JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    ホンダCR-Xに対する海外の反応をまとめてみました!





    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓



    ・今40代だけど、17歳の時初めて買ったクルマがCR-Xだったよ。1986年だったな。ホイールが脱落まで乗ったよ(実際にタコベルのドライブスルーで発生した)。素晴らしいクルマだったよ。



    ・あ、俺の初めてのクルマ!1.5LのMTで、白いボディーにネイビーの内装だったなぁ。



    ・最近亡くなったパパが乗っていたよ。パパが言ってたっけな。追いかけてきたシエラコスワースのパトカーをぶっちぎったって。



    ・これGTAにも出てたよね?



    ・スズキの隼のエンジンをスワップしたCR-Xを想像してみてよ。どんな感じなんだろう。



    ・自分の初めてのクルマはデルソルだった。あれは好きだなぁ。



    ・VTEC搭載のCR-Xに乗ってた。友達に運転させたらぶつけられたよ



    ・初のMT車が91年式CR-Xだった!



    ・91年式CR-Xを持っていて、B16Aエンジンに載せ替えたよ。あとはLSD入れて、足回りはグラウンドコントロールのサスとコニのショックに替えた。このクルマを一生維持していきたいね!



    ・90年代のノースカロライナの高校では、スクールカーストが上からアメリカンマッスル、トラック、そしてCR-Xだった。



    ・我々はクールなJDMに夢中になっているけど、理由は何なんだ!?



    ・トヨタターセルも悪くないよ。日本製で長持ちするし、何よりトヨタだからな。それにたぶん、CR-Xよりもターセルの方がより多くのピザを配達していたと思う。



    ・CR-Xはドリームカーだなぁ。



    ・高校時代に乗っていた初代CRーXの思い出が大量に甦ってきた。手放さなきゃよかったな…



    ・91年式CR-Xは自分にとって至高のクルマだ。燃費がいいのに、パワーとスピードも優れている。ホンダよ、どうかCR-Xをそのまま復活させてくれ。



    ・CR-Xは2台持っている。どっちも89年式で、オリジナルのD16AエンジンのSiと、ZCエンジンのDXの2台だ。北西部に住んでいるからサビの心配はないよ。Siはオリジナルをキープしたいけど、DXの方にはターボを付けたいな。デラックスって言うからにはパワーが必要だろ?



    ・88年式CR-Xが恋しいよ。自分はあのクルマで運転を覚えたんだ。



    ・CR-Xか、88年式のプレリュードが欲しいよ。



    ・90年式のCR-Xを持ってるよ!ハンドリング最高!



    ・ピザ配達の車両 1位:モペッド 2位:CR-X 3位:その他のポンコツ



    ・後輪の下にトレイを敷いてドーナツターンな!俺もやったことあるよ!懐かしいなぁ。



    ・え、待ってこれ50mpg(約21.3km/l)も走るの?ハイブリッド車いらないじゃん!



    ・ついに俺もCR-Xを買ったよ。すごいクルマだね!CR-Xオーナーがいたら友達になろうぜ。



    ・AE86:とうふ配達車両  CR-X:ピザ配達車両



    ・20年前、ピザ配達の仕事をしていてCR-Xに乗っていたよ。サーキットも走ったし、楽しいクルマだったな。まだ持ってたらよかったのにな…



    ・CR-Xのホットウィールを買ったけど、このクルマについてよく知らないからこの動画を観てるよ。



    ・ホンダがいつか、こんな感じのリトルモンスターを復活させてくれると信じている。



    ・いつか買えたらいいな・・・:(



    ・道路交通法がより厳しい国に速いクルマが生まれるってのが不思議だ。



    ・ちょうど90年式の1.5LのCR-Xを買ったところだ。修理が必要なんだけど、こいつで走り回るのが待ちきれないね!





    CR-Xはお手頃価格だったからか、昔乗ってた!ってコメントが多かったです。ピザ配達に使われる事も多かったようですね。アメリカでの公道最速伝説って事でしょうか…

    トヨタの最高級車センチュリーに対する、海外の反応をまとめてみました。




    ・これがトヨタセンチュリー。基本的に、日本のロールスロイスゴーストだ。でも価格はロールスの半分以下。
    ・見た目は大きくて大胆だけど、他の高級リムジンのような派手さはないね。
    ・1967年に初代がデビューし、30年後の1997年に2代目がデビューした。日本のEmperorは特別仕様のモデルに乗っていた。
    ・先代のセンチュリーは、V12エンジンを搭載した唯一の日本車だった。現行はV8にハイブリッドシステムを組み合わせている。
    ・内装はウールが使われている。日本人は、本革よりもウールの方が良いと考えているようだ。
    ・特殊なエンジンマウントと大量の防音材で、センチュリーは非常にリラックスできるクルマになっている。
    ・センチュリーは手作業で組み立てられている。エンブレムも丁寧な手彫りだ。






    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・こういうレトロな雰囲気が好きなのは自分だけかな?最近こういうクルマはあんまりないよね。



    ・日本人は羊毛>本革っていう事を知っているんだな。その通りだ。



    ・このクルマのスタイリングが好きだ。インテリアも最高だね。ウールシートはとてもユニークでいいね。品質と信頼性はすばらしいと確信しているよ。



    ・初代モデルとデザインに共通点があるという点が大好き。素晴らしい血統とスタイルが、センチュリーが究極の高級車である理由だね。



    ・思ってた以上にセンチュリーが好きになってしまった。



    ・このレトロな外観が好きだ。すごいなあ。



    ・特別カッコいいとは思わないけど、この抜きん出たユニークさが好き。手作りとか、ウールのシートとか。気取らない伝統的な日本的な贅沢と、最高の快適さが素晴らしいね。



    ・夏場は本革シートよりもウールの方が快適!完全に同意。



    ・正直、ヨーロッパの高級車と比べて独特の魅力がある。クラブのパーティーに乗っていくと、絶対に会話のきっかけになるよね。



    ・このホットなビーストは素晴らしい!クラシックカーのように見えるけど、全てのモダンな機能を備えている。日本専売ってのが残念だ



    ・こいつは最高だ!もしアメリカで売ってたら秒で買うね。新型のレクサスLS500は悪い冗談だよ。



    ・ボクシーなデザインは素晴らしい。こういうクルマがもっと増えればいいのに。



    ・ロールスロイスの半額?ふむ。自分にはそれでもまだ買えないな。



    ・私はオールドスクールで単純化されたクルマが好きだ。もし多くのクルマがそのようなデザイン言語に従ったら、きっと面白いだろうな。



    ・素晴らしいクルマだ!70年代のJDMスタイルとクロームに先祖返りしてる所が好き。



    ・そうそうこれこれ!こういうスタイリングはいいね。モダンな装備のネオクラなスタイルはいいね。BMWやメルセデスも同じ事してくれないかな。



    ・ルーフラインが後ろに行くにつれ下降していくヨーロッパ車とは異なり、カーデザイナーは後部座席に人が乗る事を覚えていたようだね。いい事だ。



    ・このクルマは本当に見栄えがいいな!このクルマが大好きだ!でもなんでこんなに好きなのか分からない!



    ・このクルマが好きだ!ところでリンカーンよ、お前んとこにはこれと競合する後輪駆動セダンがないんだよな。最低だな。



    ・ぜひこの輸出バージョンを作ってほしい。豪華さとクラシックさを保ってね。



    ・昔のスタイルを取り戻して、うまく差別化ができている。お金があれば秒で買うのにな。近代化したメルセデス190Eを思い起こさせるね。



    ・おお…妙に魅力的なクルマだ。オールドスクールな感じがいいね。99年式インフィニティQ45みたいな、ギャングスタのクルマだな。


    ・気に入った!グランドセイコーに通じる美学を感じる。



    ・いやこのテールライトよ!普段はテールライトで感動する事なんてそうそうないんだけどね。



    ・テールライトは、昔のセリカを思い出させるね。



    ・変に醜い未来的な外観のクルマを作らず、ルーツにこだわってくれてよかった。



    センチュリーは和風の塊みたいなクルマなのでそこそこ海外ウケするだろうなとは思ってましたが、想像以上に反応がよかったです。昨今のレトロブームもあって、このようなデザインが余計刺さるんでしょうかね。グランドセイコーは、なるほどと思いましたねぇ。

    日本在住のサイクリストの外国人が、スズキワゴンRにどうやってロードバイクを積むかを紹介しています。





    ・どのようにしてワゴンRにロードバイクを積むかを紹介するよ。
    ・まずはリアシートを畳んで、ブランケットを敷いておこう。
    ・次はロードバイクを積む準備だ。前後の車輪を外そう。
    ・車輪を外したら、ブランケットを掛けて尖ったパーツやグリスが付いたパーツを保護するよ。
    ・次に、フレームが倒れたりしないようにアシストグリップに結び付けるよ。ちなみに自分の故郷ではこのグリップを「くだらないハンドルバー」と呼んでる。
    ・あとは、外した車輪を積むだけ。本当はタオルか何か持ってきて掛けた方がよかったけど、今日はこのままだね。
    ・まだ余裕があるから、空気入れポンプと工具も積める。ヘルメットは「くだらないハンドルバー」に掛けておこうか。
    ・こんな感じで全部積むことができた。まだ余裕があるから、スーツケースも積める。このクルマでロードバイクを積んで、簡単なロードトリップができるね。






    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・GJ!とても上手に積んだね。しかし日本のクルマは小さいなぁ。



    ・クルマのサイズを考えると、自転車を2台積めるってのはすごいね。



    ・Kei-Carってのはクールなんだな!



    ・素晴らしい動画だった。その小さいクルマはとてもクールだな。自転車の積み方はとても参考になったよ!



    ・日本ではルーフラックに自転車を積むのはダメなの?もし合法ならそっちのがいいよ。

      ↑(動画主)合法ですが、燃費が悪くなりそうなので避けようと思います。
      ↑でもルーフに積んだ方がクールに見えるよ!
      ↑うちの国では地下駐車場が多いから、自分はルーフには積まないなぁ。友達がそれでえらい目に遭ってたし…



    ・なんて素晴らしい小さなクルマなんだ!
      ↑(動画主)いい仕事をしてくれますよ:)



    ・自転車が複数台あるなら、ハイゼットかキャリィはどうだろう。軽バンはいいよね。小さいのに、内部のスペースは驚くべきものがある。
      ↑(動画主)確かにそれはいい考えです。本当はホンダのN-vanが欲しかったのですが、値段が高すぎました…



    ・小さいけれど効率的なKei-Carは大好きです。こっちでは、すべてが巨大でなければならないとみんな思っているみたいでね。自分はそうは思わないけど。



    ・インドにもワゴンRあるよ!



    ・ロードバイクより、動画主がこの小さなクルマにどう収まるか気になる。

      ↑(動画主)スペースは十分なので問題ありません:)でも、もっと大きいドリンクホルダーが欲しいですね。
      ↑クイックリリースを緩めて、動画主の足を外すのか?



    ・高価なトレーラーヒッチはいらないね!





    軽トールワゴンはリアシートを畳めば何でも積めますもんね。ホンダのN-BOXは、リアシートを畳めばママチャリが入った覚えがあります。海外の方々からすると、軽自動車はとても効率的な乗り物に見えるんですね。

    このページのトップヘ