JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    カテゴリ:日本車 > 日産


    「ダットサン=昔の日産」のイメージですが、掘り下げていくと結構歴史がありました。ルーツを辿ると大正時代まで遡ることになります。

    ダット自動車商会→ダット自動車製造株式会社→ダットサン商会→自動車製造株式会社→日産自動車株式会社となり、1934年から1981年まで海外向けのブランド名として「DATSUN」を使用していたそうです。

    由来は支援者である田さん、青山さん、竹内さんの苗字の頭のアルファベットを取ったところから始まりますが、後からDurable(頑丈)、Attractive(魅力的)、Trustworthy(信頼に足る)と定義されたそうです。

    「SUN」については、1914年に最初に作られた乗用車の名前が「脱兎号」で、1930に作られた試作車が脱兎号の息子(=SON)みたいなもんだから「DATSON」、いやでもSONって損みたいに聞こえんじゃんってことでSUNになった…らしいです。

    そこで名前は一度途絶えましたが、2012年に新興国向けブランドでDATSUNが復活しました。DATSUNブランドといえば、510ブルーバードや240Z、あとはダットラなんかが思い浮かびますね。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・ダットサンから日産に名前が変わったのは覚えているけど、その背景については知らなかったな。名前が変わる時の広告を覚えているよ。




    ・ダットサンは偉大な名前だよ。




    ・ハイスクールにいた時、友達がダットサンB210(B210サニー)を2台まとめて400ドルで買った。そいつはニコイチで整備して、まともに走る1台のB210を作り上げたんだ。最もクールなクルマではないしひれ伏すようなクルマでもなかったけど、あのクルマは好きだったな。




    ・自分のカーライフにおける唯一の願いは、クラシックな240Zに乗ることだ。あのクルマは絶対的、決定的にナンバーワンのドリームカーだよ。




    ・240Zとの初めての出会いは湾岸ミッドナイトだったなぁ。




    ・自分はてっきり、日産がダットサンを買収したもんだと思ってた。名前が変わっただけだったのかよ。




    ・280Zは史上最高の量産スポーツカーだ。クラシックなスポーツカーのデザインの頂点にある。とても象徴的な存在だったな。1980年代初頭は自分は子供だったけど、当時はみんなホットウィールの280Zを欲しがってた。この時代は、ポルシェやジャガーなんか以外に似たようなクルマはなかったな。コルベットはまだ1970年代バルーンタイヤって感じだったしね。今でも素敵に見えるクルマだよ。




    ・240Zと280Zは、クラシカルなアメ車に見えるといつも思ってた。C3コルベットのせいかな。




    ・1980年に初めて買ったクルマは、1969年式のダットサン510(ブルーバード)の2ドアだった。1,600ccエンジンがブローしたから売りに出して、日本製の1,800ccのエンジンを輸入して交換したんだ。作業の後にボンネットをちゃんと閉めなかったみたいで、走行中にボンネットが飛んでフロントガラスを砕いて、Aピラーも曲がっちゃったんだ。懐かしいな。あのクルマをまだ持ってたらよかった。




    ・ダットサン510は文字通りクルマだ。クルマの絵を描いてと言われた子供が描くようなものだ。まさにクルマだよ。




    ・湾岸ミッドナイトのアニメとアーケードゲームのおかげでダットサン240Zが好きになったよ。




    ・ブルーのダットサン240Zは、普通の人にとっては普通の日本車だろう。でも自分にとっては悪魔のZだよ。




    ・アメリカは日本を戦争で打ち負かしたけど、日本はアメリカをサーキットで打ち負かした。




    ・自分のお気に入りのダットサンのクルマは、チェリー100Aだな。夏のお楽しみ用のクルマとして持ってるんだ。




    ・日産の発音は「NEE-SAN」だよ!




    ・日産はどこまで落ちたんだろう…510ブルーバードを復活させてくれ!




    ・1973年式の240Zを持ってた。直列6気筒にウェーバーのツインキャブだったな。その後は1979年式の280Zにも乗ったよ。母親はイエローのB210に乗ってたっけなぁ。




    ・1970年代半ばに4速MTの510に乗ってたよ。ギア比がすごかったな。110km/h以下だと4速に入れる必要がないんだ。軽いクルマだったからかな。




    ・初めて乗ったクルマは1978年式の510のクーペだった。1970年代の510のルックスが好きなんだ。




    ・「ダットサンは我々の心を奪ったブランドでした」
     -そうだよな。
     「その後、アイデンティティが変わりました。」
     -マジで!?





    海外ではダットサンの認知度がとても高く、名称を変更するのはとても大きな決断だったようです。「初めてのクルマがダットサンだった」というコメントも多かったですね。






    日産におけるランクル的立ち位置の日産パトロール。日本ではサファリの名前で販売されていました。5代目のY61型まで、2004年まで販売されていましたね。6代目のY62型以降は海外専売となりました。


    patrol160
    ↑160型↑

    patrol_Y60
    ↑Y60型↑


    patrol_Y61
    ↑Y61型↑


    patrol_Y62
    ↑Y62型↑


    参考までに、国内向けのY61型サファリにはバリエーション豊かなエンジンが用意されていました。

    ZD30DDTi(2ドア専用)
    直4DOHCディーゼルターボ
    2,953cc
    170PS/3,600rpm、34.0kg・m/1,800rpm

    TD42T(4ドア専用)
    直6OHVディーゼルターボ
    4,169cc
    160PS/3,600rpm、33.7kg・m/2,000rpm

    TB45E(4ドア専用)
    直6OHVガソリン
    4,478cc
    200PS/4,400rpm、35.5kg・m/3,600rpm

    TB48DE(最終型4ドアのみ)
    直6DOHCガソリン
    4,758cc
    245PS/4,800rpm、40.8kg・m/3,600rpm


    トラックか!










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・昔、1994年式のディーゼルターボのサファリを持っていたよ。ありゃモンスターだったな。どんな所でも登って行けた。もうあのモデルはオーストラリアでは見なくなったな。みんなもっと高級なやつに乗ってるからね。




    ・中東では、Y61とY62が併売されていたよ。我々はY61の事を「VTC」と呼んでいた。Y62ほど重くなく、ローテクで改造の余地もあるから、Y61はオフロード用に購入されていた。Y62はファミリー向けに購入されるけど、決してオフロード性能が劣るという意味ではない。実際すごい性能だよ。




    ・スペイン人として、日産パトロールのスペインにおける重要性は良く知っているよ。このクルマは憲兵や警察の公用車として使われていたからね。30年くらいずっとそうだった。今でもまだ見かけることがあるよ。




    ・今オーストラリアに住んでいて、1993年式の日産パトロールに短い間だけど乗ってたことがある。確かに頑丈なクルマだったよ。




    ・うちの父親はY60型の日産パトロールに乗ってた。このデザインは、現行の新しいクルマよりも魅力的だと思うな。




    ・1990年代に、1986年式の日産パトロールに毎日のように乗ってたよ。インテリアはブルーだった。たくさんの思い出があるクルマだ。




    ・TD42搭載の日産パトロールはとても力強い。軽油を煙に変えるようなエンジンだけどね。シングルスピード&可変ノイズのパトロールとも呼ばれるね。自分は1980年からずっと日産パトロールのオーナーだよ。




    ・この日産パトロールに搭載されるTD42型のエンジンが大好きなんだ!




    ・日産パトロールは大好きなクルマだ。1980年代には、うちの国では警察と陸軍の両方が160型の日産パトロールを使っていた。今でも警察が使っているよ。




    ・パトロールも好きだけど、自分はミツ(三菱の愛称)のパジェロ派だなぁ。パジェロのパリダカの戦績の方がとても印象的だよ。確か10回くらいは優勝しているよね。いつだったか1,2,3位を独占したこともあったはずだ。三菱は総合的な日本のブランドとして最高だと思うな。




    ・おい、1960年代の日産パトロールがすごくカッコいいな!




    ・父親が160型の4ドア直6の日産パトロールを持ってた。あれはマジでビーストだったな。あのクルマで国中を旅したよ。




    ・スペインにおいて、パトロールは法執行機関の標準的なクルマだった。その後は日産テラノに代わって、今は日産パスファインダー(テラノの後継的な位置付けのSUV)が使用されているよ。




    ・自分の父親は1969年式の日産パトロールハードトップを持ってた。本当にクールなクルマで、他に乗ってる人を見た事がなかったな。今では弟が引き継いで乗ってるよ。




    ・Y61型は2021年時点ではまだ中東で販売されていたよ。こちらでは最高の販売台数を誇っているから、製造中止になることはなさそうだ。




    ・自分はY61型パトロールのオーナーであることを誇りに思うよ。こいつは機械工学におけるビーストだ。




    ・おじさんがY60型の日産パトロールに乗ってた。ビューティフルなクルマだったな。残念ながらアフリカにはあまり多いクルマじゃないから、パーツの入手がちょっと大変なんだ。4リッターのディーゼルはビーストだった。




    ・Y61型の日産パトロールのオーナーとして、問題点を3つ挙げておこう。
    1.燃費がSxxT
    2.暑い気候の地域では、負荷をかけるとオーバーヒートしがち
    3.35℃以上の地域では、エアコンの効きが足りない
    まあ、アフターマーケットのパーツで全て解決できるけどね。これらの問題を除けば、運転するのがとても楽しいクルマだし、あり得ないくらいの改造の余地とポテンシャルがある。




    ・3列シートの1981年式の日産パトロールを持ってたよ。2.8リッターのターボ無しのディーゼルだったんだけど、あまり無理するとヘッドガスケットが抜けるんだ。俺のは2回もやらかした。




    ・カナダでは日産アルマダと呼ばれているよ。5リッターのV8を搭載していて、少なくとも400馬力は出ている。





    なんとなく、ランクルよりもアナログな感じがしますね。SUVではなく、本当にオフロード向けの「クロカン」ですね。






    日本では日産サニーですが、北米ではセントラの名前で売られていました。

    B14型までは国内仕様とほぼ同じですが、B15型はフロントとリアのデザインが大きく変わりました。

    日本でもスーパーツーリングとかVZ-Rなどのスポーツグレードが設定されていましたが、あちらのスポーツグレード「SE-R」の方がどうも羨ましい。

    B13とB14にはSR20DE、B15はQR25DEが搭載されていたそうです。これについては過去にも紹介しています。しかし羨ましい…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓








    ・日産がまだちゃんと日産で、ルノーによって台無しにされる前の時代だ…
     ↑ルノーと日産が一緒になってから、日産車のクオリティは崩壊した。
     ↑CEOは確かに日産を破壊したね。そして価格を安くしようとして、モデルチェンジのスパンを必要以上に長くした。370Zとか、フロンティアとか。
     ↑ルノーは実際に日産を倒産から救ったが、その代償は醜いデザインの退屈なクルマだった。




    ・え、待って。B13型セントラは2017年まで生産されてたの?なんと伝説的な…
     ↑メキシコでタクシーとして使われていたんだ。交通事故に遭ったらデストラップになるクルマだよ。




    ・1991年式の日産セントラSE-Rは、4日前に買ったばかりの初めてのクルマだ。完全ノーマルのSR20DEと純正アルミホイールのコンディションはとても良い。サブウーファーと社外オーディオデッキ以外は全てノーマルだよ。




    ・2012年式のセントラSE-RスペックVを買ったばかりだよ。12万キロ走ってるやつだけどもう気に入っている。思ったよりも速いし、ハンドリングもすごく良いよ。6速MTは最高だね。本当にスムーズで楽しいクルマだ。実用性が犠牲になっていないところがいいね。これはオススメのクルマだよ。




    ・初めて買ったクルマはB13セントラだった。気に入って乗ってたよ。運転が楽しくて、信頼性が高くて、部品も安かったね。




    ・B13セントラで最も人気があるSR20VEへのエンジンスワップについての言及がなかったね。1,000ドルも出せば、ほぼポン付けでスワップできて50馬力追加できる。




    ・友達がB15セントラSE-RスペックVに乗ってた。あれは大したクルマだった!スムーズでとてもトルクフルなんだ。トランスミッションの具合も良かったね。当時、自分はスバルインプレッサWRXに乗ってた。よくハイウェイでレースをしたよ。




    ・今までで一番お気に入りだったクルマは、B13セントラに日本仕様のSR20DETをスワップしたやつだ。速くて楽しくて信頼性が高くて、そしてえらく安上がりだった!




    ・OMG、ツルじゃないか!(管理人注:メキシコではB13サニーが「TSURU」の名前で売られていた)自分はこのクルマが好きなんだ。メキシコのどこにでもいる。クレイジーな改造をしたツルを何台か見た事があるよ。




    ・2001年式セントラのSE-RスペックVを持ってた。すごくトルクのあるクルマだったな。当時、こいつの他に印象に残ったクルマといえばダッジSRT-4くらいだ。




    ・初めてのクルマは、2006年に買った中古のB15セントラSE-Rだった。8年間乗ったよ。最後の方はメカニカルトラブルが多かったけど、いいクルマだったな。




    ・前にB15セントラSE-RスペックVに乗ってたよ。2年前にインフィニティG35に乗り換えた。G35の方が速いし快適だけど、セントラは運転するのが楽しかったな。それに燃費が結構よかった。




    ・今でも2007年式のセントラSE-RスペックVに乗ってる。このちっこいクルマがとても気に入ってるよ。直管マフラーに替えると素晴らしい音が出るんだ。それにとても信頼性が高かった。




    ・B15セントラSE-Rは素晴らしいクルマだ。運転するのはとても楽しいし、セントラにしてはえらく速い。唯一の難点は、QR25DEがあらゆる種類の問題を抱えているという事だ。インテークのバタフライバルブのネジは無くなるし、触媒コンバーターはダメになるし、たいていのQR25DEはオイル消費が激しくなる。確かにクールなクルマだったけど、問題の一部はルノーと日産が一緒になった後の品質の欠如だと思うな。




    ・自分としてはB12型、特に1989年式のセントラXEワゴンが好きだな。昔うちにあったクルマだった。今までで最高のクルマだったよ。いつか同じクルマを手に入れるのが夢なんだ。




    ・セントラSE-RスペックVを持ってたよ。QR25DEからSR20VEにエンジンスワップしたんだ。あのクルマは死ぬほど好きだった。




    ・初めて自分のお金で買ったクルマは1994年式のセントラSE-Rだった。5速MTだったよ。とてもクールで楽しいクルマだったよ。手放さずに今でも持ってればよかったな。




    ・2006年式のセントラSE-RスペックVを持ってた。値段の割にとても楽しいクルマだったよ。6速MTとLSDは標準装備だったな。




    ・何年も前の事だけど、自分もセントラSE-Rに乗ってたよ。なんとなくミニGT-Rみたいに見えて、とてもいいクルマだと思ってた。




    ・昔乗ってた1995年式の日産セントラGLEは好きだったなぁ。SR16DEに5速MTの組み合わせだった。




    普通のセダンのホットモデルは、どうしてこんなに魅力的に見えるのでしょうか…




    ↓↓↓関連記事↓↓↓












    ザ旧車って感じですね。510型のブルーバードは3代目に当たるモデルで、1967年から1973年まで販売されていました。410までのOHVエンジンを捨て、新たなSOHCエンジンを搭載していました。

    一番有名なのは1600SSSですよね。スーパースポーツセダンを表すSSSのグレードには、100PS/6,000rpm、13.5kg・m/4,000rpmを発揮する1,600ccのSOHC直列4気筒のL16型が搭載されていました。

    さして速くなさそうに見えるかもしれませんが、車重はたったの945kg、そして4輪独立懸架でしたから、当時としてはなかなかに速かったと思われます。

    海外ではDATSUN 510の名前で販売されており、プアマンズBMWとして人気があったとか…











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓







    ・うちの母親はダットサン510のワゴンを持っていたよ。乗り心地の良いクルマだった記憶がある。けっこう気に入ってたよ。今でもまた乗りたいと思うよ。




    ・自分の初めてのクルマは、1971年式のダットサン510だった。1982年に中古で買ったよ。日立のAMラジオ&8トラックのデッキが付いていて、4速MTだった。小さいけどすばらしいクルマだったな。




    ・この動画はとても面白いけど非常に有益だ。学校でもこういうのを教えれば、我々はもっと多くの事を知れるのにな。




    ・プエルトリコにおいて、このダットサン510はこのクラスのドラッグレースのレジェンドだよ。スターレットやAE86と並ぶクルマだ。




    ・自分は今でもこの510のルックスが気に入っている。日産はこのレトロなモデルを、EVとして復活させてくれたらいいのにな。




    ・1970年代に、ノーマルの510ブルでジムカーナをやってたよ。駐車場でやるようなやつさ。ホンダシビックが出てくるまでは強かった。単純にシビックは速いクルマだったし、ホンダがスポンサーに付いているようなドライバーが来ることもあったしな。510は素晴らしいクルマだったけど、やたらと錆びやすいクルマでもあった。ここカナダでは冬場に道路に塩を撒くから、ほとんどの510は数年のうちに錆びて姿を消してしまったよ。




    ・ダットサン510とスカイライン"ハコスカ"GT-Rは今でもビューティフルなクルマだ。
     ↑ハコスカは別格だよな。




    ・オーストラリアでは、このクルマはダットサン1600と呼ばれていたよ。この前のモデルは、もっとボディが小さいダットサン1200だった。




    ・ダットサン510はもっともハコスカに近いクルマだと思う。




    ・自分はダットサン620(ピックアップトラック)に乗ってる。これは絶対に手放さないぞ。




    ・日産/ダットサンは、ルノー/三菱に加わるまでは素晴らしかった。




    ・ダットサン510は、自分がクルマ好きになるきっかけだったよ。おじさんが乗っていて、うちの父親も乗ってた。父親はもう2台買ってたよ。どの510も全て改造されていたんだ。




    ・素晴らしい。自分の最初のクルマは4ドアでATのダットサン510だった。全てが気に入ってたよ。ただ、アキレス腱は当時のフィアットと同じレベルの電気系統だった。自分は10の異なる州で故障したことがあるよ。




    ・ダットサン510はマジで最高だ。でも、B210サニーの動画も見てみたいな。そいつは今でも俺の毎日のアシなんだ。




    ・510について語るんなら、BRE(ブロックレーシングエンタープライズ)とトランザムシリーズでの成功についても語らないと。




    ・ダットサン510は自分のお気に入りのクルマだ。もし良いのが見つかれば、今乗ってるE30のBMWと秒で交換したいくらいだ。




    ・家族が何年か前にダットサン510に乗ってた。でも、当時の自分は若かったから、こいつをクールだとは思わなかったんだ。




    ・このダットサン510はホットウィールのコレクターの間でも人気があるクルマだ。ものによっては非常に高価な場合もあるよ。




    ・自分はこれと同じL16型エンジンを搭載したダットサン620トラックを持ってるよ。毎日元気に走ってるけど、クソほど遅い!




    ・自分がハイスクールにいた時、マジでクールなダットサン510を持っているやつと一緒に働いていた。そいつの510にはZ31からスワップしたv6と、社外のサスキット、ディスクブレーキ、バケットシートが付いてたよ。色はジェネラルリー(管理人注:爆発!デュークで検索されたし)のオレンジ色だった。その510に出会って以来、このクルマが好きになったよ。





    510ブルーバードのデザインを取り入れたEVが出たとしたら、ちょっと欲しくなりそうです。




    日産180SXのフロントエンドをS13シルビアのものに交換したクルマをシルエイティと言いまして、ふた昔くらい前にはよく見かけた記憶があります。いかにも当時のドリ車感があって非常にすこです。

    これはフジミ模型のプラモを組み立てているようですね。あちらでも買えるのでしょうか。












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・そのまま組むんじゃなくて、いくつかのクールなタッチが加えられているね。




    ・こういうのがもっと見たいよ。とても精度の高いプラモデルだね。




    ・おお!とても素晴らしい!昔こういうのに挑戦したことがあるけど、当時は1台完成させるための忍耐力がなかったんだよな。




    ・おい、このプラモのディテールのレベルは段違いにすごいぞ。




    ・観ていて面白かったよ。俺もひとつ作りたくなった!




    ・これはいいな!ぜひ自分も作りたい!このキットはどこで入手できるんだ?




    ・これ作っている人は才能あるなぁ。




    ・頭文字Dの池谷先輩が乗ってるクルマっぽいけど、シルエイティなんだよな。
     ↑池谷先輩のシルビアと色が同じだもんな。
     ↑ほら、あのー池谷先輩がすきな女の子が乗ってたろ、シルエイティ。
     ↑真子!と誰だっけ?もう一人の名前忘れちゃったよ。
     ↑真子と沙雪が乗ってたやつな。




    ・おおいいねぇ!クルマに関するものを見るのは何でも大好きだ。




    ・とても簡単にできたように見えるけど、自分がシェルビーGT500のプラモを作った時は数週間かかったよ。完成してからもどこか欠陥があるように見えてたし。もうやらない…




    ・今までクルマのプラモの存在を気にしたことは無かったけど、これは自分の人生に欠けていたものだ。




    ・この動画を観て自分も作りたくなった。今2つのプラモがあるけど、何か月か棚に放置してたんだ。




    ・すばらしい仕事だ!ディテールが本当にすごい。よくやったな兄弟!




    ・ホットウィールよりいい!ディテールへのこだわりは想像を絶するものだ。




    ・ボディーカラーはブルーでも良かったな。




    ・自分も去年にこれと全く同じシルエイティのプラモを作ったよ。この動画からインスピレーションを得たから、うちのシルエイティもカスタムしてみようかな。




    ・素晴らしい出来だ。自分はもうガンプラがら引退したけど、この動画を観たらまたプラモを作りたくなったよ。




    ・前輪のキャンバー角が気に入ったよ。これは素晴らしい。




    ・この動画を観て、まさにこれと同じシルエイティのキットを買ったよ。組み立てるのが待ちきれない!




    ・モデルカーが大好きだ。キレイではなくボロい感じに見せたい理由は分からないけど、でも大丈夫。誰もがみな独自のスタイルを持っているからね。





    このツートンのシルエイティは見たことなかったですね。しかし、プラモデルのカスタムを見るのは出来の良し悪し関係なくとても楽しいです。















    このページのトップヘ