JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    2023年10月


    R34スカイラインGT-Rに対する海外の反応です。ワイルドスピードのおかげで海外での認知度が飛躍的に上がり、それと共に中古車価格も急上昇しました。前までは家買える値段だなぁ…と思って観てましたが、最近ではそれ以上になっているようで…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・自分はベイサイドブルーのR34スカイラインGT-Rを持っているが、これは手放すことはできないな。価格の点では間違いなく過大評価されているけど、運転するのはとても特別な感じがするんだ。そこがとても気に入っている。
     ↑もしそれがV-Specなら、5世代先まで受け継がれるべきだ!
     ↑ドノーマルの状態だとびっくりするほど遅いんだよな。初めて乗った時は驚いたよ。
     ↑自分はベイサイドブルーのラッピングを施したER34を持ってる。自分も同じく、このクルマは手放せないね。




    ・自分はそこまでスカイラインが好きじゃないけど、評価できる点の一つはスタイルだ。これは現代でも十分に通用する。同世代の他のどのクルマよりも優れているのは間違いない。




    ・このクルマはとてもいい歳の重ね方をしている。これがなぜアイコンなのかがよく分かるよ。




    ・これはどのレーシングゲームでも真っ先に狙うクルマだ。グランツーリスモ3ではブルーのスカイラインGT-Rを使ってたよ。そしてそいつをモンスターに変えてやった。あのゲームは驚くべきゲームだったし、このクルマは驚くべきクルマだった。




    ・正直な話、数年前まではこのR34スカイラインGT-Rの存在を知らなかった。このクルマが当時のレクサスSC300(30ソアラのレクサス版)やスープラと同じく直列6気筒を搭載しているということに衝撃を受けたよ。




    ・R34について誰が何と言おうと、ミッドナイトパープルはこれまでで最も美しいボディーカラーだ。




    ・アメリカでこれを手に入れるのはほぼ不可能に近い。でもありがたいことに、自分はこれを運転する機会に恵まれたことがある。2020年に日本へ家族旅行に行った時、日本に住む父の友人がこのスカイラインを持っていて、運転させてもらったんだ。本当に素晴らしい経験だった。




    ・このクルマのスタイルはまさに象徴的だ!子供の頃からの思い出がいっぱいある1台だよ。




    ・このスカイラインGT-Rのステアリングは本当にしっかりしている。これまでに運転したクルマの中では最高のステアリングフィールだった。初めて乗った時すぐに気づいたよ。




    ・R34がとても大好きだ。自動車の歴史の象徴的な時代をさらに超越した作品だよ。それに関するビデオを観ているだけでめまいがするようだ。




    ・数多くのゲームや映画での存在感を除けば、このクルマを特別なものにしているのは、そのパフォーマンスとシンプルなボディ形状の相乗効果だと思う。スープラやNSX、エクリプスほど派手ではない。スポーツクーペだけど、見た目は日本のフルサイズセダンのガラスエリアを狭くしたような感じだ。まあこれは単なる自分の意見だけど、それが自分が当時の日本車を愛する理由なんだ。




    ・このデザインは全くもってタイムレスだ。ビューティフルなマシンだね。




    ・これは本当に伝説的なクルマだ。エキゾチックなクルマが多い地区に住んでいるから、実物を見たことがあるよ。この色は実際に見るともっとカッコよく見えるんだ。自分はてっきり、純正色じゃないと思ってたよ。




    ・80年代後半から90年代半ばにかけて育った人なら誰でも、日産スカイラインはゲームや映画に登場するずっと前から非常に人気があったことを知っていると思う。80年代のR31以来、輸入車好き全員が手に入れたいと思ってたクルマなんだ。自分も90年代初頭に、寝室にカスタムされたR32スカイラインのポスターを貼ってたよ。グランツーリスモが登場する6~7年くらい前かな。スカイラインはおそらく、当時最も人気があるチューナーカーだった。スープラやRX-7の方がもっと一般的だったけど、スカイラインはよく知られ、愛されていたよ。




    ・個人的には、90年代後半のクルマは路面の感覚とハンドリングの繋がりのピークだったと思う。安全規制がまだ重くのしかかる前で、プラスチックは最も軽く、エンジンは最も小型なのに最もパワーがある時代だった。




    ・スカイラインは日本のスポーツカーの最高峰だ。スカイラインはデビューして以来、参加した全てのモータースポーツの関係者をぶっ飛ばしたたけでなく、タイムアタックやドラッグレースを今でも支配している。スカイラインほどサウンドがよく、生々しく、そして速いクルマはない。




    ・R34は自分にとって、子供の頃からの憧れのクルマだった。壁に大きなポスターを貼ってるよ。もしお金があれば、すぐにでも買うんだけどな。




    ・R34スカイラインGT-Rは、日本におけるBMW E46 M3みたいなものだ。直列6気筒を搭載して約320馬力を発揮する、時代を超越した伝説的なクルマだよ。




    ・日産はもう、鋳鉄製ブロックのエンジンを作っていない。それがこのクルマがビーストである理由の一部だ。どれだけアグレッシブな改造をしても平気なんだよ。




    ・自分はワイルドスピードの影響でこのクルマが好きになった。公開されてから何年も経つけど、今でもこのクルマは大好きだ。





    オートアート 【再生産】1/18 日産 スカイライン GT-R (R34) Vスペック II (ブラックパール)【77407】 ミニカー
    オートアート 【再生産】1/18 日産 スカイライン GT-R (R34) Vスペック II (ブラックパール)【77407】 ミニカー


    ★オートアート 1/18 日産 スカイライン GT-R (R34) Vスペック II ホワイトパール
    ★オートアート 1/18 日産 スカイライン GT-R (R34) Vスペック II ホワイトパール

    オートアート 【再生産】1/18 日産 スカイライン GT-R (R34) Vスペック II (ベイサイドブルー)【77408】 ミニカー
    オートアート 【再生産】1/18 日産 スカイライン GT-R (R34) Vスペック II (ベイサイドブルー)【77408】 ミニカー

    スカイラインGT-R GT-R(日産)【中古】 中古車 クーペ メタリック 銀色 4WD ガソリン
    スカイラインGT-R GT-R(日産)【中古】 中古車 クーペ メタリック 銀色 4WD ガソリン

    スカイラインGT-R GT-R(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 4WD ガソリン
    スカイラインGT-R GT-R(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 4WD ガソリン

    スカイラインGT-R GT-R(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 4WD ガソリン
    スカイラインGT-R GT-R(日産)【中古】 中古車 クーペ ホワイト 白色 4WD ガソリン

    MINI GT 1/64 日産 スカイライン GT-R R34 Vスペック II デジタルカモフラージュ パープル 5周年記念モデル RHD ミニカー MGT00446-R
    MINI GT 1/64 日産 スカイライン GT-R R34 Vスペック II デジタルカモフラージュ パープル 5周年記念モデル RHD ミニカー MGT00446-R

    MA-020S 日産 スカイラインGT-R R34 V.specII ニュル ホワイト レディセット(ミニッツ AWDシリーズ) [32629W]](JAN:4548565427918)
    MA-020S 日産 スカイラインGT-R R34 V.specII ニュル ホワイト レディセット(ミニッツ AWDシリーズ) [32629W]](JAN:4548565427918)

    MINI-GT 1/64 Nissan スカイライン GT-R R34 Top Secret ベイサイドブルー(右ハンドル) 【MGT00531-R】 (ミニカー)ミニカー
    MINI-GT 1/64 Nissan スカイライン GT-R R34 Top Secret ベイサイドブルー(右ハンドル) 【MGT00531-R】 (ミニカー)ミニカー

    アオシマ【プラモデル】1/32 ニッサン R34スカイライン GT-R(ミッドナイトパープル) H-4905083062524
    アオシマ【プラモデル】1/32 ニッサン R34スカイライン GT-R(ミッドナイトパープル) H-4905083062524


    1991年式のホンダアコードワゴンに対する海外の反応です。ホンダオブアメリカ…!











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・どうしてこういう素晴らしいクルマが再び登場しないんだろう?みんなセンスがないから買わないのか?




    ・この時代の古いアコードには、これまでのFF車に搭載された中では最高のMTが搭載されている。




    ・自分はCR-Vよりも、このアコードワゴンのアップデート版が欲しいよ。
     ↑全くだ。でももしアップデート版が出たとしたら、ホンダパイロットやパスポートと同じくらいの長さになりそうだな。




    ・90年代は日本車の頂点だ。




    ・今見ても素晴らしいクルマだよ。自分としては、1990~1993年のアコードが歴代で一番ビューティフルだと思ってる。ハンプシャーグリーンメタリックはこのクルマで特にお気に入りのボディーカラーだ。
     ↑デザインもカラーも全く問題ない!
     ↑このクルマは、幼い頃の自分の基準となったものだ。素晴らしいクルマだと思ったよ。




    ・ステーションワゴンのトレンドが続いてくれていたらよかった。最近のクロスオーバーとやらよりはずっと優れているよ。




    ・うちの母親は高齢で、4年ほど前にクルマの運転を辞めた。母親はこのモデルのアコードセダンに乗ってたんだが、運転を辞めて以来ずっとエンジンをかけることも無かった。でも新しいガソリンを入れて、新しいバッテリーをつないだらすぐにエンジンが始動したんだ。そして普通に運転することができた。唯一聞こえたのはブレーキの音だけだった。ローターが錆びていたのかな。タイヤは半分くらい空気が抜けていたけど、信じられない体験だったよ。このアコードは素晴らしいな。




    ・今でもこのクルマがまだ作られていたとしたら、自分は真剣に購入を検討するだろうな。自分がまだ小さい頃、おじさんはオプションフル装備の1992年式アコードに乗ってた。そのアコードに乗せてもらうのをいつも楽しみにしてたよ。




    ・3:20で聞こえる、ホンダ独特のスターター音が懐かしい。
     ↑自分は90年代のホンダ車で育ってきたから、初めてのマイカーの2008年式のシビックSiを手に入れてエンジンをかけた時、昔のホンダ車と全く同じ音がしたからガッカリしたよ。




    ・素晴らしいクルマだな。現在のクロスオーバーよりもずっといいよ。




    ・このクルマがとても懐かしい。いつか、程度のいいMTのアコードが手に入ったらいいな。




    ・最も象徴的なホンダ車の1台だ。スタイリング、実用性、耐久性に優れていたね。このモデルは時々見かける。セダンの方もまだけっこう走ってるね。




    ・90年代初頭のホンダ車は、メンテナンスしていれば非常に信頼性の高いクルマだった。自分の上司が90年代初頭のアコードEXに乗っていたけど、あれは見かけよりも車内が広く感じるようなクルマだったよ。走りは良かったし、何よりいつでもエンジンが掛かってすぐに出かけられるようなクルマだったんだ。ドアが閉まる音も非常にエンスー的だったね。さらに、ハイウェイでは12.8km/Lで走ることができたんだ。当時と同じくらい良いクルマを今でも作ってくれればいいのにな。




    ・父親がこのアコードワゴンを持ってたよ。380,000km以上走ってたな。




    ・おお!ワゴンに5速MTかよ!気に入った!




    ・オートキャンプをする人にとっては、このアコードワゴンは嬉しいクルマだろうな。
     ↑実際に経験したことがあるが、このクルマには楽に寝られるだけの広さがあるぞ。ただし日影にクルマを止める必要がある。"温室効果"ってのも実感したよ。




    ・洗練されていて実用的なクルマだ!




    ・これは当時、素晴らしいクルマだった。うちのオヤジは昔アコードのセダンに乗ってたんだ。あれは90年代においてはナイスなクルマだった…




    ・自分はイギリスに住んでいるんだが、当時このアコードの2.0リッターのを持ってたよ。でもいつも2.2リッターの方にしとけばよかったと思ってた。手放さずにキープしておければよかったんだろうけど、残念ながらABSセンサーの部品が出なくなったし、サビも酷くなってしまってね。




    ・もし今このクルマを見つけたら、それは「ユニコーン」と呼ばれるだろうな。
     ↑シアトルではよく見かけるぞ。
     ↑そうでもないかな。我が家には2台ある。
     ↑今でもたまに見るね。本当のユニコーンは三菱ディアマンテワゴンだ。





    アコードワゴン 24Eエクスクルーシブパッケージ(ホンダ)【中古】 中古車 ステーションワゴン ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    アコードワゴン 24Eエクスクルーシブパッケージ(ホンダ)【中古】 中古車 ステーションワゴン ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    アコードワゴン 20A(ホンダ)【中古】 中古車 ステーションワゴン ホワイト 白色 2WD ガソリン
    アコードワゴン 20A(ホンダ)【中古】 中古車 ステーションワゴン ホワイト 白色 2WD ガソリン

    アコードツアラー 24TL(ホンダ)【中古】 中古車 ステーションワゴン ホワイト 白色 2WD ガソリン
    アコードツアラー 24TL(ホンダ)【中古】 中古車 ステーションワゴン ホワイト 白色 2WD ガソリン

    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン
    アコードクーペ 2.0Siエクスクルーシブ(ホンダ)【中古】 中古車 クーペ グレー 2WD ガソリン

    【中古】【輸入品・未使用】MARK43 1/43 ホンダ アコードワゴン SiR スポーティア (CH9) 2000 プレミアムホワイトパール 完成品
    【中古】【輸入品・未使用】MARK43 1/43 ホンダ アコードワゴン SiR スポーティア (CH9) 2000 プレミアムホワイトパール 完成品

    アオシマ プラモデル 1/24 ザ・モデルカー No.76 ホンダ CF2 アコードワゴンSiR '96
    アオシマ プラモデル 1/24 ザ・モデルカー No.76 ホンダ CF2 アコードワゴンSiR '96

    1/24 ザ・チューンドカー No.63 ギャルソンジェレイドGT CF6 アコードワゴン '97 ホンダ
    1/24 ザ・チューンドカー No.63 ギャルソンジェレイドGT CF6 アコードワゴン '97 ホンダ

    アオシマ 1/24 ザ・チューンドカー No.66 ウイングスウエスト CF2 アコードワゴン '96(ホンダ) ザチユ-ンドカ-66CF2アコ-ドワゴン [ザチユ-ンドカ-66CF2アコ-ドワゴン]
    アオシマ 1/24 ザ・チューンドカー No.66 ウイングスウエスト CF2 アコードワゴン '96(ホンダ) ザチユ-ンドカ-66CF2アコ-ドワゴン [ザチユ-ンドカ-66CF2アコ-ドワゴン]

    アオシマ 1/24 ザ・モデルカー No.140 ホンダ CF6 アコードワゴン VTL '00【65297】 プラモデル
    アオシマ 1/24 ザ・モデルカー No.140 ホンダ CF6 アコードワゴン VTL '00【65297】 プラモデル


    北米で販売されるマツダの大型SUV「CX-90」に対する海外の反応です。3列シートを備えたSUVで、BMWやアウディ等のドイツブランドへの対抗馬として見られているようで…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・「これは最も美しいSUVではありません」とか言ってるが、他の競合車種よりもだいぶ優れているぞ。
     ↑わかる!
     ↑SUVの中では最もビューティフルかもしれない。




    ・3週間前にCX-90を買ったよ。東海岸へのロードトリップで4,600kmほど走ったけど、非常に感銘を受けた。走りがとても良いね。エンジンは街中でも非常にスムーズだし、追い越し加速時のパワーも申し分ない。このレビューで減給されていないけど、これは湿式クラッチが付いたATなんだ。だからロックアップがとても素早く、まるでMT車に乗っているようだ。だから、1速に入ってる時のアクセルワークはスムーズさを心掛けた方がいいね。このクルマに関しては、後悔する点はひとつもないよ。




    ・マツダ経由のBMW風って感じだな。全くもって悪くないぞ。後輪駆動で広く、パワフルで効率的で豪華だ。それに十分な量のテクノロジーを備えている。すべてをうまく一つのパッケージにまとめたんだな。
     ↑BMWではなくマツダを選ぶと、納車から半年経った後、2ヶ月おきにカーショップを訪れなくて済む。
     ↑BMWは、だいたいいつも電気系統やエンジンルーム内のプラ製部品が壊れがちだもんな。




    ・なに、直列6気筒で後輪駆動だと!?オーケー、これはBMWにとって本物のライバルだ。自分も購入を検討しているよ。
     ↑BMWみたいな加速やパフォーマンスは無いけど、その代わりコストは安く済む。そうは言ってもパワーは十分にあるけどね。




    ・自分はアラバマ州のマツダ・トヨタ・マニュファクチャリング(トヨタとマツダが合弁で設立した自動車製造会社)で働いている。このCX-90のノブやボタン、スイッチの感触が本当に気に入ってるよ。とてもプレミアム感があるんだ。次のクルマはマツダ車にしようと思ってる。お金をもらってこういう事を言ってるんじゃないぞ。日本人アドバイザーからいろいろと教えてもらった結果、宗旨替えすることになったよ。




    ・直6エンジン搭載なのに、回転半径がとても小さくて驚いた。
     ↑我が家にもCX-90があるけど、その前に乗ってたRAV4 PHEVよりも回転半径が小さいんだ。




    ・パフォーマンスが素晴らしい。かつてのスポーツカーみたいな加速だ。




    ・この司会者は「最も美しいSUVではありません」って言ってるけど、見た目はかなりゴージャスだと思うなぁ。昔の退屈なスタイルのSUVよりはずっとカッコいいよ。そしてこれは後輪駆動だ。試乗したら絶対ハマりそうだな。ありがとうマツダ!




    ・自分は間違いなく、この傑作を手に入れるためにテスラを手放すだろうな。
     ↑え、何で!?テスラの何が気に入らなかったの?
      ↑買ってから今まで、サービスセンターを9回も訪れる必要があったんだ。




    ・もしマツダがこのドライブトレインとMTを備えたステーションワゴンを作ってくれたら、自分は絶対に買うつもりだ。




    ・正直、このエクステリアのスタイリングはとても気に入ってるんだ。前世代のレンジローバーの隣に停めてあるCX-90を見かけたけど、バッジの事を考えなくても、自分の目にはマツダの方が上品に見えたな。




    ・このSUVはゴージャスだ。この間試乗してきたんだ。まもなく自分のものになる予定だよ。




    ・マツダはこのSUVを作るにあたって素晴らしい仕事をしたね。これはナイスだ。




    ・自分はマツダCX-5に乗ってて、とても気に入ってる。クルマ自体も素晴らしいものだ。ただ、少なくともアリゾナ州においては、ディーラーの数がそんなに多くないんだ。マツダCX-90に60,000ドル払うとしたら、その辺を改善してもらいたいな。




    ・この直列6気筒をセダンかクーペに搭載できたらいいのにな。
     ↑そうだな。それか、コルベットくらいのサイズの新しいミアータ(ロードスターの北米での名前)とか。




    ・このインテリアはパーフェクトだな。




    ・これが最も美しいSUVじゃないだって?目の検査を受けてきた方がいいぞ。




    ・CX-5がCX-50に置き換わるわけじゃなかったんだな。それらは並行して生産されるようだ。




    ・上級グレードの大型スクリーンが気に入ったよ。




    ・ミアータの6気筒ターボとかどうだろう。まさにスンスンスーンだと思うけど…





    CX-60 XD-ハイブリッド エクスクルーシブスポーツ(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD ハイブリッド
    CX-60 XD-ハイブリッド エクスクルーシブスポーツ(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD ハイブリッド

    CX-60 XD-ハイブリッド エクスクルーシブモダン(マツダ) 中古車 SUV・クロカン レッド 赤色 4WD ハイブリッド
    CX-60 XD-ハイブリッド エクスクルーシブモダン(マツダ) 中古車 SUV・クロカン レッド 赤色 4WD ハイブリッド

    CX-60 XD Lパッケージ(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラック 黒色 4WD 軽油
    CX-60 XD Lパッケージ(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ブラック 黒色 4WD 軽油

    CX-60 その他(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ハイブリッド
    CX-60 その他(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ゴールド・シルバー 金色 銀色 4WD ハイブリッド

    CX-60 25S Lパッケージ(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD ガソリン
    CX-60 25S Lパッケージ(マツダ)【中古】 中古車 SUV・クロカン ホワイト 白色 4WD ガソリン

    CX-60 キーケース CX-30 キーケース マツダ 3 セダン ファストバック BP系 新型 CX-30 DM系 CX-8 2020 ロードスターCX-5 スマートキー ケース 本革 スマートキーホルダー 牛革 革 レザー キーケースキーカバー キ
    CX-60 キーケース CX-30 キーケース マツダ 3 セダン ファストバック BP系 新型 CX-30 DM系 CX-8 2020 ロードスターCX-5 スマートキー ケース 本革 スマートキーホルダー 牛革 革 レザー キーケースキーカバー キ

    CX-60 キーケース CX-30 キーケース マツダ 3 セダン ファストバック BP系 新型 CX-30 DM系 CX-8 2020 ロードスターCX-5 スマートキー ケース 本革 スマートキーホルダー 本革 レザー キーケースキーカバー キーホ
    CX-60 キーケース CX-30 キーケース マツダ 3 セダン ファストバック BP系 新型 CX-30 DM系 CX-8 2020 ロードスターCX-5 スマートキー ケース 本革 スマートキーホルダー 本革 レザー キーケースキーカバー キーホ

    CX-60 キーケース マツダ 3 セダン ファストバック BP系 新型CX-30 DM系CX-8 2020 ロードスターCX-5 スマートキー ケース 本革 スマートキーホルダー 牛革 革 レザー キーケースキーカバー キーホルダー (赤)
    CX-60 キーケース マツダ 3 セダン ファストバック BP系 新型CX-30 DM系CX-8 2020 ロードスターCX-5 スマートキー ケース 本革 スマートキーホルダー 牛革 革 レザー キーケースキーカバー キーホルダー (赤)



    ホンダの軽ミッドシップスポーツカー「ビート」に対する海外の反応です。もしホンダがN-BOXで儲かったら、またひとつこういうのを…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・この人は根っからのクルマ好きみたいだな。心から尊敬するよ。




    ・そこの地域の人たちと正反対のタイプの車に乗るのはクールだな。
     ↑テキサスで日本の軽自動車に乗るのが素晴らしいのはまさにそのためなんだ。…ハイウェイに乗るまでは、だけど。




    ・グランツーリスモがきっかけで軽自動車にハマっちゃったよ。今は軽自動車がアメリカに上陸し始めている。そういうのを見ると、いつか見たり、乗ったり、所有するのは不可能じゃないと思えてくるね。希望が湧いてきた。
     ↑テキサスの北部にも何台かいるぞ。
     ↑軽自動車は今やアメリカ全土にいるよ。思ったよりも手頃な値段だし、ぜひ検討してみることをオススメするよ。




    ・先月、自分も1992年式のシルバーのホンダビートを日本から輸入したよ。大学時代にMGミジェットに乗ってたんだが、あれは基本的にウェアラブルなスポーツカーだった。このホンダビートも同じだね。ミジェットより少し小さくて、でも作りはずっと良い。30年前のクルマだけどミジェットよりは現代的で、さらに楽しいものだ。3連スロットル付きの小さなエンジンを9,000rpmまで回すと、まるで昔のF1カーみたいな音が楽しめる。自分はテキサス在住なんだが、こいつを登録しに行った車両管理局では、誰もこのクルマの事を知ってる人はいなかった。でも保険を掛けるためにハガティに電話したら、彼らはこのクルマが何なのかすぐに理解してくれたよ。
     ↑ちょっと面白いな。自分は今ホンダビートに乗って大学に通っているんだけど、今はMGミジェットが欲しいと思ってる。
      ↑ミジェットは間違いなく楽しいけど、リアがリーフスプリングで、燃料供給はキャブレターだし、点火はポイント点火だ。設計も技術もはるかに粗雑でオールドスクールだ。でも、そのおかげで作業が楽なんだけどね。MG用のパーツを供給するサプライヤーもいくつかあるよ。




    ・自分もホンダビートを持ってる。マジで大好きなんだ。ハガティ(アメリカの保険会社)が保険を引き受けてくれて本当にありがたかった。




    ・素晴らしいエピソードだった。イギリスは左側通行の数少ない国の一つだから、こういうレアな日本からの輸入品を満喫できる。これはかなりラッキーな事だね。




    ・彼の訛りから、てっきり筋金入りのV8野郎かと思ってた。でも実際はマジで尊敬できるやつだ。




    ・ボディーの横が切り込まれて、エンジンのエアインテークになっている所が気に入った!




    ・やっぱり遅いクルマを速く走らせるのが一番楽しい!
     ↑速いクルマをゆっくり走らせるより、遅いクルマを速く走らせる方が楽しいよな。




    ・自分はずっとこのホンダビートが欲しいと思ってた。高回転型のエンジンにこの軽さは魅力的だ。遅いクルマを速く走らせる方が楽しいってやつの典型だね。




    ・今は2台目のホンダビートに乗ってる。20年前に日本で買って、数年後にイギリスに持ち込んだんだ。子供が生まれた時に手放したんだけど、そのスキマを埋めてくれるものは何もなかった。だから手放した5年後に別のビートを買ったんだ。とても魅力的でライブ感のあるドライビング体験が楽しめる。今でも乗るたびに特別な感覚を覚えるよ。




    ・これに乗ったことがあるぞ!友達が赤いホンダビートを持ってたんだ。一番怖かったのは、道路上では自分が一番ちっぽけな存在だと気付いた時だったな。でも運転するのはとても楽しかったよ!




    ・なんてクールで小さいクルマなんだ。これは最高だ!




    ・ホンダもナイスだが、マツダのAZ-1もチェックしてみるといい。今でも最高の軽自動車の1台だ。それが内燃エンジンの代わりに電気モーターを搭載して再リリースされたら最高だろうな。




    ・自分はダイハツミラを持っているから、彼の感じていることが完璧に理解できる。このチビに乗るのが大好きなんだ!




    ・これに比べたら、今乗ってるNB型のMX-5(ロードスターの海外での名前)はロケットみたいなもんだな。自分はこういう小さくてスローなオープンカーが大好きだ。地面に座って人生を楽しもう。




    ・軽自動車のシフトフィールはまるでラリーカーみたいなんだ。軽バンで走り回るのが大好き!




    ・とても小さくてキュートだけど、こいつで80km/hでクラッシュしたら即死だよなあ…




    ・あの小さいイエローのホンダが気に入った!




    ・"You Meet the Nicest People on a Honda"-The Hondells(1964)
    (ホンダが1960年代にアメリカで展開した広告キャンペーンのキャッチコピー。【素晴らしい人、ホンダに乗る】)




    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン

    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー ブルー 青色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー ブルー 青色 2WD ガソリン

    ビート その他(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン
    ビート その他(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン

    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー レッド 赤色 2WD ガソリン
    ビート ベースグレード(ホンダ)【中古】 中古車 オープンカー レッド 赤色 2WD ガソリン

    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き クレタホワイト (PM4389TW) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き クレタホワイト (PM4389TW) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    【中古】【輸入品・未使用】MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き フェスティバルレッド 完成品
    【中古】【輸入品・未使用】MARK43 1/43 ホンダ ビート (PP1) トノカバー付き フェスティバルレッド 完成品

    トミカ No.72 ホンダ ビート
    トミカ No.72 ホンダ ビート

    トミカ No.72 ホンダ ビート (日本製)
    トミカ No.72 ホンダ ビート (日本製)



    1984年式のSA22C型マツダサバンナRX-7に対する海外の反応です。あちらではターボの設定がなく、12A型と13B型のNAのみが搭載されていました。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・ハイスクール時代、このRX-7が欲しかった。でも高くて、映画館でどれだけバイトしても買えなかったよ。RX-7は何年経っても美しいままだな。




    ・1996年のまだ自分が19歳だった時、当時のガールフレンドがこのRX-7に乗ってた。このクルマでカナディアンロッキーにキャンプに行ったよ。当時でも既に古いクルマだったから、予備のオイルを持たずに町を出ることはできなかったな。でもちゃんと走ってたし、見た目はクールだった。ワインディングロードを運転させてもらったよ。あれはとても楽しかった。




    ・この動画に出ているのとほぼ同じRX-7を持ってた。義理の父親のお下がりなんだ。10年くらい乗ったのを貰ったよ。運転はとても楽しい。コーナーではすぐにタイヤが滑り出すんだ。それほどスピードは出ていなくても、常に限界域にあるような感じだった。




    ・我が家には20年ほど放置されていたこのクルマがあった。最後の3年間は自分の毎日の足として乗ってたよ。クラッチをドン繋ぎしてみたり、レッドゾーンを超えて回してみたり、信号ダッシュをしてみたり、あと荷物を運ぶのにも使ったな。12A型ロータリーエンジンは全てを問題なくこなしてくれた。これは宝石並みに価値のあるクルマだ。




    ・オーディオに付いているスライダーはイコライザー用だ。イコライザーは確かにサウンドに違いをもたらすけど、最近は全てデジタル化されている。大抵は低音、中音、高音の3つしか制御できないんだ。このマツダが9バンドのイコライザーを備えていたのはとても印象的だね。




    ・1979年式のRX-7に乗ってたことがある。手に入れた時はポンコツだったけど、あれは今でも一番のお気に入りだ。パワステが付いていないのが気に入ってたんだ。道路がステアリングを通して話しかけてきているようだった。そして乗ってみると地面がとても近い。素晴らしいドライバーズカーだったよ。信頼性は全くなかったけどね。




    ・1982年式のGSLグレードに乗ってた。この辺でリトラクタブルヘッドライトのクルマに乗ってた人は、同じようなクルマとすれ違う時にライトをポップアップさせてすぐ元に戻して、ウインクをさせてたね。ちょうど今のJeep乗りがすれ違う時に手を振るみたいなものだ。RX-7は今までに所有したどのクルマよりも楽しかった。




    ・これは2000年に初めてのクルマとして買ったものだ。当時は16歳だった。買ったのは1983年式のGSLで、色はブラックで内装はタンレザーだったよ。レース用マフラーが付いてたけど、そこまで速くはなかった。音は良かったけどね。FC3SとFD3Sにも乗ったけど、一番懐かしく思うのはこのモデルだね。




    ・父親がこの初代RX-7に乗ってたよ。母親はこれで自分たちを学校まで送ってくれた。でも2シーターだったから、自分はトランクに乗ってたよ。当時はそれでも何も言われなかったんだ。父親はこれに乗っている間にスピード違反の切符を切られまくって、結局1年もしないうちに手放してた。
     ↑君の父親は"Most Wanted"だったんだな。




    ・これはとてもクールだ。自分はFCやFDよりもこっちの方が好きだな。




    ・1979年式と1985年式のに乗ってたことがある。ちょっと改造すると素晴らしいパフォーマンスを発揮するんだ。自分のは1速と2速はホイールスピンしっぱなしで、3速でようやくグリップするくらいだった。コーナーでは文字通りオンザレール感覚だったね。小さいけどとても楽しいクルマだったよ。




    ・ハイスクールに通っていた1996年に、1985年式のRX-7に乗ってたよ。あれは運転するのが楽しすぎたね。ロータリーエンジンをリビルドしたらまるで別物になった。良い買い物をしたと思ったよ。1年間ほど乗って手放した。冬はまるでダメなんだ。軽量、高回転型、FR、MT、シャコタン、重ステのクルマは災難を招くんだ。それで冬用に1985年式いすゞトルーパー(ビッグホーン)を買ったんだよね。




    ・1984年式のSEグレードを持ってた。あれはスロットルが「ドライブバイワイヤー」だったんだ。助手席を外して合板を運んだ事もあったな。ワイドなタイヤが素晴らしいトラクションを発揮してくれて、運転するのが楽しかった。あれには触媒コンバーターが3つも付いてたよ。




    ・1985年式のGSL-SEを持ってた!3速で発進して、そのまま144km/hまで加速することができたよ。シート後ろのスペースはプラグを保管しておくのにちょうど良かった。プラグにオイルが付いて、たまに火が飛ばなくなることがあってね。あと、オイルは交換するまでに継ぎ足す必要もあったな。




    ・あのイコライザーをいじると、音質の違いがはっきり分かるんだ。それは決して過剰な装備ではなかった。こういうのがまた復活するといいのにな。




    ・ハイスクールの時に乗ってたよ。素晴らしいクルマだった。当時の自分に必要だったのは、スズキRM125CとこのRX-7だけだった。ヘッドライトを点灯せずに開くスイッチは、他のRX-7とすれ違う時に挨拶するのに使ってたよ。




    ・1984年式のGSL-SEを持ってたよ。内装はバーガンディーのレザーで、ボディーはグレーだった。とても楽しいクルマだったよ。ライトを点灯せずにポップアップさせる機能は冬場に役立った。雪が降りそうな時は、あらかじめライトを上げて駐車しておくんだ。そうすれば凍り付いて開かなくなるなんてことはない。




    ・初めて乗ったのは1984年式のRX-7だった。10年間所有していたよ。ステアリング以外の全てが機械的に感じられるのが気に入ってた。1993年式のRX-7を買ったらスペースが無くなってしまって、それでこのクルマを手放したんだ。このクルマにおける唯一の問題は部品の調達だった。状態のいいパーツを手に入れるのは本当に難しかったよ。社外品のアップグレードパーツはほとんど無いし、あっても高かった。大抵は手を加えないと付けられなかったな。サスペンションですら入手が難しくて、純正同等の社外品か、フォックスボディマスタングやMR2など他車種のを流用するしかなかった。でも、もしスペースがあれば、100%手放すことはなかっただろうな。




    ・このRX-7には手動のチョークが付いてたね。エンジンを始動するにはチョークを完全に引いてからキーを回して、燃料と空気の量を適切に調整する必要があったんだ。これはとても風変りな機能だと思ったよ。
     ↑1980年代のキャブ車はどれもそんなもんだったよ。
     ↑この時代のほとんど全てではないにしても、多くのクルマには手動のチョークが付いていたね。
     ↑GSL-SEはインジェクション仕様だったからチョークは付いてなかったけど、キャブ仕様のその他のグレードには付いてた。




    ・昔、カナダで初のロータリー搭載車として販売されたマツダR-100(ファミリアロータリークーペ)に乗ってたよ。スポーツカーではなく、110馬力の小さなクーペだった。初期のモデルはアペックスシールに関するトラブルがあったけど、実際に所有して運転するには素晴らしいクルマだった。唯一の欠点は燃費だったね。結局それが原因で乗り換えたんだ。マツダよりもずっと巨大なシボレーカプリス4ドアHTに乗り換えたんだけど、燃費はマツダよりもずっと良かったんだ。





    サバンナRX-7 その他(マツダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン
    サバンナRX-7 その他(マツダ)【中古】 中古車 オープンカー イエロー 黄色 2WD ガソリン

    サバンナRX-7 GT(マツダ)【中古】 中古車 クーペ パープル 紫色 2WD ガソリン
    サバンナRX-7 GT(マツダ)【中古】 中古車 クーペ パープル 紫色 2WD ガソリン

    【送料無料】 トミカプレミアム 29 マツダ サバンナ RX-7 (SA22C)
    【送料無料】 トミカプレミアム 29 マツダ サバンナ RX-7 (SA22C)

    ハセガワ 1/24 マツダ サバンナ RX-7(SA22C)後期型 ターボ GT【HC52】 プラモデル
    ハセガワ 1/24 マツダ サバンナ RX-7(SA22C)後期型 ターボ GT【HC52】 プラモデル

    フジミ 1/24 インチアップシリーズ No.80 マツダ サバンナ SA22C RX-7【ID-80】 プラモデル
    フジミ 1/24 インチアップシリーズ No.80 マツダ サバンナ SA22C RX-7【ID-80】 プラモデル

    【中古】 コナミ 1/64 絶版名車コレクション Vol 5 マツダ サバンナ RX-7 型式SA22C 1978 黄色
    【中古】 コナミ 1/64 絶版名車コレクション Vol 5 マツダ サバンナ RX-7 型式SA22C 1978 黄色

    このページのトップヘ