※※※過去記事を再掲します※※※



ネオクラシックからガチクラシックに移行しつつある、1988年式のいすゞピアッツァに対する海外の反応です。

あちらでは「いすゞインパルス」の名前で販売されていました。ジウジアーロデザインのボディシェイプは日本車離れしていますね。

VWシロッコに似てるなぁと思いましたが、シロッコも初代はジウジアーロのデザインでしたね。












↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





・マレットヘア!グラフィックイコライザーにテープデッキ!80'sはたまらないな!
 ↑当時に戻りたい!




・こういうレトロなクルマのレビューは大好きだ。どういうわけか、過去のありふれたクルマでさえ、現在の太ったゼリービーンズみたいなクルマより興味深いようだ。歳を取ったかな。




・このピアッツァのスタイリングは時代を超越しているなぁ
 ↑今でも欲しいと思う。
 ↑このクルマはカッコいいね。FRだし、ドリフトできるかな。
 ↑こんなレアなクルマでドリフトするなよ…




・このクルマがシボレーシェベットから派生したものだという事を考えると驚くべき事だ。
(管理人注:当時、GMの世界戦略で、いすゞピアッツァやシボレーシェベット、オペルカデット等がプラットフォームを共有していた)




・このいすゞピアッツァは当時、自分のお気に入りのインポートカーだったよ。




・このピアッツァはハイスクールの時に初めて乗ったクルマだ!素晴らしいクルマだった。思い出がいっぱいあるよ。




・ガジェット警部(昔のアニメ)のクルマもこんなだったような気がするな。まぁ、ボタンを押すとバンに変身する機能はないだろうけど。




・このクルマがデビューした時、カー&ドライバー誌にいすゞインパルスターボの記事が掲載された。あまりにも欲しすぎて何百回も読み返したよ。2代目のインパルスとジオストーム(ピアッツァのOEM車)は貧弱な代替品で、スポーツカーではなくエコノボックスだった。スープラと同じクラスではなくなったと思ったね。




・非常にレアなクルマだ。特に、2代目の1991年式いすゞインパルスRSターボの4WDはめちゃくちゃレアだね。
 ↑プアマンズアウディクアトロってとこか。




・子供の時、父親が所有していた。とても愛すべきクルマだったよ。




・とても美しいクルマだ。同僚が前にゴールドのいすゞピアッツァに乗ってて、めちゃくちゃ羨ましかった。これが出た当時はまだ子供だったから買えなかったんだよな。今でもかっこいいクルマだよね。




・80年代における最も美しい"オリエンタル"なクルマの1台だ。




・このクルマはグッドルッキングだな。特にフロントフェイスがグッドルッキングだ。




・今の基準でもシャープなルックスのクルマだね。




・ええ?これは後輪駆動なのか?思いも付かなかった。
 ↑世界的なプラットフォームのクルマだよ。シボレーシェベットと同じさ。
 ↑当時、NAのLSDが入っていないピアッツァで冬のニュージーランドを走り回ってたよ。"ドリフト"という言葉が流行る前から、そこら中のコーナーで雪ドリしてたよ。まあ、横向けないと冬場は曲がれないからなぁ。




・とてもカッコいいいすゞだ。小さい頃、本気でこのクルマが好きだったよ。




・もしこのインパルスに独立のリアサス、200馬力のエンジン、幅の広いタイヤが装備されていたら、当時の完璧なクーペだったのに。




・新型のマスタングから2.3リッターのエコブーストをこのインパルスにスワップしたら、最高のクルマになりそうだな。




・AE86とデロリアンを足したようなクルマだな。
 ↑ジウジアーロデザインだからな。
 ↑デロリアンとポルシェ928じゃない?




・すばらしい見た目の80'sタイムカプセルだ。当時の5.0リッターV8のマスタングやシボレーカマロIROC-Zと同額と考えると割高な気もするけど、それでもナイスなクルマだよ。