JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。


    トヨタカローラは今でこそ一歩下がったような位置にいますが、セダンが自動車のスタンダードだった時代には、世界中で売れたワールドカーでした。価格と品質を突き詰めるとこうなる、という見本だったように感じます。

    特に、バブル期に生産された80~90系のカローラは、豪華さや品質がとても優れていたように思えます。










    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・カローラは、一番最初に付き合ったガールフレンドみたいなもんだ。最も魅力的ではないかもしれないけど、いつもそばにいて、決して失望させることはしなかった。
     ↑いい例えだ。
     ↑最初のガールフレンドは何回も俺をがっかりさせたぞ。




    ・カローラは辛抱強く、オーナーを失望させない唯一のクルマだ。




    ・初めてのクルマはAE101カローラだった。何回かぶつけたり、オイルが入ってない状態で走らせた事もあったけど、それでもちゃんと走ってたよ。




    ・つまり、今までに作られた中で最高のクルマだって事だ。
     ↑32万キロ超のカローラをタダ同然で買ってきた。3年乗ってるけど防弾みたいに頑丈だな。全く修理の必要がない。オイル交換と基本的な整備しかしてないよ。マジで驚いた。すごいクルマだな。




    ・2004年式のポンティアックグランプリから2010年式のカローラに乗り換えた。配達の仕事をしてるんだが、カローラは信頼性が段違いだ。グランプリは好きなクルマだけど、カローラの方がいいかも。どこにでも停められるし、マジで壊れない。困ったのはバッテリーが上がった時くらいかな。あれはウォルマートの駐車場だった。ウォルマートでバッテリーを売ってたから助かったよ。




    ・カローラは、いつの間にかみんなの生活の一部になってたんだな。
     ↑1991年式のカローラセダンを持ってた。48万キロと少し走ってたな。あのクルマは、他のクルマが壊れたときのバックアップにしてた。ずっと私道に置きっぱなしだったからカーチャンに処分されちゃったけどな。




    ・カローラの中でも特にAE86をリスペクトしている。あのシンプルさは最高だよ。自分としては、世界最高のクルマだと思ってる。




    ・2000年代のカローラはやたらと車高が高かった。父親とキャンプに行った時、キャンプサイトまでピックアップトラックについて行けたよ。あれはナイスだった。
     ↑自分のE120カローラはフロント4インチ、リア6インチほどローダウンしてるけど、それでもまだ車体の底を覗けるんだよな。




    ・1993年式カローラのオーナーであることを誇りに思ってるよ。窓は手動だし、交通の流れにはなんとかついていってるけど、立ち往生するようなことはないからね。




    ・イギリスで、2019年式のカローラワゴンハイブリッドをタクシーとして毎日乗ってる。すごいクルマだね。燃費は21km/lで、とても運転しやすい。本当に素晴らしいクルマだよ。




    ・2ZZ-GEを搭載したカローラハッチバックを手に入れたよ。こいつは南アフリカで製造されたカローラランクスRSiってやつらしいけど、GTのバッジを付けてやった。走り回るのはマジで楽しいのに、1.8リッターだから燃費がとても良いんだ。




    ・カローラを買ってすぐ2,000マイル(3,200km)ほど走ったけど、その間はガソリンを4回満タンにするだけで済んだ。カローラが気に入ったよ。




    ・両親がパキスタンからアメリカに引っ越してきた時に買った1996年式のカローラを今でも覚えているよ。たくさんの思い出がある。ドアハンドルが壊れて、内側からでないとドアを開けられなくなってたな。あとパワステも壊れてたから、運転するのはちょっとした筋トレだったよ。




    ・今乗ってるカローラはもう32万キロくらい走ってるけど、大がかりな修理はしたことがない。全てにおいて平均的なクルマだけど、決して死ぬことはないだろうな。




    ・クルマとしてのカローラの良さを感じさせてくれる動画だね。古いカローラを集めて、チューニングしてみたいなぁ。




    ・2005年式のカローラCEに乗ってる。気に入ってるよ。全くもって速いクルマではないけど、とにかく燃費が優れている。過去2年間で交換したパーツの合計額は200ドルで収まってるよ。




    ・カローラの信頼性の高さはガチだ。パフォーマンスも悪くないよ。AE102カローラで160km/h出したこともある。それだけ出しても燃費は良かったんだよなぁ。



    ・昔、フィリピンでタクシーといえばカローラだったな。懐かしいな。




    ・まだ俺のガレージにハチロクがいるよ。とても信頼性が高く、速くはないけど本当に楽しいクルマだ。4A-GEエンジンに失望したことはないね。




    ・クリーンなAE80カローラを持ってる。16万キロを超えているけど、オリジナルのエンジンのままでまだ動いてるよ。本当にカローラの信頼性は高いね。





    かつて管理人はレンタカー屋で働いてたんですが、カローラの故障率は断トツで低かったです。お客さんの事故以外で修理する事はほぼなかったように思います。





    いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!9/9から9/16までの、過去7日間の人気記事トップ5(Googleアナリティクスより)をご報告します!




    1位




    2位




    3位




    4位




    5位




    リュダクリスが1位…!まじか。

    今後も新しいやつ古いやつ、メジャーなやつマイナーなやつを程よく取り混ぜて記事を書いていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

    もし、「このクルマについての海外の反応が知りたい!」というご希望がありましたら、コメント欄等にぜひお寄せください。今後の記事作成の参考とさせて頂きます!



    今週もたくさんご訪問頂きありがとうございました。来週も引き続きよろしくお願いいたします!



    Ludaversal
    Ludacris
    Def Jam
    2015-03-31










    あ、そうそう。ちょっと前に買って感動した工具があったんでそれも貼っておきますね。あとで詳しい記事書きたいと思います。



    HKSは日本のチューニングパーツメーカーとして世界的に有名になりました。1973年に設立され、翌1974年に発売されたケンメリのL20用のターボキットが爆発的な人気となったところから伝説が始まります。

    ターボ化したセリカXXで国産車初の300km/hオーバーを達成するなどチューニングカーのイメージがとても強いですが、オートレース用のエンジンや飛行機用の水平対向2気筒エンジン、F3用のエンジンの開発なども行っています。

    JDMチューナーシーンでも欠かせないパーツメーカーであるため、海外でもHKS=クールなものと認識されているようです。











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・俺が買えるHKSのパーツと言ったらステッカーくらいだな!
     ↑せめてエアクリぐらい買いなよ。HKSのステッカーが付いてくるから。
     ↑俺はリッチだからHKSのポスターが買える。
     ↑HKSステッカーを貼れば5馬力上がる。




    ・HKS、ADVAN、スプーン、無限、VeilSide…こういうのは伝説だね。




    ・懐かしいな。この動画を観てすぐ、昔乗ってたアキュラRSX(インテグラ)にHKSのハイパワーマフラーを付けていたのを思い出した。




    ・1994年式のスープラターボにHKSハイパワーエキゾーストを付けてた。取り付けて初めて3速から4速にシフトアップした時の音は忘れられない。10年くらい前の事だけど今でも覚えているよ。




    ・ティーンエイジャーだった頃、JDMに関する雑誌のあらゆるページでHKSを目にしていたのを覚えている。当時、初めてのクルマを手に入れたら、例えそれがどんなつまらないクルマでも必ずHKSのエアフィルターを付けてやろうと思ってた。




    ・HKSのカスタマーサービスは今までの経験上で最高だったよ。自分が買ったターボキットに問題があったんだけど、HKSは不具合の診断を手伝ってくれただけでなく、HKS持ちですぐさま日本から新しいキットを送ってくれて、問題があるものを引き取ってくれた。もっと多くの企業がカスタマーサービスに真剣に取り組んでくれるといいな。HKSのパーツは高価だけど、それだけの価値はあるよ。




    ・前に三菱ミラージュをいじっていた時、HKSのパーツを使ってたっけな。あのパーツはまだ売ってるのかなぁ。




    ・これは自分のお気に入りのエピソードだ!HKSの歴史なんて全く知らなかったよ。HKSのパーツはマジで素晴らしいから、もっとたくさん欲しいな。今は自分の2002年式インプレッサWRX STiにHKSのブローオフバルブを付けてる。




    ・自分がイジるクルマには必ずHKSのパーツを付けて、HKSのステッカーを貼ってるよ。まあ、NeedForSpeedの中での話だけどね。
     ↑もし次のレベルに行きたいんなら、いかにも90年代なストライプ柄のHKSのタオルを手に入れるといい。普通のタオルの3倍の速さで乾くぞ。




    ・HKSのR32スカイラインGT-Rはお気に入りのクルマの1台だ!これを見ることができてうれしいよ。




    ・どのアフターパーツメーカーよりも一番HKSを愛している。彼らの作る信頼性が高いパーツは我々が必要としているものだ。




    ・ランエボⅣにHKSサイレントハイパワーエキゾーストを付けてるよ。これは素晴らしいね。うるさすぎずちょうど良い音量だ。音質もいいね。




    ・自分にとってHKSは、JDMのアフターマーケットとして最も象徴的なブランドだよ。どのアイテムでもHKSは神だね。




    ・1994年の夏、当時乗ってた1993年式のシビッククーペに最初の給料で買って付けた最初のアフターパーツはHKSスーパーパワーフローだった。当時、そのシビックに愛を示してくれていたのはHKSしかなかったよ。HKSのおかげでシビックはスポコンの象徴になったんだ。ちなみにまだそのシビックは持ってる。38万キロ走ってるよ。




    ・FedExで働いていた時、自分はHKSの集荷担当だった。HKSのスタッフがシャシダイにクルマを載せてチューニングしている所を見に行ってたよ。それと、日本人のチューナーがインプレッサワゴンWRX STiのデモカーにも載せてくれたし、レーシンググローブもお土産にくれたんだ。




    ・HKSのパーツのフィッティングはいつも素晴らしい。自分のお気に入りはレビンに付けた4A-GZE用のターボキットだな。ターボとスーチャーのツインチャージになるんだ。それと、25年前に日本から持ち帰ってきたFC RX-7にはF-CONやFCD(Fuel Cut Defence)、ターボタイマーなんかがまだ付いてるよ。




    ・HKSのR32スカイラインGT-Rは自分にとって永遠のアイドルだ。あのカラーリングが大好きなんだ。
     ↑あれは史上最高のJDMチューニングカーだよな。




    ・誰か、HKSがかつてサターンSシリーズ用のハイパフォーマンスインテーク&エキゾーストを作ったのを覚えてる人いる?それらは50の州で合法で、サターンのディーラーで販売されていたんだ。




    ・ボルボV40のワゴンをチューンして、運転席側AピラーにHKSのブースト計、油圧計、油温計を付けたよ。見た目も性能も良いし、取り付けも簡単だったよ。




    ・HKSは1990年代にV12エンジンのF1カーを開発していた。YouTubeに動画があったはずだ。





    そういえば私も、初めて買ったMC21SワゴンRにサイレントハイパワー付けてたなぁ…






    このページのトップヘ