JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:ウィンダム


    アメリカのクセ強め車系YouTuberのスコッティキルマー氏による、お金を節約したいなら、中古のレクサスES330(トヨタウィンダム)を買え!という動画に対する海外の反応です。

    2004年式で走行距離185,000kmのものが1,500ドルだったそうで、タイベルを替える必要はあるもののまだまだ全然乗れるぞ、との事です。ものを大事にするって素晴らしい。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・自分は一か月前にMiniを購入するという愚かな間違いを犯した。それ以来、頭痛と出費が絶えないんだ。これからはホンダ/アキュラかトヨタ/レクサスに乗ることにするよ…




    ・しかし、タイミングベルトには本当にうんざりだ。自分のクルマのは不安だし100,000km毎に交換してるけどね。最近はタイミングチェーンのクルマが増えてきているから大喜びしているよ。




    ・自分もレクサスES330を持ってるよ。2005年式で507,000kmだ。走りは完璧で、バターのように滑らかだよ。今週、サンディエゴからポートランドまで運転して戻ってきたんだ。走りは完璧だった。これからのロードトリップが楽しみだよ。




    ・トヨタのV6エンジンはシルクのようにスムーズかつ非常にパワフルだ。レクサスRX350に乗っているが、セールスマンである自分にとっては優れたロードカーで、静かで信頼性が高い、素晴らしいクルマだよ。このような素晴らしいクルマを作ってくれたレクサスに感謝したいよ。おかげで、我々のような働く人々が何年にも渡ってクルマを維持できる。際限のないクルマへの支払いを避けることができるんだ。




    ・2002年式のレクサスES300に乗ってるよ。2015年に中古で買ったんだ。買った時は227,000kmだったけど、今は424,000kmだ。順調に走ってるよ。ラジエーター、タイヤ、ブレーキパッドは交換したけど、それ以外の部品は全てオリジナルだ。トヨタとレクサスは世界最高のクルマだね。これについては間違いない。




    ・これが新車で販売されていた時の事を覚えている。ジャーナリストたちは市場の中で最悪のクルマの1台だと評価していたんだ。出た当時は低評価でも、実は新車当時のクラスリーダーよりもはるかに優れている可能性があるって事だね。




    ・2003年式のレクサスESを買ったよ。220,000kmで1,800ドルだった。今は272,000kmを少し超えたくらいだな。本当に素晴らしいクルマで、全くトラブルはなかったよ。




    ・そんな値段で買えるなんて信じられない。うちの近所では少なくとも4,000ドルくらいはするよ。




    ・このクルマはカリフォルニアなら5,000ドルはするだろうな…




    ・レクサスES330スポーツデザインを持ってたよ。アイオワからフロリダまで何度か走ったことがあるけど、一日中120km/h以上で問題なく走り続けてくれたよ。今は整備士の甥っ子が乗ってるよ。




    ・うちの娘も同じクルマに乗ってる。2005年式のESで、とても気に入ってのってるみたいだ。このクルマは本当にスムーズなんだ。




    ・2003年式の走行265,000kmのレクサスESを3,250ドルで手に入れたよ。このクルマは自分にお金をもたらしてくれた。値段分の価値があるクルマだよ。




    ・3MZ-FEは性能実証済みのトヨタ製V6エンジンだ。我が家の2004年式トヨタハイランダーの走行距離は720,000kmに到達したよ。




    ・ここカナダでは、ホンダ/アキュラのタイミングベルトの交換には2,000ドル以上かかる。だから自分はトヨタに乗り換えたんだ。トヨタ車はほとんどがタイミングチェーンだからね。




    ・トヨタ/レクサスのエンジンは、適切にメンテナンスしていればほぼ永久に長持ちするよ。




    ・これは間違いなくスコッティ氏が好みそうなクルマだな。レクサス、1,500ドル、日本製、全ての条件を満たしている。




    ・このクルマは自分が住んでいる所では5,000ドル以上するだろうなぁ。




    ・このES用のフロントバンパーとリアバンパーは、状態がいいものでも300ドルしないで手に入れられる。この年式と、ニューヨークで使われていたということを考えると驚くほど状態がいいな。




    ・オーストラリアの中古車価格は異常に高いんだ。ここで2000~2005年式のレクサスES330を検索して見ると、平均価格は9,000オーストラリアドルだよ。




    ・この辺りのトヨタとレクサスのクルマの作りは非常に良い。長持ちする高品質の部品を使っているんだろうな。アメ車ほど早くエンジン警告灯が点くことはないよ。





    ウィンダム 2.5G(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン
    ウィンダム 2.5G(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン

    ウィンダム 2.5G コーチエディション(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    ウィンダム 2.5G コーチエディション(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ホワイト/グレイ  1/43スケール F43052
    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ホワイト/グレイ  1/43スケール F43052

    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ダーク・グリーン/グレイ 1/43スケール F43051 CMLF-1082671【納期目安:1週間】
    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ダーク・グリーン/グレイ 1/43スケール F43051 CMLF-1082671【納期目安:1週間】


    2005年式のレクサスES330に対する海外の反応です。当初は3.0リッターV6の1MZ-FE搭載のES300のみが販売されていましたが、のちに3.3リッターV6の3MZ-FEを搭載するES330が追加されました。

    日本ではウィンダムとして販売されていましたね。高校の時、地理の先生が乗ってたなぁ…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このレクサスES330はタイムレスなクルマだ。
     ↑発売当時は10年落ちに見えていたけども、今見ると平気だな。
     ↑これに搭載されていた3MZは、前世代の1MZが抱えていたノックセンサー、オイルスラッジ、バルブカバーガスケットに関する問題がきちんと修正されていたね。
     ↑しかしこの3MZはバルブとピストンが干渉するエンジンだから、定期的にタイベル交換をする必要がある。




    ・うちの両親がES300に乗ってたな。2002年に買って、2018年に手放すまで30万km走ってた。でもインテリアには摩耗は見られなかった。ウッドトリムはピカピカで新品同様だったよ。これらのクオリティの高さは驚くべきものだ。




    ・レクサスの、特に古いモデルが好きだ。初めてのクルマは1992年式のES300(初代ウィンダムのレクサス版)だった。2017年に買ったけど、今でもちゃんと走ってる。全ての機能はまだ動作していて、ラジオのアンテナですら動いているよ。めちゃくちゃ信頼できるクルマだね。




    ・自分も2005年式のES330に乗ってるよ。このクルマの高品質な作りと長期的なパフォーマンスに勝るものはないと思ってる。本当に素晴らしいクルマなんだ。




    ・このクルマの中身は高級なカムリに見えなくもないけど、それが問題というわけではない。トヨタがメーターに斜体のフォントを使って、少し洒落っ気を出しているのが気に入ったよ。ちょっと手を加えれば永遠に走り続けられるクルマになるだろうな。2000年代の高級車のほとんどが繊細だったのが懐かしい。このクルマには、その必要がなかったからデカい(割に7割は閉じられている)なグリルや22インチのホイール、スポイラーやアグレッシブなデザインはないんだ。




    ・今までにたくさんのクルマに乗ってきたけど、その中でもこの2005年式のレクサスES330が一番のお気に入りだ。あの運転体験は他のクルマでは味わえない。唯一匹敵するのは、1999年式のレクサスES300くらいだね。




    ・このES330は大好きだ。今は2013年式のレクサスGSに追っているけど、もしセカンドカーやバックアップカーが必要になったらこの2004~2005年式のESを探すだろうな。ハンサムで控えめで、長持ちするように作られているクルマだ!




    ・レクサスのステアリングが意外なほど重くてびっくりしたのを覚えている。レクサスは快適なクルーザーで、ステアリングはきっと軽いだろうと思ってたからね。でも、ハンドリング自体は予想よりも優れていたよ。




    ・子供の頃、うちの母親が2003年式のレクサスES300に乗ってたよ。兄も自分もそのクルマで運転を覚えた。今は父親が乗ってる。走行距離は488,000kmだけど毎日乗ってるよ。このクルマを手に入れたら、一生乗り続けることができるね。




    ・1997年式のES300(2代目ウィンダムのレクサス版)に乗ってたことがある。素晴らしいクルマだったよ。VVT-iが搭載される前の、タイベルが切れてもピストンとバルブが干渉しないエンジンが載ってたね。以前まで装備されていた素晴らしいナカミチ製のデッキは搭載されていなかった。非常にハンサムなセダンだったよ。今でも時々懐かしく思うことがある。




    ・これは間違いなく、トヨタが製造した中で最高のクルマの1台だ。卓越した品質と信頼性を備えている。見た目も雄大でエレガントだ。このクルマは気に入ってるよ。




    ・去年、90,000kmちょっと走った2005年式のES330をあったよ。走りは良いけど、カム角センサーが壊れて交換してもらった。内装のレザーはとても素晴らしいけど、リアシートは飼っている犬が80%くらい台無しにしちゃったよ。それ以外は完璧だ。5,000kmくらいのロードトリップを計画しているんだ。どうなるか楽しみだ。




    ・この時代のESも好きだけど、同世代のV8搭載のGSの方がもっと好きだ。そこまでスムーズではないけど、自分の好みに合うんだ。ESは不動産業の女性が乗ってそうだよね。GSはイタリア製の靴を履いているけど、まだBMWの5シリーズを買うには至らない保険代理店の営業マンが乗りそう。




    ・2005年式ES330のベースグレードに乗ってたことがある。快適だったけど経済的ではなかったな。丘陵地帯のサンディエゴで交通の流れに乗って8.0km/Lくらいだった。パワーはけっこうあったね。それと自分が乗ってたのにはATのソレノイドの不調があって、時々ギアチェンジがぎこちなくなってた。もしキレイでしっかりメンテナンスされているES330を見つけたら、また買うのも悪くないと思ってるよ。




    ・2004年式のES330を8,000ドルで買ったよ。走行距離は200,000kmだけど、タイミングベルトやトランスミッション関係など、完璧なレクサスの整備を受けていたものなんだ。8,000km毎のオイル交換の度に整備を受けていたようだ。5年間ほどガレージ保管だったみたい。信じられないほどラッキーな出物だったよ。10年後が楽しみだ。




    ・カップホルダーが大きなドリンクを保持できないのは同意できる。コーナリング速度が速すぎて、何度も飲み物を浴びたことがあるよ。




    ・これは今でも最高のお手頃ラグジュアリーカーだね。




    ・これは信頼できるいいクルマだよ。優れた快適性とテクノロジーを備えている。気に入らないのは正面からの見た目とブサイクなヘッドライトだな。とはいえ、このクルマで街中を走るのは嫌じゃないね。




    ・このレクサスE330は古いけど、これを買っておけば間違いはない。




    ・このクルマはここフロリダ州マイアミの至る所で見かけるよ。デビューからほぼ20年経つけど、新車同様の走りをしているよ。




    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ホワイト/グレイ  1/43スケール F43052
    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ホワイト/グレイ  1/43スケール F43052

    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ダーク・グリーン/グレイ 1/43スケール F43051
    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ダーク・グリーン/グレイ 1/43スケール F43051

    ウィンダム 2.5G(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン
    ウィンダム 2.5G(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン

    ウィンダム 2.5G コーチエディション(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    ウィンダム 2.5G コーチエディション(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    ニューモデル速報 第289弾 TOYOTAウィンダムのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    ニューモデル速報 第289弾 TOYOTAウィンダムのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]


    北米ではレクサスからES300の名前で販売されていた、1992年式のトヨタウィンダムに対する海外の反応です。日本では2.5リッターの設定がありましたが、北米では3.0リッターV6の3VZ-FEのみの設定でした。日本にはなかった5MTが選べたのは羨ましい…!











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このデザインは、30年以上経つ今でも衰えていない。
     ↑自分も同じことを考えていたよ。現行のレクサスのセダンよりも、こっちの方が見た目がいいね。
     ↑俺はいつも、このデザインはとても未来的だと思ってた。
     ↑完全に同意する。とても30年前のクルマには見えないよ。いいとこ10年落ちってくらいか。
     ↑レクサスはこのデザインと丸みを帯びたヘッドライトをキープするべきだった。今でもナイスでクリーンに見えるよ。
     ↑デザインだけじゃないおそらく、このクルマはあと30年後もまだ持ちこたえているだろう。注目に値する、非常によくできたクルマだ。




    ・オーイエス。マニュアルのレクサスか。これはもう神話上の生き物みたいなもんだ。
     ↑IS250には、2013年まではマニュアルの設定があったぞ。
     ↑自分は1992年式のダークグリーンのES300と、ブラックの1997年式SC300(30系ソアラのレクサス版)を持ってた。どっちもMTだったよ!




    ・インテリアにしてもエクステリアにしても、これが30年以上前のデザインだとは信じられない。今でも素晴らしい。タイムレスってこの事だね。




    ・このクルマは今でもモダンに見える。見栄えのするインテリアに、素晴らしいフロントエンドのデザイン。アホみたいにデカいグリルなんか無しだ。マジでグッドルッキングだね。そして何よりマニュアルだぞ。
     ↑マニュアルしか勝たん。




    ・初めてのクルマは1993年式のカムリだった。ドアハンドルやステアリング、サンルーフのスイッチなど、多くの部品をこのクルマと共用していたんだ。しかし、このES300のデザインの出来栄えはとても美しい。カムリも好きだけど、これは自分のお気に入りのクルマの1台だ。
     ↑その世代のカムリは、部品も共用していたし実質的にレクサス製みたいなもんだった。その世代はカムリの中でもベストだ。




    ・自分はプロジェクター式のヘッドライトが大好きなんだ。これは時代を先取りしていたね。1992年当時、プロジェクター式のヘッドライトを採用していたクルマはほとんど無かったんだ。




    ・今ではほとんど見かけないけど、このクルマを見るたびにピラーの細さに驚く。最近の巨獣と比べると、実に小さくて可憐なクルマに見える。今でも十分素晴らしいクルマだ。あのセクシーなプロジェクター式のヘッドライトは今でも大好きだよ。




    ・1990年代は、アキュラやレクサスが本当に輝いた10年間だったと思う。当時のアキュラには、レジェンドやインテグラなどの美しく楽しいクルマが何台かあった。レクサスも、このESを含めて魅力的なクルマばかりだったよ。最近のレクサス車は、購入を検討しようとも思わないな。




    ・このレクサスESのツートンカラーが大好きなんだよ。
     ↑ものすごく80~90年代感があるよね。これは自分も大好きだ。
     ↑わかる。とても上品だよね。




    ・デビューから30年以上経つけど、今でもたまに走ってるのを見かけるね。多少ボロくてもまだちゃんと走ってる。ごく稀に極上なコンディションのも見かけることがあるね。




    ・当時は、このES300が今後30年間で最も信頼性の高いクルマの1台になるとは誰も思っていなかった。このスタイリングは、少なくとも10年分くらいは時代を先取りしていたね。




    ・タイムレスで、今でもグッドルッキングなデザインだ。最近のクルマはデザインし過ぎなものばかりだよ。
     ↑俺も同じ考えだ。全ての新しいクルマはまさにその通りだから、俺の目は見るのを拒否しているよ。カドに更にカドを追加してみたり、フェイクと本物のエアベントがごっちゃになっていたり、未塗装の黒樹脂パーツをあちこちに貼り付けてみたり…それらが自動車という混沌の中で溶け合っている。




    ・自分のお気に入りの部分は室内の静粛性だ。エンジン音はほとんど入ってこない。風の音とタイヤの音だけが聞こえてくる。




    ・母親が、新車の1996年式レクサスES300コーチエディションで学校に迎えに来てくれた時の事を思い出すよ。あのプロジェクター式ヘッドライトは大好きだった。当時、父親は1993年式カムリのV6に乗ってたな。そっちの方がもっと速かった。




    ・初代レクサスES(カムリプロミネント)は、そのルーツであるカムリがはっきりと見えていた。2代目ESのこいつは、非常に大きな進歩を遂げた。こっちの方がもっと実の詰まった感じで、見た目もフィーリングもよりLSに近づいた。このクルマは、レクサスは欲しいけどLSを買う余裕がない、またはSCよりも実用的なクルマが欲しいという人々にアピールする、より望まれていたクルマだった。




    ・このクルマは間違いなく、競合よりも長持ちする!当時の競合はレクサスの事をバカにしていたけど、まさかその会社が高級車市場を支配するとは思いもしなかっただろうな。




    ・美しく、クリーンで滑らかなデザインは今でも見栄えがする。1990年代のツートンカラーはいいね。彼らがカムバックする事を願っているよ。




    ・ゴージャスだ。デザインは決して古くなることはないし、品質も最高だ。10段階で評価するとしたら…100点だな!




    ・今でも十分素晴らしいクルマだ。買うだけの価値はある。中古車市場においては最高のクルマのうちの1台だ。




    ・マニュアルがあったのか!驚いた!もし今これを見つけることができたら、素晴らしい宝物になるだろうな。



    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ホワイト/グレイ  1/43スケール F43052
    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ホワイト/グレイ  1/43スケール F43052

    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ダーク・グリーン/グレイ 1/43スケール F43051 プラモデル 模型[▲][AB]
    First43/ファースト43 トヨタ ウィンダム 1991 ダーク・グリーン/グレイ 1/43スケール F43051 プラモデル 模型[▲][AB]




    ウィンダム 2.5G(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン
    ウィンダム 2.5G(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ガソリン

    距離は走っているけど、とても状態の良さそうなレクサスES300(日本名:ウィンダム)のレビュー動画です。この型のウィンダム、昔はよく走ってましたけど、すっかり見なくなりましたね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・おい、5速MTにこのカラーリングだって!?何てめっけもんだ。



    ・これを改造して600馬力越えのスリーパーにしたら?



    ・90年代のレクサスとトヨタは作りが頑丈だよね。



    ・マニュアルのレクサスを運転できた栄光の日々を想像してみなよ。



    ・このレクサスなら苦労せずに世界一周して、ついでに月にも行って帰ってこれるよな。



    ・なんだと!?相場は3,000ドルくらいだろ?たった200,000km(おかしい事ではない)でサビも無いなんて、超絶お買い得じゃないか!



    ・これはまさしくベストバイだ。動画主はこのクルマを大事にしなきゃね。



    ・MTのレクサスES300は90年代において最高にラグジュアリーなハードトップサルーンだ。



    ・今までレクサスが欲しいと思った事は無かったけど、今はこのレクサスが欲しい。



    ・これは良いクルマだよ!自分の初めてのクルマだった。塗装のクオリティがアホほど高いんだ。現代のレクサスもかなわないくらいさ。



    ・日本人は最高のクルマを作るよな。レクサスに失望することはないね。



    ・よくまあこんな極上車を見つけたね。自分も好きなクルマだよ。信頼性が高くて、整備性も悪くない。



    ・レザーのインテリアが素晴らしいね!これがレクサス品質か。



    ・90年代に、シカゴのフリーウェイでこのクルマがアンバーのフォグライトを点けて走っていたのを覚えているよ。素敵なクルマだな。



    ・やっぱりレクサスだな!自分はV8の1997年式SC400(ソアラ)に6年くらい乗ってるよ。力強くエンジンが掛かるし、アイドリングもスムーズさ。



    ・おお!なんて素晴らしいクルマなんだ!自分もこんな感じの、信頼性が高くて上品なクルマが欲しいよ。



    ・自分は1998年式レクサスES300を持ってる。今342,000kmくらいかな。とある老夫婦から買って3年くらい乗ってるけど、こいつには失望させられる事はないね。ドライビングと乗り心地は今でもスムーズだよ。



    ・磨いた後のこのクルマは本当にゴージャスだ。自分なら完全オリジナル状態を維持したいね。





    あちらでは、「たった」200,000kmなんですねえ…。

    このページのトップヘ