JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    カテゴリ:日本車 > トヨタ


    ハチロクはラリーも速かった!そして4A-GEの音は最高です。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・峠が工事中の時の藤原拓海だ。




    ・4A-GEは史上最高の4発エンジンだ!




    ・素晴らしい動画をシェアしてくれてありがとう!このカローラには何かがある。




    ・あんな所でドリフトするなんてマジで最高だな。




    ・自分も昔、2ドアのAE86を持ってたよ。この動画に出てくるチューニングされたものとエキゾーストノートは全く同じだった。あのクルマが懐かしいな。




    ・ありがとう!ヘッドホンのボリュームをMAXにして動画を観てたから、まだ耳鳴りがしてるよ。でもそれだけの価値はある!




    ・とても健全なサウンドだ。




    ・フィンランドの人たちはみんな素敵だし、国土も美しい。いつかここアメリカから訪れたいものだな。それまでどうか変わらずにいて欲しいな。
     ↑大丈夫!私たちはみんな生まれつき頑固だから、そうそう変わることはないよ:D




    ・AE86がラリーでも活躍しているとは知らなかったなぁ。




    ・最初のクリップに出てくるAE86が付けているホイールが何かわかる人はいる?自分もAE86を持っていて、同じやつを付けたいんだ。




    ・14年前にハチロクを手放したのが悔やまれる。大事に納屋にしまっておけばよかったよ。




    ・純日本製のすばらしいマシンだ!




    ・ユーロビートを聴きながらこの動画を観ると、音楽がより激しくなるね。「なに!?慣性ドリフト!?」ってね。




    ・4A-Gはマジでラブだ。




    ・この動画に出てくるハチロクの4A-GEは20vと16vどっちだろう?鍛造ピストンとか、エンジン内部まで手を入れているような音がするね。
     ↑たぶんほとんどが16vだと思う。ここフィンランドでは、20vの4A-GEをラリーに使う人は少ないよ。




    ・ハチロクはラリーでもドリフトするのか。
     ↑ああ。後輪駆動のクルマは、グラベル路面ではコントロールが難しいんだ。




    ・これはハチロクレビンってやつか?
     ↑AE86のヨーロッパ仕様だ。基本的にはレビンだけど、ちょっとブサイクだね。こっちではGTカローラと呼ばれていたよ。




    ・この動画に出てくるハチロクの4A-GEはノーマルなの?
     ↑もちろん改造したものだよ。エキゾーストノートから察するに、これらのほとんどはハイコンプ仕様だと思う。キャブ仕様かインジェクション仕様かで違いはあるけど、16vの4A-GEで260~320馬力くらい出てるかもしれないね。




    ・どうしてハチロクをラリーに使うんだ?
     ↑20年前は、ハチロクはとてもポピュラーなラリーカーだったよ。
     ↑なぜって?もともと非常に軽量だから重量増を気にせずロールバーを入れられるし、何よりすごいエンジンを積んでいる。220馬力出せるんだ。NAエンジンでだぞ!




    ・黒のレビンがめちゃくちゃ上手い!





    ハチロクといえば峠とドリフトとサーキットのイメージが強いですが、軽量なFRですからラリーでも速いわけですよね。





    マークⅡ・クレスタ、チェイサーはドリ車としてとても人気です。

    海外でも、80系までは「クレシーダ」の名前で販売されており、そちらは3.0リッターの7M-GEを搭載していました。

    とにかく、スープラ直系の1JZを搭載したセダン!というのがあちらの方々のツボなようです。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・楽しい会社だった頃のトヨタには畏敬の念を抱いている。こんなクルマにもツインターボが搭載されているんだからな。この頃のトヨタが恋しいよ。




    ・JZX100が合法的に乗れるのを待って輸入しようと思ってたけど、みんなが欲しがって価格が高騰しているよ。
     ↑JZX90は2万ドル以上で取引されていて、みんなは愚かにもその価格で購入している。JZX100はもっと高くなるだろうな。自分は6~10年後に買うつもりだ。その頃ならハネムーン期が終わって価格が下がっているだろうからね。カナダでも10~15年前に同様の事があったからな。




    ・素晴らしい動画だった!トヨタについて多くの事を学べたよ。ここトリニダードにはクラウンがたくさん走ってる。でも個人的なお気に入りはC33ローレルかな。
     ↑確かにローレルは素晴らしい。でも、セフィーロの方がもっとカッコいいと思う




    ・ヨーロッパでもトヨタクレシーダは販売されていたよ。うちの父親は2.0リッターの83系クレシーダに乗ってた。




    ・日本に行った時、チェイサーを何台も見て恋に落ちたよ。




    ・1980年代のトヨタクレシーダが大好きだったよ!スムーズでパワーのある直6エンジンと、いかにも当時の日本らしいクールな四角いボタン類が好きだった。




    ・自分は今日本にいる。いい具合に改造されたJZX100チェイサーを見かけたよ。すげえ音だった。




    ・1990年代初頭にクレシーダに乗ってた。確か1989年式だったと思う。結構速くて、ハンドリングもブレーキもよかった覚えがあるな。




    ・チェイサーに乗るのも悪くなさそうだ。2000年代初頭に、OptionのDVDでドリフトするチェイサーを観て恋に落ちたんだ。




    ・古いクレシーダが欲しい。特にワゴンのがいいな。1989~1993年のクレシーダは、ABSが付いていれば最高だ。




    ・この間JZX100チェイサーを見かけたよ!ただでさえカッコいいのに、それにターボの音が加わると更にヤバいな。





    ・昔日本にいた時、1996年式のマークⅡツアラーVを持ってた。あのクルマは素晴らしいバーンナウトができる。25年ルールのせいでアメリカに持ち帰れなかったんだよなぁ。




    ・ここニュージーランドでは、チェイサーは街中でそれなりに見つけることができる。友達も持ってたよ。




    ・祖父が1990年代のクレシーダに乗ってた。フォレストグリーンでスモークガラスだったな。子供の頃、そのクルマが高級車だと思ってたよ。




    ・チェイサーはグランツーリスモにおけるお気に入りのクルマの一台だ。ここニューヨークで見かけたことがある。そのオーナーはS15シルビアも持ってる。もちろんどっちも右ハンドルだった。




    ・1990年代後半から2000年代前半にかけて、レーシングゲームでこのクルマの真髄を学んだよ。




    ・自分はかつて90系のマークⅡを持っていた。素晴らしいクルマだったよ。残念ながら自分のは1JZターボではなく2JZ-GEが搭載されていたけど、それでもかなり素晴らしいクルマだった。




    ・チェイサーとソアラは自分の絶対的なお気に入りのクルマだ。トヨタが作ったウェポンだよ。




    ・うちには昔、トヨタクレシーダがあった。1980年代から1990年代にかけて2台乗り継いだ。当時は超ラグジュアリーなクルマだったよ。




    ・1G-GEUはVVT-i付きの1G-FEと違って、高回転まで回りたがる素晴らしいエンジンだった!





    相変わらずグランツ―リスモの影響はすごい。そしてV-OPTも海外で観られているんですね。

    以前に海外仕様のトヨタクレシーダの記事を書いてました。こちらから…↓







    トヨタセリカはもうセガラリーの思い出しかないです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・初めてのクルマは1992年式の赤いセリカGTコンバーチブルだった。とっても気に入っていたよ。年式ではなく、走行距離の問題で手放した。2017年、32.5万キロまで乗ったよ。




    ・7代目(T230)セリカのオーナーであることを誇りに思う。そして、この動画はセリカの歴史をまとめたものの中で一番優れているようだな。
     ↑俺も7代目セリカに乗ってる!38万キロを超えてるけどまだ元気だよ。




    ・ほう、セリカは日本においてマスタングみたいな位置付けだったのか。ということは、スープラはコブラみたいなもんって事?
     ↑スープラはフォードGTのポジションじゃない?
     ↑じゃあMR2は日本のフェラーリだ!
     ↑コブラもマスタングだよ。コブラはあくまでもグレード名だ。




    ・トヨタはセリカを復活させるべきだよ。
     ↑86とスープラが復活できるなら、セリカとMR2も復活できるはずだよな。
     ↑もちろん3S-GTE搭載でな。
     ↑自分の唯一の心配は、トヨタがセリカを復活させて台無しにしてしまわないかって事だ。




    ・1993年式のセリカGT-Fourは自分の夢のクルマなんだ。このクルマが相応の評価を受けていて嬉しいよ。




    ・2002年式のセリカを買ったばかりだよ。この動画はセリカの歴史を知るにあたって非常に有益だった。以前はスバルの方が好きで、トヨタの事はよく知らなかったんだ。セリカが自分をどこに連れて行ってくれるのか、考えただけでわくわくするね!




    ・6代目(T200系)セリカはいつになっても自分にとって特別な存在だ。とてもゴージャスなクルマだよ。




    ・自分が生まれた時、父親は1988年式のセリカに乗ってた。でも自分が8歳になった時、そのセリカを手放してしまったんだ。もう20歳になったけど、今でもそのことについて怒ってるよ。




    ・1995年式のセリカが懐かしい。若い頃、頑張って働いていたんだけどお金がなくて売ってしまったんだ。




    ・7年前に買った2000年式のセリカGT-Sをまだ持ってる。自分が3代目のオーナーらしい。きちんとした改造をすれば、こいつは峠のレーシングモンスターになれる。




    ・初めて乗ったクルマがセリカだった。本当に気に入って乗ってたよ。とても手頃なスポーツカーで、トヨタの信頼性があって、パーツの交換が簡単で、しかもAWD。最高のクルマだね。




    ・セリカの終焉はチューニングが流行らなくなったことではなく、改造しづらいエンジンのせいだったと思うなぁ。




    ・セリカは好きだな。特にラリーカーが好きだ。もうグランツーリスモじゃ満足できないよ!




    ・セリカの精神は86に引き継がれていると思う。いつか86がラリーシーンで活躍するところを見てみたいな。




    ・1994年式のセリカGT-Sに乗ってる。冬はファンtoドライブなクルマだけど、夏は快適なクルーザーになる。




    ・1991年式のセリカSXを買ったよ。今までに乗ったクルマの中で一番セリカを愛している。窓越しに眺めるだけでエキサイトするね。




    ・当時、1991年式の5MTのセリカに乗ってた。とても大好きなクルマだったよ。今は通勤用に2021年式のシビックSiに乗ってるけど、セリカが恋しいね。こんな感じの、ちょっと気の利いたの本社が大好きなんだ。ユタ州に住んでいて、周りはキャニオンロードに囲まれている。こういう道を楽しい小さいクルマで駆け抜けるのは大きな喜びだね。




    ・昔乗ってた1978年式のセリカGTが大好きだ。1985年に20万キロ走ったのを中古で買った。数年後、買ったのと同じ金額で売れたよ。まあ壊れないクルマだった。




    ・これを観てたら、昔乗ってたセリカにまた乗りたくなったよ。今乗ってるクルマより断然安かったのに楽しいクルマだった。




    ・セリカがいなければスープラも存在しなかった!ありがとうセリカ!





    個人的にはカストロールセリカのイメージがとても強いですねぇ…







    みんな大好きFJクルーザー!

    日本でのデビューは2010年でしたが、アメリカでは2006年から販売されていました。40系ランクルの面影をもつエクステリアが特徴的です。

    4リッターV6の1GR-FEを搭載し、レギュラーで276PS/5,600rpm、38.8kg・m/4,400rpmを発揮します。

    確か、オフロードパッケージを選択すると、ビルシュタイン製ショックやリアデフロックが装備されましたよね。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・2008年モデルのFJクルーザーを持ってる。まだ新車みたいに走るよ。こいつはいい年の取り方をしているね。
     ↑自分も2008年式のシルバーのを持っている。とても気に入ってるよ。2003年のデトロイトモーターショー以来ずっと欲しかったんだ。




    ・フロントガラスにワイパーが3つ付いていることに気が付かなかった。そんな自分が信じられない…




    ・このFJクルーザーは塗装も目立つものだった。当時はほとんどのクルマがメタリック塗装だったから、シンプルなグロス塗装はとてもユニークなものだった。それと、確かプロトタイプにはスーパーチャージャーが付いていたよな。



    ・FJクルーザーはすごいクルマだよ。自分の2012年式のはもう30万キロ走ってる。でもまだ毎日の足として力強く走ってるよ。




    ・今乗ってるFJクルーザーがとても気に入っている。みんな乗るべきクルマだよ。他の自動車系チャンネルでも、未だにFJクルーザーの動画が作られているのは興味深いね。
     ↑その通り。FJの中古車価格は右肩上がりだよ。
     ↑自分もFJを気に入って乗ってる。後方視界が悪いのが気になるところだね。バックカメラとナビの設置を検討しているよ。あれば駐車場で大いに助かるだろうし、ロードトリップ中にブレイジングサドル(1974年の西部劇コメディ映画)を観ることもできるしね。




    ・自分はオフロードやSUVというのは好まないけど、これだけは認めざるを得ない。初めてFJクルーザーを街中で見た時は釘付けになってしまった。




    ・時として、天才が評価されるには時間がかかることがある。FJクルーザーの復活を願っているよ。




    ・これはいいね。自分は幸運にも2014年式のFJクルーザーを所有している。自分はガチのオフローダーじゃないけど、トレイルや雪の中で性能を試したことがある。決して失望することはなかったね。
    このビーストは絶対に手放さないよ。今度は、ゾンビアポカリプスが来た時どれだけうまく対処できるか試してみたいね。がっかりすることはないと確信しているよ。




    ・2007年式のFJクルーザーに1年くらい乗ってた。オフロードでは非常に楽しいクルマだったけど、オンロードでは普通のクルマの方がいいかな。素晴らしいSUVで、特に悪い点は見つからないな。プラスチックのインテリアが気に入ってた。これほど掃除しやすいクルマはないよ。サブウーファーの音質も悪くなかった。また所有したいと思うクルマだね。




    ・元ネタのオールドスクールなFJ40ランクルはかっこいいな!




    ・素晴らしい動画だった!FJクルーザーは大好きだったよ。アメリカ本土48州全てとカナダの一部をこのクルマで制覇したんだ。北米大陸を冒険できる素晴らしいクルマだよ。




    ・今乗ってるFJクルーザーが大好き!2年間乗ってるけど、その間の故障はゼロ。とても楽しいクルマで、今は18万キロを超えたところだ。もう1台欲しい!




    ・この動画を作ってくれてありがとう!残念なことに、ここオランダではこのFJクルーザーは公式に販売されなかったんだ。たまに何台か見かけるけどね。このFJクルーザーのデザインはマジで最高だよ!




    ・FJ40型のランドクルーザーは。ここブラジルではBandeiranteという名前で2001年まで販売されていたよ。クレイジーなほど信頼性が高いクルマだったね。




    ・FJクルーザーにA/Tタイヤを履かせたのが大好きだ!




    ・FJクルーザーはフロントガラスにヒビが入りやすいって言ってるけど、確かにそうだ。2年間乗ってて、5回もヒビが入ったよ。




    ・今、オフロード系のクルマがとても人気だから、ちょっとしたリフレッシュをして復活させたらすごい人気が出るんじゃないかなぁ。




    ・いとこが1970年代に元ネタのFJ40ランクルに乗ってた。そのクルマでどこにでも行ったよ。ラジオもエアコンもついてないようなクルマだったけど、あれは素晴らしかったなぁ。




    ・2008年式のFJクルーザーのオーナーとしては、こいつは今まで所有した中で最高のクルマだといえる。




    ・このFJクルーザーは本当にクールなクルマだ。もう新車で買えないのは本当に残念だ。さらに重要な事に、買う余裕がないのも本当に残念だ。





    SUV流行りの今、このコンセプトのクルマが出たら売れるでしょうねぇ…






    プリウスはトヨタが誇る、言わずと知れたハイブリッドカーです。海外でも人気ですが、あちらのクルマ好きはそこまで魅力を感じていないようです。よく「遅い」って言われてますが、モーターのアシストがあるので出足はけっこう速いんですけどもね…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・プリウスなら石油危機でもわくわくできるね。




    ・プリウスなら静かにドリフトできるね。




    ・前に付き合ってた彼女がプリウスC(トヨタアクアの海外での名前)に乗ってた。運転が楽しい小さいクルマだったよ。何も知らない奴に限って文句言うんだよな。




    ・プリウスCは、他のエコノボックス(安い大衆車の意)に比べてしっかりしたシャーシを備えている。欠点は、トヨタ車にありがちな無感覚なステアリングと退屈なドライブトレインだ。もっといいエンジンを載せてステアリング特性が改良されれば、とても楽しいハッチバックになるかもしれないね。




    ・プリウスは自分の好みではないけど、ディーラーで働いているからよくわかる。こいつの信頼性はめちゃくちゃ高いぞ。48万キロは問題なく走れるし、そこからまた48万キロ問題なく走破できる。
     ↑フランスでも同じだ。
     ↑俺もトヨタで働いてる。全くその通りだ。
     ↑プリウスは史上において最高のクルマだよ!PHEVバージョンはさらに素晴らしい。70万キロ走ったプリウスのタクシーを見た事もある。マジでトラブルフリーのクルマだ。その気になれば200km/h出せるしね。このサイズのクルマにしちゃ十分だよ。




    ・プリウスCは偉大なクルマだよ!実際、同世代のヤリスよりも楽しいクルマだった。それに燃費も本気ですごかったしな。トヨタがもう売らなくなったのは残念だよ。




    ・酔った自分を家まで送り届けてくれた回数は数えきれない。オスロのタクシーありがとう!




    ・我が家には20系と30系のプリウス、それからプリウスαがいる。全部素晴らしいクルマだよ。運転しやすくて壊れなくて、とても快適だ。モーターだから低速域での加速が良いね。交通量が多い所を通勤するのに指摘なクルマだよ。




    ・2005年式のプリウスに3年半ほど乗った。素晴らしいコンパクトカーだった。室内は外から見るよりも広々としていたね。燃費が良すぎて、給油するたびに笑ってたよ。




    ・日本のGT300でプリウスが使われたのは本当に素晴らしい事だ。確かにそれはシルエットレーサーみたいなもので量産車とは別物なんだろうけど、それでもクールだと思う。日本にはGR Sprotのプリウスもあるらしいな。




    ・実は、初代プリウスが一番お気に入りなんだよね。




    ・まさかプリウスの動画を面白いと思うなんてな。みんな嫌いらしいけど、自分は現行型へのモデルチェンジは大歓迎だったな。テールランプの光り方は素晴らしいし、独立リアサスの採用も文句なしだ。EV普及による人気の低下と好き嫌いがはっきり分かれるデザインのおかげで、手頃で程度のいい中古車が買えるかもしれないな。




    ・好きでも嫌いでも、プリウスはこれまでに作られたクルマの中で最も影響力のあるクルマだと思う。
     ↑どちらかと言えば、それはホンダインサイトじゃないかな。初代の小さくて変な形のヤツ。あのクルマがなければ、プリウスは存在しなかったんじゃないかな。




    ・自分はプリウスのファンだ。うちの家族や親戚もプリウスに乗ってる。万人向けのクルマではないことは良く分かってるけど、プリウスはクールだけどみんなに嫌われるクルマになった。自分自身の成功の犠牲になっているんだ。プリウスの歴史と、自動車業界を変革させたという事実はすごいんだけどな。まあ、人は輝いているものに石を投げるのが好きだからなぁ。
     ↑ほんそれ。
     ↑若い頃はプリウスが嫌いだったけど、年を取るにつれてプリウスの重要性に気づいた。実際はクールなクルマなんだよね。




    ・プリウスは地球上で最も信頼できるクルマの中の1台だと思う。スマホみたいに2年毎に乗り換えなきゃない高級なテスラよりもプリウスの方が欲しいな。トヨタは堅実で頑丈なクルマを作ることにリソースを割いているから、どうしても退屈なクルマになる。だから他のメーカーみたいに新機能を追加しまくらないんだ。新機能を追加するときは狂ったようにテストをして、信頼性と有用性を確認するんだ。
     ↑プリウスはA地点からB地点に移動するためにはパーフェクトなクルマだ。でも、クルマ好きがプリウスに乗ってるのを見た事は無いな。
     ↑トヨタの安全性は本当に信頼できるよ。2016年式のプリウスに乗っていた時、赤信号で大型トレーラーに追突されたことがある。救急隊でさえ自分が死んだと思ったみたいだけど、自力でクルマから出てこれたよ。骨折はしたけど生きてた!





    ・20系プリウスが大好きだよ。ヤリスの車高調が流用できるし、ハブは5穴でPCDは100だからスバルのSTi17インチホイールが付く。そうすれば245/40R17のセミスリを履けるんだ。さらに1NZ-FXEの吸気側カムを1NZ-FEのものに交換すれば、パワーの問題は完全に解決できる。こんな感じで、賢く改造すれば20系プリウスは楽しく乗れるんだ。




    ・プリウスの耐久性は戦車並みだよ。前に乗ってた2009年式のは37万キロくらいまで乗ったし、嫁の2010年式プリウスは手放す時に32万キロ超だった。今は2014年式のレクサスCT200hに乗ってるよ。速いクルマは週末に乗る事にして、平日はこういうクルマに乗ればいいのさ。




    ・プリウスはマジで頑丈なクルマだよ。自分は20系プリウスを30万キロくらいまで乗った。その間トラブルは一切なかったよ!
     ↑プリウスで30万キロは何も驚くべきことじゃないよ。
     ↑そこまで頑丈とは言えないかな。確かにうまく作られてはいるけど、コストを考えて作られていることは明確だ。でもエコノミーカーだという事を考えると悪くはないね。
     ↑俺のは2007年式で42万キロ近いけどまだまだ調子いいよ!
     ↑自分のは38万キロ。
     ↑俺のは22万キロのプリウスαだ。ずっと酷使し続けてる。道路の穴は避けないし、類人猿みたいにスピードバンプを乗り越えたりしてる。いつもベタ踏みで走ってるしね。何回かオフロードに持って行った事もあるけど、一回も故障したことがない。パワーの数値を気にしなければ素晴らしいクルマだよ。




    ・プリウスが何でこんなに嫌われているか理解できないよ。プリウスは決してクルマ好きのためのクルマなんかじゃないけど、街乗りや普段使いには素晴らしいクルマだよ。広いし快適だし、燃費が良くてテクノロジー満載だしね。




    ・正直なところ、プリウスCはスウィートな小さいクルマだよ。街中で乗るのに最高なんだ。




    ・スペースXの打ち上げを見に行くのに現行のプリウスを借りたよ。自分の意見がすっかり変わってしまった。車内の質感がとても良くて、走りも良かった。もちろん燃費もね。もうプリウスをバカにできなくなったよ。




    ・最近はガソリンが高いから、ここメキシコにおいて燃費のいいプリウスは最も堅実な選択肢だ。最近はプリウスばかり見かけるね。自分は2018年式のを買ったばかりだ。快適さと燃費が本当に気に入ったよ。40ドル分のガソリンがあれば最低1週間は走れる。前はピックアップトラックに乗ってたから、これは良い買い物をしたと思う。自分はまだ23歳だけど、快適さと財布の事を考えて決断したよ。




    ・プリウスが興味深く見えるなんて、この男は才能があるな!




    ・こういうジョークがあったな。
     “プリウスを速くする方法は?”
     “レッカー車。”
     ↑160km/hで走るレッカー車を見たら心配になるわ。
     ↑カミンズのディーゼルをスワップするのか?
     ↑ワロタwww
     ↑2JZだろ!




    ・もしプリウスを所有するなら、プリウスαかプリウスPHEVのどちらかだな。





    50系で4WDの選択肢ができたのは、雪国住まいとして本当にありがたい…!そしてアクアの評価が高いのが意外でした。


    ちなみに、20系プリウスにV8をスワップしたのもありまして…







    このページのトップヘ