JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:ピアッツァ

    ※※※過去記事を再掲します※※※



    ネオクラシックからガチクラシックに移行しつつある、1988年式のいすゞピアッツァに対する海外の反応です。

    あちらでは「いすゞインパルス」の名前で販売されていました。ジウジアーロデザインのボディシェイプは日本車離れしていますね。

    VWシロッコに似てるなぁと思いましたが、シロッコも初代はジウジアーロのデザインでしたね。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・マレットヘア!グラフィックイコライザーにテープデッキ!80'sはたまらないな!
     ↑当時に戻りたい!




    ・こういうレトロなクルマのレビューは大好きだ。どういうわけか、過去のありふれたクルマでさえ、現在の太ったゼリービーンズみたいなクルマより興味深いようだ。歳を取ったかな。




    ・このピアッツァのスタイリングは時代を超越しているなぁ
     ↑今でも欲しいと思う。
     ↑このクルマはカッコいいね。FRだし、ドリフトできるかな。
     ↑こんなレアなクルマでドリフトするなよ…




    ・このクルマがシボレーシェベットから派生したものだという事を考えると驚くべき事だ。
    (管理人注:当時、GMの世界戦略で、いすゞピアッツァやシボレーシェベット、オペルカデット等がプラットフォームを共有していた)




    ・このいすゞピアッツァは当時、自分のお気に入りのインポートカーだったよ。




    ・このピアッツァはハイスクールの時に初めて乗ったクルマだ!素晴らしいクルマだった。思い出がいっぱいあるよ。




    ・ガジェット警部(昔のアニメ)のクルマもこんなだったような気がするな。まぁ、ボタンを押すとバンに変身する機能はないだろうけど。




    ・このクルマがデビューした時、カー&ドライバー誌にいすゞインパルスターボの記事が掲載された。あまりにも欲しすぎて何百回も読み返したよ。2代目のインパルスとジオストーム(ピアッツァのOEM車)は貧弱な代替品で、スポーツカーではなくエコノボックスだった。スープラと同じクラスではなくなったと思ったね。




    ・非常にレアなクルマだ。特に、2代目の1991年式いすゞインパルスRSターボの4WDはめちゃくちゃレアだね。
     ↑プアマンズアウディクアトロってとこか。




    ・子供の時、父親が所有していた。とても愛すべきクルマだったよ。




    ・とても美しいクルマだ。同僚が前にゴールドのいすゞピアッツァに乗ってて、めちゃくちゃ羨ましかった。これが出た当時はまだ子供だったから買えなかったんだよな。今でもかっこいいクルマだよね。




    ・80年代における最も美しい"オリエンタル"なクルマの1台だ。




    ・このクルマはグッドルッキングだな。特にフロントフェイスがグッドルッキングだ。




    ・今の基準でもシャープなルックスのクルマだね。




    ・ええ?これは後輪駆動なのか?思いも付かなかった。
     ↑世界的なプラットフォームのクルマだよ。シボレーシェベットと同じさ。
     ↑当時、NAのLSDが入っていないピアッツァで冬のニュージーランドを走り回ってたよ。"ドリフト"という言葉が流行る前から、そこら中のコーナーで雪ドリしてたよ。まあ、横向けないと冬場は曲がれないからなぁ。




    ・とてもカッコいいいすゞだ。小さい頃、本気でこのクルマが好きだったよ。




    ・もしこのインパルスに独立のリアサス、200馬力のエンジン、幅の広いタイヤが装備されていたら、当時の完璧なクーペだったのに。




    ・新型のマスタングから2.3リッターのエコブーストをこのインパルスにスワップしたら、最高のクルマになりそうだな。




    ・AE86とデロリアンを足したようなクルマだな。
     ↑ジウジアーロデザインだからな。
     ↑デロリアンとポルシェ928じゃない?




    ・すばらしい見た目の80'sタイムカプセルだ。当時の5.0リッターV8のマスタングやシボレーカマロIROC-Zと同額と考えると割高な気もするけど、それでもナイスなクルマだよ。





    1990年式のいすゞピアッツァに対する海外の反応です。海外では「いすゞインパルス」という名前で販売されていました。このクルマをリアルで見たことがほぼないです…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・このクルマは素晴らしいな!後ろから見るとポルシェみたいだ。フロントエンドはフラップが下がっていると、なんだか怒っているように見えるね。




    ・いすゞは過小評価されている。彼らは当時作られていた他のクルマとは全く異なる機能を備えた、本当に新しくてエキサイティングなクルマを作ってたんだ。退屈なSUVやピックアップトラックの世界にいすゞのような会社が参入して、少しでも揺さぶりをかけられたらいいのにと思う。




    ・1992年式のいすゞインパルスに乗ってた。AWDのターボで5MTだったよ。ブーストコントローラーと直管マフラー、社外インタークーラーを付けたら、1991年式のトランザムよりも速くなったんだ。このクルマは本当に大好きだ。サスペンションもロータスによって設計されているしね。ジオストーム(GM系の低価格ブランドに供給されていたOEM車)とは双子だよ。




    ・ダイハツやスズキと同様に去って行ったメーカーだけど、いすゞは本当に恋しく思う。日産NXクーペかマツダMX-3のボディを備えた初代インプレッサみたいな感じがするね。90年代は、自分はいすゞトルーパー(ビッグホーンの海外での名前)ビークロスに夢中だったよ。オーナーがこの特別なクルマを保存してくれることを願っているよ。




    ・このクルマはバッジを付けなおしてジオストームとして販売されていたね。GMはフロントフェイシアとテールライトを変更したけど、確かサスペンションの味付けも違ったように思う。




    ・自分はずっと前からこのいすゞピアッツァが好きだったけど、オンライン上の情報はごく限られたものしかない。こういうレビューを観られて本当に嬉しいよ。いつか自分も所有したいと思ってる。本当に過小評価されているクルマだし、あまり売れなかったのは本当に残念だ。




    ・このヘッドライトが大好きだ!




    ・このクルマはとてもキュートだったな。忘れ去られているように見えるのはとても興味深い事だ。いすゞと聞くとトルーパー(ビッグホーン)を思い浮かべるね。初期のものは50km/hくらいでカーブを曲がると横転するようなクルマだった。しばらくそれに乗ってたけど、重心がとても高いように感じられて、けっこう気を付けて乗ってたよ。




    ・自分はこの兄弟車の1990年式ジオストームに乗ってた。1998年にタダでもらったんだ。3速ATで、110km/h出すと回転数が4,000rpmまで上がったな。残念ながら、所有してから2~3ヶ月でトランスミッションが壊れてしまった。サビも出てたから廃車にしたよ。




    ・このクルマは90年代当時はあまりポピュラーじゃなかった。しかしとてもキレイだな。良いオーナーに巡ぐまれて、大切に扱ってもらってるんだな。




    ・このクルマの美学みたいなものが気に入ったよ。このフロントエンドは、今の基準で見ても超モダンだ。




    ・いすゞはクルマのデザインにおいてとても大胆だった。彼らのような日本の自動車メーカーは他にないよ。今すぐにでもいすゞロデオが欲しいな。




    ・このクルマはヤバいな!実は自分はジオストームのファンなんだけど、今ではほとんど見つけることができない。ジオストームもいすゞインパルスも同じようなクルマだと思うけど、いすゞの方がまだ見つけやすいかな。でも自分が住んでいるカリフォルニアではどちらも見つからないんだ。




    ・このクルマは超クリーンだな。オーナーが大切にしているのは明らかだ。




    ・カナダではアスナサンファイアの名前で販売されていたよ。いすゞ版はストームという名前で、見た目がちょっと異なっていたように思える。




    ・このクルマは、ずっと前に閉館した自動車博物館でたった1回しか見たことがない。とても興味深いルックスのクルマだなぁと思ったよ。




    ・かつてAWD+ターボのいすゞインパルスに乗ってた。あのクルマは大好きだったなぁ。




    ・これは自分にとって初めてのクルマだった。運転するのがとても楽しかったよ。




    ・いすゞピアッツァは当時の憧れのクルマの一つだった。




    ・Facebookのマーケットプレイスで1,500ドルで手に入れて以来、すっかりこのクルマに夢中になってしまった。





    【中古】フジミ模型 1/24 よろしくメカドックシリーズNo.2 いすゞ ハイギヤード ピアッツァ プラモデル
    【中古】フジミ模型 1/24 よろしくメカドックシリーズNo.2 いすゞ ハイギヤード ピアッツァ プラモデル

    【2月4日~2月9日限定!ポイント5倍】いすゞ ジェミニ ピアッツァ PAネロ スピージー 外側用 分割式ドライブシャフトブーツ BAC-TG01R JT150 S62.01 - S62.02 アウターブーツ speasy
    【2月4日~2月9日限定!ポイント5倍】いすゞ ジェミニ ピアッツァ PAネロ スピージー 外側用 分割式ドライブシャフトブーツ BAC-TG01R JT150 S62.01 - S62.02 アウターブーツ speasy

    いすず リアゲートハッチ ダンパー 1981-91年 ハッチバック ピアッツァ JR120/130型
    いすず リアゲートハッチ ダンパー 1981-91年 ハッチバック ピアッツァ JR120/130型

    【送料無料】オイルフィルター オイルエレメント イスズ ピアッツァ JR120 1P08-14-302B 8-94456-741-2 3個セット
    【送料無料】オイルフィルター オイルエレメント イスズ ピアッツァ JR120 1P08-14-302B 8-94456-741-2 3個セット

    ロードパートナー クーラーベルト 1PR6-01-045 イスズ/いすゞ/ISUZU ジェミニ ピアッツァ ネロ Cooler belt
    ロードパートナー クーラーベルト 1PR6-01-045 イスズ/いすゞ/ISUZU ジェミニ ピアッツァ ネロ Cooler belt

    ZOOM ズーム ダウンフォース 1台分セット ダウンサス いすゞ ピアッツァ JT221F H3.9〜H5.12 4XF1 FF 1.8L
    ZOOM ズーム ダウンフォース 1台分セット ダウンサス いすゞ ピアッツァ JT221F H3.9〜H5.12 4XF1 FF 1.8L



    北米ではいすゞインパルスの名前で販売されていた、1990年式の2代目ピアッツァに対する海外の反応です。

    このピアッツァは全車がハンドリングbyロータスで、独特な4WSシステムの「ニシボリックサスペンション」を装備していましたね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・ヘッドライトがとても上品だな。
     ↑確かに。控えめで、怒りを感じさせることなくアグレッシブな印象を与えているね。
     ↑ニッサンのグロリアに似ているね。
     ↑ああ、1990年にしてはとても良い。




    ・80~90年代にあった、第2線級の日本の自動車メーカーが懐かしい。いすゞ、スズキ、ダイハツなどだ。選択肢が増えるのはいつの時代でもいいことだよ。




    ・ここ何年もこのクルマは見たことがないな。このクルマに乗れたらいいだろうな。90年代のステキな骨とう品みたいなものだ。パッケージングもスタイリングも素晴らしい。でもうちの辺りでは全く見かけない…
     ↑自分は10代の頃、いすゞI-Mark(2代目ジェミニの北米での名前)を400ドルで買って乗り回してた。3年後に100ドルで手放したんだが、売らずにキープしておけば良かったよ。




    ・オールズモービルと90年代のBMWの間にできたベイビーみたいだ。




    ・このクルマは、カナダのポンティアックのディーラーではアスナサンファイアとして販売されていたよ。アスナはカナダにおいて、ポンティアックのエントリー向けブランドだったんだ。このクルマは好きだったなぁ。
     ↑ああ。カッコいいクルマだったよな。




    ・このクルマの事は知らなかった。そして奇妙なことに、自分はこのクルマの見た目が気に入った!正直1台欲しい!
     ↑もし4ドア版が欲しければ、いすゞスタイラス(3代目ジェミニの北米での名前)というクルマもあるぞ。オプションでロータス製の足回りを装備したものもあったんだ。
     ↑今ちょうど1991年式のインパルスXSを売りに出しているよ。ただレストアが必要なんだ。4年前までは調子よく走ってたんだが、それから動かしていないからかなりの作業が必要だと思う。もし興味がある人がいたらペンシルベニア州まで来てくれ。500ドルで譲るよ。
     ↑うちの嫁がアスナサンファイアを持ってるんだが、売ろうと考えているよ。実質的には1993年式のいすゞインパルスだ。走行距離はたった64,000kmだよ。




    ・このクルマの事はずっと好きだったけど、ハンドリングbyロータスだとは知らなかった。ナイスだ!




    ・エンジンルームが素晴らしいな。ヘッドカバーなどのアルミ製パーツが目を引くね。




    ・改めて見てみると、フロントエンドの造形は素晴らしい。




    ・時々このクルマがクレイグスリスト(大規模な個人売買サイト)に現れる。そのたびに自分はこのスタイリングにヨダレを垂らしているんだ。小さいがクソほどクールなクルマだ。




    ・自分はハンドリングbyロータスのクルマは何でも大好きだ。




    ・このいすゞインパルスは昔も今も非常にクールなルックスを持つクルマだ。彼らが忘れ去られ、消えて行ってしまったのは残念だ。




    ・なんてグッドルッキングなクルマなんだ。今まで見たことも聞いたことも無かったよ。




    ・このようないすゞ車が存在するとは知らなかった、ヨーロッパ、イタリア、マセラティ、アルファロメオの雰囲気がある。角度によっては悪くないデザインだ。古き良き時代ってやつだなぁ。




    ・まさか今さらいすゞ車が欲しくなるだなんて思ってもみなかった。




    ・このクルマはもう20年以上見てないな。当時はかなりクールなクルマだったが、今ではもっとクールだ。




    ・フロントエンドはどうしてこんなにカッコよく見えるんだ?




    ・マジでクールなクルマだ。ロータスが協力しているってのもクールだ。




    ・いすゞはかつて、ユニークでクレイジーなスタイルのクルマをいくつか作っていた。今では商用車しか作っていないけどな。




    ・1991年に、新車のいすゞインパルスを買おうとしていたのを思い出した。でも残念な事に、当時はまだ18歳で、クレジットヒストリーがゼロだったんだ。4,500ドルの頭金とフルタイムの仕事(陸軍)があったけど、ローンが下りなかったんだよ。




    ネオクラシックからガチクラシックに移行しつつある、1988年式のいすゞピアッツァに対する海外の反応です。

    あちらでは「いすゞインパルス」の名前で販売されていました。ジウジアーロデザインのボディシェイプは日本車離れしていますね。

    VWシロッコに似てるなぁと思いましたが、シロッコも初代はジウジアーロのデザインでしたね。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・マレットヘア!グラフィックイコライザーにテープデッキ!80'sはたまらないな!
     ↑当時に戻りたい!




    ・こういうレトロなクルマのレビューは大好きだ。どういうわけか、過去のありふれたクルマでさえ、現在の太ったゼリービーンズみたいなクルマより興味深いようだ。歳を取ったかな。




    ・このピアッツァのスタイリングは時代を超越しているなぁ
     ↑今でも欲しいと思う。
     ↑このクルマはカッコいいね。FRだし、ドリフトできるかな。
     ↑こんなレアなクルマでドリフトするなよ…




    ・このクルマがシボレーシェベットから派生したものだという事を考えると驚くべき事だ。
    (管理人注:当時、GMの世界戦略で、いすゞピアッツァやシボレーシェベット、オペルカデット等がプラットフォームを共有していた)




    ・このいすゞピアッツァは当時、自分のお気に入りのインポートカーだったよ。




    ・このピアッツァはハイスクールの時に初めて乗ったクルマだ!素晴らしいクルマだった。思い出がいっぱいあるよ。




    ・ガジェット警部(昔のアニメ)のクルマもこんなだったような気がするな。まぁ、ボタンを押すとバンに変身する機能はないだろうけど。




    ・このクルマがデビューした時、カー&ドライバー誌にいすゞインパルスターボの記事が掲載された。あまりにも欲しすぎて何百回も読み返したよ。2代目のインパルスとジオストーム(ピアッツァのOEM車)は貧弱な代替品で、スポーツカーではなくエコノボックスだった。スープラと同じクラスではなくなったと思ったね。




    ・非常にレアなクルマだ。特に、2代目の1991年式いすゞインパルスRSターボの4WDはめちゃくちゃレアだね。
     ↑プアマンズアウディクアトロってとこか。




    ・子供の時、父親が所有していた。とても愛すべきクルマだったよ。




    ・とても美しいクルマだ。同僚が前にゴールドのいすゞピアッツァに乗ってて、めちゃくちゃ羨ましかった。これが出た当時はまだ子供だったから買えなかったんだよな。今でもかっこいいクルマだよね。




    ・80年代における最も美しい"オリエンタル"なクルマの1台だ。




    ・このクルマはグッドルッキングだな。特にフロントフェイスがグッドルッキングだ。




    ・今の基準でもシャープなルックスのクルマだね。




    ・ええ?これは後輪駆動なのか?思いも付かなかった。
     ↑世界的なプラットフォームのクルマだよ。シボレーシェベットと同じさ。
     ↑当時、NAのLSDが入っていないピアッツァで冬のニュージーランドを走り回ってたよ。"ドリフト"という言葉が流行る前から、そこら中のコーナーで雪ドリしてたよ。まあ、横向けないと冬場は曲がれないからなぁ。




    ・とてもカッコいいいすゞだ。小さい頃、本気でこのクルマが好きだったよ。




    ・もしこのインパルスに独立のリアサス、200馬力のエンジン、幅の広いタイヤが装備されていたら、当時の完璧なクーペだったのに。




    ・新型のマスタングから2.3リッターのエコブーストをこのインパルスにスワップしたら、最高のクルマになりそうだな。




    ・AE86とデロリアンを足したようなクルマだな。
     ↑ジウジアーロデザインだからな。
     ↑デロリアンとポルシェ928じゃない?




    ・すばらしい見た目の80'sタイムカプセルだ。当時の5.0リッターV8のマスタングやシボレーカマロIROC-Zと同額と考えると割高な気もするけど、それでもナイスなクルマだよ。





    "当時の最新鋭=現在のレトロ"の公式にぴったり当てはまるクルマですね。しかしまあ、かっこいいなぁ…



    このページのトップヘ