JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    カテゴリ: 外車

    アメリカのCNBCによる「なぜクルマの修理代は高くなってきているのか」という動画に対する海外の反応です。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・自分が専門学校を出て整備士として働き始めた時は時給が15ドルだった。70時間かかる仕事を40時間で終わらせることが求められていて、必要のない修理で顧客を騙すことが期待されていたんだ。ちなみディーラーが顧客に請求する工賃は1時間あたり150ドルだったよ。顧客を騙すことによってのみ達成できるパフォーマンス目標に届かなくて、自分は解雇されたんだ。こうやって解雇されるんだから、整備士不足だと言われても驚かないね。




    ・自分は自営業の整備士をしている。元々のお客さんが紹介してくれて新しいお客さんが増えているよ。彼らはクルマ屋さんやディーラーには行きたくないんだ。自分は法外な金額を請求することはないが、それでもいい生活を送ることができているし、お客さんも満足しているよ。自分は幸せだね。これが最善の方法だと思う。




    ・修理代が高くなってる理由は簡単だよ。現在のクルマは、ヘッドライトのバルブ交換でもフロントバンパー、タイヤ、場合によってはフェンダーライナーまで外す必要がある。バルブも高いのになると100ドル以上するし、LEDライトに交換するならハウジング全体を替えなきゃない場合もある。
     ↑前乗ってたキャデラックがそんな感じだったよ。




    ・今のクルマはメンテナンスが簡単になるように設計されてはいない。むしろ、メンテナンスが困難になるように設計されているよ。
     ↑何年間か乗って使い捨てって感じだもんな。いわゆる計画的陳腐化ってやつで、顧客は継続的に新しいモデルを買う必要がある。
     ↑まさにその通り。全てがプラスチック製で、コンピュータによって実行されている。そして1つのことが失敗するとクルマ全体が終わるんだ。




    ・だから自分は20年落ちのカローラに乗ってるんだ。維持費はほとんどかからないし、簡単に壊れないし、複雑なコンピューターの修理の必要もない。部品はジャンクヤードやネット上で簡単に入手できる。確かにビンボーくさく見えるかもしれないけど、実際に貧乏になるwけじゃないしな。
     ↑君は巨額の自動車ローンを抱えている人よりはよく眠れそうだ。
     ↑最近は時給20ドルの25歳の若者が臆せずに70,000ドルもするピックアップトラックを買ったりするからなぁ。彼らの老後がどうなるかが楽しみだよ。




    ・どう見ても強欲な価格の釣り上げなのに、今でもパンデミックが物価上昇の元凶だと言われているのは嫌だね。




    ・2023年式のフォードF-150のヘッドライトAssyは700ドル以上する。でも2003年式のフォードF-150のは20ドルもしないんだ。
     ↑だから自分は2006年式のフォードF-150を壊れるまで乗り続けてやろうと思ってる。
     ↑古いJEEPに乗っているんだが、ヘッドライトの交換に必要なのは10mmのソケットとプラスドライバーだけで、5分もあれば終わってしまう。でもうちの嫁の日産ローグ(エクストレイルの北米での名前)は、クルマのフロント部分全体を分解しなければならないらしい。非常識だ!




    ・自分はYouTubeでクルマの整備を学んだ。YouTubeメカニックって所だな。過去5年間で3台のクルマのメンテナンスや修理をDIYで行ったが、これによって6,000~7,000ドルは節約できたと思うよ。




    ・最近はあらゆるものの品質が低下しているのに、値段だけは高騰している。




    ・嬉しい事に、クルマの修理の70%くらいは自分でできるようになった。修理代を1,000ドルは節約できただろうな。とてもありがたいよ。YouTubeは修理方法を学ぶ上で大きな役割を果たしてくれたよ。




    ・ディーラーは整備士にまともな給料を払っていないんだ。顧客には1時間あたり140ドル以上の工賃を請求しているのに、整備士に払う時給は13~16ドル程度だ。そりゃベテランの整備士がいなくなるわけだよ。




    ・自分のクルマは自分で整備しているよ。この間、非常に簡単なPCVバルブの交換をショップに頼んだらいくらかかるか気になって電話してみたんだ。簡単にアクセスできるホースを引き抜いて、バルブを外し、新しいものを取り付け、ホースを元通りにすれば完了する作業だ。5分で終わるし部品代は15ドルくらいなのに、ショップは350~400ドル掛かると言っていたんだ。強盗かな?




    ・パーツの品質低下も問題だな。AutozoneやNapa、O'reilysなどのパーツショップでは、ろくに品質管理がされていないような新品パーツが販売されている。不良品の割合が高くなっているよ。




    ・全てのクルマ屋さんが、インタビューに登場した男性のような人によって経営されていればいいのにと思う。彼は従業員と顧客を気遣う本当に良い人のようだ。




    ・CVTトランスミッションを備えた2015年式の小型ハッチバックを持っている。オーナーズマニュアルを読むと、問題が発生しない限りはトランスミッションの定期的なメンテナンスは不要だと書かれている。まあ、それは嘘だよな。CVTにはちゃんと意味のあるストレーナーが付いていて、それは比較的簡単に交換できる。自動車メーカーはこういう定期的なメンテナンスを望んでいないようだ。将来ちゃんと故障してくれれば、別のクルマや非常に高価な部品を売りつけることができるからね。




    ・自分は15歳の時にクルマの基本的なメンテナンスの方法を独学で学んだんだ。今は33歳になった。おそらく何千ドルもの修理代を節約できたと思う。ホンダ車やトヨタ車など、故障しにくいクルマを買うのもスマートな選択だよ。
     ↑自分は16歳の時にフォードのクルマを持っていたけど、そいつを走らせるためには修理することを学ばなければならなかったんだ。




    ・さまざまな業界が「労働者不足だ、働き手がいない、みんな業界から去って行った」と言うけど、その去って行った人たちはどこに行ったんだ?どこかの業界がそういう人々を集めているのか?
     ↑多くの場合、それは人口統計の問題、つまり若者の不足だ。年配のベテラン整備士が退職しているのに、若者はIT関係に惹かれている。あと、共和党の移民政策も問題の一部だろうな。ブルーカラーの労働力が移民によって十分に補充されていないという事だ。




    ・整備士はパンデミックのために業界を去ったわけではない。ほとんどは給料の問題だ。定額の給与は整備士にとっては詐欺みたいなもんだ。特に保証やリコールに係わる作業の場合、実際には給料の倍も働くことになる。それだけでもひどいのに、工具を揃えるのに数千ドル費やす必要がある。この業界に10年いても、初級レベルの事務職より待遇が良くなることはないね。




    ・消費者は最新のテクノロジーや機能を求め続けているけど、これらのシステムに関するコストについては全く理解していない。




    ・最近、自分のクルマを丁寧に扱う人は少なくなった。予防メンテナンスは多くの大きな問題を解決するんだけどな。





    KTC SK39120XODEM 9.5sq. 91点工具セット オリーブドラブ オリジナルツールセット SKX0213ODEM 採用モデル 工具 京都機械工具
    KTC SK39120XODEM 9.5sq. 91点工具セット オリーブドラブ オリジナルツールセット SKX0213ODEM 採用モデル 工具 京都機械工具

    KTC SK3241PSEM 9.5sq.49点オリジナルツールセット EKP-5採用工具セット
    KTC SK3241PSEM 9.5sq.49点オリジナルツールセット EKP-5採用工具セット

    DEWALT メカニクス セット 184pc DWMT45184-1 デウォルト 工具セット 工具 DIY ツールセット ツールボックス
    DEWALT メカニクス セット 184pc DWMT45184-1 デウォルト 工具セット 工具 DIY ツールセット ツールボックス

    コーケン Z-EAL 9.5sq. 21点 ソケットレンチセット 3286Z Ko-ken 工具 山下工業研究所
    コーケン Z-EAL 9.5sq. 21点 ソケットレンチセット 3286Z Ko-ken 工具 山下工業研究所

    【4月の特価品】SIGNET ハサミ類 3点セット シグネット SIG90-3PEM (S08-90) 工具セット プライヤ ニッパー ラジオペンチ
    【4月の特価品】SIGNET ハサミ類 3点セット シグネット SIG90-3PEM (S08-90) 工具セット プライヤ ニッパー ラジオペンチ

    【数量限定価格】WeraラチェットドライバーセットTOOL CHECK PLUSツールチェックプラス 056490
    【数量限定価格】WeraラチェットドライバーセットTOOL CHECK PLUSツールチェックプラス 056490

    Weraラチェット式ドライバーセットKK60RA 051040
    Weraラチェット式ドライバーセットKK60RA 051040

    【4月の特価品】STAHLWILLE 13/8 片目片口スパナセット 8本セット スタビレー
    【4月の特価品】STAHLWILLE 13/8 片目片口スパナセット 8本セット スタビレー

    ※※※過去記事を再掲します※※※



    写真で「ん?」と思った方もいるでしょう。三菱プラウディアではなく、こちらは韓国のヒュンダイエクウスです。当サイトの趣旨からは外れますが、三菱と共同開発したクルマなので紹介しようと思います。

    といってもヒュンダイの方はあまり知らんので、三菱プラウディアの方を軽く。こちらは1999年のデビューで、当時のクラウンマジェスタやシーマの向こうを張るべく開発されました。4.5リッター280馬力のV8を搭載し、駆動系式はFF。

    鳴り物入りでデビューしましたが今一つ振るわず、2001年に販売を終了しています。しかしヒュンダイの方は大成功だったようで、マイナーチェンジを行いつつ2009年まで販売されました。中東へも輸出されていたようです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・自分が子供の頃、韓国でこれを見ると、乗ってる人は誰でも金持ちに違いないと思ってた。2000年代前半はエクウス、BMW、メルセデスがステータスシンボルのような存在だった。よくボンネットマスコットが引き抜かれて転売されるって話を聞いたな。エクウスのトランクは大きいと有名だったので、子供たちは、エクウスのオーナーは死体を隠すために大きなトランクを必要としているギャングだと噂していたよ。




    ・このスタイリングはけっこう好みだよ。シンプルでエレガントで美しい。
     ↑メルセデスW126と同じだよ。彼らはそれとW140からデザインを取り入れた。




    ・エクウスがデビューした時、このクルマは韓国において成功の象徴になった。当時は運転手付きの黒いヒュンダイエクウスの後ろに乗るのが夢だったよ。ちなみに、このホイールは純正じゃないね。これはKia Opirusのものじゃないかな。




    ・自分が乗ってる2004年式のヒュンダイXG350と良く似ているな。リアアームレストやシフターなどが共通パーツのようだ。エクステリアも良く似ているね。




    ・ヒュンダイエクウスを路上で見かけたのは一回きりだ。何のクルマか分からなかったからgoogleで検索したよ。これがヒュンダイと知ってびっくりした。あのヒュンダイが高級車かよって。どういうわけかヒュンダイとラグジュアリーは両立しないから、理解するのに1分くらいかかった。ヒュンダイと言えば実用性、汎用性、経済性が思いつくけど、ラグジュアリーは思い浮かばないからね。




    ・このクルマは、レクサスがデフォルメされてGTAに出たみたいな感じだな。




    ・ヒュンダイと三菱の共作だ。ディアマンテのテールランプが使われていることからもわかるね。




    ・2003年に韓国の第二歩兵師団に駐留していたとき、このエクウスに乗ったことがある。ユニークで魅力的なクルマであることには同意するよ。




    ・何年か前に2002年式のエクウスに乗ってたよ。たった3,500ドルで買えたよ。完璧ではないけど、金額に見合った素晴らしいクルマだ。3,000ドル位で快適な中古の高級車を手に入れたいならエクウスがおすすめだね。




    ・あらまあ。2008年に韓国に住んでいた時、ご近所さんがこれの黒塗りのを持ってたよ。どんなクルマなのかは知らなかったけど、エクウスに乗っている人はみんな道路の所有者であるかのように運転していて、他の人は小作人か何かみたいに扱ってた。このビデオを観てなんとなく理解できたよ。




    ・今でもこのクルマが欲しい!全てが気に入ったよ!




    ・友人の父親がこれに乗ってた。ヨーロッパではヒュンダイセンテニアル(Centennial)という名前だったな。2000年から2001年頃だったかなぁ。あのクルマに載せてもらった時は王様になったような気がしたよ。懐かしいなぁ。




    ・興味深い事実を付け加えておこう。
    1.ヒュンダイエクウスは三菱との共同プロジェクトだった。したがって、GDIエンジンの技術を得る機会となった。
    2.パーツに英語表記があるのは、海外で販売されるクルマに使われる可能性があったから。
    3.驚くべきことに、多くの韓国の消費者(50~70代)は、未だにこのクルマのソフトでスローなドライブフィールを恋しがっている。
    4.当時は最も高価なクルマだったけど、ウッドトリムは大衆車と同じプラスチック部品が使われている。




    ・韓国人だから、小さい頃はこのヒュンダイエクウスをよく見かけていたよ。レアなクルマだって言われるのは奇妙な感覚だな。




    ・このヒュンダイエクウスがどうしてこんなに優れているか分からないなら、このクルマは三菱プラウディアのバッジを付けなおしたものだという事を心に留めておくといい。エクウスは三菱が設計して、ヒュンダイと三菱が共同で製造したんだ。




    ・気に入ったよ。でも乗るならメルセデスのSクラスの方がいいかな。新しいSクラスはカッコいいよね。




    ・自分は韓国に駐留していて、基地でいつもこのクルマを見かけるよ。時々このタクシーに乗るけど、インテリアはとてもきれいだ。こっちには「グレンジャー」という名前の、アメリカでは売っていないクールなヒュンダイ車があるよ。




    ・2016年あたりに、このヒュンダイエクウスを運転する機会があった。乗ったのは2006年モデルだったよ。とても快適だったのを覚えている。でも、操作感覚はボートみたいだったな。




    ・ヒュンダイは、このボンネットのオーナメントを"スピリットオブエクウシー"と呼んでいると思う。うん。なんかごめん。
     ↑ワロタwww
     ↑これは面白い。
     ↑プアマンズロールスロイスってとこか。




    ・韓国に住んでいた時、父親がこのエクウスを持ってたよ。乗り心地は快適だったけど、ドライブフィールはヒュンダイという事を考慮してもひどかったな。





    アメリカのCNBCによる、『なぜアメリカにおいてEVはハイブリッド車に圧倒されつつあるのか?』という動画に対する海外の反応です。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・トヨタは何も「ミスった」わけではない。彼らはハイブリッドカーや内燃機関車をめちゃくちゃ売ってるよ。
     ↑数年前にトヨタを嘲笑していたEvファンボーイ達は今どこにいるんだろう。




    ・2012年式のトヨタカムリハイブリッドに乗ってる。フードデリバリーの仕事に使っていて、2年足らずで48,000km走った。問題はひとつもないよ。オイル交換は8,000km毎に1回だね。




    ・ハイブリッド車に14年間乗ってる。走行距離は328,000kmになった。次に乗るクルマもおそらくハイブリッドだろうな。当然の事だ。




    ・プリウスPHVとRAV4 PHEVは両方とも、毎日の距離通勤には十分な70kmをEVモードで走行できる。バッテリーが切れてもシームレスにエンジンに切り替わり、合計の航続距離は800km程になる。そして帰宅してコンセントを差せば、翌日仕事に行くまでには充電が完了している。これはフルEV化を超える最も賢明な方法だよ。
     ↑EVはメディアが喧伝するほどエコフレンドリーではない。電力の大部分は火力発電だしな。ただ、都市の空気は間違いなくキレイになるだろう。ハイブリッドがやっぱり答えかな。




    ・2代目のプリウスに乗ってた。クルマに乗るようになって50年以上経つが、これまでに所有した中では最高のクルマだったよ。そして今年の1月にはRAV4 PHEVが納車されたんだ。これは素晴らしいね。自分が住んでいるオレゴン州の田舎にはぴったりだよ。EVモードでも街まで3回往復できる。長距離を走る必要があっても、バッテリーをフル充電してガソリンを満タンにすれば航続距離は960km以上になる。全く不安はないね。素晴らしいよ。




    ・EVファンのポジティブなエネルギーが大好きだ。それは非常にポジティブ、というかポジティブすぎて、彼らはそれが時々バカバカしく聞こえていることに気付いていないんだ。




    ・"プラグインハイブリッドは3つの選択肢のうちで最悪かもしれない"だって・何を言っているんだ?3つの中で最高の選択肢だろう。




    ・1つのテクノロジーが自動車業界全体を占めるというのは大きな間違いだと思う。ガソリン車、ハイブリッド車、PHEV、EVなどの多様なクルマが混在することになると思うな。




    ・うちの嫁はプラグインハイブリッドのシボレーボルトに乗ってる。今のところ最良の選択だと思ってるよ。バッテリーで96km走れるんだ。平日に子供たちを学校に送って行って、買い物をして帰宅するのに十分な航続距離なんだ。そして週末には、充電のためにどこかに立ち寄る必要なく無制限に走ることができる。プラグインハイブリッドは両方の長所を取ったものなんだ。この物語で暗示されているような、最悪なものではないよ。
     ↑その通りだな。自分はRAV4 PHEVに乗ってるが、EVとしてもガソリン車としても素晴らしいクルマだと思うよ。EVモードでの運転は楽しいね。長距離のロードトリップではハイブリッドモードで効率的に走れるから、充電の心配をする必要はない。でも内燃機関車としてのメンテナンスはあるから、これはトレードオフだね。エンジンはほとんどの場合、高速道路でしか始動しないね。だからあまり長持ちしないんじゃないかと思ってる。




    ・クルマと気候変動の問題に対する「つなぎの解決策」としてハイブリッドが完全に無視されていることにはいつも驚かされるよ。この概念がボート、貨物トラック、電車などの他の乗り物にまだ浸透していない事に困惑しているよ。特に貨物トラックは、道路上の最大の汚染源だと思う。全ての自家用ドライバーが一夜にしてEVに切り替えたとしても、依然として大型トラックによる大気汚染の問題は解決しないだろう。




    ・EVが圧倒されつつある最大の要因は、アメリカではEVの選択肢が非常に限られていること、そして安いものでも40,000ドル以上するという事だと思う。誰にでもそれだけのクルマを買える余裕があるわけじゃないんだ。
     ↑2番目の要因としては、充電器の問題がある。賃貸物件に住んでいる場合、大家さんに充電器を設置してもらわなければならない。




    ・自分はEV用充電器のないアパート住まいだ。Evに対して何も反対はしないけど、あちこち走り回って充電ステーションを探し、充電が終わるまでただ待つということはしたくない。それに自分は長距離のロードトリップが好きだしね。




    ・ハイブリッドは何年にも渡ってテストされ、その信頼性は証明されている。問題は、アメリカにおいてはハイブリッド車とEVに関する競争があまりないことだ。
     ↑アメリカはEVのためのインフラがもっと必要だ。また将来の予測では、アメリカ人の大多数が賃貸物件に住むことになると示されている。賃貸物件に住むのは、EVを所有するに当たっては最悪の生活環境だ。




    ・三菱アウトランダーPHEVに毎日の足として乗ってる。バッテリーのみで75kmほど走れて、それ以降はハイブリッドに切り替わるんだ。三菱はバッテリーとパワートレインに10年の保証を付けてくれたよ。自分はとてもハッピーだ。




    ・自分が住んでいるモンタナ州の田舎には充電ステーションがなく、電気代も非常に高い。だからEVかハイブリッドかの選択は非常に簡単だね。街に行くためだけにバッテリーをフル充電する必要がある。あと、EVの保険料も注目すべきポイントだ。数年前にテスラの保険料を調べたら、なんとプリウスの2倍以上もしたんだ。ということで今乗ってる2017年式プリウスはとても気に入っているよ。
     ↑これには完全に同意できる。自分はシボレーボルトか日産リーフが欲しいと思ってたんだが、アパート住まいだから充電は出来ない。近くにテスラの充電ステーションがあったからテスラを調べてみたら、保険料は自分が乗ってるトヨタのハイブリッドの2.5倍もしたんだ。




    ・トヨタカローラハイブリッドに乗っているが、このクルマはとても気に入っているよ。信頼性が高いしガソリン代も安く済むんだ。月に1度の給油で30ドルくらいかな。充電器を探す必要はない。ガソリンスタンドはどこにでもあるけど、充電ステーションはそうでもない。
     ↑自分もハイブリッドのカローラを持ってる。とても気に入っているよ。当時販売されていたEVに満足できるものがなくて、発売と同時に買ったんだ。EVの競争力が高まったらすぐに乗り換えようと思ってたけど、そうはならなかった。




    ・次に乗るクルマはテスラにする予定だったけど、2025年モデルのトヨタカムリを買う事に決めたよ。これらはハイブリッドモデルのみの展開となるようだが、自分にはそれで十分だ。
     ↑君は正しい選択をしたと思う。テスラでの経験、特に品質と顧客サービスについて不満を抱いている人を多く見てきた。知り合いも2023年モデルのテスラを買ってたけど、対処の難しい問題がいくつか起きていたよ。




    ・自分は何年も、プラグインハイブリッドこそ主流になるべきと強く思ってきた。両方の利点を最大限に活用できるんだ。自分はシボレーボルトを持ってる。EV航続距離は64kmだ。標準の120Vのプラグを差し込むだけで、一晩でフル充電できる。バッテリーもEvに比べるとずっと小さいし軽いよ。64kmという航続距離は短いように思えるかもしれないけど、毎日のニーズは十分に満たすことができる。日常使いでガソリンエンジンがかかることは滅多にないね。そしてもし長距離ドライブをすることになったら、普通の内燃機関のクルマと同じように走らせるだけだ。




    ・トヨタのハイブリッド車の再販価値が上がっている。10~15年ほどの信頼性の実績があり、もしバッテリーがダメになっても手頃な価格で交換できる。アメリカの消費者は州をまたぐ長距離のドライブが好きだから、ハイブリッドの方が便利だ。ヨーロッパだとまた話が変わるんだろうけどね。




    ・2017年式のプリウスに乗っているが、信頼性、燃費、維持費の安さは過去に所有したクルマの中では最高だ。7年間での値落ちは10,000ドルほどだしね。自分はEV、特にテスラモデル3やモデルYパフォーマンスが本当に欲しいと思っているけど、トラブルのタネになるのはよく分かっている。





    EV産業革命 週刊東洋経済eビジネス新書No.399【電子書籍】
    EV産業革命 週刊東洋経済eビジネス新書No.399【電子書籍】

    EV推進の罠 「脱炭素」政策の嘘/加藤康子/池田直渡/岡崎五朗【3000円以上送料無料】
    EV推進の罠 「脱炭素」政策の嘘/加藤康子/池田直渡/岡崎五朗【3000円以上送料無料】

    【中古】「エンジンのないクルマ」が変える世界 EVの経営戦略を探る /日経BPM(日本経済新聞出版本部)/大久保隆弘(単行本)
    【中古】「エンジンのないクルマ」が変える世界 EVの経営戦略を探る /日経BPM(日本経済新聞出版本部)/大久保隆弘(単行本)

    プリウス Z(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ハイブリッド
    プリウス Z(トヨタ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ハイブリッド

    プリウス Z(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グレー 4WD ハイブリッド
    プリウス Z(トヨタ)【中古】 中古車 セダン グレー 4WD ハイブリッド

    RAV4 PHV ブラックトーン(トヨタ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラック 黒色 4WD ハイブリッド
    RAV4 PHV ブラックトーン(トヨタ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラック 黒色 4WD ハイブリッド

    RAV4 PHV ブラックトーン(トヨタ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD プラグインハイブリッド
    RAV4 PHV ブラックトーン(トヨタ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD プラグインハイブリッド

    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD 電気自動車(EV)
    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD 電気自動車(EV)

    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    モデルX 75D(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン メタリック 銀色 4WD 電気自動車(EV)
    モデルX 75D(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン メタリック 銀色 4WD 電気自動車(EV)

    モデルY ベースグレード(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラック 黒色 2WD 電気自動車(EV)
    モデルY ベースグレード(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラック 黒色 2WD 電気自動車(EV)

    アメリカのCNBCによる「タイヤメーカーがEVを大好きな理由」という動画に対する海外の反応です。

    少し前に話題になったネタですね。確かにEVは同クラスのクルマに比べると、バッテリーがある分重くなっています。参考までに、軽EVの日産サクラの車重は1,080kgですが、同じ日産の軽自動車「デイズ」の一番重いであろうハイウェイスターGターボの4WDは940kgです。

    軽ではその位の差ですが、車格が上がると差が開くようです。日産リーフの最低グレード「X」の車重1,520kgに対し、日産ノートの一番上かつ一番重そうなグレード「X Four」は1,350kgとなっています。

    乗り方やアライメントと同様に、車重はタイヤの摩耗に大きく影響します。ストップ&ゴーの多い日本では特に顕著に表れるような気がします。タイヤメーカーも耐摩耗性を考えたEV用タイヤを作っておりまして、例えばブリヂストンではエコピアEV-01というものがラインナップしています。楽天市場で調べたところ、185/65R15のサイズで1本あたり18,000円程度でした。結構するなぁ…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・EVでタイヤを24,000kmで使い切る人は、フォードマスタングGTに乗ってもタイヤは24,000kmまでしか持たせられないと思う。オーナーの乗り方次第だよ。でも、テスラの加速を「Chill」モードにすれば、信号が青になるたびにトラコンを効かせたり、ロケットスタートをすることはなくなる。ただそれは、食べ放題のビュッフェで自制しろと言うようなものだよなぁ。




    ・テスラモデルYで30,000kmほど走ったが、まだタイヤ交換が必要な兆候は出ていない。運転スタイルがタイヤの寿命に影響を与えるというのは大きいんじゃないかな。内燃機関のクルマでもEVでも、無謀な運転をすればタイヤの寿命は短くなる。でも、成熟した慎重なドライバーならタイヤの寿命を長くすることができるだろう。にしても、この動画のいう通り20,000kmでタイヤって減るか?EVに関する主張の中には、良くも悪くも誇張されているものがあるってのを覚えておかなきゃな。
     ↑そうだな。自分はテスラモデル3に乗っていて、毎日の足として使ってる。純正装着のミシュランプライマシーMXM4は88,000kmまで使えたよ。




    ・単純な話だよ。EVはトルクが大きいから、タイヤの減りが早いんだ。
     ↑その上車重が結構あるから、余計に摩耗が早くなるんだ。




    ・自分が乗ってるポールスター2は2年で50,000km走った。でもまだタイヤは新品のように見えるよ。30,000km未満でタイヤを交換する必要がある人は、もっといいタイヤを検討した方がいいんじゃないだろうか。




    ・90,000kmでテスラモデル3の純正装着のハンコックEVO3を交換することになったよ。新しいタイヤの1台分の価格は920ドルで、内燃機関のクルマに使われる235/40R19のタイヤより高いということもなかった。テスラの前はプリウスに乗っていたが、同じ走り方でもタイヤは60,000kmまで持たなかったな。
     ↑タイヤのコンパウンドが違うんだ。EV用のタイヤはより長持ちさせるような配合になっているからね。




    ・自分はテスラのタイヤは2回替えたね。2回とも新品から48,000km走った時点で交換したよ。このEV用のタイヤはスピードの規格が240km/h対応だから高価なんだ。そしてスポーツカーのパフォーマンスを持つクルマ用としては比較的ソフトだね。タイヤの中にはフォームも入ってる。それほどスポーティーでないタイヤを使えば、タイヤはより長持ちするしコストも安くなるだろうね。




    ・我が家のフィアット500eは48,000kmでタイヤを使い切った。eGolfも持ってるが、そっちは5年目で走行距離78,400kmだけどまだタイヤ交換の必要はない。やっぱりどのような乗り方をするかが大事だね。




    ・回生ブレーキだからって余計にタイヤが減るわけじゃない。普通のブレーキでも同じ力が掛かるから、それによって摩耗量が増加することはない。余計に減るとしたら重量のせいだろうな。




    ・今乗ってるテスラモデル3に履かせているタイヤは24,000kmくらい使っているけど、状態はとても良さそうに見えるね。あと50,000kmは走れるんじゃないかな。適切なタイヤと適切なEVを選び、信号のたびにバーンナウトするような事をしなければ、より長持ちさせられると思うよ。




    ・自分がタイヤを選ぶ時に優先するのは静音性だ。PHEVに乗る前からそうなんだ。スポーツカーに乗っている時でさえ静かなタイヤを好んだ。多くの人は、タイヤがどれほどのノイズを発生させるかを理解していないんだ。




    ・モデル3に乗ってるが、タイヤは72,000kmくらい持つぞ。コメント欄でみんなが言う通り、この動画で述べられている24,000~32,000km毎という交換スパンはばかげていると思う。まともなタイヤを付け、空気圧を常にチェックし、レースドライバーみたいな運転をしなければいい。EV用のタイヤの寿命はそこまで問題じゃないぞ。




    ・タイヤショップを経営しているが、この業界は競争が激しいし利益率が低い。自分はこのビジネスを経営するのが嫌だけど、父親は業種を変えるつもりはないみたいだ。
     ↑テスラのオーナーに韓国製のタイヤを1セット920ドルで売るのはどう?




    ・BMWのi3Sに乗って5年目になる。走行御距離は64,000kmだ。フロントタイヤは純正のままで、リアタイヤは1回交換したね。摩耗に関する問題は運転スタイルによるところが大きいんじゃないかな。EVだとそれがより顕著に表れるんだ。激しい運転をすればタイヤの摩耗はより激しくなるし、スムーズな運転をすればタイヤは思ったよりも長持ちする。重い車両にはより強いタイヤが装着される傾向があるから、重量は必ずしも問題ではないと思う。ただ、それらのEV用タイヤは非常に高価だという所には同意するね。




    ・テスラはコンピューターの設定でタイヤにかかるトルクの量を減らす方法を提供しているよ。自分はノーマルモードとチルモードをよく使うが、チルモードはタイヤの摩耗を低減するのに非常に役に立つ。あと自分は頻繁にローテーションも行っているよ。2023年式のモデル3に乗っていて走行距離は20,000kmちょっとだけど、タイヤ交換の必要はまだないね。




    ・EVの純正装着タイヤの寿命はだいたい48,000kmくらいだけど、テスラのオーナーの中にはそれよりも長持ちさせている人もいる。運転のクセや状況次第では、30,000kmまで持たない事もあるだろう。実際、テスラのタイヤの寿命は32,000~64,000kmとされているしね。




    ・ちょっと前までは、エコノミーカーには13インチのバイアスプライタイヤが付いてたんだけどな…




    ・うちの嫁はテスラモデルYに乗っていて、80,000km手前でようやくリアタイヤを交換したよ。フロントタイヤはまだ大丈夫だった。自分はかつてモデルSに乗っていて、タイヤは20,000kmくらいで4本交換していたよ。というのも、常に0-100km/h加速を2秒以内に収めようとしていたからね。つまり、加速に関してはドライバーに責任があるという事だ。




    ・2021年式のマスタングMach-Eに乗ってる。純正装着タイヤは59,000kmで交換したよ。ロサンゼルスの道路にどっかのバカがネジをバラ撒いていて、2本のタイヤに3本のネジが刺さってたんだ。もしネジを踏まなかったら、少なくともあと5,000kmは走れたと思うよ。




    ・テスラモデル3のRWDモデルを持っているが、ちょうどタイヤを新しくした所だ。80,000kmほど走ったが、あと8,000kmは走れそうな感じだったよ。これは標準の18インチタイヤで、テスラが推奨するものだ。本当に重要なのは、どれほどアグレッシブに運転しているのかという事だと思うよ。信号のたびにロケットスタートを決めていれば、あっという間にタイヤは摩耗してしまう。




    ・テスラモデルSに乗ってる。このクルマは出足が素早く、最初のタイヤのセットはすぐに摩耗してしまった。その後、より「チル」な運転をするようになり、タイヤは内燃機関のクルマと同じくらい持たせられるようになったよ。こいつには普通のクルマ用のタイヤを履かせてる。今はミシュランのクロスクライメート2だね。





    即日発送 【 最大3万円OFFクーポン 4/17 9:59迄】205/55R16 91V 16インチ ブリヂストン エコピア EV-01 正規品 サマータイヤ 新品1本
    即日発送 【 最大3万円OFFクーポン 4/17 9:59迄】205/55R16 91V 16インチ ブリヂストン エコピア EV-01 正規品 サマータイヤ 新品1本

    【タイヤ交換対象】MICHELIN PILOT SPORT EV 255/45R20 105W XL GOE Acoustic 【255/45-20】 【新品Tire】 サマータイヤ ミシュラン タイヤ パイロットスポーツ イーブイ 【個人宅配送OK】
    【タイヤ交換対象】MICHELIN PILOT SPORT EV 255/45R20 105W XL GOE Acoustic 【255/45-20】 【新品Tire】 サマータイヤ ミシュラン タイヤ パイロットスポーツ イーブイ 【個人宅配送OK】

    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    サクラ X(日産)【中古】 中古車 軽自動車 ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    リーフ G(日産)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    リーフ G(日産)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    アリア B6(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    アリア B6(日産)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD 電気自動車(EV)
    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD 電気自動車(EV)

    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)
    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD 電気自動車(EV)

    モデルX 75D(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン メタリック 銀色 4WD 電気自動車(EV)
    モデルX 75D(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン メタリック 銀色 4WD 電気自動車(EV)

    アメリカのCNBCによる、「中国のEVの巨人"BYD"はどうやってテスラを追い越したのか」という動画に対する海外の反応です。正直JDMは全く関係ありませんが、個人的に興味のある話題だったのでご紹介したいと思います。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・遅かれ早かれ、アメリカ政府はBYDを国家安全保障上の脅威として宣言するだろうな。どうしたアメリカ。奴らよりももっとうまくできるだろうに。




    ・価格競争が起きて非常識なアメリカの自動車価格が下がるなら、自分はBYDのクルマがあってもいいと思うな。
     ↑それは決して起こらない。テスラの事は忘れろ。そして自動車ビッグ3はBYDに対して激しいロビー活動を行うだろう。
     ↑テスラは狂ったように価格を下げている。でも価格が下がった事について不満を言う人もいるよ。




    ・BYDのヘッドデザイナーはヴォルフガング・ヨーゼフ・エッガーという人だ。彼はドイツ人の自動車デザイナーで、以前はヨーロッパの高級車ブランドであるアルファロメオ、アウディ、ランボルギーニのヘッドデザイナーを津飲めていたんだ。




    ・アメリカがいかに偽善的か見てみなよ。自由貿易を推進しているとは言うものの、中国車はアメリカでは販売できない。アメ車は中国で販売できるのにだ。これは公平だろうか?政府の補助金が入っているからダメだって?じゃあアメリカは自国の自動車メーカーや航空機メーカーに補助金を出さないのか?ダブルスタンダードだ。
     ↑でも中国のアプリやウェブサイトはアメリカでは自由に閲覧できるけど、中国ではアメリカのウェブサイトはブロックされている。オンラインサービスはクルマよりもはるかに多くの付加価値を提供するため、これはさらに深刻だ。




    ・アメリカの企業がナーバスになっているのであれば、自社の低価格車を無くし、ラインナップを高級SUVとトラックに置き換えるべきではないと思う。
     ↑何十年にも渡って、増加するコストを顧客に転嫁してきた。これはアメリカの伝統だね。だから低コストのクルマを作れないんだ。
     ↑アメリカの自動車メーカーがSUVやトラックばかり作っているのは、価格が高くて利益率が高いからだ。




    ・BYDはここブラジルでは大成功しているよ。自分の上司がちょうどBYDのEvを買ったところだ。




    ・アメリカはなるべく早くBYDを国家安全保障上の危機だと宣言するべきだな。
     ↑もうやってなかったっけ?
     ↑そのうちそうするだろう。




    ・これが自分がよく耳にする「自由市場」ってやつか?誰かがアメリカで我々が作るよりも優れた製品を売り出して、我々はそれ以上のものを作れない、または作らないという理由でボイコットする。なんと素晴らしい国だろう。世界の頂点だね。
     ↑BYDはジャンクな品質だから安いんだ。
      ↑高価なジャンクよりはマシだ。




    ・ブラジルではバス、トラック、ライトレール、ウォールボックス、ソーラーパネル用の4つの工場を建設しているよ。今年はカマサリ州にある元フォードの工場でEVの製造を開始する予定だ。素晴らしいね。




    ・シンガポールでは現在、人々はテスラよりもBYDを買うようになっているよ。
     ↑そりゃそうだ。テスラとBYDの価格差は大きい。




    ・"国内自動車メーカーへの脅威"って所では笑うしかなかった。国内の自動車メーカーは、自社の粗悪な製品に脅かされているよ。
     ↑あと労働組合にも。




    ・自分はオーストラリアに住んでいるんだが、BYD Sealを買ったよ。プレミアムってグレードなんだけど、3つあるうちの真ん中のやつだ。製造品質、ドライビングダイナミクス、テクノロジーは非常に優れている。これに乗るのはとても気に入っているよ。




    ・今のアメリカで15,000ドルのEVが販売されたらどうなるか想像してみなよ。すごい事だぞ。たとえ25%の関税が課されても、販売されているほとんどのEVの半額だ。
     ↑アメリカのクルマが高いのは主に安全規制によるものだ。この15,000ドルのEVは北米の安全基準を満たしていない。
      ↑EUとオーストラリアの基準は満たしているよ。アメリカは言い訳としてそれらの障壁を設けているだけだ。




    ・BYDはメキシコでかなりの台数を販売している。20年前、メキシコ人はアメリカとの国境の町で中古の日本車やアメ車を買ってたのを思い出すよ。日本車やアメ車は、当時のメキシコではアメリカよりも高価だったんだ。ホンダアコードなんかアメリカで買うより10,000ドルも高かった。およそ5年前から中国ブランドのクルマがメキシコで販売されるようになり、中流階級と下位中流階級のメキシコ人がそれらを買って乗るようになってる。手頃な価格の新車が国内で買えるなら、わざわざテキサス州のラレードまで行ってアメリカの中古車を買う必要はないからね。中国企業はここでクルマの現地生産も始めているよ。アメリカが"アメリカファーストで世界を台無しにする"制作を続ければ、カナダとメキシコはおそらく方向転換し、世界の他の国々とのより緊密な貿易関係を促進することになるだろう。




    ・自分はオーストラリア人だが、テスラよりもずっと安く、製造品質も優れていたからBYD Atto3を買ったよ。今の所問題はないな。




    ・低価格で高品質、国民に利益をもたらす…これは全ての消費者にとって良いことだ。




    ・10,000~20,000ドル程度の、エントリーレベルのEVが必要だ。BYDが価格を低く抑えることができれば、非常に競争力が高まるだろう。
     ↑技術を盗んだから価格が安いんだ。イノベーションに伴う経費ってのが掛からなかったからね。




    ・クールだ。インフレ時代において、もっと安いクルマが出てくるのはいいことだ。
     ↑中国製品においては"払った分のものが手に入る"というのを覚えておいた方がいい。安くて品質のいいものってのはあり得ないんだ。
     ↑中国政府の補助金のおかげで安くなってるんだ。それは公正な市場競争ではないよ。




    ・この状況の政治的な事はさておき、これらのBYDのクルマは素晴らしいEVなようだ。品質、価格、サービスの面で競争力があれば、最終的にはここアメリカでメインストリームに鳴れる可能性がある。




    ・自分はノルウェー人だが、ここ数年で非常に多くのEVブランドが参入してきている。BYD、Nio、Hongqi、MG、JAC、Maxus、XPENGなどだ。BYDに限らず、中国製のEVは増加傾向にあるよ。





    ザ バスコレクション 岩手県交通BYD K9【トミーテック・313960】「鉄道模型 Nゲージ」
    ザ バスコレクション 岩手県交通BYD K9【トミーテック・313960】「鉄道模型 Nゲージ」

    327578 トミーテック ザ・バスコレクション 富士急バスBYD K9 1/150(Nゲージスケール) 鉄道模型(ZN108235)
    327578 トミーテック ザ・バスコレクション 富士急バスBYD K9 1/150(Nゲージスケール) 鉄道模型(ZN108235)

    EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策【電子書籍】[ 藤村俊夫 ]
    EVシフトの危険な未来 間違いだらけの脱炭素政策【電子書籍】[ 藤村俊夫 ]

    電池の覇者 EVの命運を決する戦い【電子書籍】[ 佐藤登 ]
    電池の覇者 EVの命運を決する戦い【電子書籍】[ 佐藤登 ]

    2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生【電子書籍】[ 湯進 ]
    2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生【電子書籍】[ 湯進 ]

    【第(2)類医薬品】★★イブクイック頭痛薬DX
    【第(2)類医薬品】★★イブクイック頭痛薬DX

    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD 電気自動車(EV)
    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン グレー 2WD 電気自動車(EV)

    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD 電気自動車(EV)
    モデルS (テスラ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD 電気自動車(EV)

    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD 電気自動車(EV)
    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD 電気自動車(EV)

    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD 電気自動車(EV)
    モデル3 (テスラ)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD 電気自動車(EV)

    モデルX 75D(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン メタリック 銀色 4WD 電気自動車(EV)
    モデルX 75D(テスラ)【中古】 中古車 SUV・クロカン メタリック 銀色 4WD 電気自動車(EV)

    このページのトップヘ