JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:アリア

    日産のSUV型EV「アリア」に対する海外の反応です。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・我が家ではテスラモデルYではなく、とても静かでインテリが高級で、航続距離580kmの日産アリアを買ったよ。うちの嫁が車酔いするから、そこまでの鋭い加速は必要なかったんだ。その点ではアリアは我々に最適だった。日産の唯一の間違いは、インフィニティではなく日産のブランドから発売した事だな。もっと多くの人がこのクルマを見て楽しんでくれるといいな。




    ・このクルマは、日産がこれから何をもたらすのかを示すいい例だ。彼らがここの市場でまともで競争力のあるEVを出してくれたのを嬉しく思うよ。充電時間と航続距離がもう少し改善できれば、クラスのトップに近づけると思う。現状はまあまあって所だね。この新しいEVプラットフォームの最初の製品としては問題ないな。




    ・アリアは現時点で最高の日本製EVだ。日産はそれをインフィニティから発売し、その高価格をもう少し正当化すべきだったな。




    ・このクルマの本当に素晴らしい点はその走りだ。走りがとても良いんだ。目的地についてもまだ走っていたくなる。ただ運転するだけでも本当に楽しいんだ。




    ・考えたこともなかったけど、このクルマがインフィニティから販売されていたら完璧なラインナップが出来ていただろうな。ブランドイメージ向上にも一役買ったはずだ。




    ・モーターショーでこのアリアに乗ったことがある、インテリアの質感は気に入ったけど、インフィニティの基準には達していないしレクサスRZ以上のものだとも思わなかった。でもトヨタのEVのbz4Xよりはかなり良かったよ。全体として、このセグメントではかなりいいお買い物だと思うな。




    ・アリアは本当に素晴らしいクルマだ。日本製であるという点が気に入っているよ。でもテスラ、フォード、ヒュンダイ、キアなどの多くの競合車種がある。自分は日産のファンだけど、他のクルマを差し置いてこれを買うかどうかはわからないな、見た目は良いと思うけど。これを買う人を批判するつもりはないが、このクラスのベストセラーにはなり得ないと思うなぁ。




    ・ビューティフルなデザインだ。




    ・アリアに試乗してみたけど、ハイウェイを走っている時の騒音が気になるのと、サスペンションが浮いたような感じがするのが不満だったな。




    ・ステアリングやダッシュボードなど、インテリアがとてもナイスだ。10点満点でいえば9点だね。




    ・まるで日本のアニメから出てきたみたいな近未来的なデザインだな。こいつは須あbらしい。個人的にはテスラモデルYよりもずっとよく見えるよ。




    ・日産がインフィニティのブランドを存続させたいなら、このクルマをインフィニティから出すべきだった。そうすればラインナップに希望の光をもたらしたかもしれない。しかしこのインテリアを見ると、日産はそのつもりはなかったんだろうな。




    ・ありがたいことに、このクルマはあまり売れていないから結構な割引を受けることができる。




    ・このクルマは日産のいい取り組みだと思う。でもまだまだ高いな。全てのEVはもっと手頃な価格になるべきだ。




    ・少なくともbz4XやレクサスRZよりは優れているけど、機能を考えるとまだ高すぎるよ。まあでもマトモなクルマだな。




    ・インテリアは素晴らしいし、エクステリアもナイスだ。これは自分の欲しいものリストに載っているよ。




    ・レクサスNXに似ているね。ナイスだ。




    ・日産がようやく21世紀に入ったのか?




    ・自分としてはこのクルマはNoだ。電動で60,000ドルとかありえない!




    ・このクルマは日本製?それともフランス製?





    アリア B6(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン ワイン 赤色 2WD 電気自動車(EV)
    アリア B6(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン ワイン 赤色 2WD 電気自動車(EV)

    [YANMW] 新型 エクストレイルキーカバーサクラキーケース適合日産アリアスマートキーケース
    [YANMW] 新型 エクストレイルキーカバーサクラキーケース適合日産アリアスマートキーケース

    【中古】1/66 タカラトミー トミカ No.64 日産 アリア (ボックス) 【A】 未開封品 / 性質上、多少の塗装ムラ等はご容赦ください。
    【中古】1/66 タカラトミー トミカ No.64 日産 アリア (ボックス) 【A】 未開封品 / 性質上、多少の塗装ムラ等はご容赦ください。

    【中古】 タカラトミー トミカ トミカシリーズ No.64 (1/66) 日産 アリア (初回特別仕様) 【A】 未開封品 / 性質上、多少の塗装ムラ等はご容赦ください。
    【中古】 タカラトミー トミカ トミカシリーズ No.64 (1/66) 日産 アリア (初回特別仕様) 【A】 未開封品 / 性質上、多少の塗装ムラ等はご容赦ください。

    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 レッド 赤色 2WD 電気自動車(EV)
    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 レッド 赤色 2WD 電気自動車(EV)

    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 ブルー 青色 2WD 電気自動車(EV)
    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 ブルー 青色 2WD 電気自動車(EV)

    日産のSUV型BEV「アリア」に対する海外の反応です。実物は思ったよりデカかったですねぇ…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・このアリアはピークの充電速度はそんなに早くないけど、そのピークを長く保持することができる。だから10~80%の充電時間は依然として良好なんだ。そして、そのおかげでより安価な150kwの充電ステーションを利用することができる。




    ・アリアのVetura +に乗ってる。とても気に入っているよ。航続距離が550kmくらいなんだ。




    ・この動画で述べられていることにはほぼ同意できる。完璧だし十分なクルマだけど、値段が高すぎるよ。




    ・アリアは見た目がとても気に入ったけど、予約注文の枠はすぐに埋まってしまったし、価格もこのセグメントでは非常識なくらい高い。
     ↑確かに高すぎるな。
     ↑自分はWeb登録が始まった時にプレオーダーを入れたんだが、価格が発表された時にキャンセルしたよ。




    ・このクルマのスタイリングは、過去10年間の日産車の中で最も優れている。




    ・これはBMWやメルセデス、レクサスのクルマよりも見た目がいいと思う。




    ・インテリアもエクステリアもデザインは素晴らしい。たくさん売れることを願っているよ。




    ・確かに、値段を見るとガッカリしちゃうな。こいつはグッドルッキングなクルマで、このクラスの中では一番カッコいい。ただ、それを手に入れるにはお金がかかり過ぎる。




    ・近所のディーラーでは、AWDのアリアが56,000ドルで販売されていたよ。みんなどうしてそんなに高いクルマに乗りたがるんだろう。




    ・ぜひともこのクルマを手に入れたい。




    ・ニュージャージー州ならまともな価格でリースできるよ。ここではEVを買う時の消費税が免除されるんだ。




    ・自分は日産アリアもVWのID.4もどちらも素晴らしいと思う。美しさは主観的なものだしね。




    ・数か月前にサンフランシスコのベイエリアで1台だけ見かけたことがある。テスラモデルYなら、ハイウェイを5分も走ると20台くらい見かけるけどね。




    ・広々とした車内空間だけど、価格を考慮するとそれほどエキサイトするもんでもないな。




    ・230馬力しかないのに50,000ドルというのは高すぎる。でもいいクルマだとは思うけどね。EVがもっと手頃な価格になるといいな。




    ・このクルマは笑いものにされているbz4XやRZ450eよりはまだ優れていると思う。




    ・このフロントエンドはストームトルーパーのヘルメットを思い出させるね。




    ・このクルマで走行中にエアコンの調整を行うのは危険そうだ。自分はエアコンがタッチ操作なのは好きじゃない。




    ・価格の点では、ヒュンダイを比較対象に持ってくるべきではない。ヒュンダイは常に、異なる市場向けの下位ブランドだった。日産はトヨタやフォードと比較するべきだよ。




    ・このセグメントの中ではより洗練されたクルマではあったけど、生産数の低さにより台無しになった。そして非常識な値上げにつながったんだ。





    トミカ No.64 日産 アリア (初回版)
    トミカ No.64 日産 アリア (初回版)

    【中古】1/66 タカラトミー トミカ No.64 日産 アリア (ボックス) 【A】 未開封品 / 性質上、多少の塗装ムラ等はご容赦ください。
    【中古】1/66 タカラトミー トミカ No.64 日産 アリア (ボックス) 【A】 未開封品 / 性質上、多少の塗装ムラ等はご容赦ください。

    EVシフト、危険な未来ーー間違いだらけの脱炭素政策 [ 藤村 俊夫 ]
    EVシフト、危険な未来ーー間違いだらけの脱炭素政策 [ 藤村 俊夫 ]

    EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策【電子書籍】[ 藤村俊夫 ]
    EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策【電子書籍】[ 藤村俊夫 ]

    電気自動車工学(第2版) EV設計とシステムインテグレーションの基礎 [ 廣田 幸嗣 ]
    電気自動車工学(第2版) EV設計とシステムインテグレーションの基礎 [ 廣田 幸嗣 ]

    EVと自動運転 クルマをどう変えるか (岩波新書) [ 鶴原吉郎 ]
    EVと自動運転 クルマをどう変えるか (岩波新書) [ 鶴原吉郎 ]

    アリア B6 リミテッド(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    アリア B6 リミテッド(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    アリア B6(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン グリーン 緑色 2WD 電気自動車(EV)
    アリア B6(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン グリーン 緑色 2WD 電気自動車(EV)

    アリア 専用 3D スポーツ マット ラゲッジ ラゲージ トランク 防水 防汚 傷防止 カバー カーマット トレー 内装 ゴムマット アクセサリー 新車 NISSAN 日産 ARIYA [2]
    アリア 専用 3D スポーツ マット ラゲッジ ラゲージ トランク 防水 防汚 傷防止 カバー カーマット トレー 内装 ゴムマット アクセサリー 新車 NISSAN 日産 ARIYA [2]

    【楽天スーパーセール期間限定10%OFF】日産 アリア フチ高 ラバー ゴム マット フチ高 フロアマット FE0 マット カーマット フロアマット 一式 日本製 マット ブラック 令和4年4月以降に適合
    【楽天スーパーセール期間限定10%OFF】日産 アリア フチ高 ラバー ゴム マット フチ高 フロアマット FE0 マット カーマット フロアマット 一式 日本製 マット ブラック 令和4年4月以降に適合


    日産のSUV型EV「アリア」に対する海外の反応です。実物を見ましたが、思ったよりも大きくてびっくりしました。

    ちなみに2023年10月時点では一部グレードは受注停止、他のグレードも納期が長期化しているとの事です。安定供給はまだまだ先のようで…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・ニューヨークオートショーでこのクルマに乗ってみた。一発で気に入ったよ。




    ・見た目的には自分のお気に入りではないけど、予想以上に印象的なクルマだね。




    ・この日産アリアはクールだ!販売開始直後は南カリフォルニアでしか見かけなかったけど、いまではLAのどこでも見るようになった。




    ・ついさっきこのクルマの事を知ったよ。確かにとても興味深いクルマなようだ。とても高価だけど、高価じゃないEVってないもんな。




    ・アリアに試乗してきたよ。とても気に入ったね。でも、航続距離は自分が望むほど長くはないようだ。




    ・彼らが提供しているのはプレミアムだけだ。これはEVの普及に反するものだ。今はどの自動車メーカーも、キアやヒュンダイでさえ、プレミアムクロスオーバーに大きな賭けをしている。エントリーレベルのEVは、中国の自動車メーカーが席捲するだろうな。




    ・このクルマは待つだけの価値はあったのかな。それとも、3代目の日産リーフを期待するべきだろうか。




    ・速くてエレガントで、そして個性的なEVだ。




    ・日産がリーフ以外のEVを開発するのに10年もかかったわけではない。日産がこれを開発した唯一の理由は、自動車の一般的なトレンドのためだ。そうでなければ、SUV型のEVなんかを開発する必要性がない。




    ・こいつはリーフの後継ではない。日産は何度もそう言っていたはずだ。新型リーフは現行リーフの後継としてデビューする。アリアはアッパーミドルクラスのSUVで、アウディやBMWと競合するように設計されている。リーフはVWやヒュンダイ、キアと競合するだろう。




    ・ムラーノの後継みたいだ。




    ・航続距離は長くないし、価格は高いし、税制上の優遇は受けられない。このEVはライバルの後塵を拝する事になるだろうな。




    ・この茶色いやつは補聴器みたいだな。




    ・日産リーフを買う人は、このアリアは買わないんじゃないかな。安いという理由でリーフを選んでいるんだから、これに倍以上の金額は払わないだろう。



    ・この航続距離に対してこの価格は高すぎるよ。EVはどれも高価だな。




    ・これはどうやっても55,000ドルのテスラモデルYとは競合しないだろう。さすがに無理だ。




    ・申し訳ないけど、このアリアのベースグレードで44,000ドルというのは、自分にとっては少々高すぎるよ。これが普通のクルマなら、25,000~30,000ドルくらいで買えるんだけどな。




    ・典型的なエッグシェイプでルーフが傾斜したEVだな。全てのメーカーは風洞実験の結果、バッテリー残量を維持するために同じようなデザイン上の結論を得ている。エアロダイナミクスのためにトランクスペースが犠牲になっているんだ。




    ・これにはボンネット下のラゲッジスペースはないのか?テスラの全てのクルマには搭載されているんだけど。これは急ごしらえのクルマっぽいな。




    ・実物を見てみると、それほどビューティフルって感じはしなかったぞ。





    タカラトミー『 トミカ no.64 日産 アリア (箱) 』 ミニカー 車 おもちゃ 3歳以上 箱入り 玩具安全基準合格 stマーク認証 tomica takara tomy
    タカラトミー『 トミカ no.64 日産 アリア (箱) 』 ミニカー 車 おもちゃ 3歳以上 箱入り 玩具安全基準合格 stマーク認証 tomica takara tomy

    トミカ No.64 日産 アリア (初回版)
    トミカ No.64 日産 アリア (初回版)

    Kinotaka 新型日産専用設計 TPU製 スマートキーケース 軽EV サクラ アリア 新型 エクストレイル 専用 2022年 最新 レザー キーカバー アクセサリー パーツ (ホワイト(3ボタン))
    Kinotaka 新型日産専用設計 TPU製 スマートキーケース 軽EV サクラ アリア 新型 エクストレイル 専用 2022年 最新 レザー キーカバー アクセサリー パーツ (ホワイト(3ボタン))

    YANMW サクラキーケース適合日産アリア 新型 エクストレイルスマートキーケースキーカバー 本革(黒)
    YANMW サクラキーケース適合日産アリア 新型 エクストレイルスマートキーケースキーカバー 本革(黒)


    日産のEV「アリア」に対する海外の反応です。前もアリアについての海外の反応を紹介しましたが、今回は別の動画に付いたコメントを紹介します。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・自分はかつて日産のクルマを売る仕事をしていた。リーフはとてもいいEVだったよ。アリアのバッテリーがどれくらい持つかとても興味がある。




    ・絶対これインフィニティから出るだろ。




    ・日産の技術者はアクティブなバッテリー冷却システムを構築したのかな?
     ↑うん。このアリアに搭載されているよ。




    ・最も効率的なEVというわけではなさそうだが、機能が満載なクルマだ。自分としてはトヨタのEVよりもアリアの方が興味深い。うちのご近所さんが日産リーフを持っているんだが、彼らはとても気に入っているようだ。スタイリングがクールだよね。




    ・日産はちゃんと時間をかけてクルマを開発すれば、素晴らしいものができるんだな。




    ・すごい!最高のEVがデビューした!




    ・しかし、3年も経つとこの数字は目立たないものになるんだろうな…




    ・このクルマはアメリカで製造されているの?税還付の対象になるのかな?
     ↑これは日本製だ。
     ↑長い目で見ると、日本のクルマを手に入れればお金が節約できて元が取れるよ。




    ・見た感じ良さそうだけど、この値段じゃなあ。35,000ドルでVWのID3を買う方がいいかもしれない。




    ・ちょうどアリアの実車を見かけたよ。EVにしちゃなかなかカッコいいじゃないか。




    ・またゼリービーンズみたいなクロスオーバーか…
     ↑乗り越えろ。




    ・ずいぶんクリエイティブなデザインだな。




    ・クロスオーバーにはもう飽きたよ。
     ↑俺もだ。




    ・スターティングプライスは48,000ドルで、航続距離は260マイル(約416km)だって?うーん、パスかなぁ。
     ↑1日で260マイルも運転する人はそうそういない。平均の通勤距離は12マイル(約19.2km)だよ。




    ・自動車メーカーは、EVは長続きしないという事にいつになったら気付くのだろう。耐久性、充電時間、航続距離の不便さなど、EVが直面する過大の量は膨大だ。環境に優しいというのも疑問が残る。環境に優しいEV用バッテリーなんてないと思うんだが。




    ・ホットケーキのように売れるだろうな。




    ・ぱっと見は、やり過ぎ感があるしチープで悪趣味な感じがする。でも、少なくともCVTは搭載されていないんだよな。




    ・これはスバルのようなフルタイムAWDなのか?それとも普段はFFで、必要な時だけAWDになるのかな?とても賢明に見えるが、物理ボタンはないのか。そして充電時間が長いのはやっぱり気になるなぁ。
     ↑2,000マイル(約3,200km)のロードトリップを年に何回するんだ?週に1~2回ガソリンを満タンにするのは、年間で通算すると8~10時間をガソリンスタンドで過ごしていることになる。そっちの方が不便だ。自宅のコンセントを使って、いつでも充電できるのは便利だよ。しかもEVはオイル交換の必要がないしね。
     ↑こいつはフルタイムトルクベクタリングAWDだ。




    ・日産はまた素晴らしい仕事をしたな!




    ・こいつはどのくらい速いんだ?
     ↑仕様にもよるが、0-100km/h加速が5秒ちょっとだ。




    日産初のクロスオーバーEVのアリアに対する海外の反応です。アリアには2WDとe-4ORCEが用意され、どちらも大小2つのバッテリー(65kWh版と90kWh版)が選べるようになっています。一番航続距離が長いのは2WD+90kWhの組み合わせで、最高出力242PS、最大トルク300Nmの出力ながら610kmは走れるとのこと。

    ちなみに一番パワーがあるのは4WD+90kWhで、最高出力394PS、最大トルク600Nmとなっています。車重は約約2tですが、これでも580kmは走れるそうです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・良さげなEVを見られるのはちょっと面白いね。EVがその辺で普通に見られるという事実は、いかに急速に普及しているかを表している。
     ↑ここアメリカ南東部ではまだまだだね。
     ↑自分はとても気に入っている。我々には、いかにもEV!って感じのしないEVがもっと必要だ。
     ↑うーん…まあ、ヨーロッパでは2035年以降はガソリン車が買えなくなるみたいだしな。




    ・日産がエアコン操作部にグロスピアノブラック調のタッチパネルを最小しなくてよかった。これはマジでファンキーかつクールだ。ボタンをダッシュボードに統合してるんだからな。いい仕事をしたよ。パネルが指紋でベタベタにならずに済む。




    ・日産のクロスオーバーが、5年前のBMWよりも多くの技術と機能を備えているってのはとてもワイルドな事だ。この3~4年で、技術は飛躍的に進歩したんだな。




    ・日産が再び自分の足で立ち上がるのを見られてとても嬉しいよ。ここ2~3年の間に出たクルマはあんまりパッとしなかったからね。




    ・アリアのハイパワーモデルに乗ってみたよ。ここヨーロッパでは既に入手可能なんだ。正直、我々の基準でも素晴らしいと思う。路上にあるほとんどのクルマは200PS未満の3気筒とか4気筒だから、アリアのベースモデルでも印象的だね。ただ、地域によっては充電インフラが不十分だという事を考えると、ほとんどの人にとってこのクルマは高すぎる。大抵の人は、アリアの値段を見た後ではアウディQ3かQ4を選ぶんじゃないかな。




    ・押すだけで開く充電ポートのフタは素晴らしい。グリルは、ほとんどのEVは内燃機関車よりも小さなものが付いている。電気といえども冷却の必要はあるもんな。




    ・自動のシートヒーターとステアリングヒーターは、日産の製品の中で本当に過小評価されていると思う。インフィニティQ50に乗ってたんだけど、あの機能は最高だった。クルマが暖まるまでオンになっていて、暖まると徐々にオフになるんだ。ここ数年の日産についてはあんまりいいことが言えないけど、これだけは上手く作った!




    ・AWD版に乗ってみたよ。プッシュして走るとそれなりにスポーティーとは言えるけど、やっぱり軽くはないからずっしりとした重さは感じる。自分が運転したクルマの中では、マージンをちゃんと取っていても最速の部類だったよ。




    ・アリアに1ヶ月ほど乗ってる。全体的にとても満足しているよ。グラフィックは少し時代遅れで、ヒーターは自分の足を温めたくないみたいだ。ヒートポンプが土江要るから、効率は良さそうだけどね。AppleCarPlayはワイヤレスだけど、残念な事にandroid autoはそうじゃない。ここアイルランドでは、グレードが2つしかないんだよな。




    ・手付けを払って1年間待って、ようやく2WDのアリアを手に入れたよ。50,000~60,000ドルの価格帯にしては、優れた機能を備えている。エクステリアもインテリアもフューチャリスティックだね。




    ・アリアのもう一つの優れているポイントはゼログラビティシートだ。これは本当に快適だよ。ランバーサポートはエアで調節できるタイプなんだ。




    ・とても素晴らしい!EVはスケートボードみたいなプラットフォームだから、さまざまな構成が可能になっているんだね。




    ・このクルマはVWのID.4によく似ていて、それと直接競合するのは興味深い事だ。このレビューでは言及されていないけど…




    ・何週間か前にアリアが納車されたよ。近くで見ると、とても奇抜かつナイスだね。




    ・隠しトレイとセンターコンソールに入っている花の模様はサクラだ。サクラは典型的な日本の春の象徴であって、花が咲いたのをみんなで見に行く風習がある。天気予報みたいに開花状況が追跡されてもいるんだ。




    ・デザインはハンサムだね。販売後のサポートやソフトウェアの更新などはEVを所有するうえでとても重要になってくる。そこまでは初期のレビューではカバーできないから、長期的なレビューを待ってるよ。




    ・2004年式みたいなドアハンドルを除けば、とてもクールで未来的だ。




    ・2019年か2020年の初め頃、日産アリアに予約が殺到していたのを覚えている。早く路上で走ってる所を見たいもんだな。




    ・アリアが本当に気に入った。でも、アメリカで税還付の対象にでもならない限りは買わないかな。最低グレード以外は高すぎるよ。




    ・静電容量式のボタンは素晴らしいように聞こえるけど、運転中に操作するとなると道路じゃなくてボタンを見なきゃなくなるんだよな。




    【スマートキーケース】NISSAN type2 栃木レザー/姫路レザー【サドルレザー】【ハンティントン】スマートキーカバー 本革 アリア サクラ エクストレイル ARIA SAKURA X-TRAIL 他 インテリジェントキーケース
    【スマートキーケース】NISSAN type2 栃木レザー/姫路レザー【サドルレザー】【ハンティントン】スマートキーカバー 本革 アリア サクラ エクストレイル ARIA SAKURA X-TRAIL 他 インテリジェントキーケース

    トミカ No.64 日産 アリア (箱) タカラトミー 3歳から
    トミカ No.64 日産 アリア (箱) タカラトミー 3歳から

    FEO系アリア フロントグリルイルミネーション CBCH0 B66M0-5MP0A ARIYA NISSAN
    FEO系アリア フロントグリルイルミネーション CBCH0 B66M0-5MP0A ARIYA NISSAN

    トミカ No.64 日産 アリア (初回版)
    トミカ No.64 日産 アリア (初回版)

    このページのトップヘ