイテク家電みたいなクルマがあふれている現在ではとても新鮮だよ。




    ・1月にフロンティアのSVグレードを買ったよ。とても気に入ってるよ。一つ不満があるとすれば、リアのデフロックが全グレード標準装備だったらよかったなって事だな。




    ・新型フロンティアが、前世代のエンジンを搭載して発表されたというのが気に入ったよ。前世代でテストされ尽くしているから、全く新しいエンジンを搭載するよりも問題が少ないだろうな。




    ・オールドスクールなのはいいことだ。故障が少ないからね。これはトラックなんだから、そのままにしておこうや。




    ・この新型フロンティアを実際に見たとき、昔懐かしのハードボディーの面影がちゃんと残ってて驚いたよ。写真だととても現代的に見えるけど、実物はちょっと印象が違うんだ。




    ・このトラックが本当に気に入ったよ。頼むから、、現代のSUVとトラックを無理に比較しないでくれ。日産がこのフロンティアをシンプルなまま保ってくれて嬉しいよ。こういうトラックを買う人のほとんどは、ラグジュアリーなんて気にしないんだから。




    ・日産はいい仕事をしたようだな。アクセルを吹かした時の音がいいね。ミッドサイズのトラックだけど、まるでフルサイズのトラックに乗っているような気分になるね。




    ・自分は最近、2007年式の日産ナバラ(フロンティアのイギリス版)を手放したんだけど、新型とさほど差がない事に驚いたよ!日産はシャーシのサビと、ヘッドガスケットの問題はどうにかできたのかな。



    ハイストーリー 1/43 日産 ダットサン トラック ロングボディ AD 1985 ホワイトHi-Story 1:43 NISSAN DATSUN TRUCK LONG BODY AD
    ハイストーリー 1/43 日産 ダットサン トラック ロングボディ AD 1985 ホワイトHi-Story 1:43 NISSAN DATSUN TRUCK LONG BODY AD

    ケンクラフト 1/25 右ハンドル日本仕様改造パーツ付 1975年型ダットサン620トラック KK872
    ケンクラフト 1/25 右ハンドル日本仕様改造パーツ付 1975年型ダットサン620トラック KK872

    ハイストーリー 1/43 NISSAN DATSUN TRUCK CUSTOM DX・L ローダウン (1979) ブルーメタリック【HS188BL】 ミニカー
    ハイストーリー 1/43 NISSAN DATSUN TRUCK CUSTOM DX・L ローダウン (1979) ブルーメタリック【HS188BL】 ミニカー

    ジュウロクホウイ DATSUN TRUCK(720型)エンブレム ワッペン
    ジュウロクホウイ DATSUN TRUCK(720型)エンブレム ワッペン

    ★特価★365日毎日発送OK★1/64トミカリミテッドヴィンテージ【LV-195b ダットサン トラック 1500デラックス(水色)フィギュア付き】トミーテック
    ★特価★365日毎日発送OK★1/64トミカリミテッドヴィンテージ【LV-195b ダットサン トラック 1500デラックス(水色)フィギュア付き】トミーテック

    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック グレー 2WD ガソリン
    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック グレー 2WD ガソリン

    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ホワイト 白色 2WD ガソリン
    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ホワイト 白色 2WD ガソリン

    ダットサントラック (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ホワイト 白色 2WD 軽油
    ダットサントラック (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ホワイト 白色 2WD 軽油

    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック レッド 赤色 2WD ガソリン
    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック レッド 赤色 2WD ガソリン

    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ブラウン 茶色 2WD ガソリン
    ダットサン (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ブラウン 茶色 2WD ガソリン

    ダットサントラック (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ホワイト 白色 2WD ガソリン
    ダットサントラック (日産)【中古】 中古車 バス・トラック ホワイト 白色 2WD ガソリン

    ※※※過去記事を再掲します※※※



    サプライチェーンの混乱や半導体不足の影響により、2022年7月末でオーダーストップとなってしまった新型フェアレディZ。

    405PS/6,400rpm、48.4kgf・m/1,600-5,600rpmを発揮する3リッターV6ツインターボのVR30DDTTを搭載し、6MTと9M-ATxが選べるまっとうなスポーツカーですので、世界的にスポーツカーが枯渇している今では貴重な存在です。

    海外でも、この新型Zは大きな期待を持って見られているようです。














    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このクルマは最近の自動車業界における驚くべき出発点だ。エクステリアは宇宙船や、近頃のクルマにありがちな難解なモダンアートには見えない。パワートレインは要求にかなうもので、実際に購入する人を対象としているようだ。




    ・日産はうまいこと新型Zを作ったな。ところで、このサイドブレーキは電動ではなく普通のものが付いているのかな?このクルマをドリ車にする人が現れるのを楽しみにしているよ。自分も1台欲しいなぁ。




    ・ダイヤルが3つあるエアコンの操作系が好ましいね。最近のクルマはボタンで操作するか、インフォテイメントシステムに統合されているけど、どっちも不必要に複雑だ。温度調整のためのボタンを探すために道路から目を離したら、問題が起こる可能性が高くなってしまうだろう?この形のエアコンの操作系が、最良かつ簡単なんだ。




    ・必要なものが全てあって、不要なものは付いていない。3ペダルでギミックなし、100万通りのドライビングアシストもなし。とても気に入ったよ。この新型Zが爆売れするといいな。よくやった日産!




    ・これはコストを意識したリバイバルだ。エンジン、トランスミッション、インフォテイメントシステムなど、必要な所にのみお金をかけているね。共用のパーツは新鮮で新しいドライビング体験への影響を最小限に抑えている。ベースモデル同士で比較すれば、この新型フェアレディZは間違いなく4気筒のスープラを超えているね。でも新型Zとスープラの最上級グレード同士を比べるとなれば、、比較テストを見てからじゃなきゃ決められないかな。




    ・オールドスクールなデザインの再生を思いついた日産を称賛したい。このクルマの多くの特徴が、自分が25年落ちのGT-Rに載っている理由を思い出させるよ。




    ・ドライブモードの考え方は、MT車においては議論の余地があるように思える。ほとんどのクルマのエコモードは、単にスロットルの開く量を減らしているだけだ。これはMT車だとギクシャクしてしまうんだよな。自分のフォーカスSTにはドライブモード設定はないけど、積極的に運転するとレスポンスがハードになって、プリウスを抜いた後に普通に運転していると自動で元に戻るんだ。




    ・とても気に入ったよ。レザーシートよりもファブリックシートが好きだから、ベースモデルで完全に満足できる。25年間トラックの運転手をしているから、クラッチは踏みごたえのある方が好きだな。そっちの方がクラッチミートの具合を調整しやすいからね。不満点はルーフかな。ぱっと見はタルガトップっぽいけど、実際はそうではない。タルガトップがないならサンルーフを付けてくれるといいな。




    ・ディーラーは恐ろしいほどのプレミア価格を付けるんだろうな。もしメーカー基部御小売価格どおりなら絶対に買うよ。




    ・新型Zが気に入ったよ。テクノロジーだらけでクルマを台無しにすることはなく、ドライバーの事をちゃんと考えている。昔ながらのハンドブレーキみたいな、クラシックな特徴も備えているしね。




    ・クルマ好きがこの新型フェアレディZをどのようにいじるのか楽しみだよ。やっぱりでかいターボ付けるのかな?ボディキットも素晴らしいだろうなぁ。




    ・日産はこの新型Zでいい仕事をしたよ。マニュアル車を残してくれてとてもハッピーだよ。




    ・これは今まで出たフェアレディZのベスト盤みたいなものだ。ここ数年に出たクルマの中では、間違いなく自分の中のTOP5にランクインしている。




    ・これまでに作られた最も美しいクルマの1台だ。リアエンドはタイムレスな感じだね。




    ・MT車にはスポーツモードがないってのが非常に気に入った。だって、このクルマを買う人は乗るたびにスポーティーなドライビング体験をしたいって思ってるはずだからな。




    ・これは、日産が楽しくて美しいクルマの作り方を忘れていないという証明だ。多くの自動車メーカーが、このZやGR86、BRZみたいに楽しいMTのスポーツカーを作らないってのが残念だよ。




    ・他の人はどうか分からないけど、少なくとも自分にとっては、レーンキープアシストや360°カメラがなくても問題はないよ。あまり役に立たない事を知っているからね。こういう機能を搭載しないことは、コスト削減だけでなく、シンプルな設計による整備の簡単さにつながるんだ。




    ・ブラックのルーフやテールランプは、過去の多くのフェアレディZを想起させるね。この新型Zは最高だ。




    ・こいつが気に入った。シンプルなスポーツカーだ。複雑で不要なドライブモードの設定はない。マニュアルで後輪駆動、素晴らしいね。




    ・この新型Zのデザインで自分はすっかりハッピーになったよ!オリジナルZへの素晴らしいトリビュートだ。





    フェアレディZ 300ZXツインターボ(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン
    フェアレディZ 300ZXツインターボ(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン

    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    アオシマ プラモデル 1/32 ザ・スナップキット No.17-A ニッサン RZ34 フェアレディZ イカズチイエロー
    アオシマ プラモデル 1/32 ザ・スナップキット No.17-A ニッサン RZ34 フェアレディZ イカズチイエロー

    RZ34 フェアレディZ PERFECT BOOK [ GT-R MAGAZINE編集部 ]
    RZ34 フェアレディZ PERFECT BOOK [ GT-R MAGAZINE編集部 ]

    GT-R Magazine特別編集 RZ34フェアレディZ PERFECT BOOK【電子書籍】[ 交通タイムス社 ]
    GT-R Magazine特別編集 RZ34フェアレディZ PERFECT BOOK【電子書籍】[ 交通タイムス社 ]

    歴代フェアレディZのすべて (モーターファン別冊)
    歴代フェアレディZのすべて (モーターファン別冊)

    ニューカー速報プラス(84) 日産フェアレディZ [ ニューカー速報プラス編集部 ]
    ニューカー速報プラス(84) 日産フェアレディZ [ ニューカー速報プラス編集部 ]

    ニューモデル速報 第26弾 新型フェアレディZのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    ニューモデル速報 第26弾 新型フェアレディZのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]

    現行型のRZ34型日産フェアレディZに対する海外の反応です。こういうレトロ感というか、過去のデザインのオマージュのようなものがもっと広がればいいなと思います。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・こいつのバックエンドは素晴らしいぞ。




    ・このフロントエンドは犯罪的なほど優れている。このクルマにぴったりだし、リアがより一体感のある雰囲気を醸し出しているね。




    ・このフェアレディのデザインは、まさにこうあるべき、って感じだな。こいつはゴージャスだ。




    ・80年代のZにあったみたいなタルガトップが必要だよ。そして、このフロントエンドは前のよりずっといいな。




    ・このクルマの見た目が気に入った。特にブルーのが気に入ったよ。どうやら日産は物事を正しく進めたようだ。
     ↑こいつのブルーは実際に見てみるともっと素晴らしいぞ。




    ・ここカナダではトヨタスープラの価格がこのフェアレディZより高価であることを考えると、これは日産にとって大きな売り上げをもたらすだろうな。




    ・この新しいZが大好きだ。デザインが須あbらしい。日産はいい仕事をしたね。




    ・この間、初めて実車が走ってるのを見かけたよ。一目見て恋に落ちてしまった!




    ・伝説が復活した!




    ・このクルマは新車としては問題が多いような気がするけど、スタイリングとパフォーマンスの問題を解決した後期型が出れば十分に売れそうだ。




    ・この新型Zを手に入れるのが待ちきれないよ!でもちょっと間を置いた方がいいんだろうか。リリースされたばかりのものはベータ版みたいなもんだからね。きっと一年くらいしたら改良があるはずだ。




    ・このクルマが出るのを待ってたんだ!日産はマジでスペシャルな仕事をしてくれたよ!




    ・これは歴代フェアレディZの中で一番キュートだ。




    ・素晴らしいクルマだ。日産が正しい方向に進んでいるのが気に入ったよ。




    ・新しいマニュアル車にエキサイトできるってのは気分がいいな。これとトヨタスープラと、それに新しいGR86もホットだ。




    ・自分はこのエンジンに関しては運がないみたいなんだ。同じエンジンを搭載したインフィニティQ50レッドスポーツに乗っているんだが、3年未満の所有期間のうちで3回もエンジンを載せ替えたよ。




    ・初めて見た時はそこまで気に入らなかったけど、どういうわけか好きになってきた。この見た目は、アーティストが300ZX(Z32型フェアレディZ)を未来的に再解釈したみたいな感じだね。




    ・こいつのルックスは最高だ。80年代を彷彿とさせるスタイリングが大好きだ。もし自分が中年の危機に備えるクルマを買えるほどリッチだったら、このZは間違いなく欲しいものリストに載ってたね。




    ・このエキゾーストノートは最高だ!




    ・このリアエンドの見た目が最高だ。




    タカラトミー トミカ No.88 日産 フェアレディZ NISMO 箱 NO088ニツサンフエアレデイZNISMO [NO088ニツサンフエアレデイZNISMO]【MSSP】
    タカラトミー トミカ No.88 日産 フェアレディZ NISMO 箱 NO088ニツサンフエアレデイZNISMO [NO088ニツサンフエアレデイZNISMO]【MSSP】

    ザ☆スナップキット 1/32 ニッサン RZ34 フェアレディZ(セイランブルー) 【No.17-B】 (プラモデル)
    ザ☆スナップキット 1/32 ニッサン RZ34 フェアレディZ(セイランブルー) 【No.17-B】 (プラモデル)

    ニッサン 日産コレクションFairlady Z Customized Edition1/64スケール モデルカー京商製 ダイキャストモデルホビー カートイ ミニカー フェアレディZ
    ニッサン 日産コレクションFairlady Z Customized Edition1/64スケール モデルカー京商製 ダイキャストモデルホビー カートイ ミニカー フェアレディZ

    タミヤ 1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)【24363】 プラモデル
    タミヤ 1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)【24363】 プラモデル

    ミニカー 1/18 日産 フェアレディZ イエロー 限定 400個 samurai サムライ KYOSHO 京商 ニッサン nissan FAIRLADY Z モデルカー ギフト プレゼント KSR18056Y
    ミニカー 1/18 日産 フェアレディZ イエロー 限定 400個 samurai サムライ KYOSHO 京商 ニッサン nissan FAIRLADY Z モデルカー ギフト プレゼント KSR18056Y

    日産フェアレディZ(No.10) チューニング&ドレスアップ徹底ガイド (ニューズムック*ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアッ)
    日産フェアレディZ(No.10) チューニング&ドレスアップ徹底ガイド (ニューズムック*ハイパーレブ 車種別チューニング&ドレスアッ)

    ニューカー速報プラス(84) 日産フェアレディZ [ ニューカー速報プラス編集部 ]
    ニューカー速報プラス(84) 日産フェアレディZ [ ニューカー速報プラス編集部 ]

    ニューカー速報プラス 第84弾 日産 フェアレディZ【電子書籍】[ 交通タイムス社 ]
    ニューカー速報プラス 第84弾 日産 フェアレディZ【電子書籍】[ 交通タイムス社 ]

    フェアレディZ 300ZXツインターボ(日産)【中古】 中古車 クーペ メタリック 銀色 2WD ガソリン
    フェアレディZ 300ZXツインターボ(日産)【中古】 中古車 クーペ メタリック 銀色 2WD ガソリン

    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ (日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    ※※※過去記事を再掲します※※※



    R33スカイラインGT-Rは、見た目のせいかR32やR34よりファンが少ないような気がします。

    確かに、R33は何というか、ぽっちゃり感がありますもんね。とはいえGT-RはGT-R。もはや買える値段ではありませんが、とても好きなクルマです。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・R33は、愛されなかった兄弟の真ん中の子って感じだ。フェラーリF50と同じだな。自分はどっちも好きだけどね。




    ・この個体は手入れが行き届いていて、あまり改造はされていないようだ。次のオーナーもこの状態を維持してくれるといいな。




    ・ああ、R33か。このスタイリングがずっと好きだったよ。シンプルなフロントエンドとリアのデザインが本当に好きだ。




    ・R34までのGT-Rは、スタンダードなクルマをベースにしたものだという事をみんな忘れてないか。R33スカイラインは、スカイラインシリーズの中で初めて全グレードが6気筒&インジェクションになったんだ。R32のベースグレードなんて、4気筒のCA18にキャブレターだったんだぞ。
     ↑本当にその通り。昔日本に住んでいた時、父親はR33スカイラインのタイプMに乗ってた。かっこいいけど、特別なクルマではなかったよ。スカイラインは言うなれば日本におけるBMWの3シリーズで、クールでスポーティーなグレードを持つファミリーカーなんだ。




    ・ほう。トルクゲージがあるなんてすごいね。間違ってなければ、確かこのクルマには後輪がスリップし始めた時、電子制御で前輪に駆動力を配分するシステムがついていたよな。
     ↑うん。アテーサE-TSってやつだ。




    ・R33はR32よりホイールベースが長いから、高速域ではかなり安定感があるんだ。




    ・R33はずっとお気に入りのGT-Rだ。R32やR34と比べるとマッシブに見えるからね。それに、これ以降のGT-Rはウイングだらけになっちゃうからなぁ。




    ・このデザインが気に入っている。80年代と90年代の奇妙な組み合わせで、まとまりがないようにも見えるけど、自分はとても興味深く感じるね。




    ・2005年ごろ、このR33のGT-Rに乗ってたよ。いわゆるオーストラリアへのグレーな輸入ってやつだ。当時はリーズナブルな金額で手に入ったけど、今はものすごく高くなっているね。とにかく素晴らしいクルマで、速いしドライブトレインは防弾並みの頑丈さだった。
    ホイールは特別なもので、鋳造ではなく鍛造だった。とても高価だったよ。多くのGT-Rオーナーが社外ホイールを付けている理由は、オリジナルをキレイにキープするためか盗まれたかのどっちかだったろうね。



    ・ある日、ずっと好きだったクルマは何だったかをよく考えてみた時、頭に浮かんできたのはこれだった。主にスタイリングが好きなんだな。もしこのクルマが手に入ったら、毎日の足として使うための近代化改修にアホみたいな金額をぶち込んでやんよ。




    ・アテーサE-TSのシステムは、常に控えめに動作しているように感じる。RB26とアテーサの組み合わせは、GT-Rに魔法をかけたようだ。




    ・オーナーがHICASシステムを維持できる事を願ってるよ。これはサーキットにおいて、クルマの可能性を最大限に引き出せるものだ。




    ・スカイラインGT-Rは偉大なクルマだ。これは疑いようがない。いつも思っていたんだが、もしこれらがグランツーリスモで遅い部類だったら、ここまで人気を得ていただろうか?若いクルマ好きに対するゲームの影響ってのはすごいんだな。




    ・6年くらい前に乗ってたよ。クールなクルマだった。しかし、最近のパフォーマンスカーに乗ってからこのノーマルのGT-Rに乗ると、さほど速くは感じないかもしれない。




    ・時々、自動車メーカーはこういう宝石みたいなクルマをリリースする。しかし、北米市場でこのようなJDMカーのアイコンに触れることができなかったのは残念だ。




    ・このR33シャーシの素晴らしいハンドリングの理由は、重量配分がほぼ完璧に50:50だからなんだ。このクルマに関する最も素晴らしい事実の一つなんだけど、みんな知らないか忘れてしまっている。




    ・スカイラインGT-Rの中で一番のお気に入りだ。このエレガントな見た目が好きなんだ。




    ・これはグランツーリスモ2で一番お気に入りだった。チューンしていて、こんなに馬力が出るのかと驚いたのを覚えているよ。他にスープラとGTOも持っていたけど、このスカイラインを一番好んで乗ってたな。




    ・R33はもっと注目されるべきクルマだ。一番のお気に入りだよ。




    ・これは自分にとって一番のGT-Rだよ。日産の黄金時代を思い出させるね。





    アオシマ 1/32 ニッサン R33スカイラインGT-R(ミッドナイトパープル) ザ・スナップキット No.15-A Aスナツプ15AR33スカイラインGTRMP [Aスナツプ15AR33スカイラインGTRMP]【ETOY】
    アオシマ 1/32 ニッサン R33スカイラインGT-R(ミッドナイトパープル) ザ・スナップキット No.15-A Aスナツプ15AR33スカイラインGTRMP [Aスナツプ15AR33スカイラインGTRMP]【ETOY】

    1/32 アオシマ プラモデルザ・スナップ キット日産 R33スカイラインGT-R ホワイト
    1/32 アオシマ プラモデルザ・スナップ キット日産 R33スカイラインGT-R ホワイト

    ジュウロクホウイ 【再生産】NISSANスカイラインGT-R (BCNR33) エンブレムメタルキーホルダー
    ジュウロクホウイ 【再生産】NISSANスカイラインGT-R (BCNR33) エンブレムメタルキーホルダー

    ジュウロクホウイ NISSAN スカイラインGT-R(BCNR33型)エンブレム ワッペン
    ジュウロクホウイ NISSAN スカイラインGT-R(BCNR33型)エンブレム ワッペン

    【割引クーポン配布中】日下エンジニアリング RB26DETT エンジン 1/6スケールモデル スカイライン GT-R/BCNR33
    【割引クーポン配布中】日下エンジニアリング RB26DETT エンジン 1/6スケールモデル スカイライン GT-R/BCNR33

    マイクロエース 1/32 オーナーズクラブ '95 スカイライン R33GT-R 高速パトカー プラモデル No.59【沖縄県へ発送不可です】
    マイクロエース 1/32 オーナーズクラブ '95 スカイライン R33GT-R 高速パトカー プラモデル No.59【沖縄県へ発送不可です】

    【エントリーでポイント10倍★3/4_20:00〜3/11_1:59まで】INNO MODELS 1/64 Nissan スカイライン GT-R (R33) LM Limited 【IN64-R33-LMLTD】 (ミニカー)ミニカー
    【エントリーでポイント10倍★3/4_20:00〜3/11_1:59まで】INNO MODELS 1/64 Nissan スカイライン GT-R (R33) LM Limited 【IN64-R33-LMLTD】 (ミニカー)ミニカー

    NISMO仕様のフェアレディZに対する海外の反応です。先日も同じ車種について取り上げましたが、また別のレビュー動画を見つけましたので紹介します。パフォーマンスで見ればATの方がいいんでしょうけれども、楽しさでいえばMTだよなぁ…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・このNISMO仕様のフロントエンドは、通常版のZよりも10倍カッコよく見える。




    ・日産が新しいグリルとバンパーでフロントエンドの見た目を変えたのは良いけど、MTが設定されていないのは悲劇だ。MTがあれば完璧だったかもしれない。




    ・2015年式の日産370ZのNISMOを持っていたけど、2014年式のC7コルベットZ51を購入するときに下取りに出したんだ。コルベットの方が絶対速いけど、Zの方がずっと楽しかった。特にゆっくりと走りつつ、VQエンジンの音を聴きながらギアチェンジをするのが最高だったね。キャビンの静粛性とエンジンの回り方もJDMヘブンって感じだった。将来また必ずNISMO仕様のクルマを所有することになるだろうな。




    ・これは日産Zパフォーマンスのあるべき姿であり、ZパフォーマンスはZスポーツのあるべき姿だ。しかし、65,000ドルも出してトヨタスープラやポルシェケイマン、BMW M2ではなくこれを買うというのは全く愚かだ。




    ・400Zが発表されたとき、スープラと比較して愛好家から非常に支持されたのは、価格が安くて完全自社製で、MTの設定があったからだ。最もハードなグレードにMTがないなんて、日産は失敗したと思わずにはいられないな。




    ・通常版のフェアレディZを注文したんだが、まだ順番待ちの時にこのNISMOを勧められたよ。でもMTが欲しかったから断ったんだ。




    ・日産はこのフロントエンドを通常版のフェアレディZに採用するべきだった。こいつの見た目はビューティフルだ。




    ・美しいクルマだとは思うけど、MTの設定がないのは非常識だ。あと価格も高すぎるよ。




    ・50,000ドルでも正当化するのは難しいのに、65,000ドルだなんて売れないだろうな。彼らは正気を失っている。
     ↑オーストラリアでは予約開始から1時間で割り当て台数が完売したよ。
     ↑65,000ドル+ディーラーのプレミア価格も忘れずに。




    ・このクルマのお気に入りポイントはリアエンド、特にテールライトだ。レトロな300ZX風の見た目が気に入ったよ。もっと多くのクルマがこういうテールライトを採用するべきだ。




    ・400ZのMTにNISMOのバンパーを付けたやつが欲しいな。ディーラーが法外な値上げをやめてくれたら、後で購入を検討するかもしれない。




    ・理解できないな。NISMOバージョンだからといって、マニュアルトランスミッションの耐久性を超えるほどのパワーが出ているわけではないんだろう?
     ↑最終的にはMTも追加されるような気がするね。




    ・MTがないだって?それが唯一の選択肢であるはずなのに。非常識だ。




    ・日産には頑張って欲しい。再び過去のような栄光を取り戻してくれることを心から願っているよ。




    ・1990年代を思い出させるリアエンドのデザインが気に入ったよ。




    ・フロントエンドはカッコいいな!




    ・Zはレースの歴史を持つスポーティーなクルマなんだし、MTを搭載したやつが見てみたいなぁ。




    ・これは通常版の400Zよりもカッコよく見える。やっぱりNISMOはビューティフルだな。




    ・この動画を観て分かった事は、通常版の400ZのMTを買ってNISMO仕様にすればいいって事だ。合ってる?




    ・このクルマは全て問題なく、なんならある意味いいクルマだと思うんだけどな。ただし価格を除いてだ。65,000ドルってのは高すぎるよ。乗りだしは70,000ドルくらいになるだろう。その金額があれば数多くのBMWやトヨタスープラ、中古のポルシェケイマンが買えるよ。





    トミカNo.59日産フェアレディZ箱 | タカラトミー トミカ tomica おもちゃ こども 子供 ミニカー 車 くるま 乗り物 ギフト プレゼント
    トミカNo.59日産フェアレディZ箱 | タカラトミー トミカ tomica おもちゃ こども 子供 ミニカー 車 くるま 乗り物 ギフト プレゼント

    タミヤ 1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)【24363】 プラモデル
    タミヤ 1/24 NISSAN フェアレディZ (RZ34)【24363】 プラモデル

    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.17-B ニッサン RZ34 フェアレディZ(セイランブルー)【62616】 プラモデル
    アオシマ 1/32 ザ・スナップキット No.17-B ニッサン RZ34 フェアレディZ(セイランブルー)【62616】 プラモデル

    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    フェアレディZ 300ZXツインターボ(日産)【中古】 中古車 クーペ ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    フェアレディZ 300ZXツインターボ(日産)【中古】 中古車 クーペ ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    フェアレディZ 50thアニバーサリー(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    フェアレディZ 50thアニバーサリー(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン
    フェアレディZ その他(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン

    フェアレディZ Z-L(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン
    フェアレディZ Z-L(日産)【中古】 中古車 クーペ レッド 赤色 2WD ガソリン

    このページのトップヘ