JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    カテゴリ:日本車 > ホンダ


    日本では販売されていなかった、2017年式のホンダアコードクーペに対する海外の反応です。V6で6MTとは素晴らしい…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・アコードからV6もクーペも無くなったのは残念だ。とてもスムーズでスポーティーだった。




    ・自分はこれと同じクルマを持ってる。2016年式のV6クーペの6MTだ。Road and Track誌では、このクルマは正真正銘のマッスルカーであるという記事も掲載されてたよ。こいつは合理的な毎日のアシを探しているクルマ好きにとって素晴らしいクルマだ。J35プラットフォームは、よく調べてみるとリーズナブルにチューニングできるしね。100%オススメのクルマだ。
     ↑これは確かにスリーパー(羊の皮を被ったオオカミ)だね。自分は2004年式のアコードクーペの6MTを持ってる。ATの方が圧倒的に多いから、MTを見つけるのは大変だよ。




    ・"1万ドルでまあまあのコンディションのものが買える"と言ってるが、最近はそうでもないぞ。
     ↑2016年式でV6&6MTだと、最近は2万ドルを超えるものも出てきてるね。




    ・V6、6MT、クーペのアコードは保護する必要がある。
     ↑今じゃもう製造されていないからな。でも、現行の2,000ccターボのアコードスポーツ6MTは乗る価値がある。クーペではなくセダンだけど、加速、ハンドリングはアコードとして認められるレベルだよ。
     ↑V6アコードはエキサイトメントと上品さを兼ね備えたクルマだ。自分はV6アコードとジャガーを同列に扱うことができると思ってるよ。




    ・V6&6MTのアコードクーペは、ホンダプレリュードに上等なスーツを着せたようなクルマだ。




    ・この動画のおかげで2013年式のV6&6MTのアコードクーペを買うことになったよ。ありがとう。このクルマがとても気に入った!




    ・NAのV6エンジンで278馬力?ナイスだ。




    ・このアコードは過小評価されている名車だよ。




    ・大学を卒業したらこのアコードクーペをこっそり買おうと思ってたのに、こんなんしたら値段が上がってしまう…




    ・アコードは好きだなぁ。初めてのクルマは2008年式のアコードEX-Lだった。あれは気に入って乗ってたよ。パワフルなエンジンと広い室内空間がよかった。後部座席がちゃんと使えるクーペの時代が懐かしいよ。




    ・2019年式のスバルWRXを探していたけど、結局2017年式のアコードクーペの6MTを買ったよ。後悔は全くしていないね。こいつを手に入れられて本当に良かった。レギュラーガソリン仕様なのに278馬力なんだから、文句のつけようがないよ。




    ・自分はこのアコードクーペの6ATバージョンを持ってる。オートマでもめちゃくちゃ速いよ。それに燃費もいいんだ。オハイオ州コロンバスからウエストバージニア州チャールストンまでの320kmのドライブで、燃費が17.0km/Lを越えたことがある。




    ・このラブリーなアコードクーペの6MTを持っている人は本当にラッキーだ。残念だけどもうこういうのは出ないだろうし、時代を超えて愛されるクルマだ。もし見つけたら絶対手に入れた方がいい。それもできるだけ速やかに。




    ・半年ほどかけて探して、ようやく2017年式のMTのアコードクーペを見つけたよ。とても気に入っている。前に乗ってた1997年式のインテグラほどレーシーではないけど、ハイウェイをクルーズするのには最高だね。見た目は超ハンサムだし、乗り心地も素晴らしいよ。




    ・こいつは素晴らしいクルマだよ。自分も2017年式のV6&6MTのアコードクーペに乗ってる。パワー、トルク、見た目、どれを取っても素晴らしい。特にスモークガラスにすると超かっこよくなるよ。




    ・ホンダのディーラーで働いてる。このアコードクーペが入庫してくるのをいつも楽しみにしてるよ。このクルマを見るたび、もっと大きなガレージと大金があればいいのになって思う。




    ・マニュアルのホンダ車は、ほとんど人たちの夫婦関係よりも長持ちするかもしれないな。
     ↑それどころか、太陽系もしくは観測可能な宇宙よりも長持ちする可能性がある。




    ・2016年式の6MTのアコードクーペを持ってる。我が家では3台目のクルマで、走行距離は今のところ3万kmくらいだ。これを買ってからタンドラ(トヨタのフルサイズピックアップトラック)には乗らなくなっちゃったよ。運転がとても楽しく、ギアの感触も良く、非常に快適だ。このアコードクーペでアメリカ横断にチャレンジしたことがある。まるで夢のようだったよ。




    ・このレビューを見て、2013年式のアコードEX-Lを手に入れたよ。走行距離はたったの6万キロなんだ。これはマジで素晴らしいクルマだ。




    ・自分は2019年式のシビッククーペに乗ってる。置き場所に余裕があれば、せひこれも手に入れたいところだ。自分はMTのクーペが好きなんだけど、最近は廃れてしまって寂しいよ。





    アコード ハイブリッド (ホンダ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ハイブリッド
    アコード ハイブリッド (ホンダ)【中古】 中古車 セダン ブラック 黒色 2WD ハイブリッド

    アコード ハイブリッド EX(ホンダ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ハイブリッド
    アコード ハイブリッド EX(ホンダ)【中古】 中古車 セダン ホワイト 白色 2WD ハイブリッド

    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン
    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン

    アコードクーペ ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    アコードクーペ ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン



    1993年式の4代目プレリュードに対する海外の反応です。初代グランツーリスモでは、このクルマには大変お世話になりました…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・誰もダッシュボードのデザインについて話さないの?すごい造形だよ。
     ↑ホンダのインテリアデザインは素晴らしかった。90年代初頭から2000年代初頭にかけては特に。前に乗ってた2001年式のアコードが懐かしいよ。
     ↑本当にカッコいいよな。前にこのプレリュード乗ってたけど、ダッシュボードは印象に残ってる。
     ↑自分はこのプレリュードが出た時に一度だけ乗ったけど、でもダッシュボードの事はよく覚えているよ。
     ↑自分が日本に駐留している時、このプレリュードのJDMバージョンに乗ってた。スウィートなオートエアコンが付いていたよ。JDMバージョンには純正のアナログTVを搭載したモデルさえあったんだ。




    ・ホンダプレリュードは決して飽きることのないタイプのクルマだ。隣人が新しいポルシェやミアータ(マツダロードスターの海外名)、マスタングを買ったとしても、自分のガレージにあるプレリュードの方がより特別なクルマだ。




    ・自分がハイスクールにいた時、父親が1992年式のプレリュードSを持ってた。父親にMT車の運転を教えてもらおうとしたけど、父親はいつも忙しくて無理だった。だから、父親と母親が夕食を食べている間、プレリュードを拝借してMT車の乗り方を独学で覚えたんだ。いいクルマだったなぁ。




    ・思い出が甦るね。このプレリュードは、初代グランツーリスモで初めて購入したバーチャルカーだ。グレーのやつを中古車セクションで買って、吸排気のチューンをしたよ。




    ・プレリュードは大好きだったよ。B16が愛されているのは知っているけど、H22Aの素晴らしさを忘れている人がとても多い。
     ↑オールドスクールホンダにおける"ビッグブロック"だね。
     ↑自分の他にもH22Aのファンがいるのは嬉しいな。
     ↑悲しいけど事実だ。




    ・すべてのFF車の中で、ホンダ車のシフトフィールが最高だ。メカニカルリンケージのおかげかな。
     ↑全くもってその通り。トヨタ車は言う事を聞きたがらなくて、VWは世界最小のボートを漕いでいる気分にすらなる。その点、ホンダ車はすべきことをよく理解している。
     ↑H、F、Kシリーズは信じられないかもしれないけどケーブルシフターだよ。でも非常にタイトで正確だ!




    ・このビデオが気に入った。自分は4代目このプレリュードが好きで、これまでに3台乗ったよ。このクルマを本当に理解する方法は、ただ運転するだけだ。ダッシュボードはレトロフューチャーな感じがして、90年代に引き戻されるようだ。シートは今でも快適だね。とにかくVTECが作動するまでブン回してみれば分かるよ。




    ・日本に駐留していた時、JDMバージョンのプレリュードに乗ってた。VTECがないF22Bを搭載したSiだったけど、あれは今の基準でも運転が楽しいクルマだよ。




    ・このクルマは見た目の通り、後輪駆動であるべきだった。
     ↑もしそうだったら、シルビアのライバルになってたかもしれないな。
     ↑横から見るとプアマンズスープラって感じがする。FRだったらもっと売れたかもしれないな。




    ・このプレリュードは初めてのクルマだった。懐かしいなぁ。




    ・子供の頃、このクルマはとても印象的だった。そこまでたくさんではないけど、チューニングされてよく磨かれた4代目プレリュードはよく見かける。ゴージャスなクルマだね。こいつは文字通り、チューニングされたがっているクルマだ。




    ・このLude(プレリュードの愛称)はどちらかというと移動可能なボロ小屋って感じだけど、現在路上にあるクルマの大部分よりは速い。大好きだよ。
     ↑一般的なエコノボックスよりもプレリュードの方がずっとエキサイティングだよ。




    ・VTEC搭載の1994年式プレリュードに乗ってた。車内は"静寂の間"って感じだったな。エクステリアのデザインは時代をかなり先取りしていたよ。このクルマは大好きだった。




    ・2000年代半ばあたり、H22Aを5代目のEG型シビックにスワップする人が何人かいたっけね。バルクヘッドの何か所かをデカいハンマーでしばく必要があったけど、それ以外は実にクリーンにスワップできていた。あんな小さいクルマによく載せるもんだよなぁ。




    ・初めて乗ったまともなクルマは、1992年式のインテグラだった。同じ時代のプレリュードの方がとてもモダンでスポーティーに見えるから、いつもうらやましく思ってたよ。




    ・疑いなく、こいつはホンダのFF車で一番優れている。HシリーズのVTECは、V8に凝り固まった自分のハートを砕いてしまった。




    ・昔を思い出すよ。このプレリュードは自分で買った初めてのクルマだった。最速ではないけど楽しかったな。ダッシュボードは最高だった。こいつがFRだったらもっとよかったのにな。




    ・初めて乗ったのはこの一つ前の1989年式のプレリュードSiだった。走りが良かったなぁ。




    ・素晴らしく面白いビデオだった。自分は21歳になって、初めてのクルマとして1993年式のVTEC搭載のプレリュードを買ったよ。ノーズが特徴的な4代目プレリュードを他の人が運転しているのを見ると、自分も宝物を持っているんだと思って嬉しくなるね。




    ・かつて、このプレリュードはフロリダ中部のどこでもよく見たなぁ。良い時代だった。そしてこいつのレッドゾーンは正気の沙汰でない。




    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 19911 SEBRING SILVER METALLIC (PM43120S) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 19911 SEBRING SILVER METALLIC (PM43120S) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 CUSTOMIZED COLORGRANADA BLACK PEARL(CUSTOMIZED COLOR VERSION) (PM43120BK) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 CUSTOMIZED COLORGRANADA BLACK PEARL(CUSTOMIZED COLOR VERSION) (PM43120BK) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 MILANO RED (PM43120R) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 MILANO RED (PM43120R) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    青島文化 AOSHIMA 1/24 ザ・チューンドカー No.73 JUNオートメカニック BB1 プレリュード ’91 ホンダ
    青島文化 AOSHIMA 1/24 ザ・チューンドカー No.73 JUNオートメカニック BB1 プレリュード ’91 ホンダ


    ホンダの往年の軽スポーツカー「ビート」に対する海外の反応です。

    平成のABCトリオの「B」担当のこのクルマは、1991年に発売されました。64PS/8,100rpm、6.1kgf・m/7,000rpmを発揮するMTREC付きのE07A型3気筒SOHCを搭載し、4輪独立サスに4輪ディスクブレーキを装備していました。

    海外の方々からは、どのように見られているのでしょう…?











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・彼が「これはマリオカートの雷に当たったホンダシビックだ」って言ってたのには笑った。
     ↑ホンダビートに乗っていたら、周りを走っているクルマはみんなクッパに見えるだろうな。




    ・このレビューは信じられないほど正確だ。ビートは速度を上げなくても楽しいバックロードカーだよ。自分はビートとカプチーノを持っていて、どちらも素晴らしいが性格は非常に異なっていた。ビートの方がハンドリングが良く、音も良かった。でもカプチーノにはハードトップがあったしイジり方も豊富で、直線はビートより速かった。ルーフを上げておけばハイウェイクルーザーになったし、実用性も上だった。どっちがいいかを決めるのは難しいね。




    ・メーター周りがホンダの現代のスポーツバイクにそっくりだ。
     ↑自分もファイヤーブレードっぽく見えるなぁと思ってた。




    ・このオーナーはニュージャージー州でビートに乗ってるのか?海兵隊員よりも勇敢なヤツだな。(運転が荒いらしいです。管理人注)




    ・ビートを手放したばかりだから、このレビューの全てが正しいと保証できるね。ちなみにビートの助手席に乗っていると、ハイウェイで合流する時なんかは大型トレーラーのタイヤが顔のすぐ横に来る。マッドマックス怒りのデスロードを合法的に体験できるんだ!




    ・このクルマはNSXとS2000をくっつけたみたいだね。
     ↑クールに見えるよ。
     ↑それから大幅に縮小させたやつ。




    ・グランツーリスモのプレイヤーは、人生のうち1回はビートに乗ってみる必要がある。
     ↑自分がビートに乗りたいと思う理由はまさにグランツーリスモだ。ダッジバイパーやインプレッサに乗りたがる人と同じ理由だよ。




    ・これならピックアップトラックの荷台に積める!




    ・このビートに付いているエアロパーツが気に入った。




    ・これは自分が持っている1993年式のジオメトロコンバーチブル(スズキカルタスコンバーチブルのOEM)について思っていることと全く同じだね。小さくて軽くてシンプルで、どの速度域でも楽しい。どこへ行っても3つのシリンダーはニコニコしてるよ。




    ・これは個人的にノスタルジーを感じるクルマだ。子供の頃、家族と一緒に行った高級ショッピングモールの近くにある高級車ディーラーにこのビートがいたんだ。超レアな1997年式ダッジバイパーの横に並んでいるこのクルマが大好きだったよ。




    ・自分もビートを持ってるよ。日本で購入して、16年前にイギリスに持ってきたんだ。子供ができた時に手放したけど、どうしても忘れられなくてまた買っちゃった。9年くらい乗っているけど、乗るたびに特別な感じがするよ。




    ・自分は普段のアシとしてホンダビートに乗ってる。これは自分が今までしたことのうちで一番エキサイティングかつ恐ろしい事だね。




    ・よくやったなRegularCars、この動画のおかげでホンダビートを買っちゃったよ。走行距離11万キロのを8,000ドルで手に入れた。このクルマはクソ素晴らしいぞ。




    ・アクティにも同じエンジンが載ってるんだよね。でもそちらはキャブ仕様なんだ。こっちのはMTRECのおかげで30馬力くらい出力が上がってるんだ。すげえな。




    ・もし日本に行けたら、こいつのモダンバージョンのS660を探してみたいね。自分は背が高すぎてビートに乗れないんだ。こういうクルマはとても楽しそうだ!




    ・このビートをクリーンかつオリジナルに保っているオーナーを称賛したい。




    ・もしこのビートにに過給機を付けたら、きっとエンジン付きの棺になるだろうな。




    ・オーケー。ちょうどビートを買おうかと思ってたけど、このレビュアーがビートを支持しているから買うことにするよ。速いクルマを買うか楽しいクルマを買うか迷ってたんだ。こいつなら、スピード不足を補って余りある楽しさがありそうだ。




    ・軽カーのレビューを見れば見るほど軽カーが欲しくなる。




    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン

    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー ホワイト 白色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー ホワイト 白色 2WD ガソリン

    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー レッド 赤色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー レッド 赤色 2WD ガソリン

    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き カーニバルイエロー (PM4389TY) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き カーニバルイエロー (PM4389TY) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) クレタホワイト (PM4389W) モデルカー ミニカー 完成品 模型 通販 プレゼント ギフト
    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) クレタホワイト (PM4389W) モデルカー ミニカー 完成品 模型 通販 プレゼント ギフト

    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き フェスティバルレッド (PM4389TR) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き フェスティバルレッド (PM4389TR) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型


    最近、というか当時もあまり見る機会がなかったホンダエレメントに対する海外の反応です。

    若者向けのSUVとして開発され、日本では2003年から2005年までホンダベルノ店で販売されました。観音開きのドアと黒樹脂パーツを多用した外観のため支持を得られなかったようですが、アメリカでは2002年から2011年まで、けっこう長い間販売されていました。

    搭載されるエンジンは2.4リッター直4i-VTECのK24A型で、パワーは160PS/5,500rpm、22.2kg・m/4,500rpmを発揮していました。日本ではATと4WDのみでしたが、アメリカではMTの設定もあり、またFFも選べたそうです。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・ホンダはこのクルマを若者向けに売り込んだが、その手の多くのクルマのように、なぜかお年寄りに人気が出た。
     ↑自分のサイオンxB(トヨタbBの北米版)もだ。
     ↑トヨタマトリックス(トヨタヴォルツ)でも同じことが起きた。
     ↑このエレメントが初めてのクルマだったよ。
     ↑9歳くらいの頃、このエレメントが欲しかった。




    ・自動車メーカー:ガキは頭がよくないから単純なクルマを作ろう。
     高齢者:ついに我々向けのクルマが!




    ・このエレメントは今までに所有した中で最高のクルマだった。14年間、44万km乗ったけど、替える必要があったのはタイヤ、ブレーキ、セルモーターだけだった。ホンダの真の逸品だね。
     ↑公平を期すために言うと、それはどのホンダ車にも当てはまる。自分のフィットも同じ感じだよ。




    ・2010年からこのエレメントのAWDに乗ってる。もう43万kmだけど、オイルとタイヤとワイパーくらいしか交換の必要がなかった。これまでに乗った中で最も実用的なクルマだね。自分が持ってるドゥカティ1199パニガーレを含む、全てのものがこのクルマに収まる。警察にスピード違反で止められることはないけど、ハイウェイで120km/hを下回ることもない。それにどこでも駐車できて、他人からドアパンチを食らわされるのも気にならない。「は?そんなの気にしねーよ」的なクルマだもんな。とても気に入っているよ。
     ↑中古で買おうと思ってたんだ。背中を押してくれてありがとう!
     ↑こいつにドゥカティ899が収まるか疑問に思ってたんだ。すっかり欲しくなったよ。
     ↑今、中古市場では数千ドルの値段が付いているよ。




    ・自分はエレメントの見た目が好きなんだけど変かな?最近の小型SUVよりもモダンに見えるような気がする。
     ↑このクルマのデザインはクリーンでシンプルだからだよ。プレーンなデザインは、大抵の場合古臭く見えないんだ。
     ↑このクルマのデザインの良さは折り紙付きだ。実際よりもデカく見えるよね。




    ・正直なところ、このエクステリアのスタイリングは10年以上経つ今でもモダンに見える。




    ・純正アームレストに腕を乗せていると、シフトチェンジがとても快適だよ。




    ・自分の父親は白のエレメントを持ってた。5MTで4WDのやつだった。素晴らしいクルマで、とても信頼性が高かったよ。キャンプに最適だね!




    ・友達がこのクルマを持ってる。乗るのがとても楽しいクルマだよ。風変りで広々としていて、驚くほど視点が高い。マジで楽しいクルマだね。




    ・ホンダエレメントは本当に気に入っている。これは本当に多目的なクルマだよ。どんな天候でも、どんな道でも走れる。とても広いから、荷物を運ぶのも得意だね。




    ・エレメントは大好きだった。好きすぎて3台乗ったよ。こいつに寝泊まりしながら、アメリカの四隅を訪れる4万kmの旅をしたこともあった。こいつはスポーツカーではないけれどカリスマ性があるし、とても実用的だ。アウトドアを楽しむ人にとってはユニークで素晴らしいクルマだね。




    ・エレメントはホンダの傑作のうちの1台だ。プラスチックのインテリアと角ばったデザインがとても気に入ったよ。




    ・このデザインはいい年の取り方をしているな。そんなに昔のクルマだなんて信じられないよ。




    ・自分は前までこのエレメントを見るのすら嫌だった。でも今のガールフレンドが2003年式のエレメントを持ってるんだ。この室内空間の広さに感銘を受けたよ。そしてこいつは素晴らしいキャンピングカーでもあるということがよくわかった。




    ・ホンダ車フリークはエレメントが好きなんだ。AWD+MT+K24スワップのドナー車だからね。エレメント万歳。




    ・2003年式のエレメントに乗ってる。とても気に入ってるよ。街乗り用途だけならジープラングラーよりも優れているね。このクルマの中でベビーベッドが展開できるんだ。本当に気に入ってるよ。




    ・2006年式のATのエレメントを持ってる。とても素晴らしいね。後ろには何でも積むことができる。これに乗ると、棚やソファーを運ぶのをよく頼まれるようになるよ。




    ・エレメントのシートポジションはとても快適だよ。サイオンxB(初代トヨタbB)、スバルフォレスターなんかの箱型のクルマによく似ていて、とてもアップライトなポジションなんだ。疲れることなく一日中運転することができる。風切り音がひどいのは残念だけどね。




    ・ずっとこのクルマが欲しかった。こいつはとてもクールだ。




    ・こいつはたくさんの自転車を積み込める最高にクールなクルマだよ。




    エレメント ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン
    エレメント ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン

    エレメント ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン イエロー 黄色 4WD ガソリン
    エレメント ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン イエロー 黄色 4WD ガソリン

    エレメント ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン
    エレメント ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ガソリン

    ニューモデル速報 第323弾 HONDAエレメントのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]
    ニューモデル速報 第323弾 HONDAエレメントのすべて【電子書籍】[ 三栄書房 ]

    【中古】 HONDAエレメントのすべて (ニューモデル速報 (第323弾))
    【中古】 HONDAエレメントのすべて (ニューモデル速報 (第323弾))

    トミカ Honda エレメント (サック箱) 107
    トミカ Honda エレメント (サック箱) 107


    事故歴なしで低走行のものは、2022年12月時点で500万円以上で売りに出されています。価格は天井知らず…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・このインテグラタイプRは、一部の初代NSXよりも高価という事に圧倒される。
     ↑その通りだ:(
     ↑まあ、エンジンがブローしててサルベージタイトル(修復歴)ありのNSXは安いけどな。
     ↑これは過大評価されすぎだと思う。今でも「最高のFF車!」というファンもいるけどね。インテグラは、より良い未来への足掛かりの1つだよ。




    ・このフロントバンパーとヘッドライトのスタイリングはよく持ちこたえているね。今でもクールだし、特別な感じがするよ。
     ↑このクルマに限っては、JDMよりもUSDMの方がいいな。
     ↑なぜみんなが無条件にJDMフロントエンドに憧れるのかわからないな。USDMにも独自の魅力があるよ。




    ・VTECサウンドはノスタルジーを感じるね。




    ・今ちょうどインテグラを組んでいるところだ。これだけは言わせてくれ。このクルマは超絶楽しいぞ。B型エンジンのフィーリングや扱いの良さは特別だよ。




    ・この"バグアイ"インテグラは、良い年の取り方をした数少ない90'sデザインの1つだ。
     ↑一般的に、90年代のデザインは今のものよりも優れていると思うな。
     ↑90年代の日本のデザインはかなり成熟していたと思う。こっちのアメ車については、同じことは言えないかな。
     ↑90年代の日本のものは、今と比べてほとんど全てが美しい。




    ・子供の頃、赤いヘッドカバーを見てワクワクし、好奇心をそそられた事を思い出してみなよ。何年たってもまだまだ子供。




    ・インテグラGS-R(日本におけるSiRに相当するグレード)はそれはそれで優れたクルマなのに、「なんだ、タイプRじゃないのか」って言われるとガッカリするよ。
     ↑どんな奴がそういう事を言うか知ってるか?クルマが買えないだけじゃなく、ガソリン代も払えないような奴らだ。だから気にするな。
     ↑自分は喜んでGS-Rに乗りたいと思うけどなぁ。




    ・このクルマは安く楽しくあるべきだったのに、今じゃとんでもないプレミア価格だもんなぁ…
     ↑今ならまだインテグラのベースモデルを手に入れて、改造して速くする事ができるよ。Type RはHype(誇大広告の意) Rだ。




    ・VTECが作動するあたりは、自分の耳にとっては心地のいい音楽だ。憧れるなぁ。




    ・このクルマはレスポンスが良く、運転が楽しく、トルクも十分だった。まさにヘヴンだったよ。




    ・この動画を観たら、前に乗ってたプレリュードが恋しくなった。オールドスクールなNAのVTECエンジンみたいなものは他にはないからね。




    ・ホンダが今でもこういうクルマを作っていればいいのにな。純粋なシンプルさと楽しさを備えたようなクルマ。




    ・アキュラインテグラは、2013年に自分が初めて所有したクルマだ。当時はただの古いアキュラでしかなかったけど気に入ってたよ。今でもあのクルマが恋しいよ。




    ・日本は再び4気筒の素晴らしさを世界に教えた。




    ・インテグラタイプRは大学時代に乗っていたよ。とても気に入ってた。2年間乗って手放したら、2003年に買った時よりも高く売れたんだ。




    ・自分は今でも2000年式のインテグラLSを持ってる。走行距離はまだ12万km少々で、ディーラーの整備記録も残ってる。とても気に入ってるよ。あと2年くらいしたら、うちの子供にあげようと思っているんだ。




    ・VTECの楽しさは別格だ。大好きだよ。




    ・このインテグラタイプRのクリーンなボディラインが好きだな。ホワイトが一番似合うね!




    ・今39歳だけど、20歳の時に新車で買ったフェニックスイエローのインテグラタイプRを今でも持ってる。両親のガレージに置いてあって、めったに乗らないんだ。数か月に1回乗るたびに、今でも手に入れた日のように感じる。今まで乗った中で一番運転が楽しいクルマだよ。




    ・昔インテグラに乗ってたよ。初めてのクルマがインテグラGS-Rだったんだ。特別なクルマだよ。B18Cと聞いただけで思い出がよみがえる。自分は人生において後悔する事はあんまりないけど、あのインテグラを手放した事は後悔しているよ。




    インテグラ タイプR X(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    インテグラ タイプR X(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    インテグラ タイプR(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン
    インテグラ タイプR(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 2WD ガソリン

    タカラトミー 02 ホンダ インテグラ タイプR
    タカラトミー 02 ホンダ インテグラ タイプR

    このページのトップヘ