JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:ターセル

    ※※※過去記事の再掲載です※※※

    日本ではほぼ見なくなったトヨタターセルですが、意外なことにあちらにはファンがいるようです。個人的に、こういう小さいセダンは大好物です。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・シンプルで信頼性の高いクルマをもう一度作ってくれ。



    ・30年近く経つのにまだ路上で見かけるってことは、トヨタの品質がとんでもないって事だ。



    ・確かにまだその辺で見かけるよね。こんなに古いのに普通に動くんだから、やっぱりトヨタが好きだなぁ。



    ・バングラデシュでは当時、このターセルと90系カローラの中古が日本から入ってきてて、みんな修理して乗ってたよ。信じられないかもしれないけど、こんなクルマでもすごくラグジュアリーだったんだよ。これを観てて懐かしくなった。



    ・懐かしいなぁ。両親がティールカラーの1994年式ターセルを持ってたよ。それで運転の仕方を覚えたっけなぁ。



    ・ターセルはとても良いコンパクトカーだった。この一つ前の4WDモデル(日本では初代スプリンターカリブとして売られていた)が特によかった。7代目カローラ(100系?)よりも信頼性が高かったな。320,000km超でもフツーに走るんだ。



    ・1994年式ターセルを持ってて、今も乗ってるよ。オーバードライブ無しの4速MTはハイウェイでは苦痛だけど、日常のお買い物にはちょうどいい。



    ・箱みたいに見えるクルマだが、1991年当時はタマゴ型に見えていたんだな。



    ・1.5Lの90馬力で16.6km/lか。確かに時代は変わったね。



    ・1995年式のターセルに乗ってた。最高のクルマだったよ。240,000kmくらい乗ったところでぶつけられて廃車になってしまった。それまでは何の問題もなかったな。4速MTで、燃費は17.0km/lを超えていたしね。



    ・2ドアの5速MTは驚くほどスポーティーで、運転がとても楽しかった。1兆km/lの燃費とトヨタの岩みたいに堅固な信頼性が加わって、ただのエコボックスとは呼べないクルマだったなぁ。



    ・90年代の日本車がベストだ!



    ・ここニュージャージー州では、このターセルがまだそこらを走り回ってるのを見かけるよ。日産セントラやフォードエスコートはここまで長持ちしないだろうな。



    ・1992年式ターセルの2ドア4速MTモデルに乗ってた!エアコン無し、パワーも無しだったけど好きだったな。おかげで何でも乗れるようになったよ。



    ・当時ほぼ新車の状態で買って今もまだ乗ってる。新車なみにスムーズだよ。でも一応、予防整備はしてるけどね。





    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン
    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン

    「メッキ」 TOYOTA ウィンドウレギュレーターハンドル 2ピース // カスタム パーツ クルクル レギュレーター ハンドル ウインド ウインドウ ウインドゥ スターレット コロナ ターセル パブリカ MR2 カリーナ カムリ ビスタ ライトエース タウンエース
    「メッキ」 TOYOTA ウィンドウレギュレーターハンドル 2ピース // カスタム パーツ クルクル レギュレーター ハンドル ウインド ウインドウ ウインドゥ スターレット コロナ ターセル パブリカ MR2 カリーナ カムリ ビスタ ライトエース タウンエース

    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75
    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75

    Largus ラルグス 全長調整式車高調キット SpecS トヨタ ターセル EL51 車高調
    Largus ラルグス 全長調整式車高調キット SpecS トヨタ ターセル EL51 車高調



    1987年式のトヨタターセルに対する海外の反応です。小さいクルマでも装備がてんこ盛りな現代において、こういうベーシックなクルマは特別なものに見えます。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・こういう正直でシンプルなクルマは、錆びて土に還らない限り、永遠に走れるだろうな。こういうクルマが大好きだ。




    ・こういうシンプルで手頃で実用的なクルマはもう許されないんだろうな。「テクノロジー」と「ラギッド」が購入者の脳をゼリー状にしてしまったからね。この小さな3バルブエンジンは絶対的な宝物であり、永遠に動き続けるスムーズで信頼性の高い燃費のいいエンジンだった。




    ・大学の時にこのターセルに乗ってたよ。1人用のソファーを後ろに簡単に積むことができた。1987年のエコノボックスが、現在の全てのくだらないクロスオーバーや巨大なSUVよりも燃費が良く、実用性が高かったのは驚くべきことだ。




    ・自分の初めてのクルマは1990年式のMTのターセルクーペだった。とても素晴らしいクルマだったけど、エンジンが非常に小さかったから、スピードに乗るまで時間がかかった。インテリアは1990年式の方が少し丸くなってたね。エクステリアはほぼ同じだった。自分はこのターセルが大好きだったよ。




    ・想像できないかもしれないけど、このターセルは運転するのが本当に楽しかった。




    ・前の嫁と出会った時、彼女は1988年式のターセルに乗ってた。エアコンが壊れた時、そのターセルは自分のクルマになったよ。学生時代、こいつを振り回して乗って楽しんだよ。




    ・自分は1989年式のブルーのターセル2ドアクーペに乗ってた。ハイスクールの時に新車で買って、それから8年くらい乗ってたよ。特に問題のないまともなクルマだった。信頼性が高くて、自分はトヨタ車に夢中になったよ。




    ・このターセルのデザインはとても気に入っていたけど、現時点ではほとんど残ってない。残念だな。




    ・この動画に出ているのと同じ色のターセルを1991年に買ったよ。「EZ」パッケージってやつで、4MT、ビニールシート、エアコン、ラジオが搭載されていた。9ヶ月くらい、そのクルマでダウンタウンの夜間学校に通ったよ。ステキなクルマだった。支払ったのは5,800ドルくらいだったな。




    ・1980年代のJDMバージョンのトヨタターセルには、オプションとしてキャンバス製サンルーフが設定されていた。さらにスポーツモデルにはリトラクタブルヘッドライトとボディキットが付いていたんだ。




    ・友達の女の子が1989年式ターセルの4MTのに乗ってた。これにフル乗車して加速する時は、エアコンをオフにする必要があった。彼女が2速にシフトアップするタイミングでエアコンのボタンを押すんだ。




    ・昔はどこでも見かけたクルマだ。予算に余裕がない人のための基本的な交通手段だったよ。




    ・どこかのウォルマートの駐車場に行けば、買い物にきた人が乗ってきたターセルを今でも見ることができる。あと10年は生き残っているだろうな。




    ・このターセルはパワー不足だった!
     ↑そりゃそうだ。エコノボックスだもの。
     ↑当時のエコノボックスはこんなもんだ。
     ↑当時の基準からすれば、ターセルはパワフルな方だったよ。80~90馬力あれば良かったんだ。同世代のシビックは90馬力、フォードエスコートは75馬力、キャバリエは85馬力、セントラ(サニーの海外での名前)は70馬力、そんなもんだった。




    ・1987年式ターセルは78馬力、0-100km/h加速が11.3秒、13.2~16.8km/Lというパフォーマンスで、1987年当時の価格は10,602ドル。これは今のレートだと27,812ドルに相当する。で、2023年式カローラのベースモデルは169馬力で0-100km/h加速は8.0秒、13.6~17.0km/L、ターセルにはない便利な機能が全て付いていて、1987年のクルマの最も豪華な機能に加え、当時では想像できなかった安全装備も付いて21,500ドルだ。実際には収入やその他の価格に比べ、自動車の値段は下がっている。なのに、マスコミは常に自動車の値段が高くなっていることばかりにフォーカスしている。クルマが高くなったんじゃなくて、高いクルマを人々が欲しがるようになったんだ。




    ・ちゃんと外が見える窓が付いたクルマが懐かしいよ。




    ・このターセルは多くがまだ路上に残っていると思う。同世代のヒュンダイ車を買った人には申し訳ないけど…




    ・現在のレートだと約27,000ドルになるのか。エコノボックスにしては高いなぁ。
     ↑少なくともシェベットやエスコートとは違って、優れたエコノボックスだったよ。
     ↑確かにけっこう高く見える。でもベースモデルはこれより4割は安い。今のレートで16,000ドルくらいだよ。




    ・うちのご近所さんはまだこのターセルに乗ってるよ。




    ・これは1980年代のヤリスだね。




    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン
    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン

    「カーボン調」 TOYOTA ウィンドウレギュレーターハンドル 2ピース // カスタム パーツ クルクル レギュレーター ハンドル ウインド ウインドウ ウインドゥ スターレット コロナ ターセル パブリカ MR2 カリーナ カムリ ビスタ ライトエース タウンエース
    「カーボン調」 TOYOTA ウィンドウレギュレーターハンドル 2ピース // カスタム パーツ クルクル レギュレーター ハンドル ウインド ウインドウ ウインドゥ スターレット コロナ ターセル パブリカ MR2 カリーナ カムリ ビスタ ライトエース タウンエース

    日産/ピットワーク ファンベルト AY160-VM305 トヨタ/TOYOTA カローラII コルサ スターレット ターセル Fan belt
    日産/ピットワーク ファンベルト AY160-VM305 トヨタ/TOYOTA カローラII コルサ スターレット ターセル Fan belt

    タイロッドエンド トヨタ ターセル 型式EL41/EL43/NL40の右アウター用 三恵工業 SE-2941 | タイロットエンド TOYOTA ガタ 異音 車 車用 車検 車検部品 部品 ボールジョイント
    タイロッドエンド トヨタ ターセル 型式EL41/EL43/NL40の右アウター用 三恵工業 SE-2941 | タイロットエンド TOYOTA ガタ 異音 車 車用 車検 車検部品 部品 ボールジョイント

    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75
    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75


    90年代のコンパクトカー「ターセル」に対する海外の反応です。どこにでもある手頃なクルマだったので、懐かしく思う人が多いようですね。

    どういうわけか、こういう小さく実用的なクルマに惹かれてしまいます…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・昔ターセルを持ってたよ。この動画を観て涙目になった。このクルマはハッピーだったし生き生きしていた。ターセルを所有していた時は、自分もハッピーだったし生き生きしていた。今はただ生きているだけだ。




    ・350馬力のランエボのレビュー動画は確かに素晴らしいけど、この動画は自分にとってとてもお気に入りのものだよ。
     ↑分かる。こういうクルマとともに我々は成長してきたんだ。そして今は消えつつある。




    ・よく言われるように、速いクルマをゆっくり走らせるよりも遅いクルマを速く走らせた方が楽しい。
     ↑いやーしかしオートマのターセルじゃちょっと…
     ↑確かにそうだ。自分は2009年式のカローラを持ってるが、ハイウェイで150km/hくらい出すのは楽しいな。




    ・自分はかつて1999年式のターセルに乗っていた。とても素晴らしいごく普通のクルマだったよ。A地点からB地点まで、いつも間違いなく良好な燃費で移動することができた。2回クラッシュしたけど修理して乗り続けたよ。これこそクルマのあるべき姿だ。




    ・このターセルは「90年代のエコノミーカー」の定義みたいなもんだな。
     ↑確かに、90年代のエコノミーカーをAutomation(クルマを作るPCゲーム)で再現したものみたいだ。




    ・おばあちゃんからお下がりでもらう定番のクルマだ。
     ↑まさにそれ。うちの妹がおばあさんから1994年式の超低走行のターセルをもらってたよ。最後にはヘッドガスケットが吹っ飛んだけど…
     ↑うちのおばあさんはこの動画とほぼ同じターセルを持ってた。めちゃくちゃ酷使してたな。
     ↑自分は2001年式のマツダプロテージュ(ファミリアの海外での名前)をおばあさんからもらったよ。2016年にもらったんだけど、走行距離はたった1万km少々だった。初めてのクルマとしては素晴らしいものだったよ。




    ・正直、自分はこういうクルマが好きだ。トヨタターセルには、とてもシンプルで崇高な何かがある。派手なものは何もないけど、自分が求める事をしてくれる。いつもそばにいてくれる心強い味方だね。オーナーがこいつの世話をしてやれば、こいつがオーナーの世話をしてくれるんだ。




    ・ターセルはいつか乗りたいクルマだ。特にホワイトで2ドア、MTのやつに乗りたいな。ここグアテマラでけっこう見かけるね。よくメンテされたものでも手頃だという事は、このクルマをよりクールにしていると思う。




    ・このクルマは愛らしい。所有した事はないけどノスタルジーを感じるね。欲しいなぁ…
     ↑こいつはとてもキュートだ。
     ↑コロンビアで見かけたクルマを思い出す。
     ↑自分は1999年式ターセルを持ってる。こいつはほぼ壊れているようなもんだけど、エンジンだけは快調だ。もう35万kmは走ったな。こいつのことは死ぬほど気に入っているよ。




    ・ターセルを大声で探し回ったけど、見つかったのはエコー(トヨタプラッツの海外での名前)だけだった。
     ↑なかなか深いコメントだ。
     ↑エコーでハイウェイの車線変更をする時は怖いよね。
     ↑自分はターセル、エコー、ヤリスの聖なる三位一体を乗り継いだことがある。3台での走行距離の合計はほぼ160万kmだった。




    ・ターセルは1998年あたりまで生産され、ダッジネオンは2005年まで生産されていたけど、今でも路上で多く見かけるのはターセルの方だ。
     ↑それはつまり、ダッジネオンが犬のクソ同然だったからだよ。
     ↑ダッジネオンはヘッドガスケットに深刻な欠陥があったんだ。コルク製のヘッドガスケットはシリンダーの圧力に耐えることができなかった。アフターマーケットのメタル製のものに交換されることが多かったんだ。でもそっちはそっちでサビの問題があった。
     ↑自分が住んでいる所では、ターセルは今でもよく見かける。ネオンはなかなか見ないね。たまに見ても、大抵はボロボロだ。




    ・手動で開ける窓から、あの頃の夏の匂いがするようだ。当時が懐かしい。




    ・1997年式のティールグリーンのターセルを持ってる。今でも完璧に動いているよ。4年前に買ったけど、大きなトラブルはひとつもない。とても気に入ってるよ。もっと評価されるべきクルマだ。




    ・手入れの行き届いた90年代のクルマを見ると、いつも考えさせられてしまう。このクルマは、1990年代生まれの人よりも程度がよさそうだ(自分を含む)。
     ↑クルマのパーツはアメリカのヘルスケアより安いし、このクルマには90年代生まれのアクティブなライフスタイルほどの負担が掛かっていないからさ。
     ↑わかる。わかるぞdude。
     ↑自分も同じだ。キレイな1999年式の日産マキシマを持っているからよく分かるよ。




    ・2004年あたりに、うちの嫁に1996年式のターセルを買ったんだ。その時は10万kmくらいで、一時的な通勤用として手に入れた。あれから何年も経つけど、今でも毎日乗っている。20万kmを少し超えたくらいだ。嫁のクルマとしてフルオプションの2018年式のシボレーマリブを買ったんだけど、彼女はそっちが好きじゃないみたい。「テクノロジーが多すぎる!」だってさ。




    ・どうして自分はいつも90年代のトヨタ車に興奮するんだろう?
     ↑コスパを考えると、1990年~2004年あたりのクルマが最高水準だ。この年代のクルマの信頼性と寿命は過小評価されているよ。
     ↑基本的に90年代のクルマは防弾並みに頑丈だからな。
     ↑お前だけじゃないぞ。
     ↑90年代後半のトヨタ4ランナー(ハイラックスサーフの海外での名前)は完璧なサイズのSUVだった。最近のSUVは笑えるくらいデカすぎるよ。




    ・自分が気に入っている数少ない90年代のセダンのうちの1台だ。たぶん自分が歳を取ったせいもあるかもしれないけど、ベーシックで燃費のいいセダンが好きなんだ。




    ・自分もまだターセルに乗ってる。今でも15km/Lは走るし、加速も力強く、今日の交通の流れには簡単についていける。自分はこのターセルがとても気に入っている。キープし続けるよ。




    ・素晴らしいレビューだった。これこそ自分が今でも90'sの日本製コミューターを愛している理由だよ。




    ・母親が1991年式のターセルに14年間乗ってたよ。自分が子供の頃だったな。カセットデッキで母親のミックステープを聞いた記憶がある。クルマは一番ベーシックなグレードだったと思うな。MTで2ドアクーペで、助手席側のドアミラーやデフロスターは付いてなかった。間欠ワイパーもなかったな。でも永遠に走り続けるようなクルマだった。




    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン
    ターセル ジョイナスエクストラL(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グリーン 緑色 2WD ガソリン

    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75
    NGK エヌジーケー プラグコード TOYOTA トヨタ ターセル EL43 H2/9〜H4/8 RC-TE75

    タイロッドエンド トヨタ ターセル 型式EL41/EL43/NL40の右アウター用 三恵工業 SE-2941 | タイロットエンド TOYOTA ガタ 異音 車 車用 車検 車検部品 部品 ボールジョイント
    タイロッドエンド トヨタ ターセル 型式EL41/EL43/NL40の右アウター用 三恵工業 SE-2941 | タイロットエンド TOYOTA ガタ 異音 車 車用 車検 車検部品 部品 ボールジョイント

    VELOCE ベローチェ ブレーキローター ディンプルスリット フロント TOYOTA トヨタ カローラ2/ターセル/コルサ EL51/EL53/NL50 品番 3119145 S6D3P
    VELOCE ベローチェ ブレーキローター ディンプルスリット フロント TOYOTA トヨタ カローラ2/ターセル/コルサ EL51/EL53/NL50 品番 3119145 S6D3P

    分割式ドライブシャフトブーツ アウター用 トヨタ ターセル EL43用 B-E02 車輪側用 パロート ネオブーツ | PARAUT TOYOTA ドライブシャフトブーツ シャフトブーツ 交換 車検 車 車用 交換用 ドライブシャフト パーツ 車用品 整備 自動車 部品
    分割式ドライブシャフトブーツ アウター用 トヨタ ターセル EL43用 B-E02 車輪側用 パロート ネオブーツ | PARAUT TOYOTA ドライブシャフトブーツ シャフトブーツ 交換 車検 車 車用 交換用 ドライブシャフト パーツ 車用品 整備 自動車 部品

    NGK(エヌジーケー) トヨタ カローラ2/コルサ/ターセル プラグ イリジウムIXプラグ 1990/9〜1994/9 ターセル EL41 ■エンジン:4E-FE ■排気量:1300 4本セット
    NGK(エヌジーケー) トヨタ カローラ2/コルサ/ターセル プラグ イリジウムIXプラグ 1990/9〜1994/9 ターセル EL41 ■エンジン:4E-FE ■排気量:1300 4本セット

    日本ではほぼ見なくなったトヨタターセルですが、意外なことにあちらにはファンがいるようです。個人的に、こういう小さいセダンは大好物です。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・シンプルで信頼性の高いクルマをもう一度作ってくれ。



    ・30年近く経つのにまだ路上で見かけるってことは、トヨタの品質がとんでもないって事だ。



    ・確かにまだその辺で見かけるよね。こんなに古いのに普通に動くんだから、やっぱりトヨタが好きだなぁ。



    ・バングラデシュでは当時、このターセルと90系カローラの中古が日本から入ってきてて、みんな修理して乗ってたよ。信じられないかもしれないけど、こんなクルマでもすごくラグジュアリーだったんだよ。これを観てて懐かしくなった。



    ・懐かしいなぁ。両親がティールカラーの1994年式ターセルを持ってたよ。それで運転の仕方を覚えたっけなぁ。



    ・ターセルはとても良いコンパクトカーだった。この一つ前の4WDモデル(日本では初代スプリンターカリブとして売られていた)が特によかった。7代目カローラ(100系?)よりも信頼性が高かったな。320,000km超でもフツーに走るんだ。



    ・1994年式ターセルを持ってて、今も乗ってるよ。オーバードライブ無しの4速MTはハイウェイでは苦痛だけど、日常のお買い物にはちょうどいい。



    ・箱みたいに見えるクルマだが、1991年当時はタマゴ型に見えていたんだな。



    ・1.5Lの90馬力で16.6km/lか。確かに時代は変わったね。



    ・1995年式のターセルに乗ってた。最高のクルマだったよ。240,000kmくらい乗ったところでぶつけられて廃車になってしまった。それまでは何の問題もなかったな。4速MTで、燃費は17.0km/lを超えていたしね。



    ・2ドアの5速MTは驚くほどスポーティーで、運転がとても楽しかった。1兆km/lの燃費とトヨタの岩みたいに堅固な信頼性が加わって、ただのエコボックスとは呼べないクルマだったなぁ。



    ・90年代の日本車がベストだ!



    ・ここニュージャージー州では、このターセルがまだそこらを走り回ってるのを見かけるよ。日産セントラやフォードエスコートはここまで長持ちしないだろうな。



    ・1992年式ターセルの2ドア4速MTモデルに乗ってた!エアコン無し、パワーも無しだったけど好きだったな。おかげで何でも乗れるようになったよ。



    ・当時ほぼ新車の状態で買って今もまだ乗ってる。新車なみにスムーズだよ。でも一応、予防整備はしてるけどね。





    ターセル・コルサ・カローラⅡは日本では完全にお買い物カーの位置付けでしたが、あちらでも似たようなもんだったんですね。やはり、シンプルなクルマはいいですね。

    このページのトップヘ