JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:レクサス

    レパードはインフィニティM30、カムリプロミネントはレクサスES250として、それぞれ北米で販売されていました。どちらもV6エンジン搭載の、今となっては贅沢なクルマですね。





    MarkM30_Front_IG-1024x1024






    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・おお!レクサスのインテリアは見るだけで快適になるね。




    ・これらのクルマはどうしてこんなに静かなんだ?騒音テストの結果は現代のクルマに匹敵しているね。
     ↑今のクルマは、低扁平タイヤのせいでうるさくなってるんだと思う。
     ↑おそらくバカでかいホイールと、薄っぺらいタイヤのせいだ。
     ↑今は軽くて薄い素材を使っているけど、昔のは厚くて重かったからか?




    ・このES250は、2年後にデビューするES300(初代ウィンダム)よりもモダンだと思うな。ボクシーな形状とプロジェクターヘッドランプを装備していないのがいい。ES250には、間違いなく独自の魅力があるよね。




    ・妹が1990年くらいにレクサスES250に乗ってた。9年間乗ってたけど、信頼性は究極的だったしエンジンは非常に滑らかに回ってた。とても活発に走るクルマで、ステアリングがめちゃくちゃ軽かったな。とても快適なクルマだったよ。




    ・インフィニティM30とレクサスES250は、それぞれの兄貴分のインフィニティQ45やレクサスLS400(初代セルシオ)ほどの威厳のあるルックスではないけど、Q45やLS400に40,000ドルも出せないって人にアピールしたモデルだった。




    ・インフィニティの方は、レクサスに比べると時代遅れに見えるな。




    ・インフィニティM30のほとんどは、西海岸に到着するとソフトトップのコンバーチブルに改造されたんだ。それと、M30はJDMの日産レパードのバッジを付け替えたものだ。アメリカ以外では確固たる支持を得ていて、アメリカ国内では小規模だけど熱心な支持を集めている。このクルマはR31スカイラインに近いけど、エンジンとトランスミッションは300ZX(Z31フェアレディZ)と共有している。300ZXからターボエンジンを移植すると、本気のFRロケットを手に入れることができたんだ。




    ・このインフィニティはいいな!スポーツモード付きの調整可能なサスペンションが付いてる!




    ・80年代の日産マキシマが大好きだったよ。あれは当時、とてもクールだった。




    ・ここニュージーランドで、叔父の友人が持ってた日産レパードに乗せてもらった時の事をずっと覚えているよ。VG30DET搭載の最上級モデルだった。当時自分は8歳だったけど、シートバックに押し付けられるような加速感は忘れられない。




    ・インフィニティM30もレクサスES250も、ここカリフォルニアではまだ見かけるよ。M30の方はドリフトで人気があるみたい。ES250は、LS400の影に隠れちゃってるけどたまに見る。




    ・インフィニティM30はレアな日本の高級クーペだった。トヨタソアラみたいなね。スポーティーでも機敏でもなかったけど、スタイリッシュで洗練されていて、そしてスムーズだった。




    ・古いものは素晴らしいなぁ。




    ・当時どちらにも乗った事がある。1986年式の日産マキシマSEから乗り換えたけど、どちらもパワー不足を感じたな。M30のフロントシートは、178cmの人間が快適に座れるポジションまで下がらなかった。ES250は5速MTが選べたからよかったな。で、結局は2代目のアキュラレジェンドセダンに落ち着いたよ。おそらくそれが、アキュラがレクサスとインフィニティよりも優位に立った最後の時だった。




    ・ES250のインテリアは現在でも快適そうに見えるね。




    ・自分はパールホワイトのM30を持ってた。300ZXと同じエンジンのNA版が載ってるんだ。リアタイヤをモクモクさせる事もできたよ。レンジローバーにぶつけられさえしなければ、今でも持っていたんだけどな。当時はすごいクルマだったし、スリーパー(羊の皮を被ったオオカミ)だったよ。




    ・自分はES250やM30よりはアキュラレジェンドの方がいいな。




    ・ルノーと手を切れば、日産は質の高い日本企業になれるのに。




    ・M30は、真っ白い素敵なキャンバスだ。




    ・レクサスがナイスルッキングなフロントグリルを作っていた時代…




    ・V6なのに156馬力だって?まじかよ…
     ↑1990年当時なら十分パワフルだよ。80年代は、ほとんどのV6エンジンは120~135馬力そこらだったし。フォードトーラスのバルカンV6エンジンは140馬力だったしね。70~80年代の暗黒時代からすると、ずいぶん遠くまで来た感があるね。




    ・レクサスES250はタキシードを着たカムリだ。





    レパードは日本においては価格が高騰していますが、あちらではさほどでもないようです。カムリプロミネントもレパードも、今のクルマにはない余裕を感じますね。


    トミカ トミカプレミアム 04 日産 レパード
    タカラトミー(TAKARA TOMY)
    2018-01-20


    GT memories 2 F31 レパード (Motor Magazine Mook)
    モーターマガジン社
    2020-08-31



    レクサスSC300(日本名:ソアラ)のレビュー動画です。日本では1JZと1UZが載っていましたよね。このソアラ、以前はそこそこ見かけたような気がしますが、今じゃほぼ見なくなりましたね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・レクサスSCとアキュラレジェンドクーペは、90年代のオシャレなクーペのトレンドを打ち立てた。現在新車で売られているクルマよりもカッコいいね。



    ・このクルマはマジで宝石だ!いつか5速MTのレクサスSCが欲しいな。



    ・素晴らしいクーペだ!ドリ車、ゼロヨン仕様、サーキット仕様、最高速仕様のどれにでもなれる潜在能力がある。これまでに作られたクルマの中で一番だと思ってるよ。Notorious B.I.G.もこのクルマについてラップしてたよな。レクサスはやっぱりいいよ。



    ・このクルマがそんなに古いだなんて信じられない!現代でも十分通用するよ。



    ・25年経ったから、アメリカでも1JZ-GTEや1UZ-FEを積んだソアラに乗れるようになったよね。あのデジパネが最高なんだ。



    ・自分は1994年式のレクサスSC300を持ってる。何人もの人が譲ってくれって訪ねてきたけど、答えは決まってる。「申し訳ないが、これは売りもんじゃないんだ」



    ・これはタキシードを着たスープラだ。



    ・このようなクルマをノーマル状態で維持している人には本当に敬服するよ。



    ・自分はレクサスSC300かミアータ(ロードスター)のどちらかを初めてのクルマにしようと思ってて、結局ミアータを買ったよ。MT車が欲しかったんだけど、5速MTのSCを見つけられなかったんだ。



    ・俺は1992年式のSC300を持っている。純正5速MTが載っていて、こいつを愛している。何年か前に4,000ドルで買ったよ。今まで乗った中で最高のクルマだな。今のところクラッチを交換したくらいで、とても快調だよ。30年くらい経つのに、レクサスの信頼性はマジですごい。



    ・誰だったかが、SC300とAE86のパワーウエイトレシオは同じだって言ってたな。



    ・継父が98年式のSC300のMTを持ってる。ドノーマルのやつね。これはマジで宝石だよ。



    ・このエンジンの咆哮はとても刺激的だな。



    ・これの直6をターボ化すれば実質スープラになる。でも、フォードサンダーバードV6のスーチャーを流用してV8に装着するのもいいよ。マイナーなチューンだけど、400馬力は出るんだ。



    ・レクサスは防弾かよってくらい頑丈だ。単純なメンテを怠らなければ、永遠に走り続けられる。




    やはり海外では、レクサス・トヨタがかなり信頼されているんですね。

    距離は走っているけど、とても状態の良さそうなレクサスES300(日本名:ウィンダム)のレビュー動画です。この型のウィンダム、昔はよく走ってましたけど、すっかり見なくなりましたね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・おい、5速MTにこのカラーリングだって!?何てめっけもんだ。



    ・これを改造して600馬力越えのスリーパーにしたら?



    ・90年代のレクサスとトヨタは作りが頑丈だよね。



    ・マニュアルのレクサスを運転できた栄光の日々を想像してみなよ。



    ・このレクサスなら苦労せずに世界一周して、ついでに月にも行って帰ってこれるよな。



    ・なんだと!?相場は3,000ドルくらいだろ?たった200,000km(おかしい事ではない)でサビも無いなんて、超絶お買い得じゃないか!



    ・これはまさしくベストバイだ。動画主はこのクルマを大事にしなきゃね。



    ・MTのレクサスES300は90年代において最高にラグジュアリーなハードトップサルーンだ。



    ・今までレクサスが欲しいと思った事は無かったけど、今はこのレクサスが欲しい。



    ・これは良いクルマだよ!自分の初めてのクルマだった。塗装のクオリティがアホほど高いんだ。現代のレクサスもかなわないくらいさ。



    ・日本人は最高のクルマを作るよな。レクサスに失望することはないね。



    ・よくまあこんな極上車を見つけたね。自分も好きなクルマだよ。信頼性が高くて、整備性も悪くない。



    ・レザーのインテリアが素晴らしいね!これがレクサス品質か。



    ・90年代に、シカゴのフリーウェイでこのクルマがアンバーのフォグライトを点けて走っていたのを覚えているよ。素敵なクルマだな。



    ・やっぱりレクサスだな!自分はV8の1997年式SC400(ソアラ)に6年くらい乗ってるよ。力強くエンジンが掛かるし、アイドリングもスムーズさ。



    ・おお!なんて素晴らしいクルマなんだ!自分もこんな感じの、信頼性が高くて上品なクルマが欲しいよ。



    ・自分は1998年式レクサスES300を持ってる。今342,000kmくらいかな。とある老夫婦から買って3年くらい乗ってるけど、こいつには失望させられる事はないね。ドライビングと乗り心地は今でもスムーズだよ。



    ・磨いた後のこのクルマは本当にゴージャスだ。自分なら完全オリジナル状態を維持したいね。





    あちらでは、「たった」200,000kmなんですねえ…。

    トヨタが本気で作った初代レクサスLS400(セルシオ)は、海外でも評判が良かったようです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・賭けてもいい。これまで生産されたLS400のうちの95%は、今でも最低限のメンテナンスでそこらを走っている。



    ・あら、この動画に出てくるキャデラックはレクサスより20~30年くらい古く見えるね。



    ・このレクサスのスタイリングは時代を超越している。



    ・今見ても、このレクサスのエクステリアとインテリアは素敵だよね。



    ・これは象徴的なクルマだよ。この形はレクサスとして認識できるからね。しかし、そんなに昔のクルマなのか…。



    ・このクルマは時代をめちゃくちゃ先取りしていたよ。今でも十分素敵なラグジュアリーカーに見えるね。ただもっと馬力があるか、MTが選べるかだったらよかった。もし日常のアシとして中古車を買うなら、このレクサスLS400がいいな。



    ・これは今でも結構なリセールバリューがあるし、これまでに作られたクルマの中で最も堅実だったと言ってもいい。カッコいいわけではないが、良いクルマだよ。



    ・このレクサスLS400は、史上最高のラグジュアリーカーだと今でも思ってるよ。



    ・これはとても素晴らしい設計で、今の基準でもすごいクルマだよ。パーフェクトなマシンだ。90年代のLS400が欲しいなぁ。



    ・自分は走行距離438,000kmの1993年式LS400を持ってる。父からのお下がりで、ペイントはオリジナルのままだよ。今でもよく走るね。2011年式のGS350も持ってるんだけど、そっちも良いクルマだね。



    ・義理の兄が1991年式を持ってた。あれは好きだったな。贅沢さと優雅さがにじみ出るようだった。今でもレクサスLS400が欲しいと思ってるよ。


    ・当時でも、レクサスの欠点を見つける事ができなかったんだな。



    ・90年代当時に走ってたBMWやメルセデス、アウディとかを覚えているけど、その中でもLS400は未来感があったな。路上で見るたびにワクワクしたっけ。今見ても素敵なクルマだ。



    ・このレビューに従ってレクサスLS400を買う事にしたよ。30年くらい経つのに、まだシルクのようなスムーズさがあるね。



    ・このクルマの信頼性は、アメ車やドイツ車の何光年か先にあったよね。今でもこのクルマが好きだよ。特にワイドなテールランプがいいよね。





    初代セルシオは、日本国内でも中古価格が上がってきています。維持を考えたらバネサスですが、エアサスのにも乗ってみたいですね。

    このページのトップヘ