JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。


    1982年式のRX-7に対する海外の反応です。日本ではSA22Cとして知られてしますが、海外ではFB3Sの型式で呼ばれていました。

    国内仕様は573cc×2の12A型が搭載され、NAとターボが選べましたが、海外ではNAのみとなっていたようです。その代わり、1984年からは13B型のNAを搭載したモデルが販売されていました。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・エアコン無しでレザーシートなの?夏の暑い日は足がシートに貼り付く感じがしそうだな。
     ↑カナダで販売されたモデルだからかな?希死念慮でもない限り、テキサス州でこれに乗るやつはいないだろうな。冬場に乗るセカンドカーとしてはありかも。




    ・このRX-7のオーナーに敬意を表したい。古いクルマなのにとてもキレイだ。




    ・このクルマを持っていた人は誰でも大事に扱ったんだ。とてもクラシックだね。




    ・このクルマがデビューした時の事を覚えているよ。自分はこいつと恋に落ちたんだ。スタイリングは当時としては素晴らしかった。80年代の手頃なスポーツカーの多くは2ドアハッチバックだったからね。こいつはまさにスイートスポットにヒットしたんだ。




    ・自分が免許を取った時、父親がこのRX-7を持ってた。運転するのが本当に楽しかったよ。手放す時は48万kmくらい走ってたな。素晴らしいクルマだった。




    ・子供の頃、このRX-7はお気に入りだった!運転したことはないけど、見た目が大好きだったな。




    ・ずっとこのRX-7が欲しいと思ってたんだ。レビュー動画を作ってくれて嬉しいよ。




    ・こいつは運転がとても楽しかった。90年代初頭に2台乗ったよ。1980年式と1982年式だった。1982年式にはショートシフターが付いていたね。2台ともこの動画と同じ色だったよ。自分の相棒はゴールドのRX-7に乗ってたな。




    ・驚くべきことに、カナダのトロント近辺にはけっこう多くのSA22Cが生き残っている。うちの近くにも2台いるよ。こいつのエンジンサウンドは今までに聞いた中で一番クールだ。




    ・初めてのクルマがこれだった。MT車の運転もこのRX-7で覚えたよ。40万kmくらい走ったあたりはとても素晴らしかった。ただ当時の自分はアホだったから、41万kmの時にエンジンブローさせてしまった。悪化している兆候を無視していたんだ。でもエンジンをリビルドして乗り続けたよ。あのクルマが懐かしいな。ずっとこのRX-7の動画を待ってたんだ。作ってくれてありがとう。




    ・こういう奇妙なクルマは大好きだけど、一度も運転したことがないな。いつものように素晴らしい動画だったよ。




    ・このクルマのルックスは本当に時代を超越しているね。




    ・自分はFC3SのRX-7に乗っているけど、手頃でキレイなSA22Cを見つけたらぜひとも買いたい。あのオールドスクールなスタイリングがずっと好きだったんだ。




    ・近所にも似たようなRX-7がいるよ。シルバーで、同じホイールが付いていたと思う。インテリアはブラックだったかな。こいつが新車で販売されていた時、ディーラーでシートに座ったことがある。古い日本のスポーツカーの基準でも、こいつはマジで狭かった。




    ・子供の頃からこのクルマが好きだった。ご近所さんが持ってたんだ。ホワイトのボディに赤のインテリアで、本当にビューティフルだった。




    ・ハイスクールの時、友達がこのRX-7を持ってた。別の友達はMR2に乗ってた。2台ともとても楽しくて、当時としては速いクルマだったよ。彼らがレースをする時、結果はいつも引き分けだった。でも長い目で見たら、MR2の方がいいかなぁ。




    ・自分も1984年式のRX-7を持ってたよ。あのクルマはマジで楽しかった。手放したのは大きな間違いだったよ。




    ・自分はこのSA22Cの見た目が大好きだ。愛らしいものとクールなものを組み合わせた感じだね。




    ・初めてのクルマは1985年式のRX-7 GSだった。このおかげでクルマ好きになったよ。




    ・自分は何年にも渡ってこのFB3Sを3台所有してきた。このクルマは、通常の古いクルマ(バッテリー、オルタネーターの消耗、サスの劣化)以上の問題を自分に課すことはなかった。最大の苦痛は、純正のキャブレターをリビルドすることだったな。やたらと複雑で、ウェーバーやホーリーのキャブよりはるかに面倒だったよ。もしエンジンの圧縮があって、走りが良くて手頃な価格のものを見つけたら買いたいね。ホイールベースからするとドリフト向きではないけど、その気になればケツを振ることだってできるよ。




    サバンナRX-7 GT(マツダ)【中古】 中古車 クーペ ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン
    サバンナRX-7 GT(マツダ)【中古】 中古車 クーペ ゴールド・シルバー 金色 銀色 2WD ガソリン

    ハセガワ HC52 1/24 マツダ サバンナ RX-7 (SA22C) 後期型 ターボ GT プラモデル (ZS99800)
    ハセガワ HC52 1/24 マツダ サバンナ RX-7 (SA22C) 後期型 ターボ GT プラモデル (ZS99800)

    チョロQ e-08 マツダ RX-7(SA22C) 初回特典チョロQコイン付き
    チョロQ e-08 マツダ RX-7(SA22C) 初回特典チョロQコイン付き

    【中古】コナミ 1/64 絶版名車コレクション Vol 5  マツダ サバンナ RX-7  型式SA22C 1978 黄色
    【中古】コナミ 1/64 絶版名車コレクション Vol 5  マツダ サバンナ RX-7  型式SA22C 1978 黄色

    PAB-3183 【PANDRA RC/パンドラ RC】MAZDA サバンナ RX-7 SA22C ボディセット
    PAB-3183 【PANDRA RC/パンドラ RC】MAZDA サバンナ RX-7 SA22C ボディセット


    1993年式の4代目プレリュードに対する海外の反応です。初代グランツーリスモでは、このクルマには大変お世話になりました…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・誰もダッシュボードのデザインについて話さないの?すごい造形だよ。
     ↑ホンダのインテリアデザインは素晴らしかった。90年代初頭から2000年代初頭にかけては特に。前に乗ってた2001年式のアコードが懐かしいよ。
     ↑本当にカッコいいよな。前にこのプレリュード乗ってたけど、ダッシュボードは印象に残ってる。
     ↑自分はこのプレリュードが出た時に一度だけ乗ったけど、でもダッシュボードの事はよく覚えているよ。
     ↑自分が日本に駐留している時、このプレリュードのJDMバージョンに乗ってた。スウィートなオートエアコンが付いていたよ。JDMバージョンには純正のアナログTVを搭載したモデルさえあったんだ。




    ・ホンダプレリュードは決して飽きることのないタイプのクルマだ。隣人が新しいポルシェやミアータ(マツダロードスターの海外名)、マスタングを買ったとしても、自分のガレージにあるプレリュードの方がより特別なクルマだ。




    ・自分がハイスクールにいた時、父親が1992年式のプレリュードSを持ってた。父親にMT車の運転を教えてもらおうとしたけど、父親はいつも忙しくて無理だった。だから、父親と母親が夕食を食べている間、プレリュードを拝借してMT車の乗り方を独学で覚えたんだ。いいクルマだったなぁ。




    ・思い出が甦るね。このプレリュードは、初代グランツーリスモで初めて購入したバーチャルカーだ。グレーのやつを中古車セクションで買って、吸排気のチューンをしたよ。




    ・プレリュードは大好きだったよ。B16が愛されているのは知っているけど、H22Aの素晴らしさを忘れている人がとても多い。
     ↑オールドスクールホンダにおける"ビッグブロック"だね。
     ↑自分の他にもH22Aのファンがいるのは嬉しいな。
     ↑悲しいけど事実だ。




    ・すべてのFF車の中で、ホンダ車のシフトフィールが最高だ。メカニカルリンケージのおかげかな。
     ↑全くもってその通り。トヨタ車は言う事を聞きたがらなくて、VWは世界最小のボートを漕いでいる気分にすらなる。その点、ホンダ車はすべきことをよく理解している。
     ↑H、F、Kシリーズは信じられないかもしれないけどケーブルシフターだよ。でも非常にタイトで正確だ!




    ・このビデオが気に入った。自分は4代目このプレリュードが好きで、これまでに3台乗ったよ。このクルマを本当に理解する方法は、ただ運転するだけだ。ダッシュボードはレトロフューチャーな感じがして、90年代に引き戻されるようだ。シートは今でも快適だね。とにかくVTECが作動するまでブン回してみれば分かるよ。




    ・日本に駐留していた時、JDMバージョンのプレリュードに乗ってた。VTECがないF22Bを搭載したSiだったけど、あれは今の基準でも運転が楽しいクルマだよ。




    ・このクルマは見た目の通り、後輪駆動であるべきだった。
     ↑もしそうだったら、シルビアのライバルになってたかもしれないな。
     ↑横から見るとプアマンズスープラって感じがする。FRだったらもっと売れたかもしれないな。




    ・このプレリュードは初めてのクルマだった。懐かしいなぁ。




    ・子供の頃、このクルマはとても印象的だった。そこまでたくさんではないけど、チューニングされてよく磨かれた4代目プレリュードはよく見かける。ゴージャスなクルマだね。こいつは文字通り、チューニングされたがっているクルマだ。




    ・このLude(プレリュードの愛称)はどちらかというと移動可能なボロ小屋って感じだけど、現在路上にあるクルマの大部分よりは速い。大好きだよ。
     ↑一般的なエコノボックスよりもプレリュードの方がずっとエキサイティングだよ。




    ・VTEC搭載の1994年式プレリュードに乗ってた。車内は"静寂の間"って感じだったな。エクステリアのデザインは時代をかなり先取りしていたよ。このクルマは大好きだった。




    ・2000年代半ばあたり、H22Aを5代目のEG型シビックにスワップする人が何人かいたっけね。バルクヘッドの何か所かをデカいハンマーでしばく必要があったけど、それ以外は実にクリーンにスワップできていた。あんな小さいクルマによく載せるもんだよなぁ。




    ・初めて乗ったまともなクルマは、1992年式のインテグラだった。同じ時代のプレリュードの方がとてもモダンでスポーティーに見えるから、いつもうらやましく思ってたよ。




    ・疑いなく、こいつはホンダのFF車で一番優れている。HシリーズのVTECは、V8に凝り固まった自分のハートを砕いてしまった。




    ・昔を思い出すよ。このプレリュードは自分で買った初めてのクルマだった。最速ではないけど楽しかったな。ダッシュボードは最高だった。こいつがFRだったらもっとよかったのにな。




    ・初めて乗ったのはこの一つ前の1989年式のプレリュードSiだった。走りが良かったなぁ。




    ・素晴らしく面白いビデオだった。自分は21歳になって、初めてのクルマとして1993年式のVTEC搭載のプレリュードを買ったよ。ノーズが特徴的な4代目プレリュードを他の人が運転しているのを見ると、自分も宝物を持っているんだと思って嬉しくなるね。




    ・かつて、このプレリュードはフロリダ中部のどこでもよく見たなぁ。良い時代だった。そしてこいつのレッドゾーンは正気の沙汰でない。




    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 19911 SEBRING SILVER METALLIC (PM43120S) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 19911 SEBRING SILVER METALLIC (PM43120S) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 CUSTOMIZED COLORGRANADA BLACK PEARL(CUSTOMIZED COLOR VERSION) (PM43120BK) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 CUSTOMIZED COLORGRANADA BLACK PEARL(CUSTOMIZED COLOR VERSION) (PM43120BK) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 MILANO RED (PM43120R) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型
    MARK43 1/43 ホンダ プレリュード 2.2Si-VTEC (BB4) 1991 MILANO RED (PM43120R) 通販 プレゼント ギフト モデルカー ミニカー 完成品 模型

    青島文化 AOSHIMA 1/24 ザ・チューンドカー No.73 JUNオートメカニック BB1 プレリュード ’91 ホンダ
    青島文化 AOSHIMA 1/24 ザ・チューンドカー No.73 JUNオートメカニック BB1 プレリュード ’91 ホンダ


    日産GT-Rは、2007年のデビュー以来、アップデートを重ねてきました。海外においてもJDMカルチャーの象徴として見られています。改めて、海外ではどのような評価を受けているのか見てみましょう。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・日産GT-Rはクルマ界のジェイソン・ステイサムだ。10年以上同じ役割を果たしてきたが、今でも人々はそれを見るとエキサイトする。




    ・アクセル全開にするとメーターすらぼやけて見えるパワーがある。




    ・日産は特にスタイリングに力を入れたようだ。今でもまだ新しいクルマに見えるよ。




    ・自分はマッスルカー好きだが、GT-Rは欲しいと思う。めちゃくちゃクールだよ!




    ・初めてこのGT-Rに乗った時に怖いと感じたのは、加速が終わったと思ったのにまだ加速した事だ。




    ・自分はラスベガスのサーキットでこのクルマに乗ったことがある。限界までプッシュしたわけじゃないけど、知らないうちに216km/hまで出てたよ。でもとてもコントローラブルだった。




    ・このクルマはワインみたいに熟成している。年を取るほどに良くなるね。




    ・「当時、GT-Rはコルベットを打ち負かしたが、ゼネラルモータースは気にしなかった。家主の夫のカネの風呂に浸かっていたからね。」だって。気に入った。(ゼネラルモータースは2009年に経営破綻し、アメリカ政府から巨額の支援を受けていた。管理人注)




    ・GT-R :「ニュルでのポルシェのタイムを更新したぞ!」
     ポルシェ:「嘘だ!」
     GM   :「それどころじゃない」




    ・もしこのクルマを手に入れたとして、保険がいくらになるか想像もつかないよ。




    ・このクルマはあっという間に伝説になった。




    ・この動画のおかげでGT-Rがどれだけモンスターだったかを思い出したよ。




    ・"マジで速いクルマ"ってのに初めて乗った時に学んだ事は、まばたきよりも速く物事を把握しなきゃないって事だ。そしてそれはとても恐ろしい。




    ・もし自分がGT-Rを手に入れたとしたら、ハイウェイで何回か乗った後すぐに売りに出しちゃうだろうな。




    ・スキーで制御不能なスピードを出す例えは自分にとって超ハードにヒットしたよ。スキーを習ってすぐにダブルブラックダイヤモンド(超上級コース)にチャレンジしたんだ。ATVに引っ張られたそりに乗って下山する羽目になった。いい思い出だよ…




    ・このクルマはマジで速すぎる。頭金が貯まるのが待ちきれない!




    ・こいつは速すぎる。まるでタイムマシンみたいだ。




    ・日産の経営状況からすると、すぐに新型のGT-Rが出てくることはないだろうな。




    ・GT-Rは、オートマであることをからかわれずに済む唯一のクルマだ。




    ・グランツーリスモを作っているポリフォニーデジタルによってディスプレイがデザインされた事に言及しなかったのは残念だ。でも最高のレビューだった!





    【本日ポイント2倍!】【あす楽 即納】京商 First MINI-Z 「First Mini-Z 日産 GT-R(R35)」 ラジオコントロール 電動 ツーリングカー 66608 RC R/C ラジコン 子供 大人 小さめサイズ
    【本日ポイント2倍!】【あす楽 即納】京商 First MINI-Z 「First Mini-Z 日産 GT-R(R35)」 ラジオコントロール 電動 ツーリングカー 66608 RC R/C ラジコン 子供 大人 小さめサイズ

    ラジコンカー 子供 RC ラジコン パトカー RC NISSAN GT-R ( R35 ) パトロールカー AHR3157AA 2種類からご選択( 栃木県警察 警視庁 ) NISSAN正規ライセンス商品 栃木県警公認 日産 おもちゃ 車 景品 プレゼント 誕生日 クリスマス 小学生 男の子 子供【送料無料】
    ラジコンカー 子供 RC ラジコン パトカー RC NISSAN GT-R ( R35 ) パトロールカー AHR3157AA 2種類からご選択( 栃木県警察 警視庁 ) NISSAN正規ライセンス商品 栃木県警公認 日産 おもちゃ 車 景品 プレゼント 誕生日 クリスマス 小学生 男の子 子供【送料無料】

    タカラトミー(TAKARA TOMY) トミカ 105 日産 GT−R パトロールカー(箱)
    タカラトミー(TAKARA TOMY) トミカ 105 日産 GT−R パトロールカー(箱)

    トミカ No.094 日産 GT-R (ブリスター)
    トミカ No.094 日産 GT-R (ブリスター)

    このページのトップヘ