JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:シビック


    現行のホンダシビックは少々アッパークラスなイメージになりましたが、かつては名前のとおり、みんなのためのエコノミーカーでした。なのに元気なエンジンを積んでいて速いし、信頼性が高くいつまでも乗れるし…というので、アメリカでは大人気だったようです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・普通のクルマのオーナー:中古車で10万マイルは過走行だ。
       シビックのオーナー:いいもの見せてやる。
     ↑1994年式の38万キロ超のCR-Xデルソルを買ったよ。1,200ドルの割には夢のような走りをするよ。
     ↑俺のシビックは40万キロを超えたけど、力強く走ってるぞ。
     ↑父親のシビックは44万キロ走ってるよ。
     ↑2007年式、14万キロのシビックを持ってる。2年以上、何万マイルも走ったけど調子良いよ。。ブレーキを修理した以外、何もメンテナンスの必要がないね。
     ↑自分のシビックは45万キロだ。まだ夢のように走るよ。昨日鹿をひいちゃったけど。




    ・自分の初めてのクルマは1997年式シビックのハッチバックだった。今でもまだ所有しているし気に入ってる。銃弾をも跳ね返すくらい頑丈だよ。




    ・初めて乗ったのと、その次に乗ったクルマはシビックだったよ。2006年式のEXクーペと、2012年式の同じくEXクーペだった。今はカマロに乗ってるが、あのシビック達は決して忘れないよ。




    ・2012年式のシビックLXに乗ってる。すごく気に入ってるよ。ダッシュボードの構成がとても素晴らしい。純正オーディオを除いてだけど。あれはひどいから外したよ。ハンドリングは良いし、びっくりするほど速いのに燃費もすばらしい。今までで最高のクルマだよ。それにとても静かなんだ。アクセルを踏み込むまでは、、忍者みたいに静かだよ。




    ・初めてのクルマは2000年式で5速MTのシビックハッチバックだった。自分がシビックを買うなんて信じられなくて、最初はそのクルマの事が嫌いだった。でも、魅力に気付くまで総時間はかからなかった。今はお金を貯めているんだ。サビを修理して、B18に載せ替えるためにね。




    ・1995年式の赤いデルソルを持ってる。初めて乗った時の事をよく覚えているよ。今までに乗ったどのシビックよりもはるかに加速がよかったから、Little Red Rocketと呼んでいるよ。とてもお気に入りのクルマだけど、その時が来たら子供に譲ろうと思ってる。




    ・シビックで160km/h出すと世界で最高の気分を味わえる。でも320km/hとなると恐ろしいな。




    ・シビックは防弾並みに頑丈なクルマだよ。父親はシビックを3台
    持ってた。EG型のハッチバック、EG型のクーペ、それとEK型のクーぺだ。父親はもうインポートチューナー系は卒業したみたいだけど、状態のいいEGやEKを見かけると興奮しているよ。



    ・1週間前に1997年式のシビックハッチバックを買ったばかりだ。マニュアル車の運転は一晩で習得することができた。運転するのはとても楽しいね。これから楽しくなりそうだ。




    ・カマロで170km/h出しても、110km/hしか出ていないように感じる。でもシビックで160km/h出すと、飛行機で空を飛んでいるような気がする。




    ・スバルクロストレック(スバルXV)を下取りに出して、2019年式のシビックスポーツを買った。全く後悔してないよ。




    ・シビックは世界中で1800万台も売れたらしいが、どうしてEG6が手に入らないんだ…




    ・自分のEKシビックは40万キロを超えている。レースカーにしてるよ。今でも純正のエンジンのままで、25年経つけど夢のような走りだよ。




    ・自分はずっとインテグラとシビックが大好きだった。でもここの所のタイプRはひどかったな。パワーはいいとして、あの宇宙船みたいなスタイリングがなぁ。




    ・友達と一緒にアトランタ~ラスベガス間(約3,150km)を2004年式シビックハイブリッドでドライブしたことがある。とても面白いことに、ガソリン代は往復で200ドルしかかからなかった。シビックはマジで強い。




    ・1980年代のシビックの燃費は21.3km/Lだったの!?俺の2004年式は10km/Lそこらなんだが。




    ・シビックは常に素晴らしいクルマだったけど、残念ながらアメリカでよく盗まれるクルマのうちの1台だ。本格的なセキュリティシステムが搭載されない限り、買いたいとは思わないな。
     ↑1998年式のが一番よく盗まれたらしいな。




    ・1993年式のデルソルに乗ってる。こいつはまだまだ走るよ。全く手が掛からないクルマだね。タイプRのB18Cに載せ替えてあるんだ。




    ・前にFacebookのマーケットプレイスで1989年式のシビックを見かけた。今はあのクルマを手に入れるのが目標だよ。Fxxkin' Sickなクルマだ。




    ・シビックはみんなのためのストリートカーだ。激しいコーナリングに耐えうるシャーシを備えていて、非常に優れたフィーリングを持っている。自分はEG型が特にお気に入りだ。多くの人がK24にスワップしてるよね。多くのシビックはレースで破壊されてしまったから、見つけるのが難しくなっている。シビックはこれまでで最高のクルマのうちの1台だ。





    なんでデルソルの話をする人が多いんだろう?と思ってwikiを調べてみたら、北米ではCR-Xデルソルが「シビックデルソル」の名前で売られていたんだそうですね。知らなかった…





    1973年のSB型から2017年のFK8型タイプRまで、シビックの歴史が一目でわかる動画です。CR-Xが入ってきたり、FD型が抜けていたりしますが1分半で上手にまとめられています。

    大衆車の進化の過程を見ると、当時の世相がなんとなくわかるようで面白いですね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・シビックの事が好きな人も嫌いな人も、シビックは偉大なクルマであり、一般的な自動車文化において重要な存在であるという事は知っているはずだ。




    ・新しいシビックのハッチバックに試乗してきたよ。とても美しいクルマだね。しかし、ローン組んでシビックに毎月500ドルってのもなぁ…
     ↑俺はEFシビックのハッチバックを500ドルで買ったぞ。




    ・EG6シビックの永遠のファンだよ。90歳になってもファンであり続けるよ!




    ・今までずっとホンダ党だったけどスバル車に乗り換えた。99年式(EK型)シビックのハッチバックを気に入ってずっと乗ってたんだ。特にEFとEKのシビックはよく熟成されたデザインと言えるね。




    ・この進化の過程の動画が気に入ったよ!このページに入って、出るまで1分半だ。…まるで俺みたいだな!




    ・EGは常にお気に入りのプラットフォームだった。




    ・EK9型のシビックタイプRは本当に美しいハッチバックだった。新型はちょっとなぁ…




    ・FK型はスペースシップのように見えるから好きだ。




    ・1990年式のシビックシャトルが初めてのクルマだった。今はFK8型のシビックタイプRに乗ってる。スイートなクルマだよ。




    ・CR-XとEF型シビックがずっと好きだったなぁ。




    ・初代とFK8型とを比べると、重さが倍以上になっているね。




    ・ホンダは瞬く間にワイルドなものを生み出す企業の一つだ。本当に特別な会社だよ。オリジナルと同じくらい素晴らしいCR-Xの後継モデルがいつか出るといいな。




    ・セダン版も作ってくれ!




    ・もうシビックは全部好き。




    ・新型シビックについて気に食わないのは、やたらと大きくなってしまった事と、2ドアモデルがない事だ。あと、全然ハッチバックに見えないよ。
     ↑わかる。トヨタアベンシスよりも大きくなっちゃって。




    ・自分はホンダのファンじゃないけど、この動画はとてもよくまとめられているね。良いプレゼンテーションだ。




    ・全てのシビックが好きだけど、特に好きなのはEFのプラットフォームだな。




    ・シビックは軽量で高回転型のクルマだったのに、いつから重量級で下からトルクの出るクルマになったんだろう…




    ・馬力よりも重量が増えているなぁ…




    ・FK8型のシビックタイプRが出て少し経ったあと、自分の住んでいる地域では価格が高騰したんだ。もちろんシビックは良いクルマだって事は知ってるよ。でも、いくら速いからって、シビックに4万ドルは払えないな。




    ・1985年~2007年の高回転NA時代はマジで黄金時代だ。




    ・自分はおそらく今持っている1990年式のEF型シビックのハッチバックを手放すことはないね。今でも毎日の足として使っているよ。




    ・自分は1975年式のシビックを持ってるよ。あの小さなエンジンをレッドゾーンまでブン回すのが好きなんだ。




    ・今乗っているCR-Xは30年落ちだけど、それでも一番の宝物だよ。




    ・奇妙に思われるかもしれないけど、初代のシビックのデザインがマジで好き。






    最近のシビックは性能に見合っているとはいえ高いよなぁ…














    今見てもEF型のシビックはかっこいいですね。少し前なら、車高を落として内装後半剥がして環状線仕様に…なんて思ってましたけど、このままノーマルで乗るのも悪くなさそうです。

    ちなみに、このEF型の国内向けスポーツグレード「SiR」は、160PS/7,600rpm、15.5kg・m/7,000rpmを発揮するB16Aを搭載しているのにお値段なんと1,469,000円。現代にもこういうクルマが必要です。

    参考までに、1.3リッター82馬力のD13Bを搭載する最低グレードはたったの778,000円。これこそシビックのあるべき姿だと思います。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・ようやくダグ(動画に出ているレビュアー)の服装に釣り合うクルマが出てきた。




    ・正直に言って、今でもこういうクルマで十分だよ。機能的でクリーンで、お手頃価格で改造の余地がある。完璧じゃないか。
     ↑楽しさもあるぞ。




    ・リアエンドの造形はタイムレスだ。クリーンな直線がいいね。テールライトとボディのプロポーションに大型のリアガラスハッチもいい。後ろから見ると、これまでに作られた最も整然としたデザインだと言える。セダンも同様だね。




    ・何百万ドルするクルマのレビュー動画より、このシビックの方が気になる。
     ↑実際に手に入れられる可能性があるからね。
     ↑近所で売りに出ているのがあるかもしれない。だから俺もこの動画を観ているよ。
     ↑F40vs911の動画も見たけど、自分的にはこっちの方がクールだ。




    ・初めて買ったクルマだ。まだ持ってるよ。手放すのは難しいな。とても楽しい小さなゴーカートだよ。改造すれば速くなるしね。
     ↑タイミングベルトを交換して、塩に近づけないよう気を付けていれば防弾並みに丈夫なクルマだよ。




    ・どノーマルのホンダシビックは、世界で最も貴重なクルマかもしれない。




    ・このシビックのベースモデルを持ってた。最高のクルマだったよ。17年乗ってたけど、そのうちの半分は年間整備費用が0ドルだった。240,000kmの時に売ったら1,000ドルになった。よ。リアシートを倒すと、ラゲッジカバーがほぼフラットなフロアに収まるんだ。あのクルマが懐かしいな。




    ・80~90年代のシビックには魔法が掛かっているようだ。クルマと道との一体感がすごいね。ハンドルやペダルから路上の小石の存在すら感じられるようだ。車体が軽いから、全てのカーブはクルマを楽しむチャンスだと言える。ドライバーを幸せにしてくれるクルマだよ。




    ・ああ神様、必要最小限のシンプルさと信頼性が恋しいです。
     ↑うん。基本的にはそれがホンダ車の魅力だった。ノーマルだと超高速なクルマではないけど、楽しいし、改造は簡単だし、信頼性は非常に高い。




    ・初めてのクルマとして、このグランドシビックのベースモデルに乗ってたよ。ラジオと助手席側ドアミラーは付いてなかったな。でも防弾並みの頑丈さだったよ!




    ・このシビックは手入れが行き届いているな。ホンダファンとしてこのクルマのオーナーを尊敬するよ。




    ・1989年式のシビックSiハッチバックに乗ってた。エアコンが唯一のオプションだったな。Polkのスピーカーにヤマハのデッキを付けて、荷室にはソニーのCDチェンジャーを置いていたよ。素晴らしいクルマだったな。低められたダッシュボードと広大なグラスエリアのおかげで、車内がとても広く感じられたよ。




    ・どノーマルで新車みたいな古いクルマには、何かこう感じるものがあるね。
     ↑こういうのは好きだな。サバイバー個体ってやつだ。
     ↑昨日が少なければ少ないほど、クルマは長持ちするもんだ。




    ・この「実用的」で「基本的」なデザインが、ほとんどの現代的なデザインよりもずっとよく思えるのはとても奇妙だな。
     ↑シンプルでクリーン。現行のシビックとはかけ離れているよ。
     ↑今のシビックは、怒った分度器と酔っ払ったコンパスがケンカしたかのように見える。




    ・同じ色のシビックを持ってた。古くてくたびれていたけどすごいクルマだった。5速MTが気に入ってたね。事故で廃車にならなければ、今でも乗っていたんだけどな。




    ・1.3リッター16バルブのキャブレターのを持ってた。レブリミッターがなかったな。初めてのクルマだった。素晴らしかったよ。雨の日はアンダーが出るんだよな。




    ・最新のランボのレビューよりもっと興味をそそられるね。




    ・相棒が16歳になった時、このシビックを手に入れていた。素晴らしい小さいクルマだったな。一緒に何千マイルもドライブしたし、何回か運転させてもらった。とても楽しいクルマだったよ。フローマスターのエキゾーストが入っていたから、なかなかクレイジーな音がしていたっけな。




    ・「このクルマには、本当に必要なものしか付いていません。」そういうクルマが欲しいんだよ…




    ・毎日の足としてこのシビックを買ったけど、レストアすることになりそうだ。運転がとても楽しいよ。やり過ぎ感のある現代のクルマより、このシビックの方が好きだ。なぜかは分からないけど、没入感のあるクルマなんだよなあ。





    前も同じこと言ったような気がしますが、シンプルで小さくて軽いは正義!




    世界中のクルマ好きが注目している新型シビックタイプR。スペック等の詳細が公開されるのが待ち遠しいです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・どの自動車メーカーもEUの基準に適合するために必死になっている中、ホンダがまだマニュアル車を作ってくれるのは素晴らしい事だ。




    ・この新型シビックタイプRのデザインが大好きだ。前世代のものほど子供っぽくなくて、目立つけど十分グッドルッキングだね。
     ↑完全に同意する。自分もクルマのデザインはシンプルな方が好きだよ。最近のシビック(特にタイプR)は、自分としては乱雑なデザインに見える。ホンダのデザイナーは、未来的かつアグレッシブに見せるために一生懸命努力したんだろうけどね。新型はもっとエレガントに見える。




    ・シンプルになったデザインが気に入ったよ。走りを意識したスタイルで、エレガントがつスポーティーだ。




    ・前のモデルよりも賢明なデザインになったね。このインテリアが気に入った。シンプルになって素晴らしい見た目になったね。ホットハッチはVWとメルセデスに限ると思っていたけど、このクルマも悪くないようだ。




    ・控えめなのが好みで、自分のクルマはスリーパー(羊の皮を被ったオオカミ)なのが好ましいと思ってる。初代のシビックタイプRは良かったよね。パワーではなく、バイクみたいなエンジンの回り方が良かったよ。




    ・奇妙だけど、この新型シビックタイプRはレトロかつモダンに見える。マジでグッドルッキングなクルマだね。




    ・ワイドなホイールアーチ、ワイド&ローなスタンス、それからシンプルでエレガントなデザインはEK9シビックタイプRを思い起こさせる。すっかり恋に落ちてしまったようだ。




    ・新型シビックタイプRが気に入ったよ。アグレッシブに見えるけど、前のモデルよりやり過ぎ感がないね。




    ・良いアップデートだ。角が減って曲線が増えた。とてもクリーンに見えるね。




    ・見た目が気に入った。前のも好きだったけど、あまりにもボーイレーサーすぎた。4WDと黒いカーペットと、ちゃんと倒せるシートが付くともっと良かったんだけどな。それはさておき、素晴らしいクルマになったようだね。




    ・このルックスがいいね。前のモデルはリアエンドのデザインがぐちゃぐちゃだったから、買うのを検討すらしなかった。新型はとても良くなったね。




    ・今までで最もグッドルッキングなタイプRかもしれない。フロントエンドのデザインが気に入った。




    ・前世代とは違って、ちょっと気になるクルマだな。4ドアだし、日常使いもサーキットもどっちもいけそうだ。




    ・この新型シビックタイプR、かなり高い確率で買うかもしれない。前世代のは見た目がハデすぎて、買う気にならなかった。シビックは上品なクルマで、常にライバルよりも優れたドライビングダイナミクスを持っていた。自分の意見では、タイプRは上品さを保つ必要があると思う。ハデなボディキットはアフターマーケットに任せておけばいいんだよ。




    ・このクルマは将来、素晴らしいクラシックカーになるような気がする。なんて素敵なクルマなんだろう。




    ・走行性能は良くなっていると思うけど、少しソフトになったね。前のモデルのとんでもないルックスの方が好みだったよ。




    ・最高ではないにしても、とてもかっこいい!でも、自分は2ドアかもう少し短いシャーシが良かった。そうすれば狭い路地でも走りやすかっただろうし、手動のハンドブレーキも意味があっただろうな。




    ・ホンダは3ドアハッチバックも作るべきだった。でも、この新しいスタイリングはとても好きだ。前のモデルのホットウィールみたいなのより断然いい。




    ・このクルマのフロントエンドとインテリアが気に入ったよ。リア回りも、フロントと同様にトーンダウンすればもっと良かったな。




    ・自分は40歳なもので、前世代のシビックタイプRのデザインは自分にとってちょっと極端すぎた。でも新型は良さそうだね。ショールームで見られるのを楽しみにしているよ。





    この動画に付いているコメントでは、トーンダウンしたデザインを好む人の方が多かったです。管理人もどちらかというと、新型の方が好きですね。



    ↑↑↑①はこちら↑↑↑



    ↑↑↑②はこちら↑↑↑










    この間の新型クラウンのワールドプレミアと同様に、新型シビックタイプRの発表はなかなかにセンセーショナルなニュースだと思っています。

    という事で、新型シビックタイプRに関する海外の反応も、何本かの記事でご紹介したいと思います。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・ダッジチャージャーにマジで似ている気がしてならない。特にヘッドライトとテールライトね。テールライトは、起亜スティンガーの雰囲気もあるね。




    ・ああ、この新型シビックタイプRが何よりも欲しい。今乗っている2008年式のシビックからの非常に大きなステップになるだろうな。おそらく入手可能な、自分のドリームカーだ。




    ・自分は前世代のシビックタイプRの、攻撃的なデザインが好きだった。この新型シビックタイプrは、アグレッシブな起亜オプティマに見えるね。




    ・Damn!気に入ったぜ!前世代のタイプRよりもすっとクリーンで成熟しているように見えるよ。GJホンダ!




    ・この新型シビックタイプRのデザインが本当に気に入ったよ。ホンダはこのクルマを新鮮で最新の状態に保ちつつ、古いシビックからレトロ要素を持ってきている。自分の意見では、前のモデルよりも優れているように思える。とてもミニマリストに見えるし、それが大好きだ。




    ・正直に言うと、自分は前世代のFK8シビックタイプRの尖ったビデオゲームっぽさが好きだった。自分だけかもしれないけど、でも自分にとってはクールに見えたんだ。




    ・この新しいデザインにおいて、シンプルさと機能の伝え方がとても気に入った。タイプRは常にアグレッシブであるべきと主張する人もいるけど、そのデザイン言語はRのバッジにとって新しいものではないため、自分としては反対しなければならないと思っている。しかし、この新型シビックタイプRはEK9を彷彿とさせるね。




    ・5年かけて、前世代のFK8シビックタイプRを好きになった。なのに新型はスッキリしたデザインになっちゃって…




    ・率直に言って素晴らしいクルマだ。EK9は今でも自分の中で最高なルックスのクルマだと思っているけど、新型シビックタイプRはその次点に来たね。この新型からは、90年代のインテグラのヴァイヴを感じるねぇ。




    ・前世代のシビックタイプRの方が良かったな。確かに新しいものはより成熟しているように見えるけど、結局これはホンダシビックなんだ。自分の意見では、シビックが成熟しているように見えるということはあり得ない。新型シビックタイプRのデザインは、正面から見ると昔のトヨタカムリみたいだ。これも自分の意見だけど、良いものだとは思えないな。




    ・新型の見た目は悪くないね。でも、前世代のFK8シビックタイプRは、自分の心の特別な場所を締めているんだ。




    ・これこそ本当のタイプRだよ。タイプRと言えば、シンプルなエアロ、標準モデルよりパワフルなエンジン、そして驚くべき技術のサスペンション。以上だ。




    ・ホンダがさりげないデザインにこだわったのが気に入った。フロントエンドはほぼアキュラレジェンドだと言っても過言ではないね。




    ・クルマ自体はとても素晴らしい。しかし、シビックタイプRを名乗るにはちょっと大きいんじゃないかな。最近の法律やら規制やらで、ショートホイールベースの軽量なクルマを作るのが難しいというのは理解しているよ。でも、これじゃあファミリーカーだ。偏見があるかもしれないけど、フルサイズセダンならBMWの3シリーズの方がいいな。




    ・ホンダは新型シビックタイプRのルックスをばっちりキメたと思う。外観からは、90年代のシビックとインテグラタイプRの雰囲気が感じられるね。最高の毎日乗れるスポーツカーは、目立たない外観を持つべきだ。スポイラーもバッジも無くて、ほとんどの人がちょっと派手なシビックだなって思うくらいの感じで。




    ・久しぶりに購入を検討したいシビックが出たね。ステアリングが、もう少しレーシーなものだったら良かったな。それが唯一の不満だよ。




    ・ホンダはF1から多くの事を学んだようだ。ナイスな見た目のクルマだね。




    ・こいつのパワーは、ストリートでの信頼性も保つ必要があることを考えると、320~330馬力くらいになりそうだな。




    ・ホンダがカーボンパッケージみたいなのを設定してくれるといいな。フロントリップ、サイドスカート、ミラー、ウイング、ディフューザーがカーボンファイバー製になるようなやつ。




    ・スタイリングは明らかによりコンベンショナルだ。アフターマーケットパーツでの改造の余地が残されているね。





    ↑の1本目の記事とは違い、こちらでは前世代のFK8シビックタイプRの方が良いという人がちょいちょい見受けられますね。

    このページのトップヘ