JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:センチュリー

    ※※※過去記事を再掲します※※※




    以前もセンチュリーに対する海外の反応をご紹介しましたが、そのひとつ前のモデルの動画があったのでこちらも。

    現行センチュリーはレクサスLSと同様のV8ハイブリッドを搭載していますが、そのひとつ前はJZ系エンジンをベースにした5リッターV12を搭載していました。さらにその前、今回紹介するモデルは4リッターのV8を搭載していたんですね。それがなんとOHV。アメ車みたい。

    途中で何回か変更されていますが、これに搭載されるエンジン型式は5V-EUという耳慣れないもの。165PS/4,400rpm、29.5kg・m/3,600rpmのパワーで1,860kgの巨体を引っ張ります。

    なんというか、とっても和風なデザインですね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・トランクに血の跡はない?残念だな。
     ↑プロはボディバッグを使うんだ。
     ↑これはトヨタであって、カマロじゃないんだ。
     ↑それがYakuzaの仕事さ。




    ・このクルマでいちばん印象的なポイントは、リアシートのモーターが30年以上経つのにちゃんと動いていることだ。すごいよ。
     ↑そりゃまあトヨタだしな。
     ↑トヨタ製だから当たり前だろ。感動することでもないよ。



    ・当時のロールスロイスより100倍豪華だったに違いない。
     ↑そしてもっと信頼性が高い。




    ・トヨタセンチュリーは加速するのではなく、前進する。




    ・このセンチュリーは、現代のどのメーカーのクルマよりも優れた製造品質を備えている。
     ↑Motor trend誌によると、このクルマはほとんど手作業で組み立てられているらしい。特に塗装に関しては、ロールスロイスやベントレーでも敵わないんだって。




    ・動画で言っている「マジェスティックチキン」は鳳凰のことだ。日本では幸運のシンボルだよ。一万円札の裏とか、京都の金閣寺の屋根飾りにも使われている。




    ・1990年が30年以上も前だなんて。時間は信じられないほどの速さで過ぎていくんだなぁ。




    ・30年以上も前のクルマなのに、たくさんの装備やテクノロジーが満載だ!日本の仕事は別格だな。




    ・ぜひこのセンチュリーが1台欲しい!スタイリングが最高だよ。左ハンドルにコンバートして、アメリカで乗るところを想像してみなよ!マジで最高だ!




    ・なんという素晴らしさ。おそらくこれは、20世紀の日本で一番クールなクルマだった。




    ・自分が子供だった時、イギリスではほぼすべてのクルマがフェンダーミラーだったよ。欠点は、電動じゃなかったから調整が難しく、走ってるときは調整が不可能という事だった。




    ・1990年のオールドファッションと、1990年のウルトラモダンの実に奇妙な組み合わせだ。1972年のように見えるけど、2002年のクルマを超える機能を持っている。よくわからないクルマだけど大好きだ!




    ・当時の技術では、これだけの機能を動かすのにどれだけ配線を引き回さなきゃなかったんだろう。想像がつかないよ。




    ・センチュリーは、これまでに作られたビンテージのラグジュアリーカーの中で最もクールだ。当時、日本で高級車を作っていたとは知らなかったから驚いたよ。




    ・これは認めなければならない。この超クールなクルマがマジで欲しい!




    ・日本でセンチュリーを運転したことがあるよ。とても楽しかったけど、日本の環境では不便なくらい大きいクルマだった。




    ・クレイジーなくらい素晴らしいクルマだ。何も言われなければ80年代前半のクルマだと思っちゃうね。このセンチュリーにはLS400(初代セルシオ)につながるヒントが隠されているようだな。




    ・このクルマが気に入ったよ。今、オーストラリアでは売りに出ているセンチュリーが何台かあるけど、さすがに安くはないね。昔、祖母が乗っていたヒルマンアローには同じようなフェンダーミラーが付いていたよ。電動ではなかったから、祖母はいつも母親に調整させていたよ。




    ・みんながフェンダーと呼んでいるものは、イギリスではウイングと呼ばれている。こっちでも昔はフェンダーミラーのクルマがほとんどで、それはウイングミラーと呼ばれていたんだ。今では全てのクルマがドアミラーになったけど、イギリス人の多くはまだそれをウイングミラーと呼んでいるよ。




    ・このクルマは90年代のものだけど、見た目は70年代に作られたクルマみたいだ。まったく驚かされるね。インテリアに採用されている技術は、今の基準で考えても素晴らしい。
     ↑それは正しいよ。このクルマは1960年代に作られて、1990年代まで進化しつつ作られ続けたんだ。





    ※※※過去記事を再掲します※※※



    これこそ日本のラグジュアリー。2代目トヨタセンチュリーに対する海外の反応です。

    このモデルは1997年から2017年まで販売されていました。特筆すべきはエンジン。乗用車としては国産史上初の5リッターV型12気筒の1GZ-FEを搭載しています。6気筒のJZ系エンジンをベースにしたもので、280PS/5,200rpm、49.0kg・m/4,000rpmの余裕のパワーを発揮します。スモーキー永田のトップシークレットスープラにもスワップされていましたね。

    また、万が一の際の事を考えて、片バンク、つまり6気筒の状態でも走れるようになっているとの事。ブレーキをはじめ、走るための機能はバックアップのために2重系統化されているそうです。すげえ。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・このセンチュリーというクルマは、日本車では唯一V12エンジンを搭載しているんだ。本気でレアだよ。




    ・自分はオーストラリアに住んでいて、このセンチュリーを持っているよ。信じられないくらいスムーズで静かなクルマだよ。パネルとパネルの間の隙間が均一で、製造品質はセンセーショナルだ。絶対にお買い得なクルマだね。




    ・このV12エンジンは、おそらく世界で一番信頼性の高いものだろうな。




    ・このクルマの最も素晴らしいポイントは、今でも全てが機能するということだ。古いBMWやメルセデスとは違うね。




    ・なんてビューティフルなクルマなんだ。インテリアのディテールが気に入ったよ。これはとても快適なクルマに違いない。




    ・このセンチュリーは、これまでで最も思慮深く設計されたセダンだ。




    ・このクルマについて一番印象的なのは、20年経つのに全てがきちんと機能しているという事だ。まあでも、トヨタ製なんだもんな。




    ・とても魅力的だけど控えめなクルマだ。日本で、このクルマを間近で見た事があるよ。製造品質は本当に桁外れだね。




    ・このレビュアーもだけど、ほとんどのアメリカ人はトヨタセンチュリーの要点をよく理解していない。センチュリーは日本の文化的価値観と密接に結びついている。これは「ラグジュアリーカー」ではない。このクルマは持ち主の富を誇示するものではなく、社会的地位を表すものだ。日本において、運転手付きのセンチュリーに乗るという事はとても名誉な事だと考えられている。アメリカでは、お金がその人の社会的地位を決めるけど、日本はもっと伝統的だ。社会的地位と資産は必ずしもイコールではないよ。




    ・Yakuzaのボスが乗りそうなクルマだな。
     ↑俺が思うに、Yakuzaのセンチュリーにはレザーシートが必要なんじゃないか?そっちの方が犯罪の証拠を拭き取りやすいだろうし。
     ↑いや、最近のYakuzaはアルファードだよ。
     ↑Yakuzaどもは本当にアホだよな。日本の信頼できる高級車よりSクラスを好むんだから。




    ・このクルマは見たことが無かった!でもとても気に入ったよ。ものすごい個性があるクルマだ!最近のクルマは退屈でねぇ…




    ・さまざまな国のさまざまなメーカーが、どのようにフラッグシップの高級車を作ったのか、そして彼らが重要視していたのは何だったかを知るのはとても興味深い。90年代には明らかな違いがあったけど、今では世界が狭くなったようでほとんど違いがない。どれも似たようなもんだね。




    ・このクルマから感じられる、日本ならではの豪華だけど控えめな感じが気に入ったよ。贅沢だけどやりすぎ感がない、完璧なパッケージングだ。まるで90年代のソニー製のハイエンドのテレビみたいだ。ハイファイって感じだね。




    ・このクルマを見ているとなんだか懐かしいような気分になる。日本のスタイリングはとても正直でクリーンだね。最近のラグジュアリーカーのデザインは、エイリアンウェアのゲーミングPCのデザインをコピーしたみたいだ。




    ・ダグ(レビュアー)が「マジェスティックなチキン」と呼んだものはHou-Ou(鳳凰)といって、日本におけるフェニックスのようなものだよ。
     ↑ポケモンゴールドに出てた伝説のポケモンか?
     ↑そしてチョコボのようでもある。
     ↑鳳凰はニワトリなの?




    ・センチュリーが気に入ったよ!マジでクールだけど、北米ではそうそう見かけないね。このユニークさが気に入ったよ!




    ・このセンチュリーに乗ってる。とんでもないクルマだよ。リアシートにはシートマッサージャーが付いていて、個別のモニターも付いている。乗り心地はまるで雲の上みたいだよ。




    ・旧世界的で古典的で、威厳のある独自のスタイルを持っているね。ヴィンテージのロールスロイスのようだ。ゴールドに塗りなおせば、見事なヴィンテージカーになると思うな。




    ・シンプルさがこのクルマに美しさを与えていると思う。自分はフル装備のマイバッハ62よりこのセンチュリーを選ぶね。




    ・これだけは言わせてくれ。実際に使うことを考えると、ファブリックのシートはレザーよりも優れている。長持ちするし、グリップもいい。レザーより柔らかくて通気性があって、冷たすぎたり熱すぎたりすることもない。内装パネルやシートベルトクリップと擦れて音を立てることもない。レザーシートは虚栄心だよ。






    トヨタセンチュリーSUVとロールスロイスカリナンの比較動画に対する海外の反応です。センチュリーは日本専売車種なので、興味を持つ人が多いようですね。













    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・賢い人はトヨタを選ぶよな。




    ・初めてクルマを手に入れたのは23年前だが、それ以来ずっとトヨタ車に乗り続けている。トヨタ車はまるで良くできた嫁さんみたいなクルマなんだ。いつもそばにいてくれるし、自分や家族を失望させるようなことは決してない。
     ↑そうだよな兄弟。俺が前に乗ってたトヨタ車は20年落ちだった。彼らは非常に信頼性が高い。




    ・突然だけど、自分はロールスロイスよりセンチュリーの方が好きだ。




    ・センチュリーのルックスはヤバいほどカッコいい。




    ・トヨタが高級車でもっとやって欲しかったことの一つは、旧センチュリーで採用されていたようなウール生地のシートの採用だ。レザーは見た目が良いけどそれだけだ。夏場はとても熱くなる。例えベンチレーションシートだったとしても、長距離ドライブの快適性はさほどでもない。
     ↑大いに同意するよ。
     ↑本革シートは耳障りなきしみ音を立てるしな。
     ↑これ以上ないくらいに同意するよ。我が家にはファブリックシートの200系ランドクルーザーがあるんだが、気温が32℃くらいの時のロングドライブでは、フルレザーインテリアのBMW X5よりも快適だ。




    ・オーナーがウォーレン・バフェットのような倹約家であれば、長期的な維持費が確実に安くなるセンチュリーを選ぶだろうな。
     ↑信頼性が高いからねぇ。
     ↑隠れた金持ちはトヨタ車に乗っている。彼らは社会では目立たないようにしているから、彼らが裕福であるとは決して気付かないだろう。
     ↑アメリアkでもセンチュリーが販売されるといいのにな。トヨタはもっと儲かると思う。




    ・センチュリーはワンダフルだ。




    ・トヨタは比類のない快適性、使いやすさ、操作性を備えた高品質のクルマを作るという点では常に勝者だけど、こういう高級車においてはやはりロールスの方が際立っている。でも、ロールスロイスに挑戦しようとするトヨタには称賛を与えなければならないね。




    ・ただお金を持っているだけではセンチュリーを買う事は出来ないらしいぞ。日本では、トヨタの審査を通り、センチュリーのオーナーとしてふさわしいと認められなければ買うことができないんだ。




    ・昔のセンチュリーの方が好きだな。あのクルマには独自のアイデンティティがあった。最近のトヨタ車は、センチュリーにしろランドクルーザーにしろ、競合車種と似たものになってきている。
     ↑おそらく、業界のスタンダードやトレンドに従うことが理にかなっているからだろうな。個人的にはそういうのは好きじゃないな。まあでも好みの問題だからな。




    ・センチュリーは常に日本市場のみで販売されてきたけど、これは世界中で販売されるのかな?
     ↑おそらく日本市場に限定されると思う。ただ日本人なら誰でも買えるというわけではなく、厳しい審査があるんだ。審査に通った人だけが買える。




    ・ウール生地のインテリアは残して欲しいなぁ。あれが一番気に入ったよ。
     ↑わかる。自分にはセンチュリーを買うだけのお金があるわけじゃないけど、もっと多くの高級車にアルカンターラだけでなくファブリックの選択肢があるといいんだがな。レザーシートは長距離ドライブだと熱くなるんだよな。




    ・信頼性と4×4の快適性を重視する場合はセンチュリーを選ぶ。見栄えを重視するならロールスロイスかな。




    ・ブランドこそ大事と考えるオーナーにとっては、ロールスロイスの信頼性は問題になりうるんだろうか?




    ・あのBMW X7…じゃなかったロールスロイスはすぐにバラバラになってしまうんじゃないか・




    ・トヨタはこのセンチュリーにレクサスLC500のV8エンジンを搭載するべきだ。




    ・残念な事だけど、このセグメントのクルマを買う裕福な人は、センチュリーを一顧だにしないだろうな。




    ・どっちが信頼できて、より長持ちするかは誰もが知っている事だね。




    ・トヨタクラウンも日本のロイヤルモンスターだぞ。




    ・タイトルを見るまでこれがトヨタ車だとは気づかなかった!





    送料無料◆オートアート 79531 1/18 トヨタ センチュリー オープンカー (神威 かむい エターナルブラック) ミニカー (ZM118408)
    送料無料◆オートアート 79531 1/18 トヨタ センチュリー オープンカー (神威 かむい エターナルブラック) ミニカー (ZM118408)

    オートアート 【再生産】1/18 トヨタ センチュリー(神威 [かむい] エターナルブラック)【78762】 ミニカー
    オートアート 【再生産】1/18 トヨタ センチュリー(神威 [かむい] エターナルブラック)【78762】 ミニカー

    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー スペシャルエディション (精華 <せいか> レイディエントシルバーメタリック) (78770) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト
    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー スペシャルエディション (精華 <せいか> レイディエントシルバーメタリック) (78770) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト

    AUTOart オートアート 1/18 コンポジットダイキャストモデル 2019年モデル トヨタ センチュリー GRMN ブラック
    AUTOart オートアート 1/18 コンポジットダイキャストモデル 2019年モデル トヨタ センチュリー GRMN ブラック

    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー GRMN (パール・ホワイト)【78764】 ミニカー
    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー GRMN (パール・ホワイト)【78764】 ミニカー

    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン
    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン

    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン
    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン

    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン
    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン

    First43(ファースト43) 1/43 トヨタ センチュリー 2007 ブラック ミニカー
    First43(ファースト43) 1/43 トヨタ センチュリー 2007 ブラック ミニカー

    【スーパーセール】CAR-NEL(カーネル) トヨタ センチュリー (GZG50) 2010 (Pearl White) 1/43 500台限定生産 [CN431006]
    【スーパーセール】CAR-NEL(カーネル) トヨタ センチュリー (GZG50) 2010 (Pearl White) 1/43 500台限定生産 [CN431006]

    First43(ファースト43) 1/43 トヨタ センチュリー 1967 ブラック ミニカー

    トヨタが誇るフラッグシップセダンのセンチュリーに対する海外の反応です。この動画で紹介されているのはV12を搭載したひとつ前のモデルですね。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・トヨタファンとしては、このセンチュリーは別次元のクルマだと思う。




    ・これは日本におけるロールスロイスだが、通常のメンテナンスをするだけで20年以上乗り続けることができる。
     ↑実際に走るロールスロイスだ!
     ↑こいつはもう20年走り続けている。何ならあと20年は持ちそうだ。
     ↑1「世紀」持つように作られてるんだ。




    ・素晴らしいレビューだった!トヨタの従業員や重役はきっと楽しんでこの動画を観て、君の熱意とこのクルマに対する敬意に満足するだろう!以前日本を旅行した事があったんだが、アメリカでは決して見ることができないクルマを目にする機会があったのを思い出したよ。それとタクシーが素晴らしかったな。乗り心地やドライバーの態度、プロフェッショナリズムに関しては、アメリカとは全く異なる体験だった。日本の文化は全く異なるものだが、自分はそこが楽しいと思っているよ。




    ・自分はずっと、自分こそが最大のトヨタファンだと思ってた。沢山のトヨタ車に乗ったし、整備もたくさんやってきたからね。自分と同じくらいか、或いはそれ以上にこのブランドを愛している人に出会えるのはとても嬉しいことだ。




    ・ビューティフルなクルマだ!しかし、自分ちのガレージ以外の場所に停めるのは怖いなぁ。




    ・彼がまるでクリスマスの日の子供のようにはしゃいでいるのは見たことがない。気に入ったよ。




    ・このセンチュリーのオイルフィルターの品番は15601-68010だ。HJ60型ランドクルーザー用と同じなんだ。これはアメリカでも手に入るよ。




    ・おお。まさかここアメリカでセンチュリーが見つかるとは思わなかったよ。これこそ究極のトヨタ車だ。日本のエンペラーが乗るクルマだよな。
     ↑これを見ると、1970年代に日本に駐留していた時に乗ってたクラウンを思い出すよ。このクルマはショーファードリブンのハイエンドなトヨタ車だ。




    ・昔シドニーに住んでいた友達が、1989年式のV8エンジン搭載のセンチュリーを持ってた。自分と友達をそのセンチュリーに乗せてシドニーを案内してくれたんだ。あれは素晴らしい経験だった。彼はセンチュリーを手放してしまったけど、それ以来ずっと後悔しているよ。




    ・日本人の非の打ちどころのない製造品質はとても印象的だ。我々は、彼らが生産する非常に信頼性の高いクルマに感謝している。日本人は、彼らの名誉のために標準以下のものを作るということはできないんだ。非常に魅力的な文化だ。彼らには脱帽だよ。
     ↑その通りだ!日本のメーカーは、値段ではなく目的に合わせて部品を作ってくれるというのがとても気に入っている。もし品質が十分でない場合は、満足ができるレベルまで再設計するんだ。十分に近いのは十分じゃないからね。




    ・こういう品質のクルマはレクサスにもそうそうないぞ。




    ・このクルマは日本でも非常に珍しいし、日本の豪華さ、優雅さ、時代を超越した高級感の絶対的な頂点とも考えられている。大企業の会長や政府高官は運転手付きでこのセンチュリーに乗るんだ。本当にマジェスティックなクルマだ。




    ・自分は幸運にもセンチュリーの実車を見たことがあるけど、信じられないほど素晴らしかった。インテリアは言うまでもなく素晴らしい。このボンネットとサイドの塗装を見てみなよ!
     ↑自分も見たことがあるけど、センチュリーのペイントは何にも負けないね。ロールスロイスと並んでいる所を見たことがあるが、センチュリーの方がよりエレガントだと思ったよ。




    ・このクルマは邪悪で、オールドスクールなのに未来的かつレトロなクルマだ。マジでクールだ。




    ・なんと美しい芸術作品だ!こういうビューティフルなクルマを生み出すのは日本人に任せておけば大丈夫だ。ただただステキだよ。




    ・このクルマについてはあまり注目して欲しくなかったなぁ。実はこのセンチュリーを買おうと思ってたんだ。もし注目されれば値段が上がってしまうからね。しかし素晴らしいビデオだった。




    ・これはグレートなクルマだ。自分も日本車が好きなんだ。お台場にあるトヨタのショールームにも行ってきた。そこで様々な種類のクールなトヨタ車を見てきたよ。




    ・超ゴージャスだ!マジもんのファーストクラスだな!ここで販売されなかったJDMカーは大好きだよ。




    ・とても楽しいビデオだった。自分はオーストラリアのパースにいるんだが、ほんの数日前にこれと同じクルマを見かけたんだ。メーカーのロゴがないから不思議に思ってたんだが、なんだか高級車みたいだし、トヨタ車っぽいねって嫁と話してたんだ。このビデオのおかげで問題が解決したから、もう少し調べてみるよ。




    ・ビューティフルなトヨタだ。90年代後半に日本に駐留していたんだが、その時に何台かこのセンチュリーを見かけたよ。トヨタ車は素晴らしい。当時は中古だとけっこう安く買えたからね。当時乗ってたタウンエースバンはお気に入りだったな。





    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン
    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン

    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン
    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン

    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン
    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン

    オートアート 【再生産】1/18 トヨタ センチュリー(神威 [かむい] エターナルブラック)【78762】 ミニカー
    オートアート 【再生産】1/18 トヨタ センチュリー(神威 [かむい] エターナルブラック)【78762】 ミニカー

    送料無料◆オートアート 79531 1/18 トヨタ センチュリー オープンカー (神威 かむい エターナルブラック) ミニカー (ZM118408)
    送料無料◆オートアート 79531 1/18 トヨタ センチュリー オープンカー (神威 かむい エターナルブラック) ミニカー (ZM118408)

    First43(ファースト43) 1/43 トヨタ センチュリー 2007 ブラック ミニカー
    First43(ファースト43) 1/43 トヨタ センチュリー 2007 ブラック ミニカー

    京商オリジナル 1/43 トヨタ センチュリー (飛鳥/ブラキッシュレッドマイカ) (KS03694R) 通販 プレゼント ギフト モデ ルカー ミニカー 完成品 模型 送料無料
    京商オリジナル 1/43 トヨタ センチュリー (飛鳥/ブラキッシュレッドマイカ) (KS03694R) 通販 プレゼント ギフト モデ ルカー ミニカー 完成品 模型 送料無料

    【スーパーセール】CAR-NEL(カーネル) トヨタ センチュリー (GZG50) 2010 (Pearl White) 1/43 500台限定生産 [CN431006]
    【スーパーセール】CAR-NEL(カーネル) トヨタ センチュリー (GZG50) 2010 (Pearl White) 1/43 500台限定生産 [CN431006]

    AUTOart(オートアート) TOYOTA CENTURY GRMN(1/18) 78763
    AUTOart(オートアート) TOYOTA CENTURY GRMN(1/18) 78763

    【中古】【輸入品・未使用】京商オリジナル 1/43 トヨタ センチュリー GRMN ホワイトパール 完成品
    【中古】【輸入品・未使用】京商オリジナル 1/43 トヨタ センチュリー GRMN ホワイトパール 完成品

    トヨタセンチュリーSUVに対する海外の反応です。やっぱりみんな気になるよなぁ。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・全ての高級トヨタ車が必ずしもレクサスじゃないってのが気に入った。
     ↑レクサスはもともと、「トヨタにしては高すぎる」と思うアメリカ人のために作られたんだ。彼らは実際の製品よりも、イメージやブランドに多くのお金を払うんだ。
     ↑同じトヨタだけど、レクサスはトヨタよりも優れているように聞こえるからね。正直、名前とエンブレムで売っているようなもんだ。特に北米では。




    ・これをぜひ北米市場に持ってきてくれ!




    ・このスタイルを北米市場にも持ち込んで欲しいね。フロントエンドは、奇妙なフロントグリルを備えたレクサスLXよりも見栄えがいいよ。




    ・こいつは超ゴージャスだ。




    ・センチュリーはまさに伝説だ。実にナイスなクルマだね。




    ・トヨタによると、これはSUVではなく次世代型セダンだそうだ。ゴルフバッグを収納できるラゲッジやBlu-Rayプレーヤーなど、日本文化にマッチした使いやすさを追求したデザインになっている。国内市場にフォーカスしているのは明らかだね。




    ・個人的には、センチュリーは本当に素晴らしいクルマだと思ってる。
     ↑日本人にとってはそうだろうな。でもセンチュリーはアメリカ市場ではあまり評価されないだろう。だから他の国にも輸出されていない。170,000ドルくらいするらしいぞ。




    ・先月、大阪に行った時に初めてトヨタのセンチュリーセダンを見たよ。その優雅さと洗練度合いには圧倒されたね。まさに芸術作品って感じだった。




    ・俺のカネを受け取れ。そしてこれを1台くれ!




    ・トヨタがアメリカ向けにセンチュリーSUVを作ってくれたらいいのに…




    ・このセンチュリーは以前のデザインを思い起こさせるものではないし、非常に大きい。インテリアはとにかく素晴らしい!




    ・うーん…こいつはナイスだ。




    ・これは日本のロールスロイスか?




    ・センチュリーは象徴的なクルマだ。そしてオリジナルのセンチュリーはクラシックだった。手に入れることができたらいいのにな。この新しいモデルは明らかに過去からの脱却であり、非常に直感的だけどドライバーにより焦点を当てているように思える。もちろん乗客が重視されているけど、今回はドライバーも大事にされているのは明らかだ。オリジナルは乗客にはかなり配慮されていたけど、ドライバーにはそうでもなかったんだ。




    ・センチュリーについて混乱している人もいるかもしれないから説明しておこう。センチュリーというクルマは、日本のインペリアルファミリーのために作られたクルマなんだ。つまり、単にそのためだけに作られたクルマであって、決してロールスロイスをぶっ倒そうとしているわけじゃないんだ。




    ・もし自分が大富豪で毎日の足になるクルマを探しているとしたら、ロールスロイスカリナンやマイバッハよりもこのセンチュリーを選びたいね。




    ・トヨタがSUVのセンチュリー、70系ランドクルーザー、そして新しいFRのクラウンを、「ヘリテージシリーズコレクション」みたいな形で輸入してくれたらいいなと思ってる。数量限定だと即完売するだろうな。でもそんな事をしたらレクサスの立場がなくなるから、絶対実現しないって事は分かってる。残念だよ。




    ・これはマイバッハGLSと競合することができるだろうか。
     ↑たぶんしないかな。センチュリーは、エレガントでミニマリストな日本のデザインカルチャーによりよくマッチしている。一方、マイバッハはヨーロッパ人の好みにもっとアピールするだろう。




    ・これの防弾バージョンってあるのかな。
     ↑多分オーダーすれば作ってもらえるんじゃないかな。日本はクルマに装甲を施す必要のない数少ない国のひとつだ。




    ・"トヨタの半額でレクサスを買う"だなんて、日常では聞くことがないな。





    送料無料◆オートアート 79531 1/18 トヨタ センチュリー オープンカー (神威 かむい エターナルブラック) ミニカー (ZM118408)
    送料無料◆オートアート 79531 1/18 トヨタ センチュリー オープンカー (神威 かむい エターナルブラック) ミニカー (ZM118408)

    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー スペシャルエディション (精華 <せいか> レイディエントシルバーメタリック) (78770) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト
    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー スペシャルエディション (精華 <せいか> レイディエントシルバーメタリック) (78770) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト

    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー 神威 (エターナルブラック) (78762) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト
    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー 神威 (エターナルブラック) (78762) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト

    AUTOart(オートアート) TOYOTA CENTURY GRMN(1/18) 78763
    AUTOart(オートアート) TOYOTA CENTURY GRMN(1/18) 78763

    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー GRMN (パールホワイト) (78764) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト
    オートアート 1/18 トヨタ センチュリー GRMN (パールホワイト) (78764) 通販 送料無料 モデルカー ミニカー 完成品 模型 プレゼント ギフト

    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン
    センチュリー 標準仕様車 デュアルEMVパッケージ(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン

    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン
    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン

    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン
    センチュリー フロアシフト(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブルー 青色 2WD ガソリン

    トヨタ純正 センチュリーホーン 現行 UWG60 ギガ GIGA 交換 ホーン 高級 マルコホーン
    トヨタ純正 センチュリーホーン 現行 UWG60 ギガ GIGA 交換 ホーン 高級 マルコホーン

    ニューカー速報プラス 第64弾 TOYOTA センチュリー【電子書籍】[ 交通タイムス社 ]
    ニューカー速報プラス 第64弾 TOYOTA センチュリー【電子書籍】[ 交通タイムス社 ]

    トヨタ センチュリー トヨタ新型センチュリー+3代目究極のおもてなし (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス 第64弾)
    トヨタ センチュリー トヨタ新型センチュリー+3代目究極のおもてなし (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス 第64弾)

    このページのトップヘ