JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    タグ:カローラ


    トヨタカローラは今でこそ一歩下がったような位置にいますが、セダンが自動車のスタンダードだった時代には、世界中で売れたワールドカーでした。価格と品質を突き詰めるとこうなる、という見本だったように感じます。

    特に、バブル期に生産された80~90系のカローラは、豪華さや品質がとても優れていたように思えます。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・カローラは、一番最初に付き合ったガールフレンドみたいなもんだ。最も魅力的ではないかもしれないけど、いつもそばにいて、決して失望させることはしなかった。
     ↑いい例えだ。
     ↑最初のガールフレンドは何回も俺をがっかりさせたぞ。




    ・カローラは辛抱強く、オーナーを失望させない唯一のクルマだ。




    ・初めてのクルマはAE101カローラだった。何回かぶつけたり、オイルが入ってない状態で走らせた事もあったけど、それでもちゃんと走ってたよ。




    ・つまり、今までに作られた中で最高のクルマだって事だ。
     ↑32万キロ超のカローラをタダ同然で買ってきた。3年乗ってるけど防弾みたいに頑丈だな。全く修理の必要がない。オイル交換と基本的な整備しかしてないよ。マジで驚いた。すごいクルマだな。




    ・2004年式のポンティアックグランプリから2010年式のカローラに乗り換えた。配達の仕事をしてるんだが、カローラは信頼性が段違いだ。グランプリは好きなクルマだけど、カローラの方がいいかも。どこにでも停められるし、マジで壊れない。困ったのはバッテリーが上がった時くらいかな。あれはウォルマートの駐車場だった。ウォルマートでバッテリーを売ってたから助かったよ。




    ・カローラは、いつの間にかみんなの生活の一部になってたんだな。
     ↑1991年式のカローラセダンを持ってた。48万キロと少し走ってたな。あのクルマは、他のクルマが壊れたときのバックアップにしてた。ずっと私道に置きっぱなしだったからカーチャンに処分されちゃったけどな。




    ・カローラの中でも特にAE86をリスペクトしている。あのシンプルさは最高だよ。自分としては、世界最高のクルマだと思ってる。




    ・2000年代のカローラはやたらと車高が高かった。父親とキャンプに行った時、キャンプサイトまでピックアップトラックについて行けたよ。あれはナイスだった。
     ↑自分のE120カローラはフロント4インチ、リア6インチほどローダウンしてるけど、それでもまだ車体の底を覗けるんだよな。




    ・1993年式カローラのオーナーであることを誇りに思ってるよ。窓は手動だし、交通の流れにはなんとかついていってるけど、立ち往生するようなことはないからね。




    ・イギリスで、2019年式のカローラワゴンハイブリッドをタクシーとして毎日乗ってる。すごいクルマだね。燃費は21km/lで、とても運転しやすい。本当に素晴らしいクルマだよ。




    ・2ZZ-GEを搭載したカローラハッチバックを手に入れたよ。こいつは南アフリカで製造されたカローラランクスRSiってやつらしいけど、GTのバッジを付けてやった。走り回るのはマジで楽しいのに、1.8リッターだから燃費がとても良いんだ。




    ・カローラを買ってすぐ2,000マイル(3,200km)ほど走ったけど、その間はガソリンを4回満タンにするだけで済んだ。カローラが気に入ったよ。




    ・両親がパキスタンからアメリカに引っ越してきた時に買った1996年式のカローラを今でも覚えているよ。たくさんの思い出がある。ドアハンドルが壊れて、内側からでないとドアを開けられなくなってたな。あとパワステも壊れてたから、運転するのはちょっとした筋トレだったよ。




    ・今乗ってるカローラはもう32万キロくらい走ってるけど、大がかりな修理はしたことがない。全てにおいて平均的なクルマだけど、決して死ぬことはないだろうな。




    ・クルマとしてのカローラの良さを感じさせてくれる動画だね。古いカローラを集めて、チューニングしてみたいなぁ。




    ・2005年式のカローラCEに乗ってる。気に入ってるよ。全くもって速いクルマではないけど、とにかく燃費が優れている。過去2年間で交換したパーツの合計額は200ドルで収まってるよ。




    ・カローラの信頼性の高さはガチだ。パフォーマンスも悪くないよ。AE102カローラで160km/h出したこともある。それだけ出しても燃費は良かったんだよなぁ。



    ・昔、フィリピンでタクシーといえばカローラだったな。懐かしいな。




    ・まだ俺のガレージにハチロクがいるよ。とても信頼性が高く、速くはないけど本当に楽しいクルマだ。4A-GEエンジンに失望したことはないね。




    ・クリーンなAE80カローラを持ってる。16万キロを超えているけど、オリジナルのエンジンのままでまだ動いてるよ。本当にカローラの信頼性は高いね。





    かつて管理人はレンタカー屋で働いてたんですが、カローラの故障率は断トツで低かったです。お客さんの事故以外で修理する事はほぼなかったように思います。





    80系カローラの海外向けCMが面白かったです。ジャンプするしサイドターンするし5,000rpmまで引っ張ってるし、クルマのCMってこうだよな!と思いました。

    こういうCMなら、YouTubeでいくら流れても飛ばさないんですがね…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・もし全ての広告がこうなら、彼らが売ろうとしているものなら何でも買っちゃうな。
     ↑このCMは特に面白いよ。彼のドヤ顔でもう一日中おもしろい。
     ↑現代のゴミみたいなCMと全く違うね。
     ↑今の広告は、人々を説得して購入させるのと正反対の事をしている。




    ・こういうCMが再び必要だ!
     ↑Make ads great again!!
     ↑トヨタのGRスープラのCMはなかなかだったぞ。




    ・もっと80年代みたいになるといいな。こういう広告だけじゃなく、世界全体が80年代みたいになるといい。あ、でもiPhoneはそのままでね。




    ・これは合法的で優れた広告だよ。1986年式のカローラが欲しくなった。




    ・これは史上最高のコマーシャルだよ。
     ↑トヨタのCMが全てこんな感じになるといいのに。




    ・1986年:「交通安全評議会は安全運転を推奨します。」
      現代:「プロドライバーが閉鎖されたコースで安全に配慮し、待機している救急隊とともに撮影を行っています。真似をしないでください。常に現地の法律を遵守してください。運転は危険です。」
     ↑最近のコマーシャルはクールじゃないね。




    ・前輪駆動と後輪駆動の両方がラインアップしていた時代のカローラだ。





    ・これは自分が25年間の人生で観たうちの最高のコマーシャルだ。





    ・動画の0:19あたりでジャンプしてるのに、「交通安全評議会は安全運転を推奨します。」ってか。




    ・自分が生まれていない時代で行ったこともない国なのに懐かしさを感じる。




    ・テーマソングが最高だ。誰かこれから3分くらいのフルレングスのトラックを作ってくれ。




    ・このCMのせいで1986年式トヨタカローラが欲しくなってしまった。これは今存在しているクルマのCMの中で最高のものだ。



    ・これが俺流のテストドライブだ!




    ・みんなが自分と同じようにこのCMを観て喜んでいるなんてほっこりするな。低評価ばっかりだと思ってたよ。




    ・彼の笑顔が草




    ・これこそがベーシックなクルマをかっこよく見せる方法だ。




    ・トヨタの古き良きコマーシャルが懐かしいねぇ。




    ・これはとても際立った最高の広告だ。ロールスロイスのCMも観たけど、とても比べ物にはならないね。




    ・当時、クルマは扱いやすさと信頼性の高さについて宣伝していた。でも今はテクノロジーと外観だけだよな。




    ・BGMをユーロビートにしてみよう。




    ・おばあちゃんがまさにこの色のこのカローラに乗ってたよ。いろいろ思い出すなぁ。不幸なことに、このカローラは究極的に盗むのが簡単だった。




    BGMもいかにも80'sでとても良き。実はこの80系カローラ、ジウジアーロデザインだそうですね。


    BM CREATIONS 1/64 トヨタ カローラ E70 ベージュ (RHD) 完成品 64B0216
    ビーエム クリエイション(Bm Creations)
    2022-02-27






    3/31に、トヨタGRカローラがワールドプレミアされました。GRヤリスと同じ1.6リッター3気筒ターボのG16E-GTSを搭載し、304馬力・370Nmのパワーを叩き出します。海外でもなかなかの評判のようです。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・これは見事だ。彼らは歴史の中で最も売れたクルマを、とんでもない性能を与えることによって称えたんだ。すばらしいね。




    ・日本が1990年代のようなクレイジーなターボ車を復活させてくれたのが気に入った!




    ・3気筒で300馬力だって!?




    ・3気筒エンジンから300馬力を絞り出すのは正気の沙汰じゃないな。エリートなエンジニアリングだよ。誰かがこのエンジンは内部のパーツを替えずに500馬力を目指せるって言ってたな。このエンジンは現代における2JZかもしれない。




    ・トヨタは自分が最近夢中になっている唯一の自動車メーカーだ。世界最速のクルマを作っているわけじゃないけど、最近のクルマに欠けていた「キャラクター」が付与されているようだ。楽しく運転できるように設計されているようだね。GR86にヤリス、カローラとすごいラインナップだよ。今必要なのはスープラにMTを設定することだ。それからセリカとMR2の復活もね!




    ・3気筒を採用した初のカローラでありながら、史上最高のパフォーマンスを発揮するカローラだ。




    ・これは現段階において一番好きなホットハッチかもしれない。自分がホットハッチに求めるものと寸分違わないようだ。




    ・見た感じ良さそうだ。このスタイリングとエンジンがGT86のスペシャルエディションに引き継がれるといいな。




    ・2004年式のインプレッサWRX STi以降、この手のクルマで気に入ったものがなかったんだ。トヨタは素晴らしい仕事をしたようだ。




    ・GRヤリスとGRカローラが同じマーケットで販売されたら、パイの奪い合いにならないかな。




    ・どの角度から見てもかっこよく見えるデザインだな。




    ・このエンジンの寿命が気になるね。このG16は小さいけど素晴らしいエンジンだというのは疑う余地が無いけど、シリンダー1つあたりの馬力がとても高いから、240,000km以上耐えられるとは思えないな。




    ・このエンジンが2.0リッター4気筒だったらみんな気に入っただろうな。その手のエンジンはチューンして4~500馬力出すのは簡単だからね。




    ・トヨタは人々が実際に望んでいる素敵なホットハッチを作ることによって試合の流れを変えつつある。




    ・ヤリスと同じ小さいエンジンをカローラに搭載するのは絶対にダメだ。少なくとも4気筒2リッターのエンジンを載せる必要がある。






    管理人も、3気筒ってどうなのよと思ってはいました。どうしても3S-GTEや4G63、EJ20が頭にありますからね。でもこれがこれからのホットハッチのスタンダードになるのなら、こういうものだと思って受け入れるしかないんですかね。




    日本ではもうあまり見かけなくなった90系カローラは、アメリカではまだ走っているようです。今のクルマにはない、シンプルな魅力がありますね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・90系は歴代カローラの中でも黄金のスタンダードだといえる。投じた金額に対して最大の利益が返ってくるからね。



    ・このカローラは長持ちするよ。友人は母親から1990年式の480,000km走ったカローラをもらったんだけど、ティーンエイジャーの乱暴な乗り方にも関わらずあのカローラは普通に走ってた。奴はアクセルの事を常に押しっぱなしにするON-OFFスイッチだと思ってたんだ。



    ・我々にはこのような信頼性が必要だ。戻ってきてくれ90カローラ。



    ・パワステとエアコンがオプションでMTが標準の場合、それは1988年の「エコノミカー」の定義を表している。



    ・これは自分が1991年に初めて運転を覚えたクルマだ。「こいつは速い」と思ってビビってたよ。アクセルをうまくコントロールできなかったからかもだけど。とにかく、この動画を観たら良い思い出が蘇ってきたよ。



    ・自分は現在においても、こいつに誇りを持って乗りたいと思う。



    ・1992年式のを持ってたよ。EFI、ABS、エアバッグ、大きいタイヤ、リアシートのショルダーベルトを装備してたな。今見れば古代のものって感じだけど、それ以前のクルマに比べれば格段に良かったんだ。



    ・改めて今見ても、90系カローラはよくまとめられたクルマだと思う。



    ・極限の信頼性を持つ究極の輸送機器だな。



    ・ワゴンの方だと折りたためるリアシートも手に入る。おそらく耐荷重を考えてサスペンションが硬くなっているだろうから、セダンよりもコーナリング性能が良さそうだ。



    ・今でも走ってるのを見かけるよ!真の品質の証明だよ。



    ・キャブレターにオプションのパワステか…ずいぶん遠くに来ちゃったみたいだ。



    ・赤のカローラGT-S(AE92トレノ)はめっちゃクールだ!



    ・今でもけっこうな台数の90系カローラが走ってるのを見かけるよね。



    ・もしこのカローラが新車で手に入るなら買いたいよ。今のクルマより良いと思う。速さと快適性では劣るかもしれないが、信頼性では勝っている。好みのクルマを探さなきゃな。



    ・カップホルダーがある!でもタコメーターはないのか…そして重ステかぁ。レトロカーはいいねえ。



    ・ツインカムなのにキャブレターって、何かちぐはぐな感じがするな。



    ・カローラセダンは、カナダではとても一般的な教習車だよ。



    ・シンプルで経済的で、太陽と同じくらいの信頼性がある。



    ・1988年にトヨタがまだキャブレターを採用していた事に驚いた。



    ・ここサウスカロライナ州だとまだ90系カローラが走ってるよ。




    トヨタ=信頼性という図式は、このあたりにはもう完成していたんですね。管理人は小さいセダンが好きなので、こういうのにとっても惹かれます。

    このページのトップヘ