2024年式のホンダパスポートトレイルスポーツに対する海外の反応です。
これは北米専売のミドルクラスSUVで、280hp/6,000rpm、36.2kg・m/4,700rpmを発揮する3.5リッターV6を搭載し、9速ATが組み合わされます。この「トレイルスポーツ」はオフロード向けのグレードで、専用のチューニングが施されたサスペンションやGeneral GrabberのA/Txタイヤなどを装備したモデルです。












↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





・V6エンジンだと!?美しく爽やかな響きだ。
 ↑だよな!そしてこいつにはCVTが搭載されていない。これは夢だろうか。




・この見た目が気に入ったよ。大きく見えるけど、実際はそれほどでもない。




・自分もこのホンダパスポートのトレイルスポーツを手に入れたよ。V6エンジンに9速ATを搭載し、2列シート仕様というのはまさに自分が望んでいたものだ。自分はカナダに住んでいるんだが、ここでの仕様は少々異なる。電動格納式ミラーやウインドウカバーは付いていないいないんだ。でもリアにはマッドフラップ付いていて、リアシートには空調機能とヒーターが付いている。カナダの冬の寒さから守ってくれるんだ。




・こいつは超クールだ!ホンダのインフォテインメントシステムは素晴らしいな。




・自分もこのパスポートトレイルスポーツを買ったよ。とても気に入ったね。




・インフォテインメントシステムやダッシュボードは1世代遅れているようだ。となると、モデルチェンジが近いのかな。




・J型のV6エンジンは最高だ。自分はほぼ同じエンジンを搭載した2007年式のホンダパイロットに乗ってる。走行距離は252,000kmだけど、今でも第一線級の走りをしてくれているよ。




・このクルマは好きだけど、ボタン式のシフターは大嫌いだ!




・これはもしかすると次に乗るクルマになるかもしれない。




・もしこれがイギリスでも販売されていたら、間違いなく今乗っているCR-Vからアップグレードしただろう。自分が望む条件を全て満たすクルマだ。




・こいつはクールなクルマだ。見た目が素晴らしいね。




・ちょっと高価だけど、これは自分としてはベストな4WDのSUVの選択肢だと思う。




・こいつにMTがあれば完璧だったんだが。




・このクルマは1983年のキャベツ畑人形よりも早く売れるだろうな。




・トランスミッションは気難しい事で有名なZF製の9速ATか。自分は買わないかな。




・今のホンダで最も信頼性の高いものは、2.0リッターのNAエンジンを搭載したシビックのMTだろうな。




・自分は2025年モデルを待つことにするよ。
 ↑それが正解かもしれない。おそらく見た目はホンダパイロットとCR-Vに似たものになり、ホンダ製の10速ATが搭載されると思う。




・ちょうどうちの母親がこのパスポートトレイルスポーツを買ったところだ。そして今まで乗ってた2019年式CR-Vをお下がりとしてもらったよ。




・ホンダパイロットの方がより新しいプラットフォームを備えていて、より大きいのに燃費は同じで、スターティングプライスはもっと低い。




・自分はホンダが好きだけど、このルックスは自分向けではないな。これよりもホンダパイロットの方がいい。しかしこのセグメントでは、トヨタ4ランナーが答えだと思うな。