JDM速報 海外の反応

海外の車スレやユーザーレビューなどをまとめています。国産車や日本の自動車文化、JDMメインです。

    海外の車スレや自動車レビュー、JDMやUSDMなネタを紹介しています。

    5/12から販売を開始したトヨタの電気自動車であるbZ4X。当面はサブスクのみの提供で、ユーザーが買い取るという形とは少々異なります。FF、4WD共に200馬力少々のこのBEVは、海外の人々からはどう見られているのでしょうか…?











    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・自分は航続距離、充電時間、価格が全て大幅に改善されるまで、EVには手を出さないでおくよ。
     ↑俺もだ。
     ↑あとスタイリングも。
     ↑少なくとも5年は掛かりそう。
     ↑同じく!今現在クルマを所有してるならなおさらだ。完璧に動いているクルマを捨ててEVを買うなんて意味がないよ。
     ↑値段が下がって、充電できる場所が増えるのを待つよ。




    ・現時点では、2019年式のAWDのプリウスに乗り続けてEVのテクノロジーが進化するのを待とうと思ってる。




    ・EVってのはフロア下にバッテリーやらモーターやら搭載するから、エクステリアは望むように作れるもんだろう?これかよ…




    ・うーん…全ての電気自動車が似すぎてて、全部同じに見えてくるよ。




    ・古いけど信頼性とコスパの高い中古車を買うという事は、将来的には不可能になるんだろうか。




    ・確かにスリークな見た目のクルマだ。トヨタはEVに加えて、ガソリン車とハイブリッド車も提供してくれると嬉しい。
     ↑そうか?テスラモデルYよりも遅いし重いぞ。
      ↑でも、生産台数が増えれば安くなって買いやすくなるし、何よりトヨタには巨大なディーラー網があるよ。




    ・15~20年間EVに乗り続けたら、航続距離はどうなるんだろう?たぶん内燃機関搭載車よりも短いだろうな。




    ・白いbZ4xはストームトルーパーっぽいな。こいつには絶対ワンペダルモードが必要なのに…




    ・航続距離は短いかもしれないけど、こいつはきっとRAV4 EVみたいに10年以上経っても路上で見かけるさ。




    ・トヨタのEVを待っていたよ。レクサス版が出るのも楽しみだ。




    ・自動車メーカーがEVを作る時、突然奇妙な事をするのはどうしてだ?Why?名前だけならまだしも…




    ・北米市場ではスターレットと呼ぼうぜ。




    ・トヨタがより良い電気自動車を作れるようになるまであと5年は待とうかな。EV市場はまだ成熟しきってないし、品質と効率は時間の経過とともに向上するものだしね。




    ・BMWのi3にちょっと似てるな。魅力を抑えるために、わざとブサイクにしてるのか?




    ・面白い事実:0-100km/h加速が6.2秒ってのと航続距離約400kmってのは、俺の15年落ちのV6エンジン搭載のRAV4と一緒。




    ・1回のバッテリー無償交換を付けてくれたら買う!




    ・トヨタの素晴らしい努力の結果だ。でも彼らは、ボディ同色フェンダーを備えたモデルを用意する必要がある。




    ・検討の対象とするには、少なくとも15~30でフル充電できて600~800kmの航続距離がないとな。




    ・テスラのクルマが売れる理由がよくわかったよ。




    ・自分は職場が遠くて、毎日160kmは走るんだ。最低限、480kmくらいの航続距離は欲しいね。じゃなきゃ使い物にならん。




    ・航続距離は褒められたもんじゃないけど、しかしインテリアはすごいな。





    bZ4xに対する、というより、現在のEVに対する意見がほとんどでした。毎日充電できる環境がある人なら航続距離は大した問題じゃないかもしれませんが、そうもいかない人もいますもんね。
    ガソリン車並みの運用ができるようにならなければ、完全な置き換えはできないように思えます。となると、ハイブリッドが今の所の最適解なのか…

    北米ではパスファインダー、日本では日産テラノの名前で売られていました。このモデルはまだ中古価格は暴騰していませんが、どうなる事やら…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓






    ・パスファインダーがラフで頑丈で、ショッピングモールファインダーじゃなかった時代だ。今見てもセクシーなクルマだ!




    ・こいつは自分のお気に入りのSUVのうちの1台だ。今でもまだ走ってるのを見るけど、全然かっこいいよね。でもランニングボード(ステップ)はアホほどサビてたりするけどね。現行のパスファインダーよりは断然かっこいいよ。




    ・ああ、昔乗ってた1996年式のパスファインダーが恋しいよ。とても有能なクルマだった。このクルマで友達とスキーやスノボ、マウンテンバイク、モトクロスをしに旅行したんだ。素晴らしい思い出がいっぱいだよ。




    ・まさにこの型のパスファインダーが大好きだ。現行のショッピングモールファインダーはそうでもないな。こいつは今でもキュートに見える!
     ↑最近のSUVは大きすぎたり、いろいろ詰め込みすぎたりしている傾向があるからね。このニッサンは、自分にとってちょうどいいよ。
     ↑今のパスファインダーの見た目は恐ろしいよ。




    ・自分の1998年式パスファインダーSEはまだ300,000kmちょっとで、走りは申し分ないよ。この第2世代もだんだん少なくなってきたね。




    ・今でも走ってるのを見かけるよね。これこそパスファインダーのあるべき姿なんだ。信頼性の低いCVTを搭載した、ショッピングモールファインダーじゃなくてね。
     ↑その通り。自分も1999年式に毎日乗ってる。エンジンの問題はゼロだ。480,000kmだけど、順調に距離を伸ばしてるよ。




    ・初めてのクルマとして、この日産パスファインダーに乗ってるよ。4WDで5速MTで400,000kmくらいかな。まだまだ走ってるよ。




    ・ああ神様、私は今乗っている5速Mt、4×4の1997年式パスファインダーSEを愛しています。この動画のと同じ色なんだ。とてもナイスで快適なクルマだよ。




    ・なぜ自分は今、このクルマが欲しいんだろう。20年後には値上がりしてそうな気がするなぁ。




    ・かつて、この動画と同じ1996年式のパスファインダーに乗ってたよ。ウチのは5速MTだったけど、マニュアルでもパワー不足な感じがしたな。そういえば、デビューして数年後にエンジンが3.5リッターにアップグレードされてたっけ。




    ・これが最後の良い日産パスファインダーだった。ルノーと合併した後、生産ラインの品質と信頼性はガッツリ下がってしまったよね。




    ・この時代のパスファインダーとトヨタ4ランナー(ハイラックスサーフ)はとてもクールだった。メンテも楽だし、耐久性もあったな。




    ・パスファインダーのオーナーとして、こいつの事は好きなんだが、3.3リッターエンジンは遅いくせにアホほど燃費が悪いんだよな…
     ↑そうかもしれない。VG33エンジンは非力な割に燃費が悪いってみんな言うよね。
     ↑父親がこれに乗ってて、たまに貸してもらうけど、そんなに遅くはないかな?でも確かに燃費は悪いね。
     ↑自分は96年式のマニュアルに乗ってた。重いクルマだから余計にアクセルを踏む必要があって、それで燃費が悪化しちゃうんだよな。5速3,000回転で110km/hちょっとってのはひどいよね。




    ・自分はいすゞロデオ(ミューウィザード)とホンダパスポート(いすゞミューウィザードのOEM)が好きだった。でも当時、このパスファインダーは良い選択肢だったよ。




    ・先月、220,000kmちょっとのパスファインダーを中古で買ったんだ!とても気に入っているよ!




    ・これこそがパスファインダーだよ。
     ↑ああ、現行のは自称パスファインダーだ。




    ・このステキなクルマは過小評価されているように感じるなぁ。




    ・このVG33E型エンジンは非常にパワーがないけど、かなり頑丈だよ!そこそこいい音もするしね。




    ・前に1995年式の5速MTのを持ってた。天気に関係なくどこにでも行けるクルマだったよ。ジャンクヤード行きになる日までそいつのことが大好きだった。後ろのフレームが錆びて腐ってたんだ…






    ハイラックスサーフとテラノは、日本でも当時たくさん走ってましたもんね。現行パスファインダーの嫌われっぷりにワロタ。











    エスクードベースの2シーターの、スズキX-90に対する海外の反応です。完全にレア車の部類ですが、エスクードベースということは悪路走破性が高そうですね…












    ↓↓↓以下、海外の反応↓↓↓





    ・シフトストロークがホイールベースよりも長いぞ。




    ・ハイスクールの時、友達がこのX90を手に入れようと頑張ってたよ。ただエアコン付きの個体が見つからなくて、かなりショックを受けてたようだ。ここマイアミじゃエアコンは必須だからね。結局うまいことエアコン付きが見つかって、何年か問題なく乗ってたみたいだ。X90は実用的なクルマじゃなかったけど、そいつが言うにはタコベルまではラクに行けたって。




    ・自分が初めて乗ったのは1996年式のジオトラッカー(スズキエスクードのOEM版)だった。89馬力しかなくて、糖蜜の中を走ってるのかってくらい遅かった。その時は嫌いだと思ってたけど、振り返ってみるとファンタスティックな小さなSUVだったよ。乗ってる間はずっと酷使してたな。車内が広くて、オフロードでの操縦性がとてもよかった。もしABS、厚いドア、まともなステレオが付いていてもう少しパワーがあれば、今でもまだ所有してただろうな。




    ・シートの生地が黒、グレー、ベージュだけじゃなかった時代だ。




    ・X-90がデビューした時、販売店でシートに座ってみたのを覚えているよ。これといすゞのビークロスはしっかりしたSUVだったな。




    ・なんてこった!このインテリアトリムを見てくれ!今ならいくらか売れるのかな。最近、こういう実験的なデザインを取り入れる自動車メーカーはほとんどないよね。
     ↑当時でもそうそうなかったぞ…




    ・いちばん90年代らしいクルマだな。




    ・もしこれが1996年ではなく2016年にデビューしていたら、きっと大ヒットしてただろうな。最近は醜いクロスオーバーでもよく売れているようだしね。




    ・自分はいつもこの小さなSUVを素晴らしいと思ってたよ。母親曰く、当時はとてもファンキーだったらしいしね。ミシガンではこのスズキX90は全く見た事がないな。言ってみれば背の高いミアータ(マツダロードスター)みたいなもんだよね。




    ・自分はずっとスズキX90がお気に入りだったよ。もし今お金に余裕があれば、お楽しみ用のセカンドカーとして欲しいくらいだよ。




    ・このスズキX-90のホイールベースがもっと長くて、トレッドがもう少しワイドだったら素晴らしいオフローダーになっただろうなぁ。




    ・なんて素晴らしいアイディアなんだ!信じられないほどキュートで多用途だ。自分は大きいクルマが好きだけど、このコンセプトは気に入った。でも、商売としてはうまくいかなかったんだろうね。




    ・このシートの生地とドアトリムが気に入ったよ!レトロ90'sって感じでクールだ。




    ・これは筋肉質なスズキカプチーノって感じのクルマだな!こういうのが無くなったのは残念だよ。今でも目立つクルマだなぁ。それと、小さくて軽いオフローダーが無くなってしまったのも残念だよね。そういうクルマこそ真のオフローダーなのにな。




    ・これまでで最も奇妙なクルマのうちの1台だけど、ニッチなマーケットがあったのは明白だ!




    ・スズキはオフローダーの作り方を知っている。高い車高に軽いボディ、それからローレンジを備えたトランスファーだ。




    ・このX-90に乗ってるよ。とても大好きだ。この動画で紹介されているものと同じインテリアだったらよかったのにな。自分のはただのブラックのインテリアなんだ。




    ・正直に言おう。自分はずっとこのスズキX-90が欲しいと思っていた。




    ・2トン以下の4×4を購入できた時代からもうずいぶん経ったな…




    ・ずっと欲しいと思ってた。そしてコルベットのLSエンジンをスワップしたい。





    あちらでもレア車扱いでしたが、刺さる人には刺さるようです。コルベットのV8スワップは気になる…!




    このページのトップヘ