JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:クラウン


    いつかはクラウン!1989年式、V8搭載のUZS131クラウンに対する海外の反応です。

    このクラウンにはセルシオに先駆けて260PS/5,400rpm、36.0kg・m/4,600rpmをを発揮する1UZ-FE型のV8を搭載するグレードがありました。

    海外、特にアメリカの方々はV8が大好物です。このクラウンはどのように見られているのでしょうか?











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・自分はこのトヨタクラウンのような、オールドスクールな日本車が大好きだ。1989年式なのに、このクルマに付いている装備は驚異的だね。クラウンについての動画を作ってくれてありがたい。ほとんどの人はスカイラインGT-Rやインプレッサ、スープラなどの日本のスポーツカーにしか興味が無いけど、JDMカーにはもっと面白いクルマがたくさんある。ちなみにこれオランダまで輸出できますか?




    ・1989年式なのにこんな装備が付いているのか…これには感動したと言わざるを得ない。マジでラグジュアリーだ。
     ↑特にカーナビな!
     ↑あれはテレビも兼ねている。センターコンソールのリモコンはそれ用なんだ。
     ↑現代のクルマでも付いてない装備がある…




    ・変人と呼ばれてもいい。自分はこういうクルマが大好きだ!30年以上前のクルマなのに、今でも元気に動いてる!




    ・見た感じ素晴らしい!ふと気付いたんだけど、日本車のフロアマットはアメ車のよりも豪華なものが付いているんだね。




    ・けっこう長い間、これと同じクラウンに乗ってるよ。今まで乗った中で最高のクルマだね。素晴らしいRWDラグジュアリーサルーンだ。




    ・こいつはすごい!毎日の足として完璧なクルマだ。少しVIP仕様にすればもっと良くなる。クルマ好きの注意を引きつけるクルマになるよ。




    ・こいつはイカれてる。自分はいつかこのクラウンを所有してみたい。レビューもマジでクールだ。




    ・1980年代後半の信じられないほどクールなトヨタ車だ。1989年式のクルマにナビが付いていたなんてびっくりだ。




    ・2か月前、1991年式の白いクラウンを買ったよ。2リッター直列6気筒の1G-GZEを搭載している。8万キロくらいかな。実に驚くべきクルマで、信じられないほど快適だよ。




    ・ビューティフルだ。自分はスカイラインよりもクラウンの方がいいな。エンジン音をもっと聞きたかったなぁ。




    ・これは、トヨタが今まで作ったクルマの中の最高傑作だ。




    ・なんてクルマだ!テクノロジーもすごいな。今すぐ欲しくなったよ。




    ・このクラウンはヨーロッパやアメリカのクルマよりもずっといい。全くもって疑う余地はない。そして同じ話が、今でも繰り返されている。




    ・以前、全く同じクラウンに乗ってたよ。デカいホイールを履かせたら、ステアリングの振動に気を付けた方がいい。




    ・Damn!今すぐ日本の古い高級車が欲しい!今はフルオプションのE34のBMWに乗っているが、付いているオモチャはこのクラウンよりはるかに少ないんだ。80年代と90年代のプレミアムカーはマジで大好きだよ。





    ・自分の出身地のトリニダードでは、このクラウンはエリート層に本当に人気があった。お金持ちが乗るクルマだと思われていたよ。乗り心地がマジでスムーズなんだよな。




    ・こいつの重さのうちの半分は、装備を動かすための配線に違いない。




    ・アメリカに日本車を輸入するには、どうしても25年待たなきゃないもんなぁ。自分が乗っている1994年式のグロリアワゴンをアメリカの家族に送りたいんだけど、アメリカで維持するのはどれくらい難しいんだろう…




    ・スウィートなルックスのクルマだな。このトヨタクラウンは写真でしか見た事がない。アメリカでは発売されなかったからね。
     ↑これめっちゃ欲しい。
     ↑このクラウンのドライビングと乗り心地は他にないものだ!幸いなことに、こいつは今すぐ輸入できるぞ。




    ・このクラウンはマジでグッドルッキングなクルマだ。フィリピンにいた時代を思い出すよ。しかし、V8はこのクルマには似合わないと思うな。このクラウンといえば直6のイメージだ。個人的には直6がこのクラウンの性格によく合っていると思う。ちょっと変に思われるかもしれないけどね。
     ↑V8こそこのクラウンに最適なエンジンだよ。トヨタは常にシルキースムースなエンジンの開発を目指していた。伝説的な直6よりもスムーズなエンジンを必要としていたから。V8が搭載されたんだ。エンジンをかけた状態で、インマニの端にコインを立てて置いてみるといい。3,000rpmを超えてもコインは倒れないぞ。





    バブリー…!





    発表直後、日本国内では賛否両論喧々諤々でしたが海外では意外に好評でした。少し落ち着いた今、どのような評価を受けているのか改めて見てみましょう。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・新型クラウンの価格と発売日が発表されるのが待ちきれないよ。見た目については好き嫌いが分かれそうだ。自分は間違いなく好きだ。クルマの価値に対して妥当な価格なら、購入もヤブサカではないな。
     ↑俺もそう思う。メーカー希望小売価格は4万ドルくらいになるのかな?
     ↑これはアバロンの代替になるモデルだから、価格はアバロンと同じか少し高いくらいになると思う。




    ・新型クラウンはグッドルッキングなクルマだよ。デザイナーに脱帽だ。




    ・自分が今まで見てきたトヨタのデザインの中では一番だと思う。競合車種とはいい勝負をするだろうね。




    ・いろいろな意味でとてもナイスだと思う。ちょっとがっかりしたのは、リアハッチがスポーツバックじゃないことだ。離れてみるとそれっぽく見えるけど。VWアルテオンみたいなのが好きなんだ。
     ↑最近はハッチバックだらけで、セダンは絶滅しかけている。




    ・つや消しブラックのホイールアーチは耐久性を考慮しての事だ。特に冬場、道路に塩や砂を撒く地域においては、このおかげでクルマの外観を長く美しく保つことができる。
     ↑でもやっぱり醜いと思う。




    ・トヨタクラウンは、セダンの俊敏性とSUVの機能性を求める人にとっては非常に優れたクルマになるだろうな。




    ・自分はこのクラウンにとても感銘を受けた。今までのトヨタっぽくない。トヨタのこの手のクルマにおいて、このようなデザイン言語を備えているのはとても印象的だね。これは間違いなく、飽和状態のマーケットに優れた高級感と完全にユニークなタイプのクルマをもたらし、それでも際立って目立つことができる。インテリアはお気に入りではないけど、完全に嫌いというわけではないな。




    ・こいつのXLEグレードとリミテッドが、アバロンみたく4万~4.5万ドルであることを願ってるよ。製造中止となるアバロンとこのクラウンを比較するのが楽しみだ。




    ・2023年:新型トヨタクラウン発表!
     2024年:トヨタクラウン製造中止
     2025年:新型トヨタクラウンクロス発表!
     ↑ワロタw
     ↑本当にそうなりそう。
     ↑次はクラウンクロスEVか?




    ・シェイプはちょっと混乱するけど、見た感じはいいね。特にワントーンのインテリアが良い。オフィシャルのプライスが気になるなぁ。
     ↑確かにややこしい形してるね。でもそこが気に入ってるんだ。セダンとクロスオーバーの境界線をまたぐクルマがもっと増えるといいな。




    ・グッドルッキングなクルマだ!リアクォーターウインドウにレクサスRXのインスピレーションがあるように思える。それからたぶんトヨタは、タイヤのまわりを黒くしておけば、離れて見た時クールに見えるとでも思ったのかな?




    ・インテリアはとても心地よく親しみやすそうだ。ブロンズのアクセントは微妙で完璧なタッチだね。トヨタはデュアル12インチモニターでKIAと競おうとしているんだろうか。インフォテインメントシステムを見るのが楽しみだ。JBLスピーカーは間違いない選択だな。他にどんなカラバリがあるんだろう。




    ・2週間前のKCオートショーで実車を見てきたが、これはカッコいいと言わざるを得ない。ツートンカラーのは気に入らなかったけど、このホワイトはカッコいいね。トヨタの活躍を期待しているよ。




    ・7月以来ずっと、このクラウンに関するたくさんの情報を追っかけてる。試乗動画が待ちきれないよ!とてもエキサイトしてる!




    ・この新型クラウンが大好きだ。美しいクルマだね。形と車高がとてもユニークだ。




    ・このクラウンは、1~2インチ車高を下げたナイトシェードエディションみたいなのがあったらワルな外観になるだろうな。PHEVのパワートレインを備えたTRDバージョンもあるといいなぁ。




    ・新型クラウンは日本で販売されていて、最上位グレードは640万円(だいたい4.5万ドル)だ。北米仕様と同じスペックかどうかは分からないけど、この価格なら競争力がありそうだね。




    ・自分はつや消しブラックのホイールアーチ好きだなぁ。タイヤがよりアグレッシブに見えるよ。




    ・ツートンカラーより単色の方がずっと好きだ。発売日が楽しみだよ。今乗ってるクルマにはちょっと問題があってね。納期も気になるなぁ…




    ・ビューティフルだ!単色の塗装が気に入ったよ。もし5.5万ドルくらいの価格帯になるとしたら、インテリアがちょっと地味すぎるかな。





    かつてのクラウンを知らない人には、斬新なクルマとして見えているようです。ツートンより単色がいいという人が多数でした。





    新型トヨタクラウンが国内外でも大きな話題になっているので、ここらでいっちょ基本に戻りたく、通称くじらクラウンに対する海外の反応でも。ディテーリングの動画に対する海外の反応です。

    これは4代目のクラウンで、1971年から1974年まで販売されていました。今では間違いなく旧車に入る部類です。当時としては革新的なデザインだったそうです。全体的に同世代のアメ車を彷彿とさせるデザインですね。

    しかし、開口部を絞り込んだデザインのためオーバーヒートしやすかったり、ボディ先端の見切りが悪く取り回しが良くなかったりと、問題もあったようです。

    これは欧州に輸出されていて、前期型まではアメリカにも輸出されていたそうです。

    ちなみにこのくじらクラウンデザインのコンセプトは「スピンドルシェイプ」だそうで。レクサスのスピンドルグリルも、いつかはこのくじらクラウンのように見慣れる日が来るのでしょうか…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓








    ・涼しい秋の週末に、このクラウンでクルージングするところが思い浮かんだ。超ゴージャスなクルマだね。




    ・くじらクラウンのデビューを覚えているよ。地元のトヨタディーラーに見に行った。当時は10歳だったな。50年も経つけどこのデザインは気に入っているね。当時の最高のラグジュアリーカーの1台だよ。
     ↑クラウン(王冠)っていうだけあって、ラグジュアリーだよな。



    ・父親が昔、2ドアのスーパーサルーンに乗ってたよ。今でもお気に入りのクルマの1台だ。




    ・パーフェクトだ!他にももっとJDMカーのレストアが見てみたいよ。




    ・当時としてはとてもラグジュアリーなクルマだ。作りも良かったし、長持ちしたよ。




    ・ずっと前にこのクラウンに乗ってた。かなり時代を先取りしたクルマだったよ。ドライブの贅沢さは、値段の何倍もあるように感じられたね。




    ・クラシックなクルマなのにOG(オリジナルの意)ハブキャップがあるなんて最高だ!ビューティフルなクルマだなぁ。




    ・このクラウンは自分のお気に入りのモデルだ。1970年代初頭に、ご近所さんが2600スーパーサルーンに乗ってたのを思い出したよ。しかし美しい仕上げだな。博物館に展示されるのがふさわしい。




    ・クラウンは、バグダットの街中において最もパワフルで最もよく使われるクルマの1台だ。これにはエアコンがついていたっけな。このクラウンは今でも現役で使われているよ。




    ・こういう日本車は本当に素晴らしい!気に入っているよ。品質と信頼性が最高なんだ!




    ・自分が小さい頃、父親がこのステーションワゴンに乗ってた。子供心に豪華なクルマだなぁと思ってたよ。近頃はもう全く見かけなくなってしまったね。




    ・見る者を魅了するねぇ。なんてビューティフルなクルマなんだろう。




    ・このモデルには2.6リッターのエンジンの設定があったね。直列6気筒だぜ。ビューティフルだ。




    ・工場出荷時より状態がいいクルマってのは滅多にないけど、このクラウンはその1台だな。




    ・クルマもすごいけど、彼らの仕上げの技術はすごいな。日本でクルマを買って、彼らに仕上げてもらってからアメリカで乗ることができたら最高だな。




    ・グレートなクルマだ!当時の他のどのクルマよりも価値がある!




    ・もしアメリカでスペアパーツを調達できるなら、ぜひこのクルマに乗ってみたい!
     ↑トヨタ車なんだから、スペアパーツなんかなくても大丈夫だよ。
     ↑メカニカルパーツはかなり見つけやすいと思う。問題は内装とボディのパーツだ。アメリカでは、クラウンの販売台数はあまり多くなかったからね。MS60世代のトヨタクラウンは、この以前に販売されたどのトヨタ車よりも魅力的だよなぁ。




    ・マジのミントコンディション!つやつやだ!




    ・俺はクラウンのクーペがマジで好きだ。ああいう古いトヨタ車はクールだよ。




    ・つまりこのクルマは、全てのトヨタ車のおばあちゃんだね。





    ・自分は黒いクルマが好きではないけど、この伝説的なクラウンは驚くべきものだね。素晴らしい仕事だ。



    ・亡くなった祖父がこのクラウンを持っていたよ。2000年代初頭に祖父の家を訪れた時、このクラウンがガレージに停まっていてホコリを被っていたのを覚えているよ…




    ・なんて美しいモデルなんだ。新車みたいに見えるなんて信じられない。本物の逸品だね。これはトヨタカムリのおばあちゃんになるのか?




    ・何という美しさだ。どうして近頃はこういうクルマを作らなくなったのかなぁ。




    ・このクラウンがクラシックカーになるとは思わなかったよ。しかし本当に美しいな。このクラウンの多くは、ここインドネシアで放置されたままになっている。とても残念だよ。






    管理人としては、くじらクラウンはステキなクラシックカーに思えます。新型クラウンも、50年後にはステキに見えるのでしょうか…




    海外でも相当話題になっている新型クラウン。日本では「こんなのクラウンじゃない」という人が多いですけども、海外では全く新しいクルマとして見られており、そういった人々からの反応はなかなかいいようです。

    でも、中には通なJDMフリークがいて、日本人と同じような事を言ってたりするんですよね…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・多くのセダンが姿を消している中、トヨタがこのセグメントにさらなるイノベーションをもたらすことを嬉しく思うよ。もっとやれトヨタ!
     ↑自分が間違っていなければ、このクルマはクロスオーバーだ。
     ↑15代目(S220)クラウンは本物のセダンであり、トヨタがアメリカに持ってくるべきはそっちだった。
     ↑日本で販売されているオリジナルのクラウンではない。元のクラウンはエグゼクティブセダンだ。




    ・今のところはこの新型クラウンは好きだよ。でも日本でしか売られていなかった昔の方が好きかな。素敵な高級車だった。エステートバージョンがこっちでも出たらいいのにな。ルックスが気に入ったよ。




    ・見た目はいいね。正直、トヨタヴェンザ(ハリアーの海外での販売名)のリアエンドに似てると思った。




    ・見た目が気に入ったよ。角度によっては、シビックとかマツダ6を彷彿とさせるね。




    ・自分は長い事クラウン狂信者だった。正直、このデザインは全然クラウンじゃないね。でも、スペックにはとても興味をそそられる。




    ・クールな見た目だね。デザインはクリーンで素敵だ。




    ・素晴らしいルックスだね!でも初めて見た時は、トヨタがクラウンをSUVにしちゃったのかと思ったよ。いつか手に入れられるといいな。しかし、この新しいデザインには本当に感銘を受けた。




    ・見た目が本当にカッコいいな。未来のスポーツラグジュアリーセダンが楽しみだ。もしかしたらこの新型クラウン買うかも。




    ・デザインが素晴らしい!気に入った。




    ・名前が全てを物語っているね。このクルマはビューティフルだ!




    ・リフトバックだったらもっと素晴らしかったろうにな。




    ・クラウンというより、CH-Rとアバロンを組み合わせたように見える。




    ・ラグジュアリーさを増した新型ヴェンザ(ハリアーの海外での販売名)のセダンバージョンみたいだ。インテリアもエクステリアも雰囲気が似ているよ。




    ・この新型クラウンを手に入れるために、ホンダへの忠誠心を捨てるよ!内側も外側も、デザインとクオリティが素晴らしい!




    ・ようやくトヨタからAWDセダンが出た!でも、トランクを開けるのが手動なのはなぜだ?




    ・自分はセダンに興味がないけど、これはなかなか良さそうだ。




    ・ルックスはナイスだ。しかし、これが本質的にフルサイズセダンであるなら、なぜこれをアバロンと呼ばないんだろう?アバロンの名前は20年以上アメリカで親しまれていて、それなりに支持層もいるのに。クラウンは日本で人気があるモデルだと知っているけど、ここアメリカではあんまりメジャーじゃないよ。
     ↑それに、これは本物のクラウンではないよ。トヨタには他にもクラウンのラインナップがあって、本物のクラウンは日本だけに限定されているようなんだ。トヨタは我々にクロスオーバーだけを与えている。




    ・自分は赤いクルマが好きだけど、ルーフとボンネットをブラックアウトするのも悪くないな!小さなリアスポイラーを付ければもっとカッコよくなる。スポーティーさで売り上げを伸ばす良い方法だよ。




    ・アメリカにとって素晴らしいニュースだ。デザインが気に入ったよ。




    ・決して触れられない神聖なトヨタセンチュリーの下にあるモデルとして、自分は常にクラウンに対して深い敬意を払ってきた。去年まで、このクルマは豪華なストレッチセダンであったはずだ。残念ながら、2023年モデルはチープなカローラみたいな見た目になってしまった。がっかりだよ。






    海外においても、全く新しいクルマとして見るなら当世風でカッコいいけど、クラウンを知っている人からするとなんだこれ?となるわけですね。

    個人的に、黒樹脂パーツは5年もすると白ボケしてくるので、ガチなクロカン以外に付く黒樹脂パーツはあまり好きじゃないです…






    ↑↑↑①はこちら↑↑↑



    ↑↑↑②はこちら↑↑↑



    ↑↑↑③はこちら↑↑↑

    「こんなのクラウンじゃない!」とSNS界隈で話題になっている新型クラウンは、海外では以外と好評なようです。特に北米では、アバロンの代替として見られているようです。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・OMG!!これって日本だけじゃなかったのかよ!




    ・これはすごくいいね。デザインが気に入ったよ。トヨタはもっと早い段階でこのクルマを作るべきだった。今までにないほどのいいクルマのようだ。オーストラリアにも来てくれることを祈ってるよ。




    ・このデザインなら、アバロンが製造中止になっても取り乱さないよ。トヨタはクラウンのデザインではいい仕事をしたね。




    ・このクルマのデザインが気に入った!フェンダートリムもグロスブラックだったら、ボンネットやミラーキャップとマッチしてもっと良かったけどね。それと、マフラーの出口もどうにかすべきだったな。




    ・このブラックとレッドのクラウンは素晴らしいな!アバロンが製造中止になっても、これなら失望しなくて済む。




    ・このデザインは、全くもってオリジナルのクラウンに基づくものではない。日本でしか売ってなかったと思うけど、2020年式のクラウンの方が10倍良かったよ。




    ・クラウンが世界市場に打って出るというのはとてもエキサイティングだ。クラウンは日本だとどこにでもいるけど、他の国じゃあ珍しいからね。




    ・ツートンカラーはピンと来ないけど、レッドのボディーカラーを上手く引き立てているね。インテリアは明らかにカムリやアバロンよりも上みたいだ。デジタルダッシュもいいね。AWD、パワー、燃費、豪華な機能が必要な場合は、このクルマはスイスアーミーナイフみたいに役に立つかもしれない。




    ・素晴らしいクルマだね。ボディ的にはホンダのクロスツアーを思い出すね。こんなに大きくはなかったかな。あと、ホイールアーチにはボディカラーを塗ってほしいね。それ以外はビューティフルだよ。




    ・これが自分に合うクルマかどうか慎重に検討する必要がある。アバロンはお気に入りのクルマだったから、製造中止になるのは嫌だな。




    ・とてもいいクルマだな。デザインが素敵だよ。トヨタはマジで新しいものを出してきたな。他の色も気になるね。カムリよりこっちを検討するよ。走りの具合と、あと値段も気になるな。




    ・トヨタ車がこんなにクールに見えるだなんて思いもしなかった!




    ・アバロンとヴェンザ(ハリアーの北米市場での名前)が子供を作ったらこうなりそうだ。しかし、このクルマにはワクワクしているよ。パワーと4WDが気に入った!ディーラーに来たら試乗しに行くよ。




    ・トヨタがアバロンをクラウンに置き換えるとは思ってもみなかった。気に入ったよ。ルックスが素晴らしい。マークXを期待していたけど、これで十分だ。カムリの次のモデルはこのデザイン言語が適用されるのかな。




    ・セクシーなハイブリッドカーだ。かつてのクラウンとは完全に異なっているね。もともとはエグゼクティブが運転手付きで乗るようなクルマだったからな。電動のクルマのファンはそんなに多くないけど、このクルマなら乗ってもいいと思うなぁ。これはヒットしそうな気がする。




    ・リアシートにフルサイズのアームレストがあるのがいいね。




    ・SUVの車高を備えたセダンを作ったトヨタはえらいよ。見通しがいいから人々はSUVを好んでいるって事に気づくまでずいぶんかかったな。とても興味をそそられるクルマだけど、値段次第かなぁ。




    ・全体的なデザインはとてもいいが、ツートンカラーとサイドのクラッディングは好きじゃないな。インテリアは細部までこだわっているけど、見た感じはとてもシンプルだ。シートは快適そうだね。




    ・いかにもSUVな感じじゃなくて本当に良かったよ。本当に興味深い選択肢だな。ディーラーに来たら見に行かなきゃ。




    ・なんて素晴らしいクルマだ!トヨタがこんなクルマをデザインできることに驚いたよ。




    このページのトップヘ