JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:ビッグホーン


    ※※※過去記事を再掲します※※※

    海外ではビッグホーンは「いすゞトルーパー」という名前で販売されていました。日本では当時のクロカンブームに乗って、なかなかの人気を博しました。管理人が住んでいる地域は雪国という事もあり、デビュー当時はそれなりの台数を近所でも見かけました。今ではかなり少なくなりましたね…













    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このクルマが懐かしい。本当に本物のオフロード性能を備えていたクルマだ。今ではこういうクルマを見つけるのは難しいよ。




    ・ベースモデル…当時:18,800ドル=現在:34,570ドル相当
     LSモデル…当時:24,250ドル=現在:44,590ドル相当
     動画のやつ…当時:25,900ドル=現在:47,625ドル相当
    こう考えると、トルーパーのプライスは現在の中型SUVとほぼ一致しているね。でもこっちの方がより頑丈だよ。




    ・自分の父親はトルーパーを640,000kmまで乗って手放したよ。そのクルマは手放してから数年間、町のまわりで目にすることがあった。このクルマは恐ろしいほど過小評価されているよ。




    ・自分は昔グランドチェロキーに乗っていて、相棒はこのいすゞトルーパーに乗っていた。お互いに間違った決断をしたなと思っていたよ。




    ・自分はSUVのファンではないけれど、少なくともこのビッグホーンは本物のSUVであって、イマドキのプラスチックの塊みたいなSUVではないと思う。特にこのスクエアなデザイン!




    ・ああ、まるで兵士みたいに屈強な90年代の日本のSUVが恋しいよ。




    ・父親は1993年にこのトルーパーを買って、約30年経つ今でも乗っている。自分もジープよりいすゞの方が好みだな。




    ・こいつはオーストラリアではホールデンからジャッカルという名前で販売されていたよ!




    ・自分はこのいすゞトルーパーに5年くらい乗ってた。当然大好きだったよ。このレビューのとおりで、インパネが常に視界の外にあることとシートが硬いことには同意するよ。確かに改善の余地はあったろうね。でも、このクルマについてはいい思い出しか浮かんでこないよ。




    ・いすゞはビークロスとトルーパー、スバルはSVX、マツダはミレーニア。それぞれ美しいクルマを作っていたのは本当に短い期間だった。




    ・ここヨーロッパでは、このクルマはオペルモントレーの名前で販売されていた。レンジローバーとかグランドチェロキーと同じクラスの、高級なSUVだと思っていたよ。




    ・自分の故郷のタイではいすゞはトラックで長年No.1だ。このトルーパーは1,600,000kmは走れるだろうな。




    ・トルーパー好きなんだよ。若い頃に買おうと思ったことがあったなぁ。




    ・トルーパーは初代の方が好きだな。今持ってる1986年式の4気筒で5速MTのがお気に入りだよ。




    ・いすゞはまだ生きている。ヨーロッパとアジアでピックアップを販売しているよ。




    ・自分はいつでもジープやランドローバーよりトルーパーの方を好むかな。本当に仮称評価されているオフローダーだよ。




    ・トルーパーはまだそこまで価値が上がっていないから、それなりの値段で買える。過小評価されているクルマだよな。まだ同年代のトヨタ車ほど値段は上がっていないはずだ。




    ・2000年式の5速MTのトルーパーを持ってたよ。オフロードが得意なクルマで好きだったな。




    ・1990年代から2000年代初頭にかけて、よくこのトルーパーとロデオ(日本名:ミューウィザード)を見かけたよ。トルーパーは今でも見かけるけど、ロデオはもう見なくなってしまったな。




    ・ハンサムなクルマだな。今のクルマはくちゃくちゃに折り曲げられた紙みたいなデザインばっかりだよ。



    Hi-Story 1/43 ISUZU BIGHORN (1993) カスタマイズ エボニーブラック/ライトシルバーメタリック (HS417BK)通販 プレゼント ギフト モデル ミニカー 完成品 模型 送料無料
    Hi-Story 1/43 ISUZU BIGHORN (1993) カスタマイズ エボニーブラック/ライトシルバーメタリック (HS417BK)通販 プレゼント ギフト モデル ミニカー 完成品 模型 送料無料



    1984年式のいすゞビッグホーンに対する海外の反応です。北米では「いすゞトルーパー」の名前で販売されていました。当時はプアマンズレンジローバー的に捉えられていたようですが、SUVではなく"クロカン"な感じがかっこいいですね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・友達が1986年式のトルーパーを持ってた。スペースは十分で、5人乗っても快適だった。燃費も割とよかったね。230,000km走っても修理費はほとんどかからなかったようだ。にしても、あれはクソほど遅かった。音の割にスピードが出ないクルマだったなぁ。




    ・1986年式の4ドアモデルに乗ってたよ。デカいタイヤを履かせていたから、エアコンを付けるとめちゃくちゃ遅くなったね。でもどういうわけかあのクルマは気に入ってたんだ。見た目がとてもクールだった。
     ↑こいつはマジでクールなクルマだよ。
     ↑自分がまだガキの頃、両親がこれを買った。自分はこのトルーパーで運転を覚えたし、友達と走り回ったし、初めてのデートもこれに乗って行ったよ。うちのはベージュで黒いリアスポイラーが付いた2ドアだった。今乗ってるクルマがもっとパワフルで使い勝手が良かったとしても、あのクルマが恋しいよ。




    ・このトルーパーは疑いなく素晴らしいオフローダーだ。工具やウインチを積むスペースもある。こいつはパワーが無いから、スタックした時はウインチは大事だからな。




    ・当時は"SUV"という言葉は無かったんだよな。このトルーパーはクールなクルマだった。




    ・いやぁ80'sだなぁ。これぞSUVのあるべき姿だ。シンプル&スロー。




    ・あのリアウインドウを見てみろ。最近のSUVじゃあれだけの視認性は得られないぞ。




    ・この1.9リッターエンジンにターボを付けるとパフォーマンスはまともになる。こいつは質実剛健なクルマだったから、オフロードに最適だったな。




    ・昔乗ってたよ。とてもシンプルなクルマだった。こいつはお気に入りだったよ。




    ・この1.9リッターエンジンがどれだけ遅いのか想像できないな。ハイスクール時代の友達の女の子が、2.6リッター+5MTのトルーパーに乗っていたけど、それでさえ痛ましいほど遅いと思ってた。GM製のピックアップトラックから4.8のファイナルと5MTを流用すればマシになりそうだ。あと、フロントシートをもっと良いやつにして、メーターも替えればよくなりそうだ。
     ↑確かにこいつはパワーでは劣るけど、それ以外は防弾と言っていいほど頑丈なクルマだ。確か、トヨタの昔のV8があまり苦労なくスワップできたと思ったよ。




    ・素晴らしいな。自分はこの古いトルーパーが大好きなんだ。




    ・トルーパーはこの世代が好きだな。あの丸いヘッドライトがお気に入りなんだ。




    ・このトルーパーの2ドアが好きだった。2台ほど乗り継いだよ。最近は全く見つからないね。
     ↑最近はこれほどシンプルで軽量なクルマは作られていないね。このいすゞは自分も大好きだ。要点をしっかり押さえたクルマで、頭痛がするような電子機器は何も載っていない。




    ・とてもクールなクルマだけど、1984年当時でもパワー不足だったよ。110馬力もあればだいぶマシだっただろうな。




    ・このクルマにおいてはスピードが重要ではないということは良く分かっているけど、クォーターマイル(ゼロヨン)のタイムが21秒で、ゴールの通過速度が97.6km/hというのはある意味すごいぞ。それでも自分はこいつが大好きだ。




    ・丸いヘッドライトの1986年式のトルーパーに乗ってた。あれは大好きだった。クソほど遅いし、欠点もたくさんあったけど、でも自分はあのポンコツが大好きだったよ。




    ・こいつは日本製のレンジローバーのノックオフみたいなもんだった。自分も1986年式のを持ってた。銃声みたいな音のバックファイアをよく起こしてたよ。しかしこの小さなクソ野郎はタフだった!オフロードがとても得意だったし、大きなホイールとタイヤを付けると超かっこよくなったんだ。




    ・スラロームテストでは4輪がしっかり接地しているのが面白い。コンシューマーレポート(80年代、アメリカで発売されていたジムニーに横転の危険性があると捏造し騒ぎ立てたメディア)では横転しそうになったと言われていたが…
     ↑コンシューマーレポートが不正をしていたんだよ。




    ・おお、こいつは危険なほど遅かった!




    ・洗練されたとは言えないような、軽くてイージーなドライブフィールが本当に懐かしいよ。




    ・初めてのクルマはこのトルーパーだった。1989年式で、防弾みたいに頑丈な4気筒と5MTの組み合わせだったよ。クラッチはソフトで操作がラクだった。350,000km以上走ったけど、大きなトラブルは無かったよ。残念なことにあのクルマは盗まれてしまった。今でも恋しく思っているよ。こういうクルマはもう作られていないのが残念だ。今のクルマではマシンと道路の繋がりを感じることができない。





    ビッグホーン その他(いすゞ)【中古】 中古車 SUV・クロカン グリーン 緑色 4WD 軽油
    ビッグホーン その他(いすゞ)【中古】 中古車 SUV・クロカン グリーン 緑色 4WD 軽油

    ビッグホーンワゴン XSプレジール ロング(いすゞ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD 軽油
    ビッグホーンワゴン XSプレジール ロング(いすゞ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD 軽油

    ビッグホーン LT ショート(いすゞ)【中古】 中古車 SUV・クロカン グリーン 緑色 4WD 軽油
    ビッグホーン LT ショート(いすゞ)【中古】 中古車 SUV・クロカン グリーン 緑色 4WD 軽油

    またまた最近見なくなったなシリーズです。ビッグホーンは当時のクロカンブームに乗って人気を博しました。管理人が住んでいる地域が雪国という事もあり、デビュー当時はそれなりの台数を近所でも見かけました。今ではかなり少なくなり、コアなファンが乗り続けているという印象です。
    海外ではビッグホーンはトルーパーという名前で販売されていました。そちらも事情は同じようでして…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・このクルマが懐かしい。本当に本物のオフロード性能を備えていたクルマだ。今ではこういうクルマを見つけるのは難しいよ。




    ・ベースモデル…当時:18,800ドル=現在:34,570ドル相当
     LSモデル…当時:24,250ドル=現在:44,590ドル相当
     動画のやつ…当時:25,900ドル=現在:47,625ドル相当
    こう考えると、トルーパーのプライスは現在の中型SUVとほぼ一致しているね。でもこっちの方がより頑丈だよ。




    ・自分の父親はトルーパーを640,000kmまで乗って手放したよ。そのクルマは手放してから数年間、町のまわりで目にすることがあった。このクルマは恐ろしいほど過小評価されているよ。




    ・自分は昔グランドチェロキーに乗っていて、相棒はこのいすゞトルーパーに乗っていた。お互いに間違った決断をしたなと思っていたよ。




    ・自分はSUVのファンではないけれど、少なくともこのビッグホーンは本物のSUVであって、イマドキのプラスチックの塊みたいなSUVではないと思う。特にこのスクエアなデザイン!




    ・ああ、まるで兵士みたいに屈強な90年代の日本のSUVが恋しいよ。




    ・父親は1993年にこのトルーパーを買って、約30年経つ今でも乗っている。自分もジープよりいすゞの方が好みだな。




    ・こいつはオーストラリアではホールデンからジャッカルという名前で販売されていたよ!




    ・自分はこのいすゞトルーパーに5年くらい乗ってた。当然大好きだったよ。このレビューのとおりで、インパネが常に視界の外にあることとシートが硬いことには同意するよ。確かに改善の余地はあったろうね。でも、このクルマについてはいい思い出しか浮かんでこないよ。




    ・いすゞはビークロスとトルーパー、スバルはSVX、マツダはミレーニア。それぞれ美しいクルマを作っていたのは本当に短い期間だった。




    ・ここヨーロッパでは、このクルマはオペルモントレーの名前で販売されていた。レンジローバーとかグランドチェロキーと同じクラスの、高級なSUVだと思っていたよ。




    ・自分の故郷のタイではいすゞはトラックで長年No.1だ。このトルーパーは1,600,000kmは走れるだろうな。




    ・トルーパー好きなんだよ。若い頃に買おうと思ったことがあったなぁ。




    ・トルーパーは初代の方が好きだな。今持ってる1986年式の4気筒で5速MTのがお気に入りだよ。




    ・いすゞはまだ生きている。ヨーロッパとアジアでピックアップを販売しているよ。




    ・自分はいつでもジープやランドローバーよりトルーパーの方を好むかな。本当に仮称評価されているオフローダーだよ。




    ・トルーパーはまだそこまで価値が上がっていないから、それなりの値段で買える。過小評価されているクルマだよな。まだ同年代のトヨタ車ほど値段は上がっていないはずだ。




    ・2000年式の5速MTのトルーパーを持ってたよ。オフロードが得意なクルマで好きだったな。




    ・1990年代から2000年代初頭にかけて、よくこのトルーパーとロデオ(日本名:ミューウィザード)を見かけたよ。トルーパーは今でも見かけるけど、ロデオはもう見なくなってしまったな。




    ・ハンサムなクルマだな。今のクルマはくちゃくちゃに折り曲げられた紙みたいなデザインばっかりだよ。





    直線基調のクロカンは武骨でいいですよね。そういえば、ビッグホーンって3.1リッターとかの中途半端な排気量だったような気が…








    このページのトップヘ