JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:エブリイ


    スズキエブリイをベースにした軽キャンに対する海外の反応です。ルーフのポップアップテントがいいですね。













    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・アメイジングだ。このサイズでこのレベルの装備とかクレイジーすぎる。
     ↑(動画主)とっても小さいけど、よくまとめられているよ。
     ↑これこそ日本人のやり方さ。彼らは全ての事をよく考えている。




    ・このバンは、カプセルホテルよりもスペースがあって快適そうだ。面白いな。




    ・これを観たら、日本でキャンプをしてみたくなった!マジで最高だ。




    ・ナイスだな。軽自動車について聞いたことはあるけど、まだ実車を見たことはないんだ。見た目からすると、これは巨大なRV(アメリカでは、キャンピングカーをRV=Recreational Vehicleと呼ぶ)よりも運転が格段に楽しそうだし、とても便利そうだ。
     ↑(動画主)正直なところ、運転は超絶カンタンだよ!そしてめちゃくちゃ楽しい。




    ・気に入った!これこそ自分が求めていたものだ。週末、よその町のイベントに行く時に最高だな。テントはいらないし、ホテル代も不要だ!




    ・Kei Carキャンパーでのロードトリップは、いつか日本を訪れたら絶対やってみたい。可愛らしくて省スペースなのに、たくさんの機能が付いている。ソーラーパネル、電子レンジ、オーニング、ポップアップテントの寝室は、このスーパーキュートなミニRVのお気に入りポイントだ。




    ・快適に寝泊りできるようなクルマは大好きだよ。この動画を観ていたらキャンピングカーが超絶欲しくなった。




    ・日本のカントリーサイドを探検するのに完璧なクルマだ。今度日本に旅行に行く時はこれだな。




    ・このビデオのおかげで、バンの購入について合法的に嫁を説得することができた。いつか日本に移住しようと思ってる。最初のうちはクルマを持たないだろうけど、その時が来たらこういう軽キャンが欲しいな。田園地帯を旅するのに素晴らしい方法だよ。




    ・美しい自然の中、バンでキャンプか。とても楽しそう!




    ・日本でソロキャンプをしてみたかったんだが、疑問に思っていた事がこの動画で解決したよ。本当にこの中で寝られるんだな!詳細なレポートをありがとう!自分は小さいから、たぶん上でも寝られそうだ。




    ・たまにキャンプに行くシーズナルキャンパーで、ゆるキャン△の熱烈なファンとしては非常に有益な動画だった。ソロキャン向けっぽいけど、一緒に過ごすのを気にしない相手となら2人でも使えそうだ。クイーンサイズのベッドが入る軽キャンパーもあったよな。自分は天体写真を撮るのも好きだから、このクルマは完璧なセットアップだ!




    ・もしキャンプに行くならこういうキャンピングカーに乗りたいな!マジでクールに見える。




    ・この軽カーに隠されている工夫が大好きだ。これを完全に住めるスペースにして、機能的な交通手段にしたい。非常に多くの、小さくもスマートなアイディアが最高だ。




    ・全てにおいてとてもよく考え抜かれている。日本ならではの実用性と心遣いだね。これはまるで魔法だよ。




    ・雨の日に、あのロフトで本でも読みながらくつろげたら最高だろうな。とてもうまく作られたキャンピングカーだね。




    ・ノマド的バンライフは大好きだけど、こんなに小さいの!?何てラブリーなんだ。アメイジング!




    ・このクルマを手に入れて、カントリーサイドにキャンプしに行くのが人生の目標になったよ。一風変わったキャンプ体験だね。




    ・こいつは小さいながらも偉大なクルマだ。内装のウッドが美しいね。とても気に入った。ぜひとも欲しいなぁ。




    ・まさか自分が、こんなに小さいクルマでキャンプしてみたいと思うなんて…




    ・このバンはスーパークールだ。もしお金があれば、こういうクルマでキャンプに行きたいね。年を取ってからは、硬くて冷たい地面に寝るのが嫌になっちゃってね。前にキャンプに行った時はほとんど眠れなかった。晩秋で冷え込んでいたからってのもあるかもしれないけどね。次はもっといいマットレスに投資しなきゃな。




    ・このクルマによって、バンライフがもう一段上のレベルに引き上げられる。通常のキャンピングカーより運転しやすそうなサイズだけど、それでも多くの機能がある。オーニングにシャワーカーテンを付ければシャワーも浴びられそうだね。




    ・こういうマイクロキャンピングカーを作る人の職人魂が気に入ったよ。これでキャンプが出来たらとても面白いだろうな。




    ・コンパクトなのに広々とした軽カーの可能性が大好きだ!




    ・ぜひこれでキャンプしてみたい!とても楽しそう!テントを張ったり畳んだりする手間がないから、より多くの時間を探検に回せるね。




    ・人生において、自分が望んでいるものは理解しているつもりだったけど違った。これだったわ。




    ・この動画をまた観たくて戻ってきた。初めて見た時からこのマイクロキャンパーに夢中なんだ。いつの日か、ここアメリカで入手できることを願ってるよ。




    ・このキャンパーバンが気に入った。超キュートだ。アメリカで所有できたらいいのにな。実家がキャンプ場を経営しているキャンプ一家の出身だから、こういうのは大好きだ。バーチャルでもリアルでも、キャンピングカーを見るのが好きなんだ。この素晴らしいキャンパーバンをシェアしてくれてありがとう!




    ・スーパークールなキャンピングカーだ!ぜひとも1台欲しい。気に入った!




    ・日本の森林はとても美しい。千葉にも行ってみて欲しいな。あんまり行く人はいないけど、ジブリ作品のワンシーンみたいって聞いたんだ。





    思いのほか、海外の方々には軽キャンが人気です。このサイズで機能性を犠牲にしていない所が評価されているようですね。





    最新キャンピングカー購入完全ガイド2022 (コスミックムック)
    最新キャンピングカー購入完全ガイド2022 (コスミックムック)


    DIYでキャンピングカーを作る (ONE PUBLISHING MOOK ドゥーパ!特別編集)
    DIYでキャンピングカーを作る (ONE PUBLISHING MOOK ドゥーパ!特別編集)


    KCARスペシャルドレスアップガイドVol.27スズキエブリイNo.11 (サンエイムック)
    KCARスペシャルドレスアップガイドVol.27スズキエブリイNo.11 (サンエイムック)


    KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.29 スズキ エブリイ No.12【電子書籍】[ 三栄 ]
    KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.29 スズキ エブリイ No.12【電子書籍】[ 三栄 ]


    【2022年12月】 RAYWOOD WPL JAPAN D12 ホワイト WPL【発売日以降のお届け】
    【2022年12月】 RAYWOOD WPL JAPAN D12 ホワイト WPL【発売日以降のお届け】


    【2022年12月】 RAYWOOD WPL JAPAN D42 ホワイト WPL【発売日以降のお届け】
    【2022年12月】 RAYWOOD WPL JAPAN D42 ホワイト WPL【発売日以降のお届け】


    2003年式のスズキエブリイバンに対する海外の反応です。こちらはカナダに輸出されたものだとか。自作軽キャンのベースに最適…!











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・軽カーがアメリカで合法的に公道を走れればいいんだけど、残念ながら規則上はゴルフカートと同じ扱いだ。




    ・適度にリフトアップすれば、オフローダーとして問題なく使用できる。




    ・見た感じ、毎日の足にしたら楽しそうなクルマだね。それにこいつにはターボが付いてる!




    ・これをカナダに輸入するにはいくらかかるかな?左ハンドルにコンバートしてくれるの?それとも右ハンドルのまま?




    ・これはマジでスウィートなクルマだ!マニュアルだったら完璧だったんだけどな。
     ↑ほとんどの軽バンはマニュアルなんだけどねえ。




    ・うちの国ではいっぱい走ってるよ。ディーラーがあって、そこで左ハンドル仕様にコンバートしている。このクルマは本当に信頼性が高いよね。自分も前、DA64W型のスズキエブリイワゴンに乗ってた。フル装備だったよ。手頃な価格のクルマなのに、パワーウインドウ、電動格納ミラー、AT、オートエアコンが付いてた。




    ・この2003年式エブリイ用のオイルの種類とグレードを教えてくれ。




    ・このクルマが気に入った。自分は今71歳なんだが、これは老人にとってナイスなクルマのようだ。




    ・このクルマはカナダでどうやって使うんだ?自分もカナダに住んでいるけど、冬場はどうするんだろう。
     ↑十分な地上高があって、小さなホイールで、オーバーハングも短い。それに4WDだから、雪の中では本当に役立つはずだよ。
     ↑簡単だよ。ブリティッシュコロンビア州(バンクーバーがある州。都会。)に住めばいい。




    ・こういう軽バンって長距離は走れるの?




    ・パキスタンでは、こういうバンがいっぱい走ってるよ。




    ・このタイプにはサンルーフ付かないの?




    ・エブリイが気に入った!




    ・こいつはUSドルだといくらだ?




    ・このエブリイを買う方法を教えてください。




    ・この手のJDMカーの99%は喫煙車両ってのは本当?
     ↑(動画主)25年落ちのクルマの場合だけど、そのうちの30%は禁煙車だね。2~5%のクルマはとてもヘビーなたばこのニオイがする。




    ・このエブリイには、シークレットのカップホルダーが付いてる。




    ・ナイスで経済的なプアマンズキャンピングカーだ。




    ・アニメの背景に描かれているクルマみたい!




    ・こいつはクールだな。





    アメリカではゴルフカート扱い…





    すげえ(小並感)
    DA51Vエブリィでしょうか?F6Aターボ搭載の1987年~1990年のモデルかと思われます。

    100km/hちょい超え&6,000rpmでフリーウェイをずっと走ってますが、何事もなく目的地にたどり着けたようです。










    ・僕はアホなので、軽カーを買うためにアイオワ州へ飛んだ。
    ・そして計画ゼロで、テキサスまで(約1,600km)運転して帰ってこようと思った。
    ・何も知らなかったけど、特に問題は起こらなかった。
    ・実は、このクルマはもう手元にない。マスタングのドリ車とトレードしちゃった。
    ・自分でもなんでこの動画を作ったかわからないけど、僕がハイウェイを軽カーでぶっ飛ばして、死なないように必死になっている所が観られるよ。



    いや、手放したんかい!





    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・ずいぶん小さいな。洗ったから縮んだのか。バンにはよくあることだよね。
     ↑陰干ししないで乾燥機に入れちゃったんだな。




    ・この小さいエンジンはヒーローだ!
     ↑ハイウェイではずっと6,000rpmだったしな。
     ↑日本の制限速度を考えるとこんなもんだろうな。日本の高速道路は時速100km/h制限だから、それに合わせて設計されているんだ。
     ↑660ccエンジンだからだよ。そのサイズのエンジンにとっては特別高い回転数じゃない。
     ↑まあこんなもんだよ。自分も660ccエンジンの軽カーを持っている。ドライブトレインは非常に小さくて信頼性が高く、このくらいの回転数で何十万マイルも走ることができるよ。ハイウェイでの平均回転数は5,000rpmくらいだ。自分の軽カーはこのくらいの回転数を常用して13万キロくらい走ってる。小さなエンジンだから、このくらいの回転数でもストレスを感じていないんだ。ギア比がショートだから、エンジンへの負荷がとても小さくなっているんだよ。




    ・自分はマルタ共和国に住んでいる。ここは右ハンドルなんだ。だから日本の輸入車は非常に一般的だ。こういうバンはいつも見かけるし、他のオールドスクールな軽自動車も見かける。速度表記もマイルじゃなくてキロだしね。こういう軽バンはスピードよりもトルクを重視するから、こういうギアリングになるんだ。軽自動車のエンジンは一日中6,000rpmで回していても問題ない。日本の信頼性はピカイチだよ!ここはガソリンが高いから、こういうクルマは財布にも優しくていいね。
    それと日産GT-Rみたいな、他国では輸入が難しいクルマもよく見かける。輸入に関する厳格な法律がないからね。唯一の問題は、我々の住む小さな島はクルマの輸入を減らそうとしているから、高価な登録税がかかることだ。




    ・史上最高のピザ配達向けのクルマだ。




    ・何てこった!こんな高回転で一日中回していられるなんて、このエンジンはチャンピオンだ!もう1段上のギアがあれば最高だなぁ。




    ・大型トレーラーに追い越される所はマジで笑った。




    ・110km/hまで出るなんてかなりすごい!我々の単位にすると時速67マイルだ!
     ↑このクルマは自分にぴったりだな。最後に110km/h出したのがいつか覚えてないくらいだし。普段は70~80km/hしか出さないからね。
     ↑レンガ並みの空力特性で、ウマ40頭ちょっとくらいの馬力だという事を考えるとすごいよね。




    ・この場合、クラッシャブルゾーンはクルマ全体という事か。




    ・大学の時、クラスメートがこういうクルマに乗ってた。友達といたずらを企てて、4人でクルマを持ち上げて駐車ゾーンに対して垂直に置いたんだ。




    ・これはヤバいクルマだな!前に乗ってたクラシックミニを思い出すよ。小さくて陽気なクルマだ。




    ・夜のドライブの心地よさが好きだなぁ。




    ・こういう軽カーのバンはいいね。特にキャンピングカーバージョンが好きだ。きっと動画主は時間が限られていたんだろうけど、下道で60km/hくらいで走ってたらもっと快適だっただろうな。こういうクルマはハイウェイ向きじゃないからね。




    ・これは街中を走り回るデリバリーバンで、決して高速道路向けのクルマじゃない。でもとても印象的だな。




    ・マジでクールな小さいバンだ!自分は身長175cmだから、きっとぴったりフィットするだろうな。いつか日本を旅してみたい。きっと素晴らしい体験になるはずだ。




    ・次はホンダビートに乗るべきだ!ここカナダでは、街中でビートとホンダの軽バンに乗ってる人がいるよ。カーミーティングで見たけど素敵だった。実際に走っている姿を見るととても面白いよ。




    ・OMG!俺はこのバンが欲しい!そして俺のフォードF-150の荷台に積んでおきたい。
     ↑こいつは実際に、ピックアップの荷台に積むキャンパーくらいのサイズだしな。




    ・VWバスのミニバージョンみたい!とてもキレイな個体だな。




    ・自分はシアトルからポートランドまで(約280km)、ヤマハビラーゴ750のカフェレーサーを積んだスズキキャリィを運転したことがある。一緒に乗ってた彼女は怖がってて、自分は笑いが止まらなかったよ。こういう軽カーは大好きだ。




    ・この時代の日本の軽自動車は装備が充実しているな!




    ・すばらしい!自分も同じ人たちからダイハツミラを手に入れたよ。軽カーはマジで最高だ。




    ・これは完璧なシティーバンだ!狭いスペースでも楽に駐車できて、人や荷物を運ぶことができる。ダウンタウンに住む人たちのドリームカーだ。




    ・うわー、こんなに高回転まで回して大丈夫なのかよ。信じられない。




    ・そんな高回転域を常用するクルージングは実に興味深い。




    ・この走るポップアップトースターを合法的に登録できる州はどこだろう?そして動画主はどうやって逮捕されずにテキサスまでたどり着いたんだ?
     ↑ウエストバージニア州では合法ではなかったと思う。何年も前にこういう軽自動車が輸入されたけど、4速と5速を使えない状態にしてATV(バギー)として登録されてた。
     ↑製造から25年以上経っていれば何でもOKだよ。
     ↑カナダじゃ15年経ってればOKだぜ。




    ・このクルマにはアメ車よりも多くのテクノロジーが使われている!






    走るポップアップトースター!そして意外と補修部品出るんですね…


    このページのトップヘ