JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    カテゴリ:日本車 > 三菱


    最後のエボである三菱ランサーエボリューションⅩに対する海外の反応です。もうこういうのは出ないのでしょうか…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・買う価値のある最後の三菱車だ。
     ↑その通りだな。
     ↑とても悲しい。エクリプスにエボ、3000GT(三菱GTOの海外での名前)、いったい何が起きたんだ?




    ・2010年式のMTのエボⅩを持ってる。本当に気に入ってるよ。チューニングして395馬力出てるから、どんなクルマやスポーツバイクも追い越すことができるんだ。




    ・三菱はランエボをラインナップに戻して、再びクールな自動車メーカーになれるようにするべきだ。90年代の三菱は、クルマ好きにとって最高のブランドの1つだった。エクリプスにFTO、ギャラン、ディアマンテ、モンテロ(パジェロの海外での名前)、3000GT、ミラージュターボ…




    ・素敵なクルマだな。色が気に入った!




    ・もしかすると、近いうちに2010年式のランエボⅩ GSRを手に入れられるかもしれない!とてもエキサイトしているよ!




    ・DCTが選べたのは、間違いなくStiと一線を画すものだった。




    ・自分は完全ノーマルの2008年式のランエボⅩ GSRを持ってる。走行距離はもう25万kmになるけど、今でも力強く走ってるし決して自分をがっかりさせることはない。




    ・同じ年式のラリーアートを持っていたけど、普通のMTでよかったのにと思った。SSTはシフトフォークの問題、クラッチの問題、その他多くの理由により故障しがちだったんだ。言うまでもないことだけど、トランスミッションを修理しようとすると費用は5,000ドルを超えるんだ。




    ・個人的に、ボディのデザインは好きじゃないな。デザインでいえばエボ8とエボ9が好きだ。それ以外はエボⅩが好きだな。




    ・前に乗ってたエボⅩが懐かしいな。アームレストがきしむのはご愛敬だ。




    ・本当の最後のランエボはエボⅩのファイナルエディションで、設定はMTのみだった。アメリカでは1,600台の限定販売だったんだ。




    ・あのSSTの感触は悪くなかったよ。とても素晴らしかった。壊れるまでは。




    ・ちょうどランエボを購入しようと考えていた所でこの動画に出くわした。波長が合ったんだな。




    ・自分の人生にはこのクルマが必要だ!




    ・イギリス仕様のランエボⅩは420馬力だったよ。オプションで470馬力仕様もあったね。




    ・ランエボ乗りは教えてくれない事だが、こいつでハイウェイを130km/hくらいでクルージングしている時、回転数は4,000rpmにもなる。エボはハイウェイを走ってる間じゅう悲鳴を上げているんだ。唯一の対策は、費用が掛かるけどファイナルを交換することだけだ。




    ・誰が何と言おうと構わない。このクルマは最高だ。




    ・ひとつの時代が終わったんだ。我々の知っている三菱は、このクルマと主に終わった。




    ・同意してくれる人は少ないと思うけど、自分はエボ9よりエボⅩの方が好きなんだよな…




    ・三菱がランサーの製造をやめてしまったのは本当に残念だ。エボ11を楽しみにしていたのに…
     ↑そんな事言ってると、ランサーという名前のSUVが出るかもしれないぞ。






    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン レッド 赤色 4WD ガソリン

    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 4WD ガソリン

    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン
    ランサー GSRエボリューションX(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン

    京商 ミニッツAWD MA-020 レディセット ランサーエボリューション X PWRC2008【32632M】 ラジコン
    京商 ミニッツAWD MA-020 レディセット ランサーエボリューション X PWRC2008【32632M】 ラジコン

    ビ-エムクリエイションズ 1/64スケール 三菱 ランサー エボリューション X ブラック RHD 64B0118
    ビ-エムクリエイションズ 1/64スケール 三菱 ランサー エボリューション X ブラック RHD 64B0118

    BM CREATIONS 1/64 三菱 ランサー エボリューション X ブルー (RHD) 完成品 64B0114
    BM CREATIONS 1/64 三菱 ランサー エボリューション X ブルー (RHD) 完成品 64B0114


    日本では販売されなかった、三菱ミラージュのセダン版「ミラージュG4」に対する海外の反応です。









    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このクルマは新車なのに、中古車としてデザインされたように見える。
     ↑そりゃそうだ。こいつの発表は2011年で、デザインはその数年前に行われているだろうし。それと、このミラージュはデザインの優先順位が低い市場向けに作られていると思う。




    ・ミラージュは発売から8年以上経つ凡庸なクルマだけど、信頼性に関する問題は聞いたことがないな。
     ↑ベーシックなクルマだからそうそう壊れることはない。とてもいいことだと思うよ。




    ・自分は、怒ったような顔の高出力なSUVが有難がられるアメリカ市場において、これほど安く、かつ謙虚なクルマを販売する三菱の度胸に感心するよ。




    ・2021年式のハッチバックのミラージュに乗ってる。3回目のマイナーチェンジで、こいつのネガがほとんど解消されたようだ。このクルマはハイウェイで22.1km/Lも走るから気に入っているよ。それに、そこらの低走行で年式の浅い中古車よりも安く買える。このミラージュは今買える最高の新車だね!




    ・ウーバーイーツのデリバリーで使われそうなクルマだ。
     ↑ここドバイにおいても、ウーバーイーツの配達車両はほとんどミラージュだな。
     ↑こいつは信頼性と燃費が最高だからなぁ。




    ・"このクルマはガタガタうるさくないのを除くと、まるで90年代のエコノミーカーみたいだ"だって。この必要最低限な感じが大好きだよ。
     ↑それに車重が900kg少々だ。ミアータ(マツダロードスターの海外での名前)よりも100kg近く軽いよ。
     ↑自分もこのミラージュG4に乗ってる。インフォテインメントシステムも必要最小限だから、壊れる心配がなくていいよ。




    ・2018年製のクルマとは思えないシンプルなエンジンルームだな。エンジンカバーとかも付いていない。まるで90年代か2000年代初頭のクルマみたい。とてもスッキリしてていいねぇ。




    ・ちょっと面白いんだが、このミラージュを改造して楽しむ人たちがいる。ボルトオンターボとか直管マフラーを付けたりしているんだ。
     ↑もっと多くのパワーを与えて、幅広な大径タイヤや硬いサスペンションを付けるのか。これは優れた安価なホットハッチのレシピみたいだな。でもベースはちゃんとしているよな。エアロダイナミクスに優れたボディがあって、シャーシは頑丈だし、改造も簡単で、ミアータよりも軽量なんだ。




    ・自分の1998年式のローバーメトロよりたくさんの装備が付いているね。とても気に入ったよ。自分もそうだけど、世の中にはこういう必要最低限なクルマを好む人がいるもんだ。




    ・CVTのミラージュに試乗したことがあるけど、正直なところ感銘を受けたよ。




    ・こいつはとても良いクルマだよ。ミラージュのオーナーとしては、こいつが提供してくれるものだけでなく、提供しないものも気に入っている。これまでで最高のクルマってわけでもないけど、ゴーカートみたいな感じのクルマだね。燃費もとても優れているよ。




    ・この動画を観て、毎日の足としてミラージュに乗るのを真剣に考えたよ。




    ・ミラージュか。「特別好きってわけでもないけどとにかくすぐにクルマが必要で、何もないよりはマシ」って感じのクルマだな。




    ・自分は2017年式のミラージュG4に乗ってる。このレビューは非常に正確だね。このクルマはある場所から別の場所に連れて行ってくれる。以上。これが自分の必要とする全ての事なんだ。




    ・ミラージュに175馬力の4G92型MIVECが搭載されていた時の事を覚えてる人いる?
     ↑ああ。ちなみにその前のミラージュは覚えているか?1970年代の石油危機の時に作られた、貧弱で退屈なエントリーレベルのお買い物カーだった。こいつはそのルーツに戻ったんだ。




    ・普通車の代名詞みたいなクルマだ。
     ↑トヨタカローラよりももっと普通だな。




    ・このクルマにも素晴らしい点がいくつかある。月々の支払いが安く、保険料も安く、そしてガソリン代も安い。おかげで経費がだいぶ節約できているよ。




    ・数年前、三菱のディーラーはミラージュのハッチバックの新車を10,000ドル以下で販売していたよ。こういう取引はとても魅力的だ。




    ・自分はウーバーイーツの配達にMTのハッチバックのミラージュを使ってる。もう192,000km走ったけど、大きな修理は1回もしたことがないね。燃費は17~20km/Lくらい。とても気に入ってるよ。修理が必要になってもほとんど自分でできるしね。気を遣わなくていいクルマだよ。




    ・トヨタ「安いクルマを作ったよ!」
      三菱「いいもん見せてやる」





    ミラージュ RS(三菱)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン
    ミラージュ RS(三菱)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン

    ミラージュ RS(三菱)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン
    ミラージュ RS(三菱)【中古】 中古車 コンパクトカー ホワイト 白色 2WD ガソリン

    ミラージュ M(三菱)【中古】 中古車 コンパクトカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    ミラージュ M(三菱)【中古】 中古車 コンパクトカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    ミラージュ VIE(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン
    ミラージュ VIE(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ガソリン

    Hi-Story 1/43 MITSUBISHI MIRAGE 2 1400 TURBO (1982) サファリレッド (HS302RE) 通販 プレゼント ギフト モデル ミニカー 完成品 模型
    Hi-Story 1/43 MITSUBISHI MIRAGE 2 1400 TURBO (1982) サファリレッド (HS302RE) 通販 プレゼント ギフト モデル ミニカー 完成品 模型

    Hi-Story 1/43 MITSUBISHI MIRAGE 2 1400 TURBO (1982) ポーラホワイト (HS302WH) 通販 プレゼント ギフト モデル ミニカー 完成品 模型
    Hi-Story 1/43 MITSUBISHI MIRAGE 2 1400 TURBO (1982) ポーラホワイト (HS302WH) 通販 プレゼント ギフト モデル ミニカー 完成品 模型

    Hi Story 1/43 ミツビシ MIRAGE II 1400 TURBO (1982) セルビアブラック 完成品 HS302BK
    Hi Story 1/43 ミツビシ MIRAGE II 1400 TURBO (1982) セルビアブラック 完成品 HS302BK

    【中古】【輸入品・未使用】Hi Story 1/43 ミツビシ MIRAGE 1600GT (1979) ルイジアナグリーン 完成品
    【中古】【輸入品・未使用】Hi Story 1/43 ミツビシ MIRAGE 1600GT (1979) ルイジアナグリーン 完成品


    懐かしの三菱デリカスターワゴン!主観的な印象では、スキー場のイメージが強いです。

    この1993年モデルは4D56型OHCディーゼルターボを搭載し、出力は85PS/4,200rpm、20.0kg・m/2,000rpmでした。何とも隔世の感がありますね…

    しかし、この四角い感じはとてもステキに見えます。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このクルマは、純粋な90年代のエネルギーを放っている。1台欲しい。
     ↑10年前のカナダなら、こいつはとても安かったんだけどなぁ。
     ↑親父からデリカをタダで貰ったよ。ここヨーロッパでは、L300という名前なんだ。




    ・この三菱デリカとトヨタハイエース、それからホンダアクティは個人的にとてもクールなクルマだと思ってる。80~90年代のテクノロジーと機能が大好きなんだ。
     ↑自分にとってのハイエースは、光の速さで街中を駆け回る配送バンだなぁ。
     ↑こういうクルマは、環境うんぬんは関係なくて、人のためにデザインされているからね。
     ↑デリカはここヨーロッパでL300の名前で販売されていた。こっちではまだ結構売られているよ。
     ↑メキシコにはハイエースがたくさんいる。日産キャラバンもたくさんいるね。




    ・このデリカは、80年代後半から90年代前半の全てのJDMカーの美学を体現している。
     ↑パーフェクトなクルマだ。
     ↑ビューティフルだね。




    ・三菱L300の方に乗ったことがある。技術的にはミッドシップの後輪駆動だから、雪道の運転がとても楽しかったよ。コラムシフトのMTだったな。




    ・このバンのシートは自分よりもファッションセンスが高い。




    ・どういうわけか、三菱デリカはヒッピーが乗っているイメージが強かった。ニュージーランドの路上でデリカを見かけると、運転しているのは決まってドレッドヘアの人なんだ。そして、この動画のほどキレイではないんだよな。
     ↑イギリスでも同じだ。サーファーかJDMファンが所有しているよ。なぜかミッドランズにたくさんいるんだよね。イギリスのニッチな自動車文化は全てそこにあるかもしれない。ロンドンでは見た事がないなぁ。
     ↑VWバスの上位互換みたいなもんか。
     ↑カナダでも同じだよここでは「手入れの行き届いた」ヒッピーバンだね。




    ・沖縄に駐留していた時、このデリカは5万円くらいで買えるポンコツで、ダイビング用のバンとして使われていたのを覚えてるよ。将来どんなものが高くなるかなんて分からないもんだね。




    ・日本に住んでいる身としては、フェイクの日本風なナンバープレートが面白い。
     ↑長野県のナンバープレートかと思ったけど、よく見ると漢字が逆になっているね。
     ↑オーストラリアのビクトリア州では、日本のナンバープレート風の合法なナンバーを取得できるよ。
     ↑フェイクのヨーロッパのナンバーをヨーロッパ車に付けるというのは、何年も前からあったよね。




    ・日本に駐留していた時、このデリカスターワゴンを持っていたよ。4×4でMTのディーゼルターボだった。あれは今でもお気に入りのクルマだよ。
     ↑そいつをそのまま持って帰ってきてキープしておけばよかったのに…




    ・東京に住んでいた時、このデリカを持ってた。ディーゼルだったな。自分はこれをトースターと呼んでいたよ。トースターに似ていたからね。行きたい所はどこでも行けるクルマだった。




    ・インテリアが90年代のタコベルを思い出させる。




    ・ああ、古き良き4D56エンジンだ。こいつはマジで耐久性の高いエンジンだよ。




    ・気に入った!ファンキーなレイアウトの小さな小さな4×4バンで、キャンプ用に作られているみたいだな。



    ・このデリカは、1987~1990年にアメリカでL300という名前で販売された。後輪駆動、シングルカムの4G63、4ATの組み合わせだった。バンとワゴンがあって、グレードは2つだけだったな。RSは窓を開けるのが手動だった。LSはスターワゴンから冷蔵庫とパジェロ風のダッシュポッドを除いたものだったな。標準ルーフのみだったけど、リアシートを外せばCB750を載せることができたよ。




    ・ぜひこのデリカで友達と一緒にロードトリップに行きたい。とても広々としているように見える。




    ・2000年代初頭から半ばにかけて、このデリカはオーストラリアで非常に人気があった。うちには1994年式のエクシードがあったよ。2列目がキャプテンシートで、前後にサンルーフが付いていた。最近はもう見かけることは少なくなったね。同じことが、この次のモデルのスペースギアとD:5にも当てはまる。最近は、デリカよりもUSDMのピックアップトラックが多いかな。




    ・何年か前、1998年式のデリカでアメリカを横断したよ。インターステートハイウェイを走っていると、みんながデリカの写真を撮るためにスピードを落として並走するんだ。交通に危険をもたらすかと思ったよ。




    ・楽しそうなクルマだな。キャブオーバータイプのクルマが本当に欲しいよ。まるでジェットコースターに乗っているような気分になれるからね。




    ・イギリスからこれを観ているが、このデリカがそんなに求められているだなんて信じられない。このクルマはかつて、どこにでもいたからねぇ。




    ・古き良きL300での楽しいドライブを思い出したよ。コラムシフトのマニュアルで、エアコンなしで、常にオーバーヒート気味だった。それでもこいつは壊れないクルマだったよ。





    パジェロ譲りの走破性を持つミニバンは、刺さる人には刺さるようです。






    デリカワゴン GLX(三菱)【中古】 中古車 ミニバン/ワンボックス ブラック 黒色 4WD ガソリン
    デリカワゴン GLX(三菱)【中古】 中古車 ミニバン/ワンボックス ブラック 黒色 4WD ガソリン


    デリカワゴン GLX(三菱)【中古】 中古車 ミニバン/ワンボックス グレー 4WD 軽油
    デリカワゴン GLX(三菱)【中古】 中古車 ミニバン/ワンボックス グレー 4WD 軽油


    デリカワゴン エクシード(三菱)【中古】 中古車 ミニバン/ワンボックス グリーン 緑色 4WD 軽油
    デリカワゴン エクシード(三菱)【中古】 中古車 ミニバン/ワンボックス グリーン 緑色 4WD 軽油


    1992年式の三菱ギャランVR-4に対する海外の反応です。4G63ターボ+4WDですから、ランエボのご先祖様みたいなもんですね。しかしカッコいいな…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このモデルのギャランには、ステアリングコラムの下にエアコンの吹き出し口が付いている。自動車修理業界において、我々は「股間クーラー(crotch cooler)」と呼んでいたよ。
     ↑ジェンダーニュートラルで適切な言葉だ。
     ↑ワロタwww
     ↑ターボ蟻の戸渡りクーラー。
     ↑1988年式の三菱マイティマックス(ストラーダ)を持ってたけど、それにも同じ機能が付いてたぞ。
     ↑自分の1997年式シボレーシルバラードにはキ○タマブロワーが付いている。




    ・三菱がまだクールだった時代だ。
     ↑本当にな。
     ↑自分的にはスタリオンが三菱のピークだったな。
     ↑最も悲しいけど最も正確なコメントだ。80年代と90年代の三菱が恋しいよ。今の三菱はただ…悲しい!
     ↑現在の三菱は「完璧な平均」だもんな。




    ・今現在、4気筒ターボの音を良くしようと奮闘しているメーカーの担当者の方、これを聞いてくれ。
     ↑4G63のサウンドは過小評価されているよ。何なら好まない人もいる。高回転型NAの4気筒(4A-GとかホンダのBシリーズとか)こそ至高という人が多いけど、個人的には4G63が大好きだ。ロングストローク型だからなのか、サウンドも筋肉質でトルクフルな感じがするんだよね。




    ・日本がクールなクルマを作ることを恐れていなかった時代。
     ↑こういうクルマがあるから、我々アメリカ人は25年待たなきゃならないんだよな…
     ↑日本は今でもそうだけど、前ほど海外に向けて作っていないと思う。日本における自動車経済は狂ってるよ。政府は古いモデルを長く保持すればするほど税金を高く取る。だから、車齢15年以上のクルマを見かけることがほとんどなくて、多くのドライバーは5年周期でクルマを乗り換えているんだ。これにより、海外市場に出回らない一発屋みたいな風変りなモデルが生まれたんだ。




    ・ワイパーに付いているゴム製の小さな足は、冬場にワイパーがフロントガラスに凍ってくっつくのを防ぐためのものなんだ。
     ↑自分も書こうと思ってた。ネブラスカ州に住んでいるんだけど、もっと多くのクルマにこの機能が必要だ。
     ↑日本人の知恵は素晴らしいな!




    ・90年代のセダンのスタイリングは格別だな。気に入ったよ。




    ・ペイントの状態がアメイジングだ。このクルマは誰かにちゃんと愛されていたんだな。そういうクルマを見るのはとても印象的だ。




    ・え?エンジンかけっぱなしだって?大丈夫。それはHKSのターボタイマーさ!
     ↑おいbro、俺の中で70スープラの思い出が解き放たれたぞ。




    ・この手のクルマは高く評価したいね。サイズ、重さ、パワー全てがちょうどいい。なんでこういうクルマが手に入らないんだろう?たくさんのお金をつぎ込まなくても、ちょっとブーストを上げてやれば、信頼性を犠牲にせずに多くのパワーが手に入るんだ。




    ・気に入った!アメリカに輸入できるようになったら、今度はレグナムVR-4の動画も作ってくれ!




    ・陰嚢エアコンは、ゼネラルモータースの発明だったような気がするのだが…
     ↑だよな。ほとんどの90年代のシボレー製トラックにはタマ袋チラーが装備されていたよ。性差別と見なされるから、彼らはそれを削除したのかな?それか、生理中に嫁さんが運転しててニオイが気になったとか?
     ↑1985年式の三菱ミラージュにもその小さなエアコン吹き出し口が付いていたぞ。
     ↑俺の2003年式シボレーマリブには睾丸サーモスタットが付いている。




    ・このペイントワークは注目に値する仕事だよ。つやつやのアートだ!




    ・このギャランVR-4が大好きだ!ディアマンテやランサーと同じくらい欲しかった!




    ・このモデルのギャランを路上で最後に見たのはいつだろう。思い出せないな。もし今でも実働の個体があるなら、そいつは超レアだよ。




    ・このクルマは日本で塗装されたのか。だからこんなにペイントジョブがキレイなんだな。




    ・前までは90年代のクルマは好きじゃなかったけど、このチャンネルを見ているうちに好きになってきたよ。このギャランは自分と同い年だけど大好きだ。




    ・ギャランのベースモデルは、良い意味で日本のビュイックみたいだった。ソフトで静かでスムーズなんだ。




    ・90年代の栄光の中で運転するのは楽しそうだ。




    ・自分もギャランを持ってた。まさにこの色で、VX-Sグレードだった。マニュアルでエアサスが付いてたよ。エアサスは最後には壊れちゃったけど。あのクルマは好きだったなぁ。




    ・ああこの音。オールドスクールなJDMの音がする。




    ギャラン VR-4(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン
    ギャラン VR-4(三菱)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 4WD ガソリン

    ギャラン VR-4(三菱)【中古】 中古車 セダン グレー 4WD ガソリン
    ギャラン VR-4(三菱)【中古】 中古車 セダン グレー 4WD ガソリン


    MARK43 1/43 三菱 ギャラン VR-4 (E39A) 1990 ソフィアホワイト (PM43133W) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 三菱 ギャラン VR-4 (E39A) 1990 ソフィアホワイト (PM43133W) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 三菱 ギャラン VR-4 (E39A) 1990 カスタムバージョン シャトーシルバー (PM43133CGM) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 三菱 ギャラン VR-4 (E39A) 1990 カスタムバージョン シャトーシルバー (PM43133CGM) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 三菱 ギャラン VR-4 (E39A) 1990 スーパーコスミックブルー (PM43133BL) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 三菱 ギャラン VR-4 (E39A) 1990 スーパーコスミックブルー (PM43133BL) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型


    2011年式の三菱アウトランダーに対する海外の反応です。

    SUV流行りの現代にあっても、このモデルのアウトランダーは中古車価格がまだお手頃です。乗ってみるととてもいいクルマなんですよね。ローデストがかっこいいです。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・誰がこのクルマに名前を付けたかわからないけど、こんな事が思い浮かんだ。「我々の2大競争相手はアウトバックとハイランダー(トヨタの北米専売SUV。かつてのクルーガーに相当)である。だからこのクルマをアウトランダーと呼ぼう!」
     ↑じゃあ次に出てくるのはハイバックか。




    ・このアウトランダーは前に乗ってたよ。面白いレビューだった。自分のアウトランダーは50km/hで電柱にぶつかって退屈な人生を終えた。自分は無傷だったから、まあ安全なクルマだったと思うよ。




    ・最近の三菱のSUVにありがちな醜いフェイクベントと巨大で攻撃的なフロントエンドに比べれば、このクルマはまだかなりまともだし、これくらいシンプルな方がずっといい。
     ↑しかし、こいつはやっぱりグランドビターラ(スズキグランドエスクードの海外での名前)のステップアップ版でしかないよ。




    ・自分はこのアウトランダーのエクステリアが気に入ってるよ。少なくとも三菱は、2007年から2012年にかけてはまとまりのある魅力的なデザイン言語を持っていた。
     ↑三菱がまだ車両のラインナップを気にかけていた頃だね。今ではそれより不動産業の方を気にかけている。三菱は、数年前から自動車メーカーであることを辞めてしまったようだ。
     ↑確かに、今の三菱のクルマはまとまりがないし魅力的でもない。




    ・これに搭載されていた3リッターのV6はぜひとも試してみるべきエンジンだった。とても気に入っていたよ。自分が所有した中で一番信頼性の高いクルマでもあった。いつでも全てが機能し、エンジンは素晴らしいサウンドとともに動く。SUVというよりクルマって感じだったな。




    ・アウトランダーは今まで乗った中で最高のクルマだったよ。たくさんパドルボードを運んだな。テールゲートが気に入ってた。何回か車中泊もしたなぁ。AWDの、非常に優れた安全なアウトドアカーだったよ。最後は妹がぶつけて廃車にしてしまった。このクルマの2列目の足元スペースの広さは大したもんだったな。確かこいつは、コンシューマーレポート(80年代にジムニーのネガキャンをした消費者団体)の推奨するクルマだった。




    ・このモデルのアウトランダーは、後継モデルよりも新しいように見える。
     ↑ああ。ミツ(三菱のあちらでの愛称)のデザイン言語は、怒ったようなヘッドライトを採用するようになってからSxxTになった。




    ・2010年式のV6搭載のGTグレードを持ってたよ。確かに3列目シートはどうしようもなかった。でも、V6のおかげで何とか乗っていられるクルマだったな。




    ・2.4リッター直4の2006年式アウトランダーに乗ってた。エンジンルームはV8のLSエンジンも入るくらい広いから、最も作業しやすい現代のクルマの1台といえる。それにパーツも安かった。フロントのドライブシャフトを自分で交換したんだけど、たった300ドルで済んだ。ステアリングは妙にクイックだけど、ティーンエイジャー向けのベーシックで優れたクルマだね。




    ・懐かしいな。うちにも2008年式のベースグレードのアウトランダーがあったよ。自分はそのクルマで運転を覚えたんだ。セレクタブル4WDとスポーツモードを備えていたから、こいつは実質的にランエボだろうと思ってた。でも幸運な事に、木に突っ込むような事はなかったよ。クラッシュした時に母親の命を救ったから、アウトランダーは安全なクルマなんだと思う。こいつについて言える一番良い事はそのくらいだな。




    ・アウトランダーが出たばかりのころ、両親が試乗してたな。覚えているのは、フロントエンドがクールだったって事と、クラッシャブルゾーンのおかげで衝突時の安全性が確保されているのをセールスマンが強調してた事くらいだな。




    ・ここニュージーランドでは三菱アウトランダーをよく見かける。でも、なかなか気づかないんだ。まるでバックグラウンドノイズみたいなもんだ。そいつらはただ存在しているだけだ。
     ↑同じくニュージーランドに住んでいる者だが、これには同意できる。




    ・アウトランダーは今までに乗った中で最高のクルマだったよ。手放すまで8年、20万km以上乗った。その間は何のトラブルもなかったよ。全てが機能していて、ワイパーさえ新車当時のもののままだった。このサイズのSUVとしては室内が広く、何でも積むことができた。燃費も良くて、15km/Lも走ったことがある。最新のSUVよりもすごいよね。クイーンズランド州中部を通るアウトバックの旅行もしたことがある。未舗装路を何百キロも走ったけど、ターマックよりも走りは良かった。とても楽しかったよ。同世代のSUVより衝突安全性にも優れているし、非常に過小評価されているクルマだね。




    ・2008年にモンタナに行ったとき、このアウトランダーを借りた事がある。ありがたい事にAWDでV6のモデルだった。Fosgateのサウンドシステムは良かったな。4人が快適に乗れるクルマだった。あのテールゲートも覚えているよ。ブーツを履く時やランチを食べる時にとても便利だった。グレイシャー国立公園をドライブするのは楽しかったな。最近はこのアウトランダーをあまり見かけなくなったね。




    ・初めて乗った事があるクルマのレビュー動画を見た。ここで述べられている事は全くもってその通りだ。このクルマに乗っていた事はよく忘れるんだよな…




    ・自分もこのモデルのアウトランダーをファミリーカーとして持ってたよ。8年くらい乗ってたな。オーストラリアをドライブしたことがあったけど、特に問題はなかった。でもパワーは足りなかったな。




    ・2011年式アウトランダーのベースモデルを持ってた。非常に信頼性の高いクルマだったよ。ヨーロッパでは、エボに搭載されていたSSTトランスミッションにガソリンV6かディーゼルを組み合わせて、S-AWCを搭載したモデルがあったよ。




    ・自分は2017年式のV6搭載のGTグレードを持ってる。このV6は素晴らしい出来のエンジンだよ。とても気に入ってる。




    ・この上級グレードのスタイリングが大好きだった。ランエボのSUVみたいだったんだ。




    ・先月、初代アウトランダーを買ったよ。ここヨーロッパでは、デカいクルマに乗ろうとすると維持費が高くつくけど、アウトランダーは保険と税金がけっこう安いんだ。





    海外では、アウトランダーは地味なSUVという扱いのようです。V6搭載のが気になる…





    ニューモデル速報 第365弾 三菱アウトランダーのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    ニューモデル速報 第365弾 三菱アウトランダーのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]


    ニューモデル速報 第479弾 三菱アウトランダーPHEVのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    ニューモデル速報 第479弾 三菱アウトランダーPHEVのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]


    三菱新型アウトランダー (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス 第79弾)
    三菱新型アウトランダー (CARTOP MOOK ニューカー速報プラス 第79弾)


    【送料無料】ホビー 模型車 車 レーシングカー スケールアウトランダーモデルホワイトmitsubishi outlander 2017 car model in scale 118 white
    【送料無料】ホビー 模型車 車 レーシングカー スケールアウトランダーモデルホワイトmitsubishi outlander 2017 car model in scale 118 white


    【送料無料】ホビー 模型車 車 レーシングカー アウトランダーダカールスピード143 mitsubishi outlander n637 dakar 2009 143 ? vitesse 43430
    【送料無料】ホビー 模型車 車 レーシングカー アウトランダーダカールスピード143 mitsubishi outlander n637 dakar 2009 143 ? vitesse 43430


    【限定】トミカ AEON チューニングカーシリーズ 第34弾 三菱 アウトランダー PHEV ラリー仕様車 イオン 限定 トミカ
    【限定】トミカ AEON チューニングカーシリーズ 第34弾 三菱 アウトランダー PHEV ラリー仕様車 イオン 限定 トミカ

    このページのトップヘ